So-net無料ブログ作成
検索選択

金町でカレーを食べる。(トック)【2017年3月9日(木)】 [食べる]

 昨日は自宅仕事でしたが、今日はときどき出没する金町にやってきました。

 午後から金町の事務所で打ち合わせです。 

 昼は何を食べようか?

 昨日は蕎麦を食べたので、麺類以外で。

 気軽にカレーでも、と思い、スマホで”金町”、”カレー”で検索。

 駅近くにカレー屋がありましたね。 今まで何度か通っているのに気が付きませんでした。(笑)

 検索に出てきたお店は、”トック”。

IMG_2457.jpg

 さっそく、入ってみることにしましょう。 

 注文は、”カツカレー”(1,030円)。

 そう言えば、1月に金町に来たときも”カツ”食べてましたね。

 前回の記事で、仕事で外出した時(普段)の昼食は¥1,000以下がポリシーみたいなことを書いていましたが、あれはウソか?

 カレーは辛さを選べます。 自分は辛口で。 まだその上に、大辛もあります。

 そして、ランチサービスとして、4種類のセットから1つ選べます。

 自分は、ミニコールスローとミニスープのAセットをお願いしました。

 しばらくして、コールスローサラダが運ばれてきました。

IMG_2452.jpg

 自分はコールスローサラダが結構好きです。 

 続いて運ばれてきたのが、ミニスープ。

IMG_2453.jpg

 「ちっちゃっ。」

 ホントにミニです。(笑)

 このカップは、エスプレッソ用のかな。

 しばらくすると、カツカレーが運ばれて来ました。

 それでは、『いただきます。』

IMG_2455.jpg

 辛口をチョイスしましたが、これはかなり辛いです。

 頭皮から汗がにじみます。

 辛いのは好きですが、日頃からとびっきり辛いものを好んで食べるわけじゃありません。

 なので、次回からは”中辛”ぐらいがちょうど良いかな。

 カレーのルーはかなり粘度があるタイプ。 好みが分かれるところですね。

 自分もどちらかと言うと、サラッとが好きですが、これはこれで悪くはありません。 

 辛いだけじゃなくて、旨味もあります。

 カツは、揚げたてでカリッとしていて、厚みもあって、これも美味しい。

IMG_2456.jpg

 完食です。 

 金町に来て、ササッとお昼をすませたいときには、良いですね。

 「ご馳走様でした。 美味しかったです。」 <(_ _)>


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

牡蠣玉蕎麦を作る【家蕎麦】【2017年3月8日(水)】 [食べる]

 軽めの記事で、2日に1回ペースの快調な更新が続いています。 (^o^)/

 もうすぐ、息切れすると思いますが ・ ・ ・ ・ ・ 。 (-_-;)


 さて、皆さんは宝くじとか買ってますか。

 自分はジャンボだけ買ってます。

 抽選があっても、当たっているかは、すぐに確認しません。 当たりませんから・・・・・。 (^_^;)

IMG_2397.jpg

 夢を買っているんです。

 「当たってたら、どうしよう。」 と想像することによって脳に勘違いをさせ、どうにか日々の生活を乗りきっているんです。(笑)

 なので、”当たり”を確認するのは、次のジャンボが発売になったときです。  

 で、先日グリーン・ジャンボが発売されたので、買いに行く前に”一応”確認。

IMG_2396.jpg

 『あっ! 当たった。』 (゜o゜;)

 4等の1万円が当たりました。 \(^0^)/

 下3桁なので、確率1000分の1。 まあ、10枚買っているので、実際の確率は100分の1 ですけどね。

 年の初めの、”寒晒し蕎麦を振舞う会”の当選と言い、今年はちょっとくじ運が良い!

 でも、こんなことで運を使っちゃって良いんだろうか?

 「運の無駄遣いをしている感が、無きにしもあらず。」ですが。

 まあ、運の出し入れは自分じゃコントロール出来ないから、今回の当たりは素直に受け入れましょう。

 で、さっそく宝くじ売り場に行って、現金に引き替え。

 末等と合わせて、10,300円ゲット。

 その場で、速攻グリーンジャンボ宝くじ30枚(9,000円)に変身! ( ̄。 ̄;)

IMG_2429.jpg

 普段は夢を買っているので10枚だけ。 今回は大盤振る舞いです。

 なんとなく、夢を無駄遣いしているような・・・。 散財しているような。

 でも、残った1,300円でちょっとリッチな昼食をいただきました。 <(_ _)>

 (普段、仕事で外に出るときの昼食は、基本上限1,000円以下と決めています。)  

 これが本題かと思いきや、ここまでは枕。

 (まあ、1万円当たったのがうれしくて、書きたかった訳です。)


 さて、ここからが本題。(笑)

 3月8日(水)は自宅でデスクワークでした。

 1日外出もせずに籠もって仕事をしていると、息抜きをしたくなります。

 と言うことで、お昼はこの間使った蕎麦粉が余っているので、蕎麦を作りました。

IMG_2442.jpg

 前回打った時に、結構ひび割れが出たりして上手くいかなかったので、加水率を1%(3g)増やして、51%で打ってみました。

 「あまり変わらないね。」

 腕の問題でした。 (爆)

 で、種は牡蠣。

IMG_2445.jpg

 牡蠣の季節もボチボチ終わるので、今シーズンのラストで食べておきたかった。

 スーパーに行ったら、大ぶりの良い牡蠣があったので、それを種にしました。 

 牡蠣は玉子ととじて、”牡蠣玉蕎麦”に。

IMG_2447.jpg

 牡蠣から良い出汁が出て、美味しいですね。

 青海苔もちょっと振って、磯の香り満点です。

 牡蠣はまた次の冬が来るまでの楽しみにしておきましょう。 

 2枚目は定番の”もり”で。

IMG_2448.jpg

 やっぱり、この蕎麦粉は緑がきれいですね。 

 近づけて見ると・・・・。 「下手ですねぇ~。」 (-_-;)

IMG_2449.jpg

 じゃなくて、透明感があって、美味しそうな蕎麦粉です。

 実際、美味しいです。

 チュルンとした食感も良いです。

 もちろん、完食。 

IMG_2451.jpg

 『ご馳走様でした。』 <(_ _)>


コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

プレミアム・フライデーに由比港で昼食を食べる。【2017年2月24日(金)】 [食べる]

 2月24日金曜日のこと、「今日からプレミアムフライデーが始まります。」 と朝のニュースで言っていました。

 プレミアム・フライデー? 初めて聞きました。

 プレミアム・フライデーは月末の金曜日、午後3時にちょっと早めに仕事を切り上げて、プライベートに時間を使いましょう!

 と言うことらしいです。

 日本人は仕事をし過ぎらしいので、時短しましょう。と言う趣旨で始めたらしいですが、自分は縁が無い仕事をしています。

 基本週末休みですが、忙しければ当然土曜日も仕事してます。

 単に拘束時間が長いだけです。(笑)


 さて、2月の初旬から2週間ほど、仕事で静岡県富士市に逗留しているのは、前々回のブログで書いた通り。

 今日24日で富士市の仕事は最終日となりました。午前中にすべての仕事が終わりました。

 今日一杯までかかる予定だったので、お昼から時間が空いてしまいましたね。

 (確信犯ではありません。) 

 お昼に仕事が終わったので、今日はスーパー・プレミアムなフライデーだ。(笑)

 (どこかのメーカーのビールの様です。)

 それでは、と言うことで、富士市からちょこっとクルマを走らせてお昼を食べるために由比港に向かうことにしました。

IMG_2309.jpg

 海沿いを走る国道1号線をクルマを走らせ由比港を目指します。

 今日は雲が多く、富士山が見えませんね。 って、富士山は見えるならば後ろ側です。(爆)

由比港に到着

IMG_2310.jpg

 富士市からクルマを走らせること30分弱、由比港に到着しました。

 目指すのは、この先漁港の脇に建つ、漁港直営のお店です。

浜のかきあげや

IMG_2314.jpg

 漁港の脇にクルマを駐めて、お店に向かいます。

 目指すは、漁協直営の”浜のかきあげや”です。

 ここは以前、通りかかったときにたまたま見つけたのですが、その時は閉まっていました。

殿様商売?

IMG_2315.jpg

 店先に貼ってある営業日のカレンダー。

 営業している日より、閉まっている日の方が多い。

 殿様商売ですね。(笑) 

 まあ、由比港特産の桜エビが今の時期禁漁と言うことも理由でしょう。

注文は

IMG_2317.jpg

 由比と言えば、桜エビとシラスが特産です。

 メニューは桜エビの料理が並びます。 一押しは、店の名前にもなっている”桜えびのかきあげ”。

 かきあげそばなどもありましたが、注文は写真にある欲張りな”ミニ丼セット”(¥1,000)にしました。

ミニ丼セット

IMG_2318.jpg

 カウンターで注文すると、混んでないこともあって、すぐにミニ丼が出てきました。 セルフサービスです。

 ミニ丼のセットには、右手前から”漁師の沖漬け丼(ミニ)”、右奥が”由比丼(ミニ)”、左奥が(桜えび)”かきあげ”、で左手前が”桜えび味噌汁”になります。

テラス席で

IMG_2319.jpg

 ミニ丼セットを受け取って、漁港脇のパイプイスが並ぶ空いているテーブル席へ。

 これってテラス席って表現してイイのかな?(笑)

 平日と言うこともあって、空いています。 ネットで見てみたら、土日とか結構混んでるみたいですね。

 由比丼のたれ 

IMG_2322.jpg

 由比丼には薄味がついていますが、足らない人は、テーブルにある”由比丼のたれ”をかけて。 

漁師の沖漬け丼

IMG_2323.jpg

 『それでは、いただきます。』

 まずは、漁師の沖漬け丼からいただきます。

 沖漬け丼の桜えびは、生の桜えびを醤油で味付けしたものらしい。

 醤油の味付け自体は、濃いものではなく、桜えびの風味が効いていて美味しいです。

 ただ、個人的には発泡スチロールの器がいただけません。 ゴミがどんどん生産されるのがイマイチ好きになれません。

 漁港の直売所なので致し方ないのかもしれませんが、せめてプラスチックの器にしていただきたいですね。

 .

由比丼

IMG_2324.jpg

 続いて、由比丼(ミニ)です。

 由比丼は、釜揚げのシラスと桜えびのダブルドンブリです。

 こちらは、茹でたときの薄い塩味だけなので、由比丼のたれをかけて食べます。

 わさびが溶けにくいので、沖漬け丼の器で、わさびを溶いてかけるとムラになりません。自分はそうしました。(笑)

 由比丼の桜えびは、さっきの醤油に漬けた桜えびよりこっちの方が香りが良くて上品な味かな。

 シラスもフワフワした食感で、美味しいです。 (^_^)v

 沖漬け丼と由比丼の二択だったら、自分なら由比丼ですかね。

かきあげ

IMG_2325.jpg

 桜えびのかきあげ。

 ほぼ桜えびです。 サクサクです。

 でも、冷たいです。 残念ながら揚げたてじゃありません。

 揚げたてが供されることを期待していましたが、プラスチック製のパックに入れられていました。

 冷えていますが、しっかりとした香りもあって、美味しいです。 ただ、冷えちゃってるんで、ちょっと油が重いです。

 熱々だったら、メッチャ旨いんだろうなぁ。 美味しいけど、残念です。

 熱々を食べさせてくれるところがあったら、そっちに行きたいと思います。

桜えびの味噌汁

IMG_2326.jpg

 期待してはいけません。 単品で100円ですから。

 桜えびが泳いでいます。 けど、圧倒的に少ないです。

 考えた人は、きっと桜えびづくしの料理にしたかったんで、作ったんでしょうね。

 間違っても、桜えびを体験するために、白いゴハン(単品150円)とこの桜えびの味噌汁だけ注文することは避けましょう。(笑) 

ご馳走様でした。

IMG_2327.jpg

 完食です。

 10分あまりで、発泡スチロールのゴミが3つと、プラスチックのパックのゴミが1つ出来上がりました。 勿体ないですよね。

 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』 <(_ _)>

食後に港を散歩

IMG_2332.jpg

 食事の後は、由比港をちょっと散歩します。

 由比港は小型の漁船がたくさん停泊していました。

 遊漁船も何隻かありましたね。 

港の出入口

IMG_2336.jpg

 港の出入口は、この東名高速の橋をくぐって駿河湾へ。

 東名高速の一部が、由比港の防波堤の役割もしている様です。

 港の出入りは必然的にこの橋の下を通過するので、船の大きさも限られてきますね。 

由比港

IMG_2338.jpg

 由比港のほぼ全景。

 何十隻あるのかな。

IMG_2344.jpg

 由比港をグルッと散歩して、お店の前に戻ってくると、背広のサラリーマンがお昼を食べに寄ってました。

 県外人は東名高速で通過してしまうので、なかなか寄る機会はほとんど無いと思いますが、お昼時に前を通ることがあったら、話の種に寄ってみるとイイですね。

IMG_2348.jpg

 富士の仕事も終わりました。 お昼も食べましたので、地元に戻ることにしましょう。 

お土産を

IMG_2351.jpg

 駐車場の脇に直売所があったので、帰りがけに、お土産を買って帰ります。 (^^)/~~~


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

肉の日に牛鍋を食べる。(太田なわのれん)【2017年2月9日(木)】 [食べる]

 また食べます。 食べネタです。

 

 今日は平成29年2月9日、”ふく年ふくの日”のダブルで、フク(河豚)の日です。

 否、にく年、にくで肉の日です。

 肉の日は、ふく(フグ)の日でもあったんですね。(笑)


 時々、食べネタをブログを書く人間としては、肉年の肉の日に、やはり肉を食べないわけにはいきません。

 フグは高いんで、今回はちと無理。(笑)

 平成の次の年号が、生前退位で来年変わったとしても、次の年号が29年になるのは、30年後。

 これから30年経つと、自分はオーバー・エイティー。 (゜o゜;)


 その歳で肉を食べられるか、否、生きているかさえかなり怪しい。(爆) 時間というのは残酷なものなのだ。 

 半歩譲って、次の29年は、2029年。 それでも12年後、自分はミドル・シックスティー。(笑)

 その歳で元気で肉を食べられるか。 それ以前にこのブログを書き続けているかの方がかなり怪しい。

 今年29年は大事にしなければ、と言うことで”せっかくなので”奮発してみました。

 (”せっかくなので”は散財の殺し文句です。) 

. 

 今回は焼肉ではなく、日本でもっとも歴史がある肉料理の一つに挙げられる”牛鍋”を食べに行くことにしました。

 ちなみに、自分は今まで食べたことがなく、お初の料理です。 

17:26 太田なわのれんに 

IMG_2168.jpg

 訪れたお店は、太田なわのれん。(看板の明かりが強くて、字が潰れちゃってますね。)

 横浜市中区の末吉町にあり創業明治元年(1868年)の、肉料理店としては超老舗です。

 当日はしとしとと雨が落ちる底冷えのする日で、鍋を食べるにピッタリの気候です。 

 2日前の月曜日に電話をしたのですが、希望の時間に予約が取れず。(肉の日だから混でいる?)

