So-net無料ブログ作成

一人鍋三昧【ふぐ三浦屋】 [食べる]


 
 仕事帰りに浅草寺に新年のお参りに行った後、裏手にあるふぐ料理のお店”三浦屋”さんにお邪魔しました。
   
IMG_5671.jpg
 
 今日は同行者は居ません。 一人鍋です。 (^_-)v

 『鍋は一人鍋に限る。』と言ったのは吉行淳之介だったか池波正太郎だったか記憶が定かでないですが、鍋の味を堪能するためには一人鍋がよろしいようです。
 
 ここ三浦屋さんには何回か足を運んでいますが、たまに一人鍋をしているお客さんを見かけることがありました。 
 
 流石に初めて入るお店でいきなり一人鍋をやる度胸を持ち合わせていませんが、有名な作家さんが”一人鍋”とおっしゃるのですから、自分としても一度試してみた次第です。
 
 ここ三浦屋さんには1階から3階まで客席があり、1階には座卓の席と、調理場際に作られた8席ほどのカウンター席があります。
 
 お店に入り、一人であることを告げると、まだだれもいないカウンター席にご案内。
 
IMG_5674.jpg
 
 カウンター席は掘りごたつ形式になっていて、足が楽です。
 
 カウンターの後ろの座卓には数組のお客さんが、当然みんな数人のグループです。 一人のお客は自分だけ。 (^_^;)
 
 
 
 まあ、気にせずにいきましょう!
 
 まずは生ビールでのどを潤します。 
 
IMG_5675.jpg
 
 
 
 ビールのあてにすぐ出てくる”煮こごり”を注文。
 
IMG_5676.jpg
 
 ビールと同じ透明感のある琥珀色がきれいですね。
 
 暖房が効いた部屋で、冷たく冷やされてプルンとした食感がたまりません。 
 
 
 しばらくして、天然トラふぐ刺し(一人前¥6,300)  
 
IMG_5678.jpg
 
  下世話だが、写真で枚数を数えたら25切れほど、1切れ当たり200円以上するのか。 (^0^;)
 
 自分の中では、一年で一番の贅沢です。
 
 去年一年頑張った自分へのご褒美。 (自分には甘いです) 
 
 
 それを3切れほどまとめて箸で取り、特製のポン酢を漬けていただきます。  
 
IMG_5679.jpg
 
 『旨っ!(@o@)』
 
 旨味成分と甘み成分がすごいですね。
 
 特に甘みがすごいです。 一人でじっくり味わうとよく解ります。
 
 試しにポン酢を漬けないで食べると、甘みはグッと感じられなくなります。 ためしに、ポン酢だけをなめてみても、こちらも甘みはほとんどありません。
 
 ポン酢を漬けて食べることによって、甘みが引き立つんでしょうね。
 
 鍋だけではなく、刺身も一人に限るのかもしれません。
 
 
 ふぐ刺しをビールだけでいただくのは勿体ない。
 
 と言うことで、”ヒレ酒” いただきます。 
 
 IMG_5680.jpg
 
  『何も言うことがありません。』
 
 おみくじは”凶”だったけど、幸せだ。 (´。`) 

 
 
 ふぐ刺しを堪能していると、”白子焼き” ができてきました。 
 
IMG_5681.jpg
 
 自分の中では、5本指に入る好物の一つです。
 
 熱々のを1個ほおばります。 
 
 ふわっとした食感がたまりませんなぁ。 (´。`)
 
 
 ヒレ酒をやりつつ、しばらく時間をおいて2つ目を口に運ぶと、さきほどの熱々が少し冷めて温かに。
 
 熱々より、温かい方がより味がはっきりして甘みが増しますね。
 
 熱々より、少し冷めた温かいぐらいがお薦めですね。 
 
 
 お酒も絶好調になって、注ぎ酒。 
 
 IMG_5682.jpg
 
 
 ぼちぼち鍋にいきます。
 
 天然トラふぐちり。 (¥6,300)
 
IMG_5677.jpg 
 
  三浦屋さんのふぐちりは、(値段もそれなりですが)切り方がダイナミック。
 
 
 
 2~3切れづつ鍋に入れていき、火が通ったら、『いただきます!』 
 
 IMG_5683.jpg
 
 『旨いねぇ。』
 
 この鍋、一人占め。(笑)
 
 思いっきりふぐの味を堪能することに集中していただきます。
 
 
 そして、注ぎ酒も2杯目(計3杯目)。 
 
 IMG_5684.jpg
 
 
 ふぐちりもボチボチ後半戦。 
 
IMG_5685.jpg 
 
 ヒレ酒とふぐちりに体が温まって、額に汗が滲んできます。
 
 もう一人だと他にやることがないので、嫌でも食べることに集中します。(笑)
 
 
 ちりもほとんど完食。 お腹も膨れてきました。
 
 そして、〆の”雑炊”。
 
  お腹も結構膨れていますが、雑炊食べないことには、始まらない、否終わらない。
 
 たぶん、脳内エンドルフィンが出てるね。
 
 
 具材を全部食べたら、鍋にご飯を投入。 
 

 IMG_5686.jpg
 
 
 
 
 沸き立ったら、溶き卵を入れて、青ネギをちらしたら”雑炊”の出来上がり! 
 
