So-net無料ブログ作成
検索選択

四日市で飲む!【串焼道場2号店】 [呑む]

 2月の初旬から乗り込んだ四日市の仕事も終盤になりました。

 通常の業務の他に、以前やった仕事の修正依頼がきたので、夜はホテルの部屋で作業をしていましたが、それも終わりました。

 

 と言うことで、週末の今日はちょこっと四日市の街に飲みに行くことにします。 (と言っても一人ですが・・・・・。)

 四日市の繁華街は近鉄四日市の東側に広がっています。 逆に近鉄の四日市駅から1km強東にあるJRの四日市駅周辺は寂れていて何もありません。

 近鉄四日市駅周辺には結構な数の飲食店がありますが、飛び込みで一人で入るのに、入りやすいお店は限られてきます。

 そんな中、大通りに面して,ガラス張りで中の様子をうかがえる、カウンター席がある焼き鳥屋さんがありました。

 お店の名前は”串焼道場2号店”。  さっそく入ってみることにします。   

IMG_8000.jpg

 店内は、通りに沿いにカウンターが15席くらい(?)、奥はテーブル席になっているようですが、カウンター席からは見えませんでしたのでわかりません。

 まあ、この手のお店だったら、気に入らなければビール1杯とつまみを食べて、ちゃっちゃか出ることも出来るのでお気軽です。

 

 注文は、まずは生中。

 そして、カウンターの奥にあった待たずに出てくる味噌おでん。  

IMG_8001.jpg

 串焼きが出てくるまで、おでんをつまんで間をもたせます。

 味噌おでんは当然、東海地区の味付け、甘辛い八丁味噌で。

 甘めの味付けですが、味の濃さでビールのつまみにはなりますね。

 

 ビールが空いたので、お品書きにあったホッピーにチェンジ。 

IMG_8002.jpg

 ホッピーは製造元の東京から遠いここでは黄色いラベルが貼られたワンウェイボトル。 

 南関東で瓶に直接印刷されたリちょっと太めのターナブルボトルを見慣れた自分には、ちょっと違う飲物に感じてしまいます。  

 見た目からか、ワンウェイとリターナブルでは味が違うように感じるのだが、ホッピーの会社に言わせると、中身は同じで変わらないらしい。

 だが、ホッピー呑みの人間に聞いてみると、たいがいの人は”味は違う”と答えるので不思議なところです。

 

 ふと壁に目をやると、キンミヤ焼酎のポスターが貼られていました。

 そうキンミヤ焼酎は、ここ四日市にある(株)宮崎本店で造られているんです。 

IMG_7961.jpg

 キンミヤ焼酎と言えばホッピー、ホッピーと言えばキンミヤ焼酎、と言われるほど(?)。 ホッピーのベストマッチ焼酎として置いてあるお店は多いです。

 4リットルのペットボトルで売られている●五郎や●樹氷に比べると、ちとお値段は高いんですけどね。

 今呑んでいるホッピーも当然キンミヤ焼酎で、クセがなく、少し甘みがあって旨い!

 時間があれば、酒蔵を訪ねてみたいものです。 きっと、試飲とかさせてくれると思うので、ホッピーを持って行きたいですね。(爆) 

 

 串焼きは、焼き鳥と焼きトンの両方あります。

 特に”毎日サービス品”の豚ホルモンは1本50円と確かに安い。

IMG_7955.jpg

 豚ホルモンと合わせて、焼トンははらみを注文。

 

 味噌おでんを突いていると、しばらくして焼トンが運ばれてきました。

IMG_7954.jpg 

 

 続いて、焼トン系から焼き鳥系に。 

IMG_7957.jpg

 もも肉に定番のネギマ、それにナンコツ。 鶏は塩で。

 串焼きはどれも手頃な大きさでビールやホッピーのつまみにちょうどいいサイズ。

 時々あるけど、やたら大きいお店とか、色々な種類が頼めない。 お腹が一杯になっちゃうからね。

 まあ、不味い訳でもないし、かと言ってすっごく美味しい訳でもなく、普通の焼き鳥なので、味についてコメント求められると困っちゃうところがあるわけで。

 値段も手頃で、味もそれなり。(笑)  悪い意味じゃなくて、飲物とのバランスの方が大事だと思いますね。 

 

 焼き物も終盤。  

IMG_8004.jpg

 プチトマトなんて、頼んでみたりして。 

 熱を入れたプチトマトは、良い具合に酸味が出て、結構好きです。 (^_^)v

 

 そして、お品書きを見ていると、”四日市ラーメン”なるものを発見!  四日市のご当地ラーメンか? 