 早めですが、やむを得ず空いていた5時半からの予約にしました。

 (5時半の予約に間に合わせるため、仕事を早めに切り上げたのは、ナイショの話だ。(笑))

. 

17:27 縄のれん 

IMG_2171.jpg

 当日は京急が人身事故で止まってしまったため、最寄り駅の日ノ出町駅から行くことが出来ず、JR京浜東北線の桜木町駅から徒歩で向かうことに。

 予約時間の3分前に到着。 「ぎり間に合いました。」 (^_^;)

 それでは、さっそく入店しましょう。

 入口には、店名の由来となった”縄のれん”がかかっています。

 縄のれんは、明治時代、蝿が店内に入ってこないようにする唯一の方法だったようです。(太田なわのれんのHPより引用。)

 .

 17:30 座敷に

IMG_2172.jpg

 お店に入って、名前を告げると、靴を脱いで座卓が8卓ほど並ぶ座敷に案内されます。

 当日は、友人のKさんを誘いました。 Kさんはブログ公開NGなので、ご了解を。

 4名以上であれば、個室の予約が出来るそうです。 

 17:33 寒いけどとりあえず

IMG_2175.jpg

 寒いけど、とりあえずビール。 いきなりの日本酒の熱燗じゃ危険すぎます。(笑) 

 料理の注文は牛鍋の単品もありますが、ここは”牛鍋会席”をお願いしました。 

 .

17:36 先付け 

IMG_2176.jpg

 しばらく待って、まずは先付けが運ばれてきました。

 盛りつけがきれいですね。 

 先付けは、左から タラ、ホタテ、ズワイガニ、ナマコなどの食材で。

 タラは、白子とタラコ煮にしたものを合わせて、クコの実と枝豆たアクセントになっています。

 味付けが上品ですね。

 続いて、ホタテ。 甘栗がアクセントで添えてあります。

 ズワイガニはあんかけにしてあり、優しい味付け。

 そして、最後はコリコリのナマコ酢。 

 どれも手が込んでいて、美味しいですね。

 コース料理じゃないと、これだけの品数を頼むことはなかなか難しいので、良いですね。 

. 

 17:46 吸い物 

IMG_2178.jpg

 吸い物は牛肉とゴボウ。

 ゴボウはカリッと素揚げにしてあって、表現が稚拙(ちせつ)ですが、スナック菓子の様な食感が口に楽しいです。

 汁は濁っていますが、出汁の味が良く出ていて美味しい。 もっといただきたくなります。  

. 

 17:51 ダンゴの中身は 

IMG_2180.jpg

 汁の中には、お団子。

 このダンゴの中身が、牛肉をしぐれ煮っぽく味付けしたもので、思わず「ほう!」と言ってしまう驚きがあります。 

. 

 18:04 お造り

IMG_2181.jpg

 「食べたな!」

 「写真を撮る前にたべたな!」 (笑)

 それじゃなきゃ、白身の魚が一切れしか盛ってない。なんて事はないだろう。 (ーー;) 

 刺身も良いものを使っている様です。 マグロは赤身ですが美味しい。 

. 

 18:08 一品料理

IMG_2185.jpg

 牛鍋の前に、もう一品供されます。 

 これも、左側から焼いた魚でカマス、旬の野菜で菜の花にウニを添えたもの。

 エビ、頭は唐揚げにしてあって、全部食べられます。

 そして、子持ち昆布。

 どの素材も、一手間、二手間加えてあって、美味しいですね。

.  

 18:13 真打ちの

IMG_2190-a.jpg 

 一通り料理をつまんだところで、真打ちの牛鍋が運ばれてきました。

 牛鍋は七輪の上に載った平たい鉄鍋に盛られています。

 牛肉は、すき焼きの様な薄切り肉ではなく、角切り肉です。

 ほどよいサシが入っていて、見るからに美味しそうです。 

 鍋の中央には味噌、そしてその上にネギが乗っかっています。

 そう牛鍋は、味噌味なんです。 

. 

 18:15 野菜たち

IMG_2188.jpg

 鍋に入れる野菜などは、春菊に長ネギ、シイタケ、そしてシラタキに焼き豆腐です。 

. 

 18:18 調理は

IMG_2191.jpg

 牛肉、野菜、豆腐、しらたきなどを、だし汁(かなぁ~?)を加えて味噌で煮込んでいきます。

 調理はすべて仲居さんが付きっきりでしてくれます。 

 自分たちが通された広間は8卓ほどのテーブルがありましたが、3人ほどの仲居さんが切り盛りをしていました。

 なので、(最初に予約しようと思った)6時にお客さんが集中するとさばききれないので、すぐに予約が一杯になってしまうんだと思います。

 おそらく、各テーブルは夜の部でお客さんが1回転して終わりなんでしょうね。 

 . 

 18:20 いただきます!

IMG_2192.jpg

 牛鍋が出来たら、溶いた卵の入った器によそってくれます。

 あとは自分らは食べるだけ。 

 『それでは、いただきます!』

 まずはトップに載っている春菊から。

 『春菊うま~い。』 (^_^)

 味噌味で煮込まれた春菊は、結構甘めの味付け。

 濃いめの味噌の塩っ気と甘みが合わさって、美味しいですぅ。

 味噌は八丁味噌がベースかな。 

 次に肉行きましょう。肉!

 肉も旨~い。 角切りにされた肉はほどよく歯応えがあって、噛むと肉汁が溢れ出てきます。

 それが、甘めの味噌と口の中でコラボレーション! 幸せ。(*^_^*)

 濃厚な味ですねぇ。

 牛肉のこんな食べ方もあったんですね。 

 ”とんすい”って言うのかな。 鍋を食べるときに取り分ける和食器。

 このとんすいに仲居さんが3回くらいに分けて取り分けてくれます。

. 

 18:31 クタクタに

IMG_2193.jpg

 3回くらい取り分けると、調理は大体終わるので、火が通り過ぎないように鍋を七輪から外してテーブルの上に。

 味噌ダレの中で、クタッとなった長ネギは味が浸みてウマウマです。 

 ボチボチご飯をお願いしましょう。 

. 

 18:38 ごはんに 

IMG_2194.jpg

 ご飯の上にのっけて。

 味が濃いので、ごはんのおかずにピッタシ。 お酒よりもご飯の方が合うかな。

 ご飯はお櫃に入れて持ってきてくれるので、お代わり自由。 

 最後は、残った溶き卵をかけて、卵かけご飯にしていただいちゃいます。

 味噌ダレの味が付いた卵がこれまた美味しいんです。 

. 

 18:52 そして鍋だけが残った。

IMG_2195.jpg

 鍋、なめたくなります。(笑)

 今、記事を書いていて気付いたけど、ここにご飯入れて食べれば、残らず食べられてよかったのにね。

 ちょっと品がないけど・・・。 ( ̄。 ̄;)  

. 

 19:04 最後は 

IMG_2196.jpg

 最後は水菓子です。

 オレンジとかイチゴとかベリーとかが、ゼリー寄せになっていて、これも一手間加えてあって美味しいですね。

 出てくる料理が全部一手間加えてあり、どれも美味しかったです。

 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』 m(_ _)m 

 年中とは言いませんが、数年に一度くらいは訪れてみたいですね。 

. 

 19:19 フクちゃんがシンボルマーク 

IMG_2200.jpg

 食事を終えてロビーへ。

 ロビーには、シンボルマークとして割りばしやコースターなどにも使われている”フクちゃん”の原画が展示されていました。

 このフクちゃんは、漫画家の故横山隆一氏が戦後間もない時期に画いてもらったものらしい。

(太田なわのれんのHPより)

 

 この明治元年から食べられている牛鍋、横浜に来た際に機会があれば一度訪れてみてもいいかもしれませんね。


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

金町でとんかつを食べる。(喝)【2017年1月20日(金)】 [食べる]

 今日は、仕事先の毎月1回の定例会議に出席するため葛飾区の金町までやってきました。
 
IMG_2142.jpg
 
 会議は、午後からで、金町には昼前に到着。
 
 昼食を金町駅周辺で食べる予定でやってきました。
 今日のお昼はサクッと”トンカツ”を食べたい気分。
 
IMG_2143.jpg
 
 ネットで検索すると、駅近くで出てきたのが、こちらのお店””(かつ)。
 ちょっと分かり難いところにありましたが、google map だよりで無事到着。
 
IMG_2144.jpg
 
 お店は、狭い階段を上がった2階にありました。
 お店には、お昼ちょうどに到着。
 
 さっそく、入店します!
 
 お昼になったばかりと言うこともあって、先客はなし、口開けでした。
 その後、食事をしている間に2~3組が入店。
 
IMG_2145.jpg
 
 注文は・・・・、今日はロースを食べたい気分。
 ロースには、”ロースランチ”と”ロースかつ定食”があったので、違いを聞いてみると、国産か否かと言うこと。
 でしたので、国産(1,700円)をおごってみました。
 
 注文すると、しばらくして”箸休め(?)”が運ばれてきました。
 
IMG_2146.jpg
 
 キムチと枝豆、それにオリーブとチーズ。
 ビールが飲みたくなります。(笑) 
 
 10分ほど待って、注文したロースかつ定食が運ばれてきました。 
 
IMG_2147.jpg
 
 トンカツの衣の色は薄いですね。
 低温で揚げているようです。
 
 それでは、さっそく、『いただきます!』
 
IMG_2148.jpg
  
 ギリギリ赤身が無くなるくらいの、浅い揚げです。.
 まずは、何も付けずにそのままいただきます。
 下味がしっかり付いていて、そのままで美味しいです。
 
 つけ合わせが、定番のキャベツの千切りじゃなくて、キャベツ主体のサラダです。
 美味しいけど、トンカツにはキャベツの千切りが好み。
 しかも、お代わり自由が前提です。(笑)

IMG_2149.jpg
 
 次に定番でソースを付けて食べます。
 けど、ちょっとかけ過ぎですね。(笑)
 浅く揚げたカツに、ソースのかけ過ぎは禁物でした。
 ソースは甘みの少ないキレのあるタイプ。 
 
 ここのお店は、カラシが付いてませんでした。
 西の方では、カラシが付いてないところもありますが、関東ではめずらしいかな。
 (カラシは頼めば出してくれたのかな?)
  
 
 少し硬めに炊かれたご飯は美味しいです。
 
 みそ汁は赤だしで、具はめずらしいかな、ジュンサイでした。
 ジュンサイのつるっとした食感が良いですね。 美味しいです。
 
IMG_2150.jpg
 
 完食です。 
 『ご馳走様でした。』
 
 久しぶりに食べたトンカツは美味しかったです。
 やっぱり、揚げ物はお店で熱々を食べるのが良いですね。 
 
 
 あと店内には、お酒がたくさん置いてありました。
 
 揚げ物をメインのつまみにして呑むのも、若い頃は”可”でしたが、最近はしてませんね。
 昔ほど食べられなくなっているので、お酒もあまり進まないかな。(笑)
 「どうでしょう?」 
 
 
IMG_2151.jpg
 
 お店の外観はこんな感じ。
 最初は、行きすぎて、google map で確認して、戻って・・・・。
 目印は、セブンイレブンの隣の用品店の2階です。
 
 
 美味しかったです。 けど、残念ながら好みのトンカツではありませんでしたが、浅く揚げたトンカツが好みの人にはお薦めかな。
 個人的には、トンカツは香ばしく揚げたくらいの衣が好きです。

コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

絶対バチが当たるぞ。(和田金)【2016年12月18日(日)】 [食べる]

 12月の出張で訪れた三重の記事が続きます。 (゜o゜;)


16:48 松阪駅に到着 

IMG_1773.jpg

 12月の18日 日曜日の今日、仕事が休みだったので、訪れたことがなかった伊勢神宮の外宮を参宮しました。

  その後、時間に余裕があったので内宮も参宮してきました。

 帰路、と言うか途中の松阪で下車。

 せっかく松阪を通ったので、松阪牛を食べて帰りましょう!

 (でっ出たぁ~。 ”せっかく”の殺し文句。 この殺し文句で、いったいいくら散財したことか!)

 「ウソです。」 (-_-;)

 ”松阪”を通ったのは伊勢神宮に行ったからではなく、最初から松阪に来るのが目的であって、その延長に伊勢神宮があったんです。

 そう、実は今日は松阪牛を食べに松阪に来る予定だったんです。

 溯れば、今回の津の仕事が決まった時点で、「松阪に松阪牛を食べに行こうかなぁ~。」と考えていました。

 それが、先週の水曜日に、一升びん鈴鹿店で松阪牛を食べたとき、予定が確信に変わりました。 (笑)

 「松阪牛の本質を理解するためには、自分で焼いていちゃダメだ。 プロに美味しく焼いてもらわなくっちゃ!」

 ワケのわからない理屈です。

 一升びんで焼肉を食べホテルに戻った後、(酔った勢いで)予約を入れてしまいました。 (汗) 

16:57 和田金に到着 

IMG_1774.jpg

 松阪牛を食べるため松阪駅からプラプラと歩くこと10分ほど、和田金に到着しました。

 そう、予約を入れたのは”和田金”。 自社牧場を有し松阪牛を食べさせる明治初期に創業した老舗の有名店です。

16:57 入口は 

IMG_1775.jpg

 お店の入口には、真っ赤な絨毯、その奥には生け花がいけてあり、まるで高級旅館の様なおもむき。

 「うぁ。敷居高っ!」 (゜o゜;)

 玄関の自動ドアがスルスルスルっと開くと同時に、女中さんが2~3人小走りで駆け寄ってきて、

 『いらっしゃいませぇ~ぇ。』 と出迎えてくれます。

 予約した名前を告げ、靴を脱いで預けたら、スリッパに履き替え店内に上がります。

 「これで、食い逃げは出来ないな。(笑)」

 今日は5時半から予約をしておいたので、外宮の参宮が想定外に早くお昼に終わってしまったときは、「どうしようか?」と思いました。(汗)

 なので、おはらい町に行ったり、内宮に行ったりして、時間を潰していたのが本当のところ。

 そのブログに付き合わされた、人はたまったもんじゃありませんね。 <(_ _)> 

 ちょっと早めに到着したので、席に案内される前に、お土産を見に精肉部に。

 フロントの脇には精肉部があって、クール便での発送もできます。

 けれど、年末と言うことで、しぐれ煮やそぼろ煮などの加工品はありましたが、すき焼きやステーキ用の生肉は今年発送分はすでに売り切れで締め切りだそう。 

 余計な散財をせずにすみましたぜ。 (^_^;)

17:01 部屋に  

IMG_1776.jpg

 精肉部をちょこっとのぞいた後、部屋にご案内。 部屋は個室で、独り占め。 ( ̄。 ̄;)

 あまりに高級すぎて、かなり場違いな感じがしますが。

 自分が20代の頃だったら、『ごめんなさい。間違いました。』と言って逃げ出したかも。(笑)