IMG_5687.jpg
 
 
 
 茶碗によそって、ポン酢を入れて塩分を整えたら、
 
 『いただきま~す!』 
 
IMG_5688.jpg
 
 旨旨ですね。 (^_-) 
  
 
  当然 完食!
 
 
IMG_5689.jpg
 
 『ご馳走様でした!』
 
 『申し分なく、美味しかったです。 m(_ _)m 』
 
 
 
 〆て¥19,330でした。 
 
IMG_5690.jpg
 
 来年も来られるよう頑張ろう! と、ちと気が早いか。(笑)
 
 
 三浦屋さんを出て、良い気分でプラプラ歩いて雷門まで戻って来ました。 
 
IMG_5692.jpg
 
 雨に濡れる雷門も絵になりますね。 

今年も”凶”です。 [daily life]


 
  正月休みも明けて本格的に仕事が始まりました。
 
 今日は仕事の下見で木更津に行っていました。
 
 今年の正月休みは風邪気味だったので、初詣に行きませんでしたので、 
 帰路、木更津 → 錦糸町 → 浅草橋 → 浅草 と電車を乗り継ぎ、浅草寺にお参りに行ってきました。
 
 
 午後になって降り始めた雨が冷たい夕刻です。 
 
IMG_5663.jpg
 
 それでも、正月明けと言うこともあって、結構な人出です。
 
 そして、予想外に若い人が多いですね。
 
 最近の若い人は(年寄り臭い表現ですが、)、信心深い人が多くなったのかな。 
 
 
 雷門を抜け、仲見世を通って境内へ。 
 
IMG_5665.jpg
 
 小雨ににじむ景色も風情があって良いもんです。 寒いですが・・・。
 
 浅草寺にお参りに来たのには理由が。
 
 去年の初詣で引いたおみくじが””。(>o<)
 
 このまま”凶”を引きずるわけにはいきません。
 
 2014年を仕切り直すためにも、おみくじを引き直す必要があります。
  
 
IMG_5666.jpg
 
  境内に入り、まずはお線香を上げます。
 
 
 続いて、本堂をお参り。 
 
IMG_5667.jpg
 
 昨年一年、”凶”と言うことでか確かに精神的に厳しい事もありましたが、無事に一年過ごせた事に感謝。
 
 
 
 お参りが終わったところで、お待ちかねのおみくじを引くと、切りの良い”百番”の札。 (^_-)
 
 
 百番の引き出しから、おみくじを取り出すと・・・・・ 
 
IMG_5669.jpg
 
  ”凶”かよ!
 
  昨年に引き続き、凶!
 
 ””引く確率高すぎ! (T0T)  
 
IMG_5695.jpg
 
 2011年 成田山 ”
 
 2012年 浅草寺 この年は平凡に”吉”
 
 2013年 浅草寺 ”凶”
 
 そして今年2014年 浅草寺 ”凶”
 
 
 4年のうち3回が”凶”。 
 
 凄い確率だ!  今年あたり死ぬんじゃないかい? 
 
 
 逆に言えば、”凶”がこれだけ引いているにもかかわらず、ほぼ無事に生きているって言うことは”大吉”なんて引いたら凄いラッキーな事になっちゃう?
 
 と言うことで、来年もおみくじを引きに来なくっちゃ。
 
 (と言う、年に一度しか、しかもおみくじを引くのが目的でお参りしていること自体が、不信心だよね) 
 
 
 

新年会 [呑む]


 
 2日の晩は、高校時代からの同級生と自宅で毎年恒例の新年会を開きました。
 
 
 友人の一人が日本酒好きで、毎年日本酒を調達してきてくれます。
 
 IMG_5651.jpg 
 
 今年は、”久保田の萬寿”。  (去年はきりんざんでした。) 
 
 いつもはちょっとひねった珍しいお酒を持ってきてくれるのですが、今年は王道。
 
 自分たちも昨年で50周年(50歳)、一区切りとして原点に戻るという意味も含めてあえて王道の久保田を持ってきてくれました。
 
IMG_5653.jpg 
 
 しっかりとした味があり、かといって重くはなく、辛過ぎることもなく呑んだ感がある日本酒です。
 
 しっかりと美味しくいただきました。
 
 『ご馳走様でした。 m(_ _)m 』
 
 
 
 新年一発目のブログは新年会ネタでした。
 
 2014年も、 『とりあえずカマタの』をよろしくお願いします。