IMG_7964.jpg

 これは〆に頼まない訳にはいきませんね。 (^O^) 

 

 で、四日市ラーメンが運ばれてきました。 

IMG_7966.jpg

 どっから見ても、普通の醤油ラーメンじゃないかい? 食べてみれば味も普通の醤油ラーメンのようです。(笑) 

 って言うか、いつの間にか”日本酒”飲んでるし。 結構、呑んじゃってるみたいですね。 ( ̄。 ̄;)

 

 と言うことで、このあと写真が無いんですよ。 飲みすぎて職務(写真撮影)を放棄しちゃったみたいで。(笑)

 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』

 

 特に四日市とその周辺の名物とかが食べられるお店じゃありませんが、まあ出先で気軽に立ち寄れるところがイイのかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四日市B級グルメ【とんてき ちゃん】 [食べる]

 2月は四日市に泊まって仕事をしていた訳ですが、昼間は四日市での新しい仕事、夜は2~3年前にやった仕事の修正依頼がきて、久しぶりに昼に夜にびっちり仕事をしていました。
 夜は11時までと決めて仕事をしていましたが、連日になると流石にしんどくて『若くないなぁ~。』と痛感した次第です。 
 
 そんなわけで、普段であれば昼間の仕事が終わったら、夕食は地元(四日市)のものでも食べに出掛けるんですが、そういった時間もあまり取ることが出来ませんでした。
 
 そんな中で、訪れたお店の一つを書いておきます。
 
 
 せっかく、四日市に1ヶ月ほど滞在するので特産品でもあれば、と思い探してみましたが、これと言って見つからず。
 
 『四日市と言えば?』 と聞かれて思い浮かべるのは”四日市ぜんそく”。
 
 ”四日市ぜんそく”と言う言葉が思い浮かぶこと自体、今となってはそれなりに年齢が行っていることがばれてしまいます。(笑)
 
 
 さて、そんな話は置いておいて、四日市の北部に位置する桑名市は、”その手は桑名の焼き蛤”でハマグリが有名です。
 
 南に行けば、松阪牛などもありますが、四日市は・・・・。
 
 
 でも、ありました。 B級グルメ。  四日市のB級グルメは”トンテキ”だそうで、こんなパンフレットもありました。 
 
20150227_panf_1.jpg 
 
 
 せっかく訪れた四日市、一度は食べに行かないとと思い仕事も終盤の2月の27日金曜日、仕事も一段落ついたところで夕食に近鉄四日市の東側、目の前にあるトンテキ屋”ちゃん”を訪れてみました。

 
IMG_7996.jpg
 
 それでは、早速入店します。
 
 店内は壁側が長いすの4人がけのテーブル席。 全部で30人くらいは入れそう。
 
 だけど、ほとんどの4人テーブル席に座っているのは一人。
 お店の狙いと、客層にズレがありますね。(笑)
 
 そして、テーブルの上のメニューには”トンテキ”。
 そりゃそうだ。 トンテキ屋さんですから。 
 
 トンテキ以外にもラーメン類が置いてありますが、当然注文は”トンテキ(200g)”のセット。¥1,490
 
IMG_7997.jpg
 
 トンテキはこれ以外に、ダブル、トリプルとあって、その名のとおり、ダブルなら200gを2枚、トリプルだと200が3枚というふうになります。
 が、200g2枚はちょっと遠慮しておきます。 2枚食べられる余裕があったら、他の色々なもの食べた方が有意義だよね。
 
 
 10分ほど待って、”トンテキ”が運ばれてきました。
 
IMG_7998.jpg
 
 トンテキは普通にトンカツなどよりも分厚く切った肩ロースをソテーして、ウースターソース系のソースで味付けされています。
 
 ロース肉は、分厚く切ってあるので、火の通りや味が良く染み込む様にと、あと食べやすいようにかな?切り込みが入れてあってグローブみたいな形になってます。 
 
 それでは、『いただきます!』 
 
 肩ロース肉は歯応えはありますが、厚さの割りには固くはありません。
 
 ウースターソースがベースと言うので、色からして塩っぱそうですが、甘みもあって、それほどではありませんけど、味が濃い。 
 ソースの中にはニンニクのかけらがゴロゴロ入っていて、スタミナがつきそう。 いかにも”ご飯のおかず”っていった感じですね。   
 