 でも、50代になると図々しくなるもんで、お一人様でも大丈夫、ジーンズというラフな格好でも大丈夫、強い味方のクレジットカードがついてますから。 <(`^´)>    

17:01 テーブルには

IMG_1779.jpg

 テーブルには、すでに食器のセットが準備してありました。

 テーブルの中央には囲炉裏と言うのか炭火のコンロ。 これは、すき焼きなどを食べるとき調理に使うものですね。

 注文したのは、サーロインのステーキ・セット。 肉は標準150gを200gに増量して。

 和田金と言えば、すき焼き(寿き焼)で有名で、お薦めらしいです。 けど、すき焼きは2名様からになっているので、今回はお一人様でもOKなステーキ・セットでお願いしました。  

17:18 サラダ 

IMG_1780.jpg

 飲物は、とりあえずビール。 (電車ですから。 そのための電車ですから。)

 ビールを飲んでいると、しばらくして供されたのが、まずはサラダ。

 変わった野菜が入っていましたが、名前を聞いたけど忘れてしまった。(汗)

 グラスに入っているのは、ドレッシングで、風味付けとしてワサビが入っていて、美味しいです。     

17:20 オードブル 

IMG_1784.jpg

 続いて運ばれてきたのは、オードブル。

 ステーキが出来てくるまで、ビールを飲みながらいただきます。

 美味しいけど、量がちょっとなので、口一杯に広がる美味しさはないかなぁ~。  

17:23 肉すまし  

IMG_1786.jpg

 続いて、スライスされた松阪牛が入っているコンソメスープ。

 肉の旨味がスープに溶け込んでいて美味しいです。

 もっと飲みたかったけど、器がお上品。  

17:30 ビールは 

IMG_1793.jpg

 ビールは色々な種類がありましたが、プレミアム・エビスをおごってみる。 

17:31 メイン 

IMG_1794.jpg

 (この先書いていたら、ブログが落ちました。 (-_-;) もう一度、ここから同じ文章書くのって、気力が要りますよね。 (T-T)) 

 気を取り直して、文章を再開。

 ビールを飲んでいると、メインのステーキが供されました。

17:32 小皿には  

IMG_1795.jpg

 ステーキには、お好みで小皿の調味料(?)を。

 小皿には、すだち、大根おろし、ワサビ、コショウ、岩塩。 それに左上の器にはおろしニンニクが入っています。

17:33 いただきます。 

IMG_1799.jpg

 焼き方は、ミディアム・レア-でお願いして、良い具合に焼き上がっています。

 (コンデジがいうこと聞かなくて、手前の肉にピント合わせたかったのに、お皿の肉にピントが合っちゃってます。)  (ーー;)

 サーロインって面積が大きいので、どうしても厚さが薄くなるので、お客さんのリクエスト通りにちょうど良い具合に焼くのが難しいんですよね。

 焼き上がった瞬間から、どんどん熱が入っちゃうんで。 お客さんに出されるまでの時間も考えて焼かないと、熱が入りすぎたりしちゃいます。 なので、盛られたお皿は、冷たくならず火が入らないよう、熱すぎず人肌くらい。

 それでは、熱々のうちに、『いただきます!』

 一口、口に入れて噛むと、肉汁じわぁ~。 「美味しいですねぇ~。」 (^_^)v

 肉は十分に軟らかいですが、想像したほどではないですね。 テレビとかの食レポで、『口の中で溶けてしまうくらい軟らかいです。』とか、やってますがそこまでは軟らかくありません。

 ちゃんと歯応えがあります。

 噛んで溢れ出す肉汁は、サッパリで脂っこさや脂臭さはまったくありません。 逆にあっさりしていて肉々しさが無いので、”肉”食べた感は少ないかもしれませんね。

 普段、口にするような脂っこさ満載の肉だと、ある程度食べると満腹感がありますが、この松阪牛だとかなりの量を食べないと満腹感が満たされないかも。 (^_^;)  そんな、上品な肉です。

 肉の味付けは薄め。 岩塩とかを付けることを前提にして、薄めの味付けをしている様です。

 セットには、ご飯が付きますので、ここで頼んでおきましょう。

 すき焼きとかであれば、すき焼きを食べた後残ったタマゴをかけるとかできますが、ステーキ・セットの場合、ステーキ食べちゃうと、ご飯のおかずが無くなっちゃいますから。

17:34 ご飯 

IMG_1800.jpg

 ステーキを食べている途中で、ご飯とお新香が運ばれてきました。

 ご飯は軽め。

 だけど、このステーキとご飯って(自分的には)合わないかな。 ステーキは塩味が薄いのでおかずになり難いです。

 ステーキは単体で食べて、美味しいです。 

17:36 

IMG_1801.jpg 

 つけ合わせの野菜たちは、油ではなくオーブンで焼いた感じ。

 適度に水分が飛んで、野菜の甘味が増して美味しいです。 つけ合わせの野菜が美味しいと、メインの肉も美味しさがより引き立ちますもんね。

 『あ-っ。 もう、肉半分食べちゃったよ。』 (^_^;) 

17:49 ジュレ 

IMG_1802.jpg

 ステーキ完食しました。

 食べ終えたので、いつもの様に空いたお皿の写真を撮ろうとたら、サーッと片付けられちゃいました。 (笑) 

 まあ、当然残すわけないですけどね。 ( ̄。 ̄;)

 食事が終わったら、運ばれてきたのはバラのジュレ。

 しっかりとバラの香りがして、添えられたみんとの葉が、口の中をサッパリしてくれます。  

17:53 デザートは

IMG_1805.jpg

 最後の〆のデザートは、アイスクリーム。

 バニラと抹茶があったので、バニラをチョイス。

 バニラには、コーヒーリキュールが添えられていて、アイスクリームの上にかけていただきます。 

17:59 料理終了 

IMG_1808.jpg

 食事が終わって、お茶でマッタリ。

 さあ、お会計です。 

 このプラスチックの札をもらって、1階のロビーにあるキャッシャーでお会計。

 お店に入ったときより、ドキドキします。

 (この安っぽいプラスチック製の札は、ワザとか? これ以外は、すべて高そうだったのに。(笑))

 サーロインステーキ(200g)のステーキとビール中瓶1本、サービス料込みで、合計26,378円でございました。 (@_@)

 1回の食事金額としては、たぶん最高記録ですね。

 (注:女の子がいる飲み屋さんでもっと散財したことはありますが・・・・・。 (-_-;))

 この金額を払うんだったら、すき焼きを2人前注文して一人で食べることもできましたね。 (汗)

18:08 ご馳走様でした。 

IMG_1809.jpg

 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』

 美味しかったけど、結構な金額するので、食べられるのは一生に一回で十分かな。 (^_^;)

 普段、夕食を外食したときの10倍くらいの値段がするからって、10倍旨いワケじゃないしね。 

 先週は越前ガニを独り占めして、水曜日には松阪牛の焼肉、それに続いての今日は松阪牛のステーキを食べて、絶対バチが当たるぞ!

 これを書いている1月25日現在、バチは当たっていませんが、クレジットカードの請求が凄いことになっちゃって、打ちのめされています。(爆)

 (これで、12月の三重出張時の記事は全部終了です。)


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

きっとバチが当たるぞ。 (一升びん 鈴鹿店)【2016年12月14日(水)】 [食べる]

 年末・年始を挟んでしまったので、ちょっと間が空いてしまいましたが、昨年末の12月に三重出張に行った時の食べネタです。  


 津市での仕事も、あと1週間ほどで終わりそうと目処が立った14日の水曜日。

 せっかく三重まで来たのに”松阪牛(まつさかうし)”も食べずに帰るのはちょっと勿体ない。

 (贅沢して、散財する方がよっぽど勿体ないですよねぇ~。 (ーー;)) 

 ホテルの無料Wifiでネットサーフィン。

 ”松阪牛”_”鈴鹿”で検索すると、”一升びん 鈴鹿店”が見つかりました。

 一升びんと言えば、松阪発祥のホルモン焼肉店で、現在は三重県を中心に12店舗を展開しているようです。

 松阪市内にある一升びん平生町店(ひらおちょう てん)や塚本店(つかもと てん)は以前訪れたことがあります。 

 その一升びんの1店舗が、鈴鹿市内にありました。 

 自分が泊まっているホテルからだと、どうにか徒歩で行ける距離。

 「それならば、ビールが飲めます。」 (^_-)

 

18:25 ホテルを出発  

IMG_1575.jpg

 と言うことで、仕事が終わりホテルに戻って荷物を置いたら速攻で出かけます。 

 ホテルからは、約1.5kmの距離です。

 ビールが飲めなければ、クルマで行くところですが、生憎ビール、飲めちゃうもんでねぇ。 ( ̄。 ̄;)

 

12:04 距離を目測する 

IMG_1571.jpg

 実は、昼間ホテルに荷物を取りに戻ったときに距離を目測で確認。

 AEON モールの信号2つ先なんですけど、結構遠いぞ。(笑)

 肉眼でやっと見える距離、写真に収めると小さくて解りません。 

 

18:40 夜道をプラプラと 

IMG_1576.jpg

 ホテルを出て、AEONモールの脇をプラプラと歩いていきます。

 歩いている人なんていないね、みんなクルマだ。 日が暮れて、誰も歩いていない歩道を歩いているのは、かなり不審者っぽい。

 2つ目の信号のところにあるシェルのスタンド。

 話はそれますが、レギュラーがリッター116円で、軽油が114円。

 やっぱり鈴鹿市内の軽油の値段はおかしい、高すぎだぜ!

 ディーゼルのハイエースには住みにくい街です。(笑)

 

18:42 到着 

IMG_1577.jpg

 シェルのスタンドの道挟んで反対側、”一升びん鈴鹿店”に到着。

 一人でプラプラ歩いて17分だったね。

 

 当日、外はちょっと寒かったけど、歩いてきたので体が温まって、ビールを飲める体制作りは万全です。

 

 さっそく、入店! 

 

店内は 

IMG_1592.jpg 

 店内は、ボックス席みたいになっていて、4人がけのテーブルがスタンダードみたい。

 ほんとは週末に食べに来たかったんだけど、週末の混でいる時間に来てこのテーブルを独り占めするのはちょっと気が引けるんでね。

※ 週末に来たい理由は、次の日のことを考えずに、ガッツリ呑めるからです。(汗) 

 松阪市の平生町店みたいに、カウンター席があって居酒屋風だったら、完全に呑み体制で来られるんだけどね。

 

18:43 注文は 

IMG_1580.jpg

 注文は、テーブルの上に置かれたタブレット端末から。

 テーブルがボックス・タイプになっていて店内は見通しが悪いです。

 そのため直接店員さん呼ぶのも大変なので、このタブレットは便利です。

 (逆に言えば、このタブレットがあるから、あえて店内のパーテションを高くして、お客さんどおしを分離するために見通しを悪くしてるんでしょうね。) 

 

18:46 とりあえずビール 

IMG_1583.jpg

 まずは、とりあえずビール。 (寒くはありません。)

 

18:46 注文を考える 

IMG_1582.jpg

 ビールを飲みながら、タブレットも見て注文を考えます。

 まずは、定番の”塩タン”などなど。 (書いていると、お腹が減ってきます。)(笑) 

 

18:49 野菜もね 

IMG_1585.jpg

 しばらくして、タブレットから注文したものが、運ばれてきました。

 焼肉食べるときは、野菜もちゃんと食べないとね。

 

19:01 焼きます。 

IMG_1594.jpg 

 焼きます。

 塩タンは松阪牛ではありません。 

 美味しそうにきれいに撮れました。(笑) 

 

18:52 今日のメイン  

IMG_1588.jpg

 そして、今日のメイン、お目当ての”特選松阪牛の厚切り”(2,500円)。 

 2切れしかないから、一切れ1,250円かぁ~。 昼飯2回食べられます。

 (シシトウとシイタケが付いているから、もっと安いとか、突っ込みは入れないように!) 

 

18:53 札には 

IMG_1589.jpg

 札には、識別番号と飼育地、農家名、それに品質規格が書かれています。

 品質規格は最高の”A5”ランク。

 刺しがきれいに入ってますね。 

 

19:06 気合いを入れて 

IMG_1597.jpg 

 気合いを入れて焼きます。

 なんせ、一切れ1,250円ですから・・・・。 (゜o゜;) 

 

19:12 焼けました。 

IMG_1599.jpg 

 美味そうだ。

 それでは、『いただきます!』

 肉には、岩塩を付けて食べます。 

 「肉、やわらかっ。」

 噛むと肉汁と言うか脂分が口の中に溢れ出ます。

 肉汁はサラッとしていて、脂っぽさや臭みはありません。

 「美味い!」 

 けど、「たくさんは食べられないなぁ~。」 これだけサシが入っているので、脂分は多いです。

 最近、脂分が多いものを食べると、軽く頭がクラクラします。 

 若い頃だったら、お腹パンパンになるまで、食べられましたが、流石に50を過ぎてたくさんは食べられなくなりました。

 「う~ん。 若い頃に巡り合いたかった。」

 (若い頃に巡り合っていたら、破産していたこと間違いなしだね。)

 2切れで十分でした。 (-_-;)  

 

18:53 シマチョウ 

IMG_1590.jpg

 続いて、シマチョウ。(730円) 味付けは、味噌ダレで。

 ホルモンはタレの味付けが美味しい。 ビールが進みます。 (^-^)v  

 

19:11 追加で  

IMG_1601.jpg

 松阪牛の上カルビ。(1,280円)

 これは、タレでいただきます。 

 

19:14 焼きます 

IMG_1606.jpg 

 シマチョウと上カルビを、ビールのつまみになるよう、ボチボチと焼いて行きます。

 脂分が多すぎるので、自分的には、ちょっと焼きすぎぐらいで、脂を落とした方がイイみたい。

 (肉好きには「勿体ない!」と言われそうです。) (笑)

 

19:17 タレを付けて 

IMG_1607.jpg

 焼肉の肉は、タン塩の除いて、タレを付けて食べる方が好み。

 なので、タレが美味しいお店じゃないとね。

 タレも美味しいです。 

 

19:20 上ミノ  

IMG_1609.jpg

 「歳を取って食べられなくなった。」とか書いているくせに、よく食べるね。

 自分自身で、ブログを書いていて思うよ。(爆)

 カルビとシマチョウを食べた後に追加したのは、 上ミノ。(780円)

 

19:23 飲物は 

IMG_1611.jpg

 生ビールを2杯飲んだ後は、ウーロンハイ。

 やっぱり、全体的に脂が多いので、ウーロンでさっぱり。 

 

19:42 クッパ 

IMG_1613.jpg

 「まだ、食べるのか!」

 食べるねぇ~。

 〆はクッパ。 700円。

 クッパはちょっと残念。

 これだけ食べておいて、最後にダメ出しをするのはいかがなもんかと思いますが、出汁の味が平面的で、化学調味料っぽく感じました。

 他の肉が良いだけに、安価なチェーン店っぽい味付けは、ちと残念ですね。

 肉のレベルが高いだけに、サイドメニューも頑張って欲しいところです。 

 (※ 感想には個人差があります。)  

 

19:49 完食 

IMG_1616.jpg

 文句を書きながらも、クッパもきれいに完食。

 『美味しかったです。』

 

19:53      

IMG_1619.jpg

 『ご馳走様でした。』 

 〆て、9,780円でした。 ( ̄。 ̄;)

