So-net無料ブログ作成

ヴェルニー公園のカウント・ダウンに。【2018年1月1日(月)】 [daily life]

 新年のカウント・ダウンに毎年行っている横須賀のヴェルニー公園に行ってきました。


 まあ、50過ぎのおっさんは、自宅に居ても大晦日の晩なんて他にやることもないんでね。(笑)



23:39 ヴェルニー公園に 

IMG_9316.jpg


 自宅でNHKの紅白を見て、終わったらスクータでヴェルニー公園へ。


 自宅からは10分ほど。


 事前の天気予報では、「今年の年越しは天気が良くないでしょう。」との予報だったので、半分来る気はなくって。

 「あ~、今年は寒い思いしなくて済む。」なんて、密かに喜んでいたんですが・・・。

 生憎と天気は崩れず。

 なんとなく、条件反射的にヴェルニー公園までやってきました。



23:40 陸奥の

IMG_9320.jpg


 去年は工事フェンスで囲われて工事中だった旧日本海軍の戦艦陸奥の主砲の砲身。

 昨年の2月に正式にオープニング・セレモニーを行った様です。


 戦艦陸奥は1943年に瀬戸内海で沈没し、この砲身は1971年に引き上げられたものらしいです。

 その後、東京晴海にある”船の科学館”に展示してあったそうですが、東京オリンピック開催に伴う再開発のため、置き場がなくなり、母港だった横須賀に戻ってきたらしいです。


 この砲身は大きさが19m、重さは約100トンほどあるそうです。


 陸奥は1921年に横須賀で建造され、その後1936年に大改修されて、この41cmの口径の砲身が搭載されたとのことです。

 当時、これだけの砲身を製造出来る国は少なくて、この砲身は国産。

 国内でもこの砲身を製造出来るのは呉の海軍工廠(かいぐん こうしょう)とブラタモリの室蘭の回で出てきた、日本製鋼所室蘭工場の2箇所でしか製造できませんでした。

 この砲身自体は呉の海軍工廠で造れた様、他の砲身のいくつかは、日本製鋼所室蘭工場で製造された様です。

 長さ19mで100トンもある砲身にどうやってライフルを切るんでしょうね。


 話が、マニアックになりました。 元に戻ります。(笑)

 


23:44 いつもの定位置

IMG_9326.jpg
 ヴェルニー公園に入り、いつもの定位置に。
 これまた例年通り、潜水艦の艦橋部分に今年の年”2017”の数字。
 手前は、ここ数年人気の”YOKOSUKA軍港めぐり”の観光船。
 カウントダウン直後の花火を見るために、港内を流しているようです。
 カウントダウン・クルーズをやっているようですが、今年は貸し切りだったようで。
 ただ、一般販売していたとしても、倍率高そうなので、入手困難でしょうね。
 (個人的には買う気もありませんが・・・・。)
 


23:46 電飾が 

IMG_9329.jpg


 ヴェルニー公園の正面は、アメリカ海軍の横須賀基地。 左手前は海上自衛隊の基地になっています。


 海上自衛隊の基地に停泊している自衛艦には電飾。

 平和的でよろしいですね。


 新年を迎える午前0時の5分前くらいになると、これらの電飾は消され、公園内の照明も消されて辺りは真っ暗に。


月が明るい

IMG_9332.jpg


 今夜は月が明るいです。


 肉眼でも、月の模様がはっきり見えるのですが、手持ちのカメラだとブレちゃって手ぶれ補正が入って、残念ながら模様が写りませんね。



2018年1月1日(月)0:00 新年 

IMG_9338.jpg


 午前0時。


 2018年になると、花火が打ち上げられます。


 『2018年、明けましておめでとうございます。』


 規模はちっちゃいけど、距離が近いこともあって綺麗ですね。


 昔の話をすれば、いつ頃から始まったか記憶は定かじゃありませんが、もう20年位になるのかな。

 少なくとも、1991年に複合商業施設の”ショッパーズ・プラザ横須賀"が開業する以前は花火は無かったですね。

 それ以前は、新年になると同時に、自衛隊の艦船やアメリカ海軍の艦船が空に向かってサーチライトを照らして汽笛を鳴らし、新年の年明けを告げる程度の風情あるものでした。

 人もほとんど居なくて、たぶん数十人とか100人レベルの人が集まってくる程度でした。

 今の様に屋台が出て、ステージが出来て歌を歌ったり、お祭りの様な雰囲気はまったくありませんでしたね。



0:02 向こうの花火は 

IMG_9341.jpg


 横須賀港で打ち上げられている花火の向こう、中央下側に写っているのは八景島シーパラダイスの花火ですね。



0:05 電飾は 

IMG_9351.jpg


 花火が一段落すると、ふたたび艦船の照明が点灯されます。


 そして、潜水艦の艦橋の電飾は、新しく迎える”2018”年に。



0:12 使われないことを  

IMG_9362.jpg


 花火も終わりました。


 寒いので家に帰りましょう。


 自衛隊の岸壁に停泊しライトアップされている艦はヘリコプター搭載護衛艦の”いずも”。

 中国が潜水艦の数を増強しているのに対抗して、対潜哨戒ヘリが搭載できる護衛艦として導入されたとのこと。

 このいずもは、滑走路を必要とする航空機の発着はできませんが、オスプレイや新鋭機の垂直離着陸ステルス戦闘機F35Bの搭載は可能らしい。

 北朝鮮との有事を考えると、そうなる可能性も捨てられない様です。



 停泊している艦体を綺麗にライトアップするだけで、実際に有事になり使われないことを望みますね。


(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 4

tomi_tomi

あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願いします
by tomi_tomi (2018-01-02 00:48) 

さる1号

新年、おめでとうございます
本年もよろしくお願いします
by さる1号 (2018-01-03 11:35) 

Rifle

新年おめでとう御座います。
今年も宜しゅうお願い致します。
by Rifle (2018-01-03 18:51) 

Rカマタ

tomi_tomi さん、さる1号 さん、Rifle さん

明けましておめでとうございます。

コメントありがとうございます。
今年も、よろしくお願いします。 <(_ _)>
by Rカマタ (2018-01-03 22:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。