 『美味しいですね。 (^o^) 』 

 
IMG_7999.jpg
 
 まあ、自分は軽く完食。
 
 肉は200gあって、まあまあ食べ応えがあります。けどダブルはいりませんが、自分としてはもう少し250gくらいは食べたいところでしたね。 
 
 ちなみに、隣の若いお客さんは、トンテキダブルの単品(ご飯なし)とラーメンを食べてました。 恐るべしです。(笑)  
 
 
 美味しいですけど、自分的には年中は食べませんね。 偶に。
 
 トンカツ3回食べたら、トンテキ1回くらいの割合かな。
 トンカツ自体、最近は半年に1回くらいしか食べなくなりました。
 
 まあ、その辺が、トンテキが四日市市から他の地域に広がっていかない理由でもあるような気がします。
 
 個人的には、仕事に四日市に来たら、1回くらい食べてもいいかなぁ。と言う程度ですね。
 
 『ご馳走さまでした。』 
 
 
 
 なんて、書いて起きながら、トンテキを提供しているお店、結構ありますね。
 
 20150227_panf_3.jpg
 
 1店舗だけ訪れて、判断するのも失礼だと思いますし、次回四日市に来ることがあれば、他の店を訪れてみたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

SMSCライセンスを更新【鈴鹿サーキット】 [バイク]

 2月に入ってから三重県の四日市で仕事をしているのは、このブログで書いているので周知のことと思います。
  
 四日市の市街地から鈴鹿サーキットまでは約20kmと至近。 時間が合えば「スポーツ走行で走りたいな。」と思い、ハイエースにはCBR600RRを積んできました。
 
IMG_8008.jpg 
 
 仕事の荷物と一緒でハイエースの荷室は荷物で一杯。(笑) 
 
 
  
 今日、22日(日)は仕事は休み、しかもスポーツ走行枠があります。  『今日は走れるか!』
 
 が、昨晩からは雨、朝になってからは雨が降ったり止んだり。 (-_-;)
 
 路面は所々が乾き始めたと思ったら、雨が降り出してウェットにと、しばらくすると雨が止んで乾き始める難しコンディションです。 
 
 ホテルでじっとしていても仕様が無いので、とりあえず鈴鹿サーキットに向かいました。 
 
IMG_7986.jpg
 
 四日市からは国道23号線で鈴鹿市の白子まで、右折してサーキット道路に入り4kmほど、目の前に鈴鹿サーキットが見えてきました。
 
 
 鈴鹿サーキットのモータースポーツゲートに到着! 
 
IMG_7987.jpg
 
 ここの路面はハーフウェットって言った感じですかね。
 
 昨年の12月に走ったときは西コースだったので地味なゲートでしたが、今日のスポーツ走行は東コースなのでモータスポーツゲートからの入場になります。
 
 
 パドックにハイエースを駐めて、ピットウォールへ。
 
 メインストレートを見ると、『ウェット~。 (T-T) 』 
 
IMG_7990.jpg 
 
 小排気量クラスのバイクが走っていますが、レインタイヤを履いている2~3台だけ。
 
 今回、仕事の荷物もあったので、レインタイヤは積んできてません。 
 
 ドライ用のタイヤでも走れそうな微妙なコンディションですが、気温も低くて、ビビリながらの走りになりそう。 なので、走るのは止めておきます。  (-_-;)
 『残念!』
 
 
 まあ、鈴鹿にはダメ元できたんですけどね。
 
 さて、鈴鹿サーキットで、もう一つの用事がライセンスの更新です。 (郵送でもできるけど、せっかくなので)
 
IMG_7992.jpg 
 
 パドック裏にある、SMSC(鈴鹿モータースポーツクラブ)の建物へ。
 
 更新書類に、年会費、共済会会費の計25,600をお支払い。
 
 これで、4月以降も1年間有効になりました。
 
 でも、駐車場利用を含めても年間数回しか使わないからもう少し安くして欲しいなぁ~。
 
 遠距離割引なんてあると、嬉しいんだが・・・・・。 
 
 
 ライセンスの裏に、ピタッと2015年の更新シールを貼ってもらって、手続き終了です。 
 
IMG_7994.jpg
 
 今年の更新シールはピンク色でした。
 
 
 それでは、四日市のホテルに戻ることにしますか。
 
 
 
 四日市のホテルへの帰路、雨が本降りになってきました。
 
 やっぱり走らなくて良かった。と不完全燃焼の自分に言い聞かせるのでした。 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

金山で会食【木曽屋】 [食べる]