 先週の、否、3日前の日曜日には越前ガニを食べて、今日は今日で松阪牛なんて食べていると、

 「きっとバチが当たるぞ!」  

 会計を済ませて、店外へ。

 アルコールが入っているとは言え、12月も中旬になると流石に寒い。

 それでは、ホテルまで歩いて帰ることにしましょう。

 

 20:10 ホテルに到着

IMG_1620.jpg

 一升びんからテクテク歩いてい、ホテルまで戻ってきました。 帰りも17分。

 寒かったので、すっかりお酒も冷めてしまいましたね。

 それでは、「部屋で飲み直しますか!」

 「ないない!」

 明日も仕事があるので、深酒はダメです。 

 部屋に戻って、静かに寝ます。 (-_-)゜zzz…


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さくらで昼食。(西伊豆ツーリング)【2016年11月26日(土)】 [食べる]

 今年の正月休みは、出かけることもなく自宅でのんびりしていたので、ブログも連日更新です。 (^_^)v

 でも、正月休みも今日まで、明日5日(木)から仕事が始まります。

 ので、これからは更新ピッチもいつもどおりに落ちますぜ。(笑)

 (このブログは5日アップだけど、書いたのは4日だからね。)

 さて、ブログは昨日の西伊豆ツーリングの続きで”昼食編”です。


 今日の西伊豆ツーリングの目的地は、毎度の”地魚料理と磯めんのさくら”です。

 

13:22 さくらに到着 

IMG_1315.jpg

 お昼の混雑が一段落した時間に到着です。

 ツーリングの履歴を調べたら、今年の2月に来てましたね。
 ワンパターンです。(笑)

13:23 定番の

IMG_1316.jpg

 まずは入口にあったお品書きをチェック

 お品書きを見ていると、”金目の煮付け”と”イカの沖漬け定食”か色々と食べたいもんが出てくるんですが、注文はやっぱり定番の”あじまご茶定食”に。

 自分の場合、筑波サーキットのレストランに行ったら”モツ煮定食”だし、小笠パーキングエリアに行ったら”スタミナ肉味噌ラーメン”だし”行くお店によって大体注文する物が決まっちゃってるんですよね。

 保守的と言うか、歳を取って冒険しなくなったというか・・・。 (-_-;)

 (歳を取ると言うことは、そう言うことだよ。) 

 それでは、入店することにしましょう。 

 

13:30 心太

IMG_1320.jpg

 店内は、ちょうどお昼を食べ終わったお客さんで一杯。

 カウンターの一番端が1つだけ空いていたので、そこに座ります。

 あじまご茶定食のご飯が炊けるまで、サービスのところてんを食べて待ちます。
 ところてんは色々な味付けがあって食べ放題ですが、いくらところてんと言えどもお腹が一杯になるので、食べ過ぎ注意です。(笑)

 

13:45 アジ山盛り 

IMG_1323.jpg

 15分ほど待って、まずはアジのたたきが運ばれてきました。

 アジはドンブリに一杯! (O_O)

 これアジだけですから。 下にゴハンが隠れているとかいうのはありません。

 いつも思いますが、いったいアジ何匹使ってるんだ? 

 

13:46 あじまご茶定食 

IMG_1324.jpg

 その後、次々と料理が運ばれて、最後にかまどで炊かれたご飯。

 でも、まだこれに天ぷらが付いてきます。

 

13:46 炊きたてご飯 

IMG_1325.jpg

 運ばれてきたかまどのご飯は、蓋をしたまま蒸らして。

 ちょっと経って、蓋を開けると、炊きたてご飯の湯気が・・・・・。
 (写真には写りませんでしたぁ。)

 やっぱり、これが美味しさの底力になってるね。 

 

13:48 一杯目 

IMG_1326.jpg

 一杯目は、茶碗に軽くご飯をよそって、アジのたたきを載せます。

 その上から、テーブルの上にあるニンニク醤油をかけていただきます。

 
 それでは、『いただきます!』 (^0^)/

 薬味の生姜とネギ、それにニンニク醤油の風味が混ざり合って、旨いなぁ~。 (^▽^)
 

 

 13:54 二杯目 

IMG_1327.jpg

 二杯目は、今日の気分は、一杯目と同じそのままで。

 茶碗が汚れて、写真としては見栄えがしませんが。

 ニンニク醤油多めで、ちょっとジャンクフードっぽく、ガッツリと。

 

13:55 三杯目は 

IMG_1328.jpg

 三杯目は、ご飯もなくなりますので、まご茶にして。

 ここで、まご茶にしないと、単に”アジのたたき定食”になっちゃうからね。


 茶碗にご飯をよそって、ご飯の上にアジのたたきを載せたら、おばちゃんに言ってだし汁をかけてもらいます。

 写真写りは最低ですが、味は最高です。(笑)


 ここでようやく天ぷらが現れましたね。

 天ぷらはタマネギのかき揚げとアシタバ(だったかな)の天ぷら。 

 

14:02 ご馳走さまでした。 

IMG_1329.jpg

 食べたね。 お腹一杯。

 完食です。

 ちょっと、天ぷらが油っぽかったかな。けど。

 『美味しかったです。』

 

14:04 最後の〆は  

IMG_1330.jpg

 2時を回って、お客さんも減ってきたので、ノンビリします。


 最後に抹茶味のところてんをデザート代わりに。

 きな粉をちょっとかけて食べると、美味しい

 『ご馳走様でした。』 <(_ _)>

 

14:10 昼食後 

IMG_1332.jpg

 それでは、日が暮れる前に家に着くようボチボチ帰路に付くことにしましょ
う。

 気軽なお店なんで、西伊豆に来たときは、また寄るんでしょうね。

 

(つづく)


コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

築地に行ってみました。【2016年12月31日(土)】 [食べる]

 2016年も最終日、大晦日になりましたね。 (1年の最終日のことを”大晦日”と言うんです。 (-_-;))

 これまで、お正月の魚介類などは築地に買い出しに行っていましたが、昨年は地元のスーパーで済ませました。

 築地で年末の買い出しをするようになったのは、このブログを始めた頃で蒲田に住んでいたときからです。

 正月に実家に帰るのに、その前に築地で正月の魚介類などを買って帰ったのが始まりです。 

 築地だからといって値段的には安くはありません。

 品物は、当たりもありますが、まあハズレが無くて、比較的イイかな。 と言った印象です。

 (たまにハズレます・・・。) (ーー;)

 で、今年の年末は時間的に余裕があったので、1年ぶりに築地に買い出しに行くことにしました。


 

7:41 自宅を出発 

IMG_1924.jpg

 朝起きて、自宅を出発します。

 自宅を出発するときの写真は”お約束”みたいなもんで。

 後日、また行くときなんかに、何時に出発したか記録があると便利なので、自分のために書いているようなもんです。

 

8:28 横浜ベイブリッジから 

IMG_1931.jpg

 自宅のある横須賀を出発して、国道16号線を北上。

 八景島のある幸浦から首都高速湾岸線に上がり北上を続け、いつも定点写真を撮っている横浜ベイブリッジまでやってきました。 

 この冬の時期の関東平野らしく、乾いた空気で視界が利いた雲一つないすっきりした青空です。

 肉眼だと、東京タワーまで見えますね。 

 

8:48 芝浦インター 

IMG_1932.jpg

 ベイブリッジからは高速神奈川5号大黒線に入り一旦西走。

 その後、生麦JCTまで進み、今度は高速神奈川1号横羽線に入りふたたび北上、芝浦インターで一般道に下ります。

 築地の最寄りのインターは汐留ですが、1つ手前のインターで一般道へ。

 理由は・・・・。 

 

9:07 スクーターで 

IMG_1934.jpg

 毎年の事ですが、年末の築地市場周辺の道路は大渋滞、駐車場も大混雑。 クルマでは近づきたくありません。

 なので、ちょっと離れた場所にハイエースは駐めて、そこからはスクーターで築地に行きます。

 と言うことで、ハイエースの荷室にはスクーター。 (笑)

 今回は竹芝桟橋近くのコインパーキングに駐車。 年末なので当然ガラ空き。 (^_^)v 

 (以前電車で行ったことがあって、帰りの電車の中で溶けたカニ汁が出ちゃって、えらい閉口したことがありました。) 

 

9:19 築地市場に到着 

IMG_1937.jpg

 スクーターで、築地市場に到着。

 今年は例年より人出が少ないですね。

 今年は、大晦日が土曜日と言うことで、場内市場の方はお休みらしく、その影響かな? 

 

9:19 やっぱり 

IMG_1938.jpg

 それでは、築地の場外市場に突撃! (笑)

 やっぱり例年より全然少ない。 

 

9:21 お休みの店も 

IMG_1940.jpg

 都道50号新大橋通り線に面している”もんぜき通り”の食事処もすでに休みに入っているお店もちらほら。

 まあ、それはそれとして、今日の用件は築地の探索じゃないので、買い物します。

 

9:26 何はともあれ 

IMG_1944.jpg

 何はともあれ、まずはマグロ。 

 関東人の自分は、やっぱりマグロが無いと正月が始まりません。

 正月のマグロは築地に来たら大体写真のここで買ってます。 

 普段はクロマグロ食べないんですよ。

 食べ過ぎると絶滅しちゃいますから。 なるべく食べない様にしてるんです。 (ーー;)

 (高いので、気軽に食べられないと言うのが本音です。)  

 マグロ買いました。

 高いですね。 ここ1、2年で20%くらい値上がりした感じがします。 

 

9:36 続いて  

IMG_1946.jpg

 カニです。 v(^_^)v

 タラバガニです。 

 『タラバは正確には蟹じゃないんだけどね。 ズワイガニ(越前ガニ)は飽きるほど食べちゃったからさぁ~。』 なんて、毒を吐いてみる。

 一生に一度くらい言わせておくれ。 (-_-;)

※ タラバガニは生物学上はヤドカリの仲間。(wikiより) 

 

9:54 やっぱり混んでる。  

IMG_1950.jpg

 空いているとは言っても、やっぱり混でいる通りは混んでますね。

 

 9:57 その他にも 

IMG_1952.jpg

 タコとかイクラとかシャケとかも、買いましょう。 

 

9:55 築地の場外市場は 

IMG_1951.jpg

 そう言えば、築地の場外は食処が増えましたね。

 このへんは、場内の豊洲移転の影響かな。

 築地場外はよりアミューズメント・パーク化していくのかな。

 

 買い物は終わりました。

 それでは、引き上げることにしましょう。

 今日は、比較的空いていたこともあって、買い物も早めに片付きました。 

 

 10:01 場内市場は

IMG_1954.jpg

 場内市場は今日はお休みで閉まってます。

 大晦日の前日の30日とかに来ると、場内に荷物を運んできたトラックとかも一緒になって、築地周辺は大変なことになってるんだよね。

 これも、豊洲移転で見られなくなる風景の一つですね。 

 

10:05 ハイエースのところに  

IMG_1955.jpg

 築地から竹芝に置いてあるハイエースのところまで戻ってきました。

 横須賀からの往復の交通費を考えると、ぜんぜんお得じゃ無いよね。

 でも、実は自宅は大晦日でバタバタしているので居たくないもの、買い出しに出かける理由の一つなんだ。(笑)

 それでは、ハイエースにスクーターを格納して自宅にもどることにしましょう。 

 

10:38 みなとみらいと富士山。 

IMG_1960.jpg

 帰路も首都高湾岸線で。

 横浜ベイブリッジを渡ると、右手には横浜港を挟んでみなとみらい地区のランドマークタワーなどの高層ビル群、その向こうには白く雪化粧した富士山が見えます。

 デジカメに収めたけど、ウィンドグラスが写り込んじゃったね。

 

12:13 自宅に帰着 

IMG_1964.jpg

 地元に戻り、近所のスパーでも買い物。

 ちょっと早めのお昼を食べて、自宅に戻ってきました。


 

 そして、夕方からは恒例の 

 

17:20 恒例の 

IMG_2025.jpg

 ”白い粉”。 (゜o゜;)

 麻薬じゃないのよ。 そば粉です。

 (麻薬で300gもあったら、すごい金額だよね。)

 

17:20 そば粉です。 

IMG_2024.jpg 

 恒例の年越し蕎麦を打ちます。 

 今年は、あんまり蕎麦を打つことが無くって、このそば粉は夏に買ったもの。

 そばの実の収穫は普通は晩秋だから・・・・。

 蕎麦自体は、(今秋じゃなくて)去年の秋に収穫したものだ。

 年越し蕎麦は、近所に住んでいる姉宅にもお届けするんだけど、去年の蕎麦粉と言うのはナイショの話だ。(爆)

 

17:28 玉に

IMG_2026.jpg

 そば粉250g につなぎの中力粉 50g の二八そばを打ちます。

 粉に、水135g(45%)を加えて、こねて、玉にしました。 

 蕎麦粉がちょっと古いので、上手くまとまるか心配でしたが、どうにかなるもんだね。 ( ̄。 ̄;)

 冷凍庫で保存しておいたのが、よかったみたいだ。 

 

17:42 やっちまった。(汗) 

IMG_2028.jpg

 玉にした蕎麦を、伸そうと思ったら・・・・。

 『打ち粉がありません!』 (滝汗) 前回打った時に使い切っちゃったんだね。 

 「説明しよう。 打ち粉というのは、蕎麦を伸ばしたり切ったりするときに蕎麦同士がくっつかないよう塗(まぶ)す粉のことを言います。 そのため粘りが無いことが必要で、普通は”更科粉”と呼ばれる蕎麦粉を挽いたときに一番最初に出てくるデンプン質の少ない粉を使います。」

 で、片栗粉が代用できる様な話しを読んだことがありますが、それじゃあ”蕎麦湯”が”片栗粉スープ”になってしまいます。 (笑)

 「じゃあ、さっき蕎麦を作った蕎麦粉で代用しちゃえ!」

 普通の蕎麦粉はある程度のデンプン質を含んでいるので、くっつきやすいんですけど・・・・。

 やってみた。

 

18:07 とりあえず 

IMG_2029.jpg

 とりあえず、普通の蕎麦粉を打ち粉にして、蕎麦を打ってみました。

 どうにかなるもんだね。 (今日、2回目)

 一年の最後の最後で、ポカをしちゃいました。

 

 でだ。

 茹でて、盛りつけた写真も撮り忘れた。 ( ̄。 ̄;)

 「ほんと、普通にできましたよ。」 写真が無いので信じてもらえないかもしれないけど。

 

 最後の最後で締まらない、一年になっちゃいましたね。(笑)


 

 今年一年、「とりあえずカマタの」ブログおよびホームページ(www.torikama.com)に訪問していただき、大変ありがとうございました。 

 <(_ _)>

 来年もよろしくね。

 (^_^)/~~~


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

破天荒に寄って食べた。(破天荒)【2016年12月14日(水)】 [食べる]

 今回は食べネタです。

 さて、今は三重出張も終わってすでに横須賀に戻っていますが、三重での食べネタが続きます。


 三重県では、県庁所在地の津市で仕事をしていますが、仕事場は津市の北部で、鈴鹿市に近接しています。

 そんなこともあり、宿泊先は鈴鹿サーキット通いで地の利のある鈴鹿市内に逗留しています。 

 12月17日の水曜日、仕事で使う物を持ってくるのを忘れ物をしてしまい、東京の支店からホテル宅配便を送ってもらいました。

 急ぎの品物だったので、昼休みの空いている時間に仕事場からホテルに取りに戻ります。

 通勤路の途中にあるのは、”破天荒”。 何度か自分のブログにも登場している中華料理屋さんです。

11:34 破天荒に寄る。  

IMG_1566.jpg

 昼時だったので、「ちょうどいいチャンス。」 と昼食を食べることに。 

 

11:34 入店  

IMG_1567.jpg

 早速、入店!

 入口は、ちょっと敷居が高そうに見えますが、そんなことはありません。

 平日の昼時、入っているお客さんは外回りの営業マンなどボッチの人が半分くらい。

 昼間っから、ビールを片手に餃子を食べているオッサンなども見かけられて、はっきり言って羨ましい。

 

 注文したのは、感謝祭期間中で100円引きだった”酸辣湯麺(さんらーたんめん)のセット”980円(税別)。

 セットに餃子が付いていることは重要です。 破天荒にきて、餃子を食べないなんて、あり得ない。  (あくまでも、個人的な意見です。 ブログですから。)

 

11:39  酸辣湯麺セット 

IMG_1569.jpg

 『早っ!』

 注文したら、ほとんど待たずに料理が供されました。

 昼の混雑前だったので、すぐに出てきましたね。

 それでは、さっそく『いただきます。』

 酸辣湯は、酸味のあるスープが美味しいですね。 

 

11:39 餃子は外せない。  破天荒の餃子は一口サイズです。

IMG_1570.jpg 

 一口サイズの餃子が8個。 定番の美味しさ。

 ビールが欲しくなります。(笑)

 ホテルから近かったら、夕食に餃子とビールをいただきにくるんですけど、歩いて来るにはちと遠いんです。

 『美味しかったです。』

 街の中華屋さんと言った感じの安定した味がありますね。   

 『ご馳走様でした。』   


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

バチが当たるぞ。【食処えちぜん:2016年12月11日(日)】 [食べる]

 相変わらず、鈴鹿のビジネスホテルに逗留しています。 (12月11日現在)
 
6:56 朝日を拝む   
IMG_1495.jpg
  
 朝、目を覚ましてホテルの窓から外を眺めると、ちょうど朝日が昇ってくるところでした。 
 
 今日は12月11日、逗留最初の週末です。
 
 
 鈴鹿に滞在しているので、鈴鹿サーキットでレースでも開催していれば観戦に行くのですが、バイクレースは既にシーズンオフでイベントはありません。
 
 出発前に調べたんですが、鈴鹿滞在期間中はスポーツ走行の日程も無いので、CBRも持ってきていませんし。
 
 それ以前にSMSC(鈴鹿モータースポーツクラブ)の会員証も失効したままなので、スポーツ走行走れないし・・・・・。 
 
 
 で、出張の出発前に週末の計画を考えていました。
 
 出張中、仕事が週休2日だったら、せっかく三重県まで来ているので、もう少し足を伸ばして、以前から訪れてみたいと思っていた城崎温泉(兵庫県)でも訪れてみようか。とか考えたんですが、休みは週末1日だけだし、基本週末に一人設定で泊まれる温泉宿って無いんですよね。
  
 
 
 それではと言うことで、”冬の味覚”を食べに出かけることにしました。
  (自分からバイクを取っちゃうと、食べるか、呑む位しかない、中身の薄い人間です。) (-_-;) 
 
 冬の味覚の王者と言えば、やはり”カニ”でしょう。 v(^_^)v 
  
IMG_1535.jpg 
 
 去年の暮れ、”冬の北陸三県食い倒れの旅”で、福井県に越前ガニを食べに行ったんだよね。
 
 そのときは、”極(きわみ)”と呼ばれる特大のカニをみんなでシェアして食べたんですが・・・。
 
 でも、本音を言えば、”一人で一匹、独り占め”したかったんだ。 ( ̄。 ̄;)
 
 
 と言うことで、今日は福井まで越前ガニを独り占めしに行きます。 (笑)
 
 出発前にスタッドレス・タイヤに交換したのも、これが理由です。
 
 先が長そうなブログだね。(笑)
 


7:48 ホテルを出発 
IMG_1496.jpg
 
 ホテルのブッフェの朝食はそこそこにして、さっそく出発します。
 
 
7:50 走り始め 
IMG_1498.jpg
 
 走り初めの距離計は、29,652km。
 
 事前にgoogle map でルートを調べたら、越前海岸まではおよそ3時間、170kmの道のり、口開けで入店出来るよう到着したいです。
 
7:56 鈴鹿川を渡る。  
IMG_1499.jpg
 
 ホテルを出発して、まずは西走。 鈴鹿川を渡ります。
 
 12月に入ってから三重に来て、天候は安定して良い天気。
 
 今朝は放射冷却で気温が下がって、さっき出発前のハイエースの外気温計でも出発の時は5℃でしたね。
 
 
8:07 鈴鹿インター 
IMG_1502.jpg
 
 鈴鹿川を渡り、そのまま直進して国道1号線も横断し、鈴鹿インターまでやってきました。
 
 ここで、東名神自動車道に上がり、亀山JCTを目指して南西に進みます。
 
 
8:28 甲賀土山インター 
IMG_1503.jpg
 
 亀山JCTからは新名神自動車道に入り西進し、甲賀土山インターまでやってきました。
 
 ”甲賀”は”こうが”だと思っていましたが、標識に書いてあるローマ字を見ると”こうか”なんだね。 知らなんだ。 
 
 ここで google map のルート案内にしたがい、一般道に下ります。
 
 ここまでの通行料金はETCの休日割引きで560円。 
 
 自分が持っているナビだと、高速は下りずに草津JCTまでグルッと経由するルートを案内するんだよね。
 
 これだと、かなり遠回り。 今回はgoogle map のルート案内を採用しましょう。  
 
 
8:34 名無しの農道?  
IMG_1505.jpg
 
 甲賀土山インターで一般道に下りて、一旦は国道1号線を走行。
 
 その後、ルート案内に従うと、田んぼの真ん中を名無しの農道をルート案内。
 
 確かに、信号も無く、交通量も少なくて快適だけど・・・・。 ( ̄。 ̄;)
 
 どこ走っているかわからないのは、嫌がる人が多いでしょうね。 こうゆうの自分は嫌いじゃありませんけど。(笑)
 
 
8:58 八日市インターから 
IMG_1506.jpg
 
 その後も google map のルート案内にしたがい、人生初めての土地を北上し、滋賀県東近江市(ひがしおうみし)にある八日市(ようかいち)インターに到着しました。
 
 ここで名神高速道路に上がり、今度は北東に進みます。
 
  
9:20 米原JCT  
IMG_1508.jpg
 
 八日市インターから名神高速道路を東北に走り、米原JCTまでやってきました。
 
 ここでJCTを左に折れて、北陸自動車道に入り、琵琶湖の東岸に沿って北上します。
 
 
9:51 敦賀(つるが)インター 
IMG_1511.jpg
 
 米原JCTからは北陸自動車道を北上し、敦賀インターに到着しました。
 
 鈴鹿インターからここ敦賀インターまでの所要時間は、9:51 - 8:07 = 1時間44分 でした。
 
 これを”ドラぷら”で調べた結果と比較すると、ドラぷらだと鈴鹿インターから敦賀インターまで草津JCT経由で高速道路だけで行くと、所要時間は1時間41分とわずかに早いと推定、だけど料金は2,830円。
 対して、途中で一般道に下りたgoogle map のルート案内の場合は、560円(鈴鹿IC~甲賀土山IC)+1,520円(八日市IC~敦賀IC)=2,080円とまあまあお得。
 後は高速使って楽するか否かは、ドライバーの好みかな。
 

9:55 国道8号線 
IMG_1512.jpg
 
 北陸道を敦賀インターで下り、国道8号線に入り北上を続けます。
 
 京都府と新潟県を結び北陸地方を走る国道8号線に入ると、北陸に来た感がありますね。
 
  
10:05 しおかぜラインへ 
IMG_1516.jpg
 
 国道8号線を北上すること約22km、、南越前町の桜橋の交差点に到着しました。
 
 ここで国道8号線は国道305号線(通称しおかぜライン)と分岐します。
 
 ここを左折して、国道305号線に入り、越前町を目指します。 
 
 
10:12 しおかぜラインを 
IMG_1519.jpg
 
 国道305号線に入り、しおかぜラインを北上します。
 
 しおかぜラインは、交通量は少なく、適度にカーブしていて、バイクで走るにも良さそう。
 
 寒くない季節でもカニが食べられるのであれば、ツーリングで訪れることも計画しますが、越前ガニの漁期は11月の初旬から3月の下旬までなので、バイクに来るにはちと寒すぎます。(笑) 
 
 
10:38 食処えちぜんに到着 
IMG_1522.jpg
 
 しおかぜラインに入り越前海岸を北上すること約30分。
 
 去年も訪れた、越前ガニを食べさせてくれる”食処 えちぜん”に到着しました。
 
 鈴鹿のホテルを出発して 10:38 - 7:50 = 2時間48分の所要時間でした。
  
 
道程:GPSレコーダの電源を入れ忘れて、気付いたのが甲賀土山の手前でした。(汗)
   google map のルート案内だと 176km でした。 
 20161211_map.jpg
 
 昨年、自宅から訪れたときの距離が503kmだったので、距離はほぼ3分の1、鈴鹿からだと近いですね。 

 
10:38 海の幸 食処 えちぜん 
IMG_1523.jpg
 
 お店の脇の駐車スペースにハイエースを駐め、さっそく入店しましょう。
 
 まさか、一年後に再訪するとは思ってもいませんでした。 (^_^;)
 
 ここ”食処えちぜん”の営業時間は10時半から。
 
 前々日に予約をしようと電話をしたところ、既に予約枠は一杯で予約出来ませんでした。
 
 ただし、当日枠で待っていれば入店できるとのこと。 
 
 それならばと、開店一番に間に合うようにガンバって来たんですが、ワンテンポ遅れましたね。
 
  
 それでは、さっそく入店。 (^_^)/
 
 
 店内に入ると、10時半開店と同時に予約したお客さんを案内してちょうど落ち着いたところ。
 
 『予約なしで、一人なんですが・・・・。』 と告げると、12時から予約が入っている席なら空いています。とのこと。
 
 まあ、12時まで1時間半近くあるので楽勝でしょう。 と、『12時までには食べ終わりますよ!』と告げて店内に案内されました。
 
 
10:47 窓からは小樟(ここのぎ)漁港 
IMG_1530.jpg
 
 案内されたのは窓際で一番景色が良い席。 小樟漁港が一望できます。
 
 もう、来る前から注文は決まっていたので、迷わずすぐに注文。 
 
 
10:49 今年の”極”は 
IMG_1533.jpg
 
 去年は4人でシェアした”極(きわみ)”、今年はなんと85,000円! (゜o゜; 
 
 去年、4人で食べたときは、50,000円でしたけど。  
 
 
11:11 せいこ丼 
IMG_1537.jpg
 
 まず、注文した一品目の”せいこ丼”(3,500円)が運ばれてきました。
 
 せいこ丼に使われている”セイコガニ”はメスの越前ガニのことです。
 
 オスと比較して体の小さいメスは、オスの越前ガニよりも安価ですが、漁期が11月の初旬から1月の上旬までの約2ヶ月と短いため、食べられるチャンスが少ないらしいです。 
 
 
11:12 せいこ丼には 
IMG_1538.jpg
 
 せいこ丼にはカニの身と、外子・内子と呼ばれる卵、それにカニみそが載っています。
 
 面倒な身を剥かなくていいのが、楽ですね。(笑)
 
 
11:12 混ぜる 
IMG_1539.jpg
 
 せいこ丼は、醤油をかけて混ぜちゃいます。
 
 『それでは、いただきます!』
 
 『美味い! 美味しいです。』
 
 
 せいこ丼を食べていると、注文したもう一品が運ばれてきました。 
 
 
11:13 越前ガニ独り占め 
IMG_1540.jpg
 
 運ばれてきたのは、”越前ガニ”は茹でて。
 
 頼んだサイズは””でしたが、足が1本もげているので、ワンサイズ・アップで”特大”が供されました。
 お値段、15,000円也。 (゜o゜;)
 
 もちろん、独り占めです。  お一人様ですから・・・・・。 ( ̄。 ̄;)
 
 ツメに付けられた黄色いタグは”越前ガニ”の証です。
 
 
11:13 ひっくり返す 
IMG_1542.jpg
 
 カニが届いたら、逃げないようにひっくり返しておきましょう。
  
 じゃなくて、カニみそが甲羅の方に落ちるよう、ひっくり返すのが正しいらしいです。
 
 カニは茹でたてで、あっつ熱です。  
 
 食べ方が、お品書きに書いてありました。 
 
 
11:15 分解 
IMG_1544.jpg
 
 茹でたて熱々ですが、ちょっと冷めたところで、分解。
 
 中はカニみそたっぷりで美味そうだぁ。 (美味そうではない。 実際、美味いのだよ。)
 
 それでは、あらためて『いただきます!』
 
 『美味い! 旨すぎます。』 (ToT)
 
 こんな贅沢していると、バチが当たるぞ!  ( ̄。 ̄;) 
 
 ちなみに、美味いもの独り占めですが、嫁さんに後ろめたさは無し。
 嫁さんは、カニは面倒臭いという理由で、あまり好きじゃないですから。 (^_-)
 
 
 カニの腕は、甘味があって、旨旨です。
 甘味がこんなにあるなんて、
 
 「カニうめぇなぁ~。」 と改めて再認識。
 
 
11:16 カニみそは  
IMG_1545.jpg
 
 カニみそはちょっと塩っぱめ。
 
 茹でだから、しようがないか。
 
 カニの身をカニみそに付けて食べると、いい塩梅で、これまた最高! (*^▽^*)
 
 
 今回、越前ガニを食べに訪れたのは、人生で最初で最後と思い、思いっ切り贅沢しました。
 
 が、あまりに美味すぎて、「来年も何とかして来られないかなぁ。」 なんて、考えている自分が居ます。 (笑)
 
 
※ この後は、カニのエキスで手がベタベタになっちゃたんで、写真はありません。
 (食べるのに夢中で、写真なんて撮っている場合じゃありませんから。) (笑)
 
 
11:54 食べ終わる 
IMG_1547.jpg
 
 残骸です。
 
 完食です。
 
 席に付いたときには、「12時までに食べ終わるります。 楽勝です。」 なんて言っていましたが、実際食べ始めたら、結構な量があったこともあって、予想以上に時間がかかって、後半は大慌てで食べました。
 
 食べ終えたのは、次の予約のお客さんがくる5分前でした。(汗)
 
 言わずもがな、『美味しかったです。』 m(_ _)m
 
 カニでお腹一杯。 この上ない幸せ。 (*⌒▽⌒*) 
 
 
12:01 店を出る 
IMG_1548.jpg
 
 席を立ち、入口でお会計。
 
 せいこ丼(3,500円)と越前ガニ(大)(15,000円)の合計18,500円の消費税込みで、19,980円 でした。
 
 まあ、2万円くらい予定していたけど、やっぱりバチが当たりそうだ。  (^_^;)
 
 贅沢しちゃった分は、出張でガンバって稼ごう! 
 