 1月の初めから仕事で東海地方に逗留しています。
 
 愛知には友人のエ”マさんが住んでいますが、東海地方に居るにもかかわたず、仕事が忙しくなかなか会う時間がありませんでした。
 
 2月も中盤になり、少しだけ仕事に余裕ができたので、エ”マさんと会って飲むことにしました。
 
 
 1月は岐阜の多治見に居ましたが、2月からは三重県の四日市で仕事をしていたので、集合場所はお互いの中間地点くらいになる名古屋市内の金山駅で。
 
 訪れたお店は、金山駅の北口から歩いて5分ほどの距離にある”木曽屋”。 信州の料理を中心に食べさせてくれるお店です。
 
 お店には7時半前に到着、さっそく入店します。
 
IMG_7973.jpg
 
 料理はおまかせで事前にコースを予約しておいてもらいました。
 
 
 まずは、お刺身。
 
 信州料理がメインですが、お酒の席にはやっぱり生ものがないと始まりませんよね。 
 
IMG_7974.jpg
 
 以前、(四半世紀)も前であれば、海から離れた内陸で美味しい刺身など口にすることは難しかったですが、1月に訪れた多治見でも感じましたが、最近は物流と冷蔵技術が進歩して、どこに居ても遜色のないお刺身が供される様になりましたね。
 
 ここで、いただいたお刺身も良いものを出してもらって、脂がのっていて美味しかったです。
 
 
 飲物は、(生ビールが置いてなかったので)瓶ビールでスタート。
 
 一区切りついたところで、”イワナの骨酒”。 
 
 焼いたイワナに、熱々の燗酒を注いだもので、入っている日本酒は2合ほどかな。  
 
IMG_7976.jpg
 
 イワナの旨味が日本酒に浸みだして美味い!
 
 やはり、ここ木曽屋を訪れたら、外せない一品です。
 
 
 実は木曽屋さんに訪問するのはこれで、3回目(くらいかな?)。
 (確実に最低3回は訪れてはいます)
 
 以前訪れたのは、まだ自分がこのホームページ&ブログを始める前で、やっぱりそのときもエ”マさんに連れてきてもらったのが最初です。
 
 ホームページ&ブログを始めたここ10年はこうして訪れたお店を忘れないようブログに書き留めていますが、ホームページを始める以前に訪れたお店の記憶はだんだんと薄れていってますね。
 
 実際訪れたお店は、ここ10年間より前の自分が30代の頃の方が遙かに多かったのですが、デジカメも写メもなかった時代ですので、記録はほとんど残っていません。
 
 少し脱線しましたので、話を元に戻しましょう。 
 
 
 お刺身の次に供されたのは、いよいよ信州料理の本番”キノコ鍋”。 
 
IMG_7977.jpg
 
 見たとおり、名前のとおり、キノコがどっさり入った鍋です。
 逆に言えば、具はキノコしか入っていません。(笑) 
 
 汁は少なめですが、キノコのヌメヌメで、つるっと胃袋に流れ込んでいきます。
 
 ナメコ、エノキ、シメジなどが入っていて、旨味が溶け出して美味しいぞ!
 しかも、体に良さそうだ。(^_^)v
 
 
 続いて供されたのは、イワナの塩焼き。 
 
IMG_7978.jpg
 
 小ぶりのイワナは、頭からまるごといただけます。
 
 淡泊で上品な味わいが、普段口にすることもなく、贅沢だなぁ~。
 
 当然、日本酒が進みます。 (^o^)
 
 
 川魚の次は、牛肉、陶板焼きです。
 
 牛は当然信州産、信州のリンゴを食べて育った牛だそうです。
 
IMG_7980.jpg
 
 リンゴ牛はさっと火が入ったところで、いただきます。
 
 「脂が乗って美味い!」 
 
 自家製のポン酢を付けて食べると、さっぱり、すっきり。 日本酒にも合いますぜ。
 
 
 骨酒は、一回注ぎ酒をして、イワナの美味しいとことが出尽くしたところで、”にごり酒”へ。 
 
IMG_7981.jpg
 
 「明日の土曜日も仕事があるんですがぁ~。」 なんて、言葉は脳の片隅から追い出されそうです。(笑)
 
 
 コースの料理も後半、牛肉が続きますが今度は、”朴葉焼き”で。 
 
IMG_7982.jpg
 
 真ん中に、味噌と刻んだネギが盛られて、具材は信州牛と厚揚げ。
 
 焼かれた味噌が、牛肉に芳ばしさをまといます。
 
 『贅沢だなぁ~。』 (*^▽^*)
 
 
 そして、コース料理最後の〆は、やっぱり信州と言えば蕎麦。 
 
IMG_7983.jpg
 
 蕎麦は、香りもあって、さすが信州の料理を供する料理屋さんですね。
 
 久しぶりに食べる本格的な蕎麦はやっぱり美味いなぁ~。
 
 
 当然、蕎麦も完食!  
 