 
 
12:09 福井まで来たので 
IMG_1550.jpg
 
 それでは、出発します。
 
 せっかく福井まで来たので、もう少し足を伸ばして金沢まで行きます。
 
 お昼を食べていたら、雨が降り出しました。
 
 スタッドレスを履いているとはいえ、雪じゃなくて良かったです。 
 
 
12:17 越前海岸を北上 
IMG_1552.jpg
 
 越前海岸から金沢まで行くに越前市まで行って北陸自動車道に上がるのは、結構な遠回り。
 
 一般道を使っても、30分くらいしか時間は違いません。  
 
 今日は時間に余裕があるので、そのまま越前海岸を北上して金沢まで向かうことにします。 
 
 
道程:食処えちぜん~金沢まで:112.7km
20161211_map-2.jpg 
 
 
15:23 S-GRIDに 
IMG_1554.jpg
 
 金沢に来たのは、S-GRIDの清水さんを訪れるため。
 
 遠路はるばる福井県まで来て、お隣の金沢に寄らないのは、不人情というものでしょう。
 
 今シーズンの始めに、CBRを整備してもらいましたが、その後レースシーズンが始まったためなかなかゆっくり話しをする時間がありませんでした。
 
 レースシーズンが終わり、時間に余裕があるようなので、せっかく近く(?)まできたので表敬訪問してみました。
 
 
18:16 金沢西ICから 
IMG_1557.jpg
 
 清水さんとは3時間ほど雑談。
 
 それでは、鈴鹿に戻ることにします。
 
 帰路も google map のルート案内で。 渋滞も考慮される google map のルート案内に最近は結構信頼しています。  
 
19:10 越えた。(汗)  
IMG_1559.jpg
 
 金沢西ICから北陸自動車道に上がり、一路米原JCTを目指し南下。
 
 福井県に入り、途中で女形谷(おながたに)パーキングエリアで休憩。
 
 気が付けば、距離計が30,000kmを越えていました。 (5,000km毎のオイル交換をしなければ・・・・。 ) (ーー;)
 
 外気温計は3℃、風邪が強ければ橋の上などは凍結する気温です。 気を付けて帰りましょう。
 
 
20:24 米原JCT は 
IMG_1561.jpg 
 
 北陸自動車道を南下し米原JCTまでやってきました。
 
 この先の名神高速道路は往路、京都方面から来ましたが、帰路、google map のルート案内では名古屋方面に向かへとな。 
 
 言うこと聞いて、左車線に入り、名古屋方面に向かいます。
  
 
20:44 大垣インター 
IMG_1564.jpg
 
 米原JCTから名神高速道路に入り、東進すること30kmほど、大垣インターチェンジに到着しました。
 
 google map のルート案内では、ここで高速を下りろとな。
 
 と言うことで、名古屋市内には向かわず、ここで高速を下り、一般道で鈴鹿に向かいます。
 
 金沢西IC~大垣ICまでの料金はETCの休日割引きで 3,400円でした。
 
 
 
道程:金沢~鈴鹿:275.6km
20161211_map-3.jpg 
 
 大垣ICを下りた後、一旦国道258号線を南下、その後揖斐川(いびがわ)を渡り、揖斐川の左岸堤防の上をひたすら南下。
 
 堤防の上はほとんど信号もなく、快適そのもの。
 
 結構な距離を南下すると、木曽三川(きそさんせん)の長良川(ながらがわ)、木曽川と合流する地点で今度は木曽川と長良川の中州になる長島に渡りさらに南下。
 
 途中で、東名阪自動車道の長島インターと交差し、google map は、高速に上がるようルート案内しましたが、ここまでくれば勝手がわかるので、そのまま下道の国道23号線で鈴鹿に向かいます。
 
 
22:11 鈴鹿に帰着 
IMG_1565.jpg
 
 国道23号線から途中国道1号線に入り、逗留中の鈴鹿のホテルに到着しました。
 
 今回走ってみて、中部と北陸の距離感がわかった感じですね。
 
 そしてなにより”カニ”、美味かったです。
 
 (終わり)

コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ぼつ焼を食べる。【みさき屋:2016年12月7日(水)】 [食べる]

 バイクネタが続きました。
 
 バイクネタが続いては飽きてしまうかと思うので、今回はちょっと食べネタ。
 

 
  12月の6日(火)から中期出張で三重県の鈴鹿に逗留しています。
 
 出稼ぎは、12月21日(水)までの2週間ほどの予定です。
 
 逗留中はビジホ生活。
 
 自宅だと大きなディスプレイを使っていますが、出先でノートパソコンの小さい画面しかないので、凝った記事を書くのに手間がかかります。
 
 なので、軽めのブログをば。 (書く方もバイクネタが続いて、少々食傷気味と言うのが正直なところ(笑))
 

 
 ビジホ生活初日の夕食は、とりあえずビジホのレストランを押さえておきました。
 
 翌日の今日は、ビジホの近くに大きな看板が出ているお店へ。
 
 看板には”名物 ぼつ焼”と出ていますが、 ”つぼ焼” と間違えてませんか? 
 
18:37 大きな看板 
IMG_1467.jpg
 
 看板には店の名前も書いてなくて、”名物 ぼつ焼”。
 
 確かに、”ぼつ焼”。  
 
 
 店の看板も、店名よりも大きく”ぼつ焼”の文字。
 
18:38 お店の看板も 
IMG_1468.jpg
 
 お店の名前は、その横に小さく”みさき屋”とあります。 焼肉店の様です。 
 
 昨晩、お店の前通った時にも、平日にもかかわらず入店待ちのお客さんが並んでいました。
 
 人気店の様(≑ きっと美味しいハズ)なので、訪れてみることにしました。
 
 
 今日も入店待ちのお客さんが並んでいましたが、順番待ちの名簿の先頭に名前を書いておいたので、ほとんど待たずにご案内。
 
 
18:39 入店 
IMG_1469.jpg
 
 それでは、さっそく入店。
 
 店内は広くて、中2階、2階、中3階(?)がある階段状のレイアウト。
 
  
18:40 2階の席へ 
IMG_1470.jpg
 
 ホムページをみると席数は全部で360席とデカイ! それでも、ウェイティングがかかってるんだから、どれだけお客さんが来るの? 
 
18:52 定番 
IMG_1472.jpg
 
 ぼつ焼、じゃあありません。
 
 まずは、定番のタン塩から。
 
 タン塩が570円と安い。 盛りはちょっと少ないけど。
 
 メニューを見るとどれも安いのが、人気の秘密の一つでしょう。 
 
 
18:52 ぼつ焼ですが 
IMG_1473.jpg
 
 で、話題の”ぼつ焼”。 ですが、右手前は上ホルモン(360円)。
 
 ”ぼつ焼”は向こう側。
 
 もうちょっと、ビール飲むのに集中し始めちゃって、写真撮るのに気が散漫になってます。(笑) 
 
 ”ぼつ焼”は、ブタの横隔膜の部分で希少部位らしいです。 牛で言えば”ハラミ”ですね。
 
 それが特性のタレに漬けてあって、ビールのつまみにはイイ感じです。 (^o^)v
 
 これも360円とお安い。
 
 ”ぼつ焼”は、ここみさき屋で登録商標にしてあって、他では供されていないんですね。  
 
18:59 上ミノ 
IMG_1474.jpg
 
 一緒に来た仕事仲間が頼んだ”上ミノ”。
 
 自分から頼む品物じゃなかったけど、あらためて食べてみると旨いな。
 
 歳を取って、味覚(嗜好)が少し変わってきたのかもしれない。 
 
 
19:57 まだまだ 
IMG_1476.jpg
 
 呑んで、話し込んで、ちょっと時間が飛びました。(笑)
 
 その後、豚レバー(190円)を頼んだり、カルビ(480円)を頼んだり、と結構食べてます。 
 
 このお店、アルコール類も安くて、”生中”が430円、”角ハイ”が280円とリーズナブルだ。
 
 
20:10 完食 
IMG_1477.jpg
 
 「完食です!」
 
 日本は先進国の中でも、残食率が高い国らしいが、自分にはあてはまりません。(笑)
 
 
20:26 お会計 
IMG_1480.jpg
 
 食事が終わったら、1階のお会計へ。
 
 
 キャッシャーの上には、肉のメニューが出ていて、品切れの品は電気が消えています。
 お店のスタッフにわかり安くなってるんですね。 
 
 
 お代は、2人で結構食べて、2人とも4杯くらい飲んで、2人で7,000円弱 とお安い。
 
 まあ、味は、肉の美味しさはある程度値段に比例しますけど。
 
 高級焼肉の様に「凄く美味い!」と言うわけにはいかないけど、「まあ、美味しい。」
 
 この値段で、これだけ飲んで食べられれば、地元だったら普段使いに結構良いんじゃないかな。
 
 チェーン店の焼肉屋に行くより全然良いと思いますね。
 
 『ご馳走様でした。』 


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

横須賀タンメンを食す。【青龍(せいりゅう)】 [食べる]

 白河関ツーリングに行った帰り、帰宅時間が未定だったので、自宅の夕食はパスしてきました。
 
 夕方、横須賀まで戻ってきたので、地元で食べる事に。
 
 お昼にタンメンを食べる予定でしたが、食べられなかったので、頭にタンメン・スイッチが入ったまま、タンメンが食べたいんです。(笑)
 

 
 ところで、横須賀で特にタンメンが美味しいお店を知りません。
 
 なので、スマホでググってみると、”横須賀タンメン 青龍(せいりゅう)”が出てきました。
 
 以前からお店の存在は知っていたのですが、(クルマが駐める場所が無い)ちょっと不便な場所あったので、訪れたことがありませんでした。
 
 今日はバイクなので、歩道の脇に駐められそう。
 
 と言うことで、訪れて見ることにしました。
 
 
18:39 横須賀タンメン 青龍 
IMG_0878.jpg
 
 お店の場所は、京急の横須賀中央の駅裏にあるトンネルを抜けて汐入(しおいり)にあります。
 
 人通りが少ない場所で、商売が成り立つのか前を通る度に不思議に思っていました。
 
 店の前の歩道にバイクを駐めて、入店します。
 
 
 店内は、L字のカウンター席が6人、4人がけのテーブル席が1つに小上がりに4人がけのテーブルがあるこぢんまりとしたお店で、一人でも入りやすい。 
 
18:41 メニューは 
IMG_0879.jpg 
 
 メニューは、ラーメンなどの麺類を中心に、定食などもある、所謂街の中華屋さん。
 
 注文は勿の論で、”横須賀タンメン”(780円) 。 結局、朝から3食続けて”麺”になっちゃいました。(笑)
 
 ついでに、サイドメニューで”餃子”も・・・・・。 5ヶで550円。 (゜o゜; と、ちと高いですが、頼んじゃいましょう。
 
 
18:49 タンメン 
IMG_0880.jpg
  
 しばらくして、タンメンが運ばれてきました。
 
 ”横須賀タンメン”と名付けられていますが、特にご当地ラーメンとかではなく、地産地消で横須賀の野菜を主に使っているからだそうです。 
 
 野菜たっぷりで美味しそう。
  
 それでは、『いただきます!』 
 
18:50 平打ち麺 
IMG_0881.jpg
 
 タンメンの麺は、太めの平打ち麺。
 
 スープがよくからみます。
 
 スープは、野菜の旨味、甘味がよく出ていて美味しいです。 
 
 やっぱり、タンメンはこうじゃ無くっちゃね。
 
 大阪屋のタンメンを食べ損ねましたが、このタンメンで満足です。 いい店見つけちゃいました。 (^_^)v
 
 駐車場も2台分あるようで、店内に駐車場の案内が貼ってありました。
 
 でも、ここなら自宅から近いので来るならスクーターかな。
 
 
 タンメンを食べ進んでいると、餃子が焼き上がってきました。
 
 
18:53 焼餃子 
IMG_0883.jpg
 
 餃子はちょっと高いですが、大きくてボリュームがあります。
 
 
18:55 餡は 
IMG_0885.jpg
 
 中には餡が詰まっていて、肉もたっぷりで、美味しいですね。
 
 ちょっとお高い値段がうなずけます。
 
 餃子は1ヶから注文できるようなので、お腹の空き具合によって調整するのもOKですね。  
 
 
19:03 ご馳走様 
IMG_0886.jpg
 
 野菜の旨味が溶け込んだスープも全部いただいちゃいました。
 
 完食です。
 
 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』 <(_ _)>
 
 
 次回は、神奈川名物の”サンマ-麺”もあるので、これを食べてみたいですね。 
 

コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

入道崎で石焼き料理を食べる。(美野幸)【2016年9月1日(木)】 [食べる]

 北東北ツーリング2日目の昼は、秋田は男鹿半島の先っちょ”入道崎”までやってきました。

11:05 昼食は 

IMG_0291.jpg 

 昼食にはちょっと早いのですが、ここで食べる事に既にスイッチが入っているので、ここで昼食にします。 ( ̄。 ̄;)

 訪れたお店は、”美野幸(みのうこう)” 

 ちょうど11時から営業だったので、早速入ってみることにしましょう 

 

お薦めは? 

MAPPLE_20160912174211503.jpg 

 昨晩、お得意のツーリング・マップルを眺めていたら、入道崎のお薦めは”ハタあげ丼”とありました。

 ハタハタのフライの丼らしいのですが、ハタハタの旬は夏以外、冬が一番美味しいらしいです。
 まあ、フライなので冷凍でも全然構わないとは思うのですが・・・・。

 今朝、秋田駅の駅前交番で鍵の紛失届けを出したときの雑談で、入道崎に行くのであれば”タイ料理”がお薦めと言ってました。
 (”タイ料理”はタイ国の料理じゃなくて、”鯛料理”です。 当たり前だけど。)

 ツーリングマップルにも”石焼料理が名物”ともありますね。

  ホテルに戻ってネットを見てみると、”鯛の石焼き料理”の美味しいところがあるらしい。
 ”石焼き料理”なんて言うものは、今まで食べたことがありません。

 「これは、食べてみんといかんです。」 と言うことで、評判が高かった”美野幸”さんを訪れてみることにした訳です。 

 

11:07 お品書き 

IMG_0292.jpg

 店内は、4人がけのテーブル席が4卓。 入って左手が小上がりになっていて、6人ぐらい座れそうなテーブルが2卓ありました。

 お店は、ご主人と奥さん2人で切り盛りをしているよう。

 11時営業開始にもかかわらず、既に2組のお客さんが入店していました。
 自分は、4人がけのテーブル席に案内されました。

 お品書きは潔く鯛料理のみ、お目当ての”石焼定食”と漬け丼、それに鯛のおさしみだけです。


 冬が旬のハタハタは春先に完売したとのことです。
 その他、壁に”ウニ丼”なんかも貼ってありましたが・・・。

 注文はもちのろんで、”天然真鯛の石焼定食”(2,800円)。
 昨日からエンゲル係数高すぎですね。 (ーー;)

 また、コシドラちゃんに、『カマタさん、いつも良いもの食べてますねぇ~。』って言われちゃいそうです。 (贅沢するのはツーリングの時だけです。) (^_^;) 

 

11:13 店内は 

IMG_0294.jpg

 店内のテーブル席は、ガラス張りで清潔感があります。

 料理が出来上がるまでに、お客さんがぼちぼちやってきます。

 待っている間に、平日にもかかわらず店内はほぼ満席になり、この時間でテーブル席1つを残すのみとなりました。

 4人がけのテーブルを独り占めしていて少し居心地が悪いです。(笑)

 訪れるお客さんの半分以上は、事前に予約をしているようです。

 訪店するときは、予約をした方が良さそうです。 土日休日は予約必須ですね。

 

 

 11:39 料理が運ばれてきました。 

IMG_0296.jpg

 30分ほど待って、石焼定食は運ばれてきました。

 石焼定食はお客さん毎に作っているので、手間がかかるようで、ちょっと時間がかかります。
 訪れるお客さんはみんなこの石焼定食目当てで訪れるので、待つのは致し方ないですね。

 供される直前に焼いた石が投げ込まれ、桶の中でグツグツと沸騰した状態でテーブルに運ばれてきます。

 料理の説明をする前に女将さんが 『写真撮られるなら、お先にどうぞ。』 と、ブロガーの心をわかってますね。(笑)

 沸騰が少し収まると、写真を撮り終わると、女将さんが料理の説明をしてくれます。 

 

11:41 石焼は  

IMG_0298.jpg

 沸騰が収まったところで、それでは 『いただきます!』

 まずは、汁を飲んでみます。

 汁はあらかじめ味付けされており、いい出汁が出ています。

 『美味いなぁ~、これ。』

 たぶんベースは昆布出汁、それに鯛のうまみが出て、甘味もあり、いい塩梅です。
 鯛料理1本で勝負しているのもうなずけます。

 鯛の生臭さを消すためか、たぶん山椒を使っている様で、隠し味になっていいアクセントになっていますね。 

 

11:41 お刺身 

IMG_0297.jpg

 お刺身ももちろん鯛です。

 味が濃くて、上品な甘味があって美味しいです。

 美味しい鯛は、本当に美味しいですね。

 お店によっては味気のない美味しくない鯛もありますが、ある意味マグロと同じくらい鯛も味に差がある様に思います。 

 

11:43 付け合わせ 

IMG_0300.jpg

 付け合わせの、ワカメ。 若布と言う漢字がぴったりな発色ですね。

 さっと湯通ししたもので、柔らかくて磯の香り満載でこれも美味しい。

 口の中をさっぱりさせてくれます。 

 

11:47 鯛の子 

IMG_0301.jpg

 箸休めに、”鯛の子”を炊いたもの。

 鯛の卵ですね。

 今までお目にかかったことがなく、初めて食べました。

 ねちっとした、食感が面白いですね。 

 

11:53 骨~っ! 

IMG_0303.jpg

 石焼の鯛は、骨ごとかぶと(頭)も入っています。
 鯛の歯は、エビも食べちゃうくらいですから、ごついですね。

 鯛の骨は硬くて、まったく歯が立ちません。 (食べるもんじゃないです。)

 頭の周りの肉は、コラーゲンたっぷりでプルプルで美味しいです。

 鯛のかぶと煮は、普通醤油で炊きますが、ここの石焼きは塩味。
 生臭ささをまったく感じないのは、調理が凄いんでしょうね。
  

12:01 お茶漬け 

IMG_0305.jpg

 石焼の鯛の身を食べたら、残った汁で最後はお茶漬け。 付け合わせの山葵をのせて。

 ご飯と山葵はおかわり出来るので、ご飯をお代わり。

 『いやいや美味いですよ。 参った。』 (*^O^*)

 

 12:05 ご馳走様でした。 

IMG_0307.jpg

 米粒一つ残さずに、きれいに完食。 (骨はきちっと残したけどね。)

 お腹一杯になりました。

 まだまだ、日本中に食べたことがない美味しいものがありますね。

 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』 m(_ _)m

 

 

12:12 午後のツーリング 

IMG_0308.jpg 

 お腹一杯になったので、それでは、午後のツーリングを始めましょう。

 右手奥に、入道崎の灯台が見えます。


 この美野幸、入道崎まで来ることがあれば、是非、寄ってみたいお店ですね。 


コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

秋田市で朝ラー。【末廣ラーメン本舗 秋田駅前分店】 [食べる]

 北東北ツーリングの初日は秋田市内に泊まりました。

 ネットを見ていたら、秋田市は朝ラー文化がありそう。

 と言うことで、秋田市に宿泊した翌朝は、朝からラーメンを食べました。


 やってきたのは、ホテルの裏手、歩いて5分くらいのところにあった”末廣ラーメン本舗 秋田駅前分店”です。

 

7:38 末廣ラーメン本舗 秋田駅前分店 

IMG_0219.jpg

 検索の結果から、ホテルから一番近いし、高評価だったので、あえて他の店は探さずに決めました。

 店の前にあるメニューを見てから入店です。

 

 7:44 あさり醤油 

IMG_0222.jpg

 注文は食券で、”あさり醤油(並)”(910円)。

 先客はカウンターに一人。 自分もカウンターで。

 店内はちょっと薄暗くて、イマイチ整理がされていない古いラーメン屋のたたずまい。

 しばらくして、注文したあさり醤油ラーメンが供されました。


 ネギはセルフで、盛り放題。 (^_^)

 

7:44 いただきます 

IMG_0224.jpg

 それでは、さっそく『いただきます』

 スープは濃厚ですね。 かなり脂が強いです。
 アラフィフ・オヤジの胃袋には朝からちょっとヘビーです。(笑)
 味も濃いめですね。

 麺は中細のストレート。

 

7:50 ナルトまで 

IMG_0225.jpg

 あさり醤油らーめんにはチャーシューは入ってないんですが、そのかわりスープの中には、出汁になる肉が一緒に煮込んであって、下の方に沈んでいます。
 そして、ナルトまで煮込んであって、茶色く染まっています。

 ナルトまで一緒に煮込んでいるスープは初めてみました。(笑)

 

7:53 ご馳走様でした。 

IMG_0226.jpg

 昨晩呑んだので、ちょっと水分を補給したいですが、このスープは味が濃すぎて、流石に飲み干すのは無理ですね。

 逆にのどが渇いちゃいそうです。(^_^)

 ちょっと味が濃すぎて、朝食べるには自分には合いませんでしたね。

 『ご馳走様でした。』 

 

 それでは、ホテルに戻って出発の準備をしましょう。 


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋田で泊まって食べる。(酒季亭 比内や)【2016年8月31日(水)】 [食べる]

 ちょっと遅い夏休みを取って出かけた北東北ツーリング。

 初日の今日は秋田市に泊まりました。

 


 夕食はやっぱり秋田の地の物が食べたいですね。 否、秋田の食が食べたくて秋田までやってきました。

 

 訪れたお店は”酒季亭 比内や”。 ドーミーインから歩いて10分ほどのところ”大町”にあるお店です。  

19:07 酒季亭 比内や 

IMG_0174.jpg

 大町は以前は川反(かわばた)と呼ばれていたらしい地域です。

 ドーミーイン秋田がある場所は秋田藩の久保田城址のすぐ脇で武家町があったエリア、お城の外堀にあたる旭川を挟んで対岸にある川反は昔からの繁華街であったような感じです。

 さっそく階段を上がって入ってみることにします。 

 

19:12 店内は

IMG_0175.jpg

 お店は靴を脱いで上がるタイプで、中は広々としたレイアウトがしてあります。

 店内は、右手にカウンターがあって10席ほど、正面が座敷になっていて3階もあり、結構大きなお店の様です。

 自分は一人なので、カウンター席へ。

 ほとんどのお客さんが二人連れでしたが、カウンターには自分以外にもお一人様がいましたので、まあお一人様でも大丈夫。(笑)

 既に3、4組ほどのお客さんが居て、8割方埋まっていましたので、週の真ん中水曜日でこのお客さんの入りですから、繁盛店なんでしょう。

 席に着いたら注文は、「とりあえず生ビールで。」 

 

19:24 お薦めから 

IMG_0179.jpg

 続いて運ばれてきたのが、お薦めのお品書きから選んだ、秋田県産の枝豆(520円)と三種町産のジュンサイ(480円)。

 枝豆の520円は、ちょっと高いんじゃぁない? と言うのが第一印象。(笑)
 (つまらないことを書きました。)

 ジュンサイは秋田県の三種町(みたねちょう)が全国一の生産量で約9割を誇るそうです。
 昔は日本全国に自生していたらしいのですが、湖沼の開発や水質の悪化により、無くなった地域が多いそうです。

 ジュンサイの食用にされているのは若芽の部分で、収穫時期は4月下旬から9月の上旬だそうで、今回はギリでしたね。(笑)

 ジュンサイは生(軽く火が通してあるのかな))で真の部分がシャキシャキしていました。
 普段、自分が口にするものは水煮(?)なので、初めての食感です。 どちらが良いかは好みですね。

 自分は,ツルンとした食感の完全に火がとおった水煮の方が好みかな。 

19:29 比内地鶏 

IMG_0183.jpg

 しばらくして運ばれてきたのが、焼き鳥です。

 焼き鳥は当然比内地鶏。(天然記念物の比内鶏とは別物です。)

 焼き鳥は定番の”ねぎま”(320円)と、ちょっとひねって”ささみの海苔わさび焼”(360円)。

 それでは、「いただいてみましょう。」

 鶏肉は固いと言うか弾力があって、普段食べている(ブロイラー?)より歯応えがあり、噛むと旨味が出てきて美味しいです。
 こうしてちゃんと食べてみると、普段焼き鳥屋で食べているものより味がしっかりしているのがわかります。

 ここで比内地鶏の豆知識を書いておくと、秋田県北部で約9割が生産され、近年の生産量は年間60万羽弱で推移しており、県内出荷が4割弱と県外で消費される方か多いらしいです。 

 

19:29 つくね 

IMG_0184.jpg

 続いて供されたのが、このお店で人気No.1の比内地鶏のつくね棒(380円)。

 比内地鶏の卵黄付きで。

 

19:30 濃厚

IMG_0185.jpg

 卵黄を溶いて、つくね棒にかけて食べます。

 比内地鶏の卵黄は濃厚ですね。


 写真が美味しそうに撮れました、◎。 (笑)


 つくねは粗挽き肉の食感が楽しいです。

 でも、比内地鶏の肉そのものの美味しさを味わうのであれば、塩味のねぎまの方がよく分かりますね。

 

19:38 きりたんぽ鍋

IMG_0191.jpg

 食事も中盤に。 

 続いて頼んだのが、”比内地鶏のきりたんぽ鍋”(1人前1,830)。 秋田めしとして外せない料理です。

 お一人様用の鍋の設定があるのが、嬉しいですね。
 (一人用の鍋を準備してくれるお店はあまりありません。)

 きりたんぽ鍋の具は、比内地鶏にマイタケ、油揚げ、ゴボウ、それにセリが入っていました。

 

19:44 煮えたので 

IMG_0194.jpg

 鍋が煮えてきたので、いただきましょう。

 きりたんぽは、炊いたご飯から作るので既に火が入っていて、すぐに食べられますね。

 逆に味が十分に染みるまで待っていると煮崩れちゃいます。

 鍋に入っている比内地鶏が美味しい出汁を出していいます。 肉は煮込まれても、味がしっかりしていて美味しいです。

 

19:50 お酒は 

IMG_0196.jpg

 秋田と言えば、やはり酒どころ。

 日本酒は外せませんが、昼間暑かったので生ビールを2杯飲んだので、日本酒スタートが遅くなってしまいました。

 日本酒は色々な種類が置いてありましたが、まずは”秋田の地酒 三酒・飲みくらべ”(1,000円)から。

 お試しセットは、
 ”太平山(たいへいざん)「純米生もと」(+3)
 天寿清澄辛口「鳥海山(ちょうかいざん)(+7)」
 山廃純米酒「飛良泉(ひらいずみ)」(+2)”の3種類。

 太平山が旨いね。 個人的に好みかな。 

 

20:21 蟹場(がにば)の酒 

IMG_0199.jpg

 その後も、きりたんぽ鍋を突きながら、日本酒をいただきます。

 飲みくらべの3杯がなくなったので、お薦めのお酒から
 ”しぼりたて生酒 秀よし本醸造 「蟹場の酒」(+2)”(780円)をいただきます。

 味、あんまり憶えてないです。(笑)
 でも、秋田のお酒らしく、しっかりした味だった様な・・・・。 (^_^;)

 ”蟹場の酒”の蟹場は、このお酒の酒蔵、鈴木酒造店がある田沢湖の乳頭温泉郷の奥にある蟹場温泉の名から取ったもの。

 蟹場温泉は2006年夏のツーリングで訪れました。 

 

20:28 最後の〆は 

IMG_0201.jpg

 秋田の食と秋田のお酒を堪能しました。


 最後の〆はやはり”稲庭うどん”で。 

 

20:29 稲庭うどん

IMG_0203.jpg

 稲庭うどんは、そうめんとは違った、かといって普通のうどんとも違う食感がなんとも言えずに美味しいですね。

 麺がつやつやしていて、見るからに美味しそう。

 きりたんぽ鍋で結構お腹一杯になりましたが、つるつるっとのど越し良く、胃袋に収まっていきます。

 稲庭うどんは、湯沢市の稲庭町から発祥したと伝えられ、たくさんの稲庭うどんの製造元や直営店が今日走ってきた国道398号線沿線に見ることができました。
 (止まって、ちょっとのぞいてくればよかったと、今後悔しています。)

 

20:32 ご馳走様でした。 

IMG_0205.jpg

 つるつるっと食べて、完食、完飲です。

 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』 <(_ _)>


 締めて、8,564円(税込み)でした。

 全体として、ちょっと割高感があるかな。 

 

20:38 ホテルに戻る 

IMG_0206.jpg

 ここ”酒季亭 比内や”は、一年をを通して秋田の県南、県北の食べ物、お酒が一堂に会して楽しめるお店です。

 ただ、比内地鶏を使った焼き鳥などが300円以上しますから、地元の人が普段使いにするにはなかなかお高いのではないかと。

 どちらかと言えば、県外のお客さんが秋田の食を求め訪れる外向きのお店だろうな思いました。

 観光で訪れた自分としては、有難いお店でした。


 それでは、ぼちぼちホテルに戻ることにします。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

筑波練習のあと(ラーメンショップ)【2016年7月8日(金)】 [食べる]

 筑波サーキットに行ったときの昼食は、8割方サーキットのレストランでモツ煮定食
 8割じゃきかないね、9割かな。(笑)
 
 残りの1割は、サーキットの前にあるレストランモナークかここ。
 
 筑波サーキットからの帰り道、ホームジョイ本田石下店の向かいにあるラーメン屋、ラーメンショップ椿です。 
 
IMG_1776.jpg
 
 レストランモナークは、レースの時とか、友人が一緒でちょっと贅沢(?)するときだけね。(笑) 
 
 
 
 で話しを戻して、なぜ、ここかと言うと、”毎週金曜日 ラーメン300円!!” 
 