IMG_7984.jpg
 
 ここまで、一通りの料理が出ておおよそ2時間強、のんびりと会話を楽しむことができました。
 
 
 一通りの料理が出た後も、会話が弾んで、お酒も弾む。
 
 気が付けば、閉店時間も迫っていました。
 
 と言うより、四日市までの終電が迫っていました。 ( ̄。 ̄;)
 
 
 『ご馳走様でした。 美味しかったです。 <(_ _)> 』
 
IMG_7985.jpg 
 
 そして、手配とか時間を作ってくれたエ”マさんには、『ありがとう!』

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四日市で餃子だけ【新味覚 本店】 [食べる]


 1月の多治見に続いて、仕事で2月の初旬から三重県の四日市に逗留しています。
 
 
 宿泊しているホテルの近くに、決してかわいいとは言えない人形の看板。 きもかわいさが逆に目立ちます。(笑)
 
 ”餃子の新味覚”と書いてありますので、餃子専門店の様です。
 
IMG_7947.jpg 
 
 自分も餃子は好物なので、食べログをみてみると、評価も高いようですね。
 
 
 
 2月8日、逗留最初の日曜日、小雨が降る中、昼食に訪れてみることにしました。
 
IMG_7948.jpg
 
 お持ち帰りコーナーもあって、テイクアウトも出来るみたいです。 
 
 お店には、昼ちょっと前に入店。 先客が3組ほどいて餃子をつついていました。
 
 店内は、カウンターのみの20席弱くらいかな。
 
 壁に貼ってあるお品書きを見ると食べ物は、”餃子”のみ。 (゜o゜;
 
 食べログを読んだら、確かに”餃子しか”置いていないと書いてあったけど・・・・。
 
 ライスも、ご飯もありません。 (ライスもご飯も一緒です。(笑))
 
 餃子以外は、飲物のみ。 潔さを感じますね。
 
 飲物は、瓶ビールと日本酒、ウーロン茶に牛乳(?)くらいだったかな?
 
 
 それなら、ビールを飲みながら、餃子をつつくのが正解なんでしょう。
 けど、以前やった設計の仕事の修正依頼がきていてこの後仕事しなくちゃなんない。
 ので、ノンアルコールのウーロン茶で我慢。
 
 注文は、餃子しかないので、「何人前。」かを注文するだけ。
 
 なので、『2人前!』を注文。
 
 ちょうど焼いていたので、2~3分で餃子2人前が出てきました。
 
IMG_7949.jpg
 
 1人前が8個なので、2人前で16個。 2人前で¥800也。
 
 それでは、『いただきます!』
 
 普通に美味いです。 (^o^)
 
 写真で見て分かるように、ちょっと焼きが甘い?かな。 個人的にはもう少し、キツネ色に焼いて芳ばしさが感じられるくらいが好みです。
 
 皮は。餃子の王将と比べると、少し薄めかな。
 
 餡は、比較的肉多めですかね。
 
 これに酢醤油、カウンターに置いてあるニンニクのみじん切りを浸したラー油を加えて食べると旨いね。
 
 
 でも、2人前の16個を1人で食べていくと、途中で冷めちゃう。
 
 なので、熱々を食べたければ、1人前ずつ頼むのが正解だろうね。
 1人前だと半分の¥400なので、値段は一緒だしね。
 
 
 2人前16個を食べたけど、餃子だけなので、なんか物足りない。
 
 やっぱり、これにライスとスープが付いて、”餃子定食”があると文句ないんだけど・・・・・・。
 
 少々もの足らないので、もう1人前追加。 ( ̄。 ̄;) 
 
IMG_7950.jpg
 
 8個×3人前=24個。
 
 流石に味が単調(餃子だけですから)で飽きてきますね。
 
 それでも、いつもの様にちゃんと完食。 (完食の写真を撮り忘れたけどね)
 
 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』
 
 
 
 けどねぇ、餃子3人前とウーロン茶で、¥1,400はちと高いよね。 
 自分的には、”たかが餃子”だから。
 
 なので、自分だったら、1回食べた殻、ライスが食べられる餃子の王将で”餃子定食”を選ぶかな。
  (あくまでも個人的な意見です。)
 
 まあ、呑みに行く前に、ビールを飲んでちょっとつまんで小腹を満たす。 とか、持ち帰りで他のものも一緒に食べるとか。がありかな。 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理