IMG_1776-1.jpg 
 
 そう、今日は金曜日。 (^_^)v
 
 
 と言うことで、さっそく入店。
 
 
 
 で、店内にある券売機で食券を購入。
 
IMG_1777.jpg
 
 ”ネギラーメン+中盛” って、書いてることとのつじつまがあってませんぜ。 ( ̄。 ̄;)
 
 ラーメン300円だから、入ったんじゃないの? 
 
 「いや~ぁ。 お腹が空いていたもので・・・ つい。」 
 
 この300円ラーメン、罠じゃないけど、罠があって、中盛りが出来ない。
 
 普通盛りのラーメンだけ限定で、300円。
 
 それは前から知ってたんだけどね・・・・。 (-_-;) 
 
 思わず300円ラーメン、2杯食べようかと悩んで券売機の前で3秒くらい固まってたんだ。 (笑)
 
 
 
 で、ちょっと待って、注文した”ネギラーメンの中盛り”が出てきました。 
 
IMG_1778.jpg
 
 300円ラーメンのある金曜日は、やっぱり混んでいて、満席でラーメンが出てくるのに少し待たされます。
 
 それでは、『いただきます!』
 
 
 ”ラーメンショップ”は、ご存じの人も多いと思いますが、関東を中心にフランチャイズ展開をしているとんこつ醤油系スープのラーメン屋さんです。
 
 お店によってかなり味のバラツキがあって当たりハズレがあると感じてますが、ここ石下店は美味しいと思います。
 
 それを裏付ける様にいつも結構繁盛しています。 
 
 
 ラーメンを一生懸命食べていて、ふとカウンターの上に目を移すと、 
 
IMG_1779.jpg
 
 ”ミニカレーセット 200円”。
 
 『これだね。』
 
 次回からは、”ラーメン + ミニカレー”で金曜ならば500円のワンコイン、これで決まりだな。
 
 (今回のブログは、この備忘録として書いたと言っても過言ではない。)(笑)
 
 
 「はい、完食です。」
 
IMG_1780.jpg
 
 スープまでしっかり飲みすぎ、塩分取りすぎ?
 
 でも、練習走行で汗たっぷりかいたから、ヨシとしましょう。
 
 「ごちそうさまでした。 おいしかったです。」 <(_ _)>
 
 
 筑波サーキット行ったときの、金曜限定メニューですね。(笑) 
 
 

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

金町で餃子を食べる。【金町餃子】(2016年6月15日(水)) [食べる]

 ゴールデンウィークツーリングのブログが長すぎて、遅れに遅れ2ヶ月ぐらい遅れていましたが、ようやく1ヶ月遅れぐらいまで追いついてきました。(笑)

 今日のブログは1ヶ月ほど前、6月15日(水)の出来事です。

 

 仕事関係で、今年の4月から金町(東京葛飾区)で、毎月1回打合せをすることになりました。

 今回は午後からの打合せだったので、昼過ぎに金町に到着。

 駅周辺で、昼食を食べることにしました。

 

 訪れたお店は、”金町餃子”。 

IMG_1522.jpg

 ストレートな名前のお店です。(笑)

 お店は、JR金町駅の南口のロータリから、狭い路地を入った所にあります。 徒歩2分ってところかな。

 仕事の打合せと言うのに、「餃子なんて食べて大丈夫ですか。」 と心配されますが、仕事柄大丈夫です。(笑)

 

 早速入店します。

 店内は、窓際に6人(?)ほど座れるカウンター、調理場との間に4席ほどカウンターがありますが、ここは料理が出てきたりするので、ほぼ使っていないようです。

 他に、2人がけのテーブル席が2卓、4~5人がけのテーブルが1卓だったかな。

 

 注文は入口脇にある券売機で事前に買う方式。

 まあ、餃子は必須として、麺類は暑いので、チャーハンとかがあると嬉しいんですが、ありませんでした。

 一番のお薦めの水餃子を食べてみたかったこともあり、白いゴハンだと水餃子はイマイチおかずにならない感じ。 (ですよね?)

 で結局、券売機で買ったのは、水餃子と中華そば。

 

 「速っ!」

 それほど待たずに中華そばが運ばれてきました。  

IMG_1524.jpg

 中華そば、390円。 とリーズナブル。

 昔ながらのシンプルなラーメンの風情ですね。

 ドンブリのくたびれ方が、なんとも昭和チックで、何とも言えませんね。(笑)

 そう言えば、話しは逸れますが、自分は今年53歳になる昭和生まれなんですけどね。

 今年は、平成28年。 と言うことは、自分が生まれて育った昭和の時代よりも、気が付けば平成の方が長く生きてるんですね。

 ただそれだけです。 

 

 それでは、『いただきます!』 

 スープは鶏と野菜で取った、スタンダードな東京風。

 年齢が進むと、この手のスープが胃に落ち着きます。

 

 中華そばの麺は細麺。 

IMG_1525.jpg

 茹で時間が短いので、すぐに供されたのに納得。

 「う~ん。普通に美味しい。」 

 でも、量はちょっと少なめかな? 普通かな?

 

 「これなら、食べられるな。」 ??? 

 せっかくなので、焼餃子も追加で食券を買っちゃいましょう。(笑) 

 

 中華そばを食べていると、水餃子が運ばれてきました。 

IMG_1526.jpg

 水餃子は皮が厚めで美味しそう。

 水餃子は皮厚めが好みです。

 

 テーブルの上にある、調味料をお好みで自分で混ぜて付けダレを作ります。 

IMG_1523.jpg

 

 水餃子の餡は、肉多めでギュッと詰まっています。 

IMG_1527.jpg

 皮のチュルンとした食感が、水餃子ならではですね。 熱々です。

 餡は肉の味がしっかりして、美味しいです。

 水餃子は、290円で5個と、これも1個ずつがしっかりしているので、リーズナブルだと思いますね。

 

 最後に追加で頼んだ焼餃子が運ばれてきました。 

IMG_1528.jpg

 焼餃子も5個で、290円。 普通サイズよりちょい大きめかな。

 中華そばと水餃子、焼餃子の三品食べて970円なので、コスパは良いと思いますよ。

 餃子発祥の中国では”餃子は(主食で)皮を食べるもの”らしいので、こちらの焼餃子も皮は厚めです。

 働いているお店の人も、中国の人みたいなので、中国の餃子に近いのかもしれませんけど、本場の中国東北部の餃子を食べたことがないので、自分には正解はわかりません。

 なんて、御託を並べても仕様がないので、食べます。(笑)

 

 テーブルの上の調味料の中には、”餃子用にんにく”が置いてあります。 

IMG_1530.jpg

 これを付けて食べたら、目茶苦茶旨そうですが、流石にこれを食べて打合せに参加したら、張り倒されそうです。(笑)

 今度、打合せが終わった後に、夜ビールでも飲みながら食べて、そのときに使いましょう。

 (電車に同乗した人には、とっても迷惑ですね。)

 

 焼餃子も、餡がしっかり入ったタイプ。 

IMG_1529.jpg

 ビールが飲みたくなります。(笑)

 

 完食です。

IMG_1531.jpg

 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』 <(_ _)>

 

 今度は、夜来てビールだな。


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

関内で焼肉を食べる。【犇和(ひしわ)】(2016年5月11日) [食べる]

 ゴールデンウィーク九州ツーリングの記事が長く続きましたので、後のネタが押しています。 (^_^;)

 ゴールデンウィーク後も今日まで何回かツーリングに行っているので、ツーリングの記事が溜まっているんですが、ツーレポばかりじゃ見る方も、書く方も(理由は主にこっち)飽きると思うので、適当に他の記事も混ぜ込んでいこうと思ってます。 

 そんでもって、今回のブログは、5月11日の”食べネタ”です。

 (もともとツーレポの半分は”食べネタ”ですが・・・・。(汗))

 


 さて、九州ツーリングに行く前に大分出身で今も実家が大分市内にある知人のKさんから今回の熊本地震などの情報をもらいました。

  ゴールデンウィーク後の5月11日に報告会を兼ねて横浜関内に焼肉を食べに行きました。

 訪れたお店は”犇和(ひしわ)” 、横浜の馬車道通り、周さんのお店”生香園新館”の脇を入ったところにあります。

IMG_1166.jpg

 飲食店が密集している関内周辺は、焼肉屋さんも多いんですが、今日は新規開拓と言うことでネットでも評価が高くて、コスパが良いらしい、こちらのお店を訪れてみることしました。 

 それでは、さっそく入店!

 

 店内は、奥が座敷になっている様ですが、自分たちは手前のテーブル席で。 

IMG_1168-t.jpg

 まずは、生ビールで 『乾杯!』

 ステンレスのジョッキは冷え冷えで旨いです。 

 ちなみに、Kさんは諸般の理由により顔出しNGなので、出てきません。 モザイク画像もありません。(笑) 

 

 食べ物は、色々と注文しまして。

 まずは、山芋のキムチ。  Kさんが注文。

IMG_1169.jpg

 自分は知りませんでしたが、このお店のお薦めみたいですね。

 自分は、複数人で食事に行ったとき、他の人に料理を選んでもらうことが多いです。

 その理由は、自分で頼むとどうしても自分の好きなものだけを頼んで、ワンパターンになってしまうから。

 他の人が頼むと、自分なら普段頼まないものが出てきて、新たに美味しいものに出会えたり、やっぱり好みじゃないものを再認識することができます。 (決して、料理を選ぶのが面倒、と言うわけでは無いですよ。) (笑)

 山芋のキムチは、シャクシャクした歯応えが口に楽しいです。 

 

 野菜も頼みます。  チョレギサラダです。

IMG_1170.jpg

 

 肉は、定番の塩味から焼きます。 タンモトです。 

IMG_1172.jpg

 牛タンの根っこの部分で、他のタンの部分より美味しいらしいです。

 が、自分には差がわかりません。 十分美味しいです。 (^_^)v

 (タンサキと食べ比べたら、わかるのかな?) 

 

 続いて、 希少部位の5種盛り合わせ。  お任せで。

IMG_1173.jpg

 希少部位には、名札が貼ってあって分かり易い。 これらは、”カタサンカク、ヒレ、ザブトン、カイノミ、シキンボ” などでした。 

 ここの犇和は、共和畜産と言う食肉の卸、加工製造、配送をしている会社が経営しており、会社が加工・卸をしているころから、昨今流行の、一頭買いを売りにしています。

 お店のスタッフが、分かり難い希少部位など説明してくれるので、知らない部位もチャレンジすることができます。 

 

 飲物は、生ビールから、スタッフお薦め昨日(5月10日)発売開始のキリン一番搾りの”横浜づくり”を。 

IMG_1174.jpg

 2015年は、全国のキリンの9工場で作った、9県の一番搾り”●●づくり”でしたが、2016年は47都道府県に一気に広がりました。(笑)

 この、”横浜づくり”は正真正銘、地元横浜の生麦工場で製造されたものだそうです。  

 

 ”横浜づくり”を飲みながら、希少部位を焼いていきます。 

IMG_1175.jpg

 希少部位は、その味よりも歯応えとか脂分の多い・少ないの差の方が自分にはわかりやすかったですね。

 そして、各部位、食べられるのは一切れか二切れなので、正直好みが言えるほどの判断は出来ませんでした。(笑) 

 

 生肉じゃ。(笑) 

IMG_1176.jpg

 ユッケです。 規制が厳しい牛じやなくて、桜肉。

 牛とはちょっと違うけど、桜肉も美味しいです。

 

 厚切りのカルビ。 

IMG_1177.jpg

 旨旨です。 (^_^)v

 以前ほど量は食べられなくなりましたが、一切れ二切れ食べると、やっぱり美味しいです。

 たくさん食べようとすると、脂に負けてしまいます。(笑) 

 

 ホルモン系を少しいただきましょう。

IMG_1178.jpg

 シロコロホルモンです。  ホルモンは、ブタの方が好みです。

 値段もリーズナブルですしね。  

 

 シロコロホルモンは、脂分を多く残しているので、焼いていると 

IMG_1179.jpg

 脂が落ちて、燃えます。(笑)

 

 肉は色々食べて、結構お腹一杯になりました。 

 まだまだ、話しが続いているので、つまみ代わりに 

IMG_1180.jpg

 ナムルを。

 

 もう、お腹一杯になりました。

 以前であれば、クッパとか冷麺とか、炭水化物を食べていたんですけど、最近は食べなくなりましたね。

 無理すれば、食べられなくは無いですが・・・。

 

 完食です。 

IMG_1181.jpg

 さて、この犇和さんですが、もちろん安くはありません。 かと言ってむちゃくちゃ高い訳でもありません。

 (「どっちやねん。」と突っ込まれそうですが。)

 お店の区分からすれば、高級店になると思いますので、チェーン店とかに比べれば当然高いですが、希少部位とかを売りにしている他の高級店に比べれば、量も多くてお得だと思いました。

 この近くにある、かなり以前に訪れた、”焼肉ハウス大滝”よりもお安く上がりますね。たぶん。 

 と言っても、焼肉はたまにしか食べなくなりましたので、たまに食べるなら少々高くても美味しいお店を選びたいですね。 

 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』 <(_ _)> 


nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

たまにはとんかつ【とんかつ勝】2016年3月15日 [食べる]


 3月15日の今日は、ケガのリハビリと、経過観察のために整形外科に行くので、仕事は休み。
 
 朝一番で病院に行ってきました。
 
 病院が予定より早く終わったので、その後お彼岸にはちょっと早かったのですが、墓参りに。
 
 
 墓参りも終わり、ちょうど昼食時になりました。
 
 ちょうど通り道にある”とんかつ勝”に寄って昼食は久しぶりにとんかつを食べる事にしました。 
 
IMG_0170.jpg
 
 とんかつ勝は5年ほど前にもこのブログに書いていますね。
 
 と言うことは、5年降りの訪問になります。
 
  
 入口の脇に置いてある黒板には”ミシュランガイド”に掲載されたとの告知。 
 
IMG_0171.jpg
 
 ミシュランに取り上げられるとは、確かに美味しく自分の舌が確かだったと、嬉しさ半分。
 
 今まで以上に混んでしまって、入りにくくなるのも困りものです。
 
 
 入店したのは、お昼になる10分ほど前でしたが、すでに結構混んでいますね。 
 
 注文したのは、ヒレ定食の海老フライ付き(¥1,780税別)
 
IMG_0173.jpg
 
 今日はなんとなく、ロースよりヒレの気分だったので。
 
 ヒレカツはミルフィーユ状に薄く切った肉を重ねた様な感じで、とても柔らか。 (^_^)v 
 
 海老フライはプリップリで美味しいです。
 
 やや厚めの衣はサクサクで、お店で揚げたてならではのものですね。
 
 細く切られた千切りのキャベツがカツに合いますね。 
 
 ご飯、みそ汁、キャベツはお代わり自由。
 
 
 当然、完食でございます。 
 
IMG_0174.jpg
 
 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』
  
 
IMG_0175.jpg
 
 
 

nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理