So-net無料ブログ作成

気仙味噌タンメンを食べる【味噌屋麺太】【2017年8月14日(月)】 [食べる]






11:44 早めに手を打つ

IMG_4268.jpg


 ”2017年 夏 旅”3日目の昼は、岩手県の気仙郡住田町(すみた ちょう)までやってきました。
 国道340号線から、国道107号線との重複区間に入ったところで、道路端にラーメン店を発見!
 昨日、一昨日と昼食を逃した感が強いので、今日はラーメンで早めに手を打つことにしました。

 お店の名前は、”味噌屋麺太”。 

 広い駐車場にハイエースを駐めて、さっそく入ってみましょう。



11:48 注文は

IMG_4269.jpg


 入店するとちょうど満席になるタイミングでした。
 お盆休みなので、どこも混んでいるようですね。
 早めの昼にして良かったです。

 注文は・・・・・、メニューを見ると、写真付きで”気仙味噌タンメン”なるものが。
 ご当地ラーメンなのかな?

 ”辛口”も気になりますが、最初はオーソドックスな”気仙味噌タンメン”にしておきましょう。
 (”最初”はと書きましたが、再訪はなかなか難しい場所ですが・・・。(笑))

 「8/16まで休止致します。」と書かれた右上の”爆風シリーズ”が気になりますが、注文出来ないので致し方ありません。

 普通盛りは 180g ですが、大盛の250g は無料です。
 普段であれば、無条件に大盛にスイッチするところですが、この先、何か美味しいものに巡り合うかもしれないので、普通盛りにしておきます。



12:15 大盛?

IMG_4271.jpg


 入ったタイミングが悪く、一気にお客さんが入ったタイミングだったので、ラーメン店にしては待たされて、20分以上待って気仙味噌タンメンが出てきました。

 「盛り、多っ!」(゜o゜;)

 普通盛りにしておいて良かったです。(笑)

 それでは、さっそく「いただきます。」



12:16 太麺じゃなく

IMG_4273.jpg



 「相変わらず、箸の持ち方が変でスミマセン。」 (-_-;)

 お店の名前が”麺太”なので、勝手に太麺かと思っていたら違いました。
 どちらかと言うと、中細ぐらいでした。(笑)

 気仙味噌タンメンは、この辺りのご当地味噌ラーメンかと思いましたが、ネットを見る限りこのお店独自のメニューみたいですね。 (思い込みが多いです。)

 味噌タンメンは、ドロッとしたあんかけ風になっていて、冬場などは体が暖まりそうです。
 そして、餡には溶き卵が入っていて、マイルドな味に仕上げてあります。

 味噌の味を前面に押し出してくる感じではありませんが、美味しいですね。



12:28 ご馳走様でした。

IMG_4275.jpg


 もちろん、完食です。
 普通盛りですから。(笑)

 「ご馳走様でした。 美味しかったです。」


 (割りばし割るのヘタなんです。)



12:29 貴重IMG_4276.jpg


 食べ終わって、お店を出ると、外にも待っているお客さんが。

 普段からこんなに混むかは不明ですが、遠野の市街地を除けば、国道340号線沿いの飲食店はかなり少ないので貴重ですからね。

 今日は、ちゃんとお昼の時間に昼食を食べることが出来ました。

 それでは、出発することにしましょう。


(つづく。)

コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017年 夏 旅(3日目午前)【2017年8月14日(月)】 [バイク]

 この週末の3連休、ほんとうはここで書いている国道340号線を使って青森までツーリングに行こうと思ってました。


 でも、週末台風18号が接近する予報が出たのであえなく中止。


 それまでは出発するまでに今回の記事を書き上げておこうと思ってたんだけど、鼻を折られたと言うか、くじけてしまい記事を書くペースがダダ落ちしちゃいました。( ̄。 ̄;)


 と言い訳したところで、まくらは終わり。 本編にいきます。


 (ほぼほぼ、道路の写真しか出てこない、変なブログと化してます。(笑))


line.jpg


9:21 3日で切り上げる

IMG_4225.jpg


 ”2017年 夏 旅”、3日目は、宮古から出発します。

 出発当初、今回の”旅”は3泊4日の予定で北東北をツーリングする計画でした。

 昨日、一昨日と雨でバイクはハイエースに積みっぱなしでツーリングせず。
 3日目の今日も雨予報で、明後日には天候が回復する予報です。

 けれども、明後日は最終日で自宅に戻らねばならず、ハイエースで戻るだけなのでツーリングはできません。
 なので、今回の旅は今日3日目で切り上げることにしました。

 それでは、宮古のルートインをチェックアウトして、出発することにします。



9:27 出発

IMG_4226.jpg


 走り始めの距離計は 46,829 km 

 今はお盆期間中ですが、今日は月曜日なので、ETCの休日割引枠はありません。
 なので、目標は深夜割引が効く、夜12時以降に東北自動車道の浦和の本線料金所を通過するタイミングで自宅に戻りたいと思います。

 それでは、出発します。



9:41 国道106号線を西走

IMG_4228.jpg


 さて、今日で自宅に戻りますが、今回の旅を単なる”移動”にしないために、何か目的が欲しいところです。
 と言うことで、今回の旅は”国道340号線を走破”したいと思います。
 (と言っても、昨日のスタート時点ですでに340号線の終点側になる八戸の市街地を端折っちゃいましたけどね。)
 今日は起点となる陸前高田まで走ってみたいと思います。

 国道340号線がバイクでツーリングするのに楽しめるルートかどうか確認したいと思います。

 まずは、ルートイン宮古を出発して、内陸に向け国道106号線を西走し、国道340号線を目指します。

 山の方は雲がどんよりですね。



10:00 重複区間を

IMG_4230.jpg


 やっぱり、降り始めました。(-_-;)

 昨日そばを食べた茂市付近までもどってきました。

 国道106号線はこの先も国道340号線との重複区間が続き、盛岡方面を目指し西走を続けます。



10:17 国道340号単独区間へ

IMG_4234.jpg


 茂市から重複区間から西走すること15kmほど、国道106号線と分岐する交差点までやってきました。

 ここを左折して、国道340号線の単独区間に入り、南下して遠野を目指します。



10:19 交通量は少なく

IMG_4237.jpg


 国道340号線に入りました。

 遠野までは41kmほどの距離。

 ドライブを楽しませてくれそうです。



10:36 交通量は少なく

IMG_4241.jpg


 山間部に入ってきました。

 この辺りは、道路も良く整備されています。
 
 相変わらず国道340号線の交通量は少なく快適です。

 相変わらず、雨は降ったり止んだり。



10:38 トンネルに置き換えられる

IMG_4243.jpg


 宮古市から遠野市へとつなぐ国道340号線は、現在市境の立丸峠(たつまるとうげ)付近が隘路(あいろ)で急勾配の区間となっています。

 東日本大震災以降、三陸海岸に沿って走る国道45号線が被災した場合を想定して、内陸にある国道340号線は”復興支援道路”に位置づけられ道路の改良が進められています。

 ここ立丸峠付近の狭小区間は、来年にはトンネルが開通して置き換えられることになるようです。

 トンネルが開通する前に、この狭々な区間をバイクで走っておきたいところですね。



10:45 立丸峠

IMG_4246.jpg


 遠野市と宮古市の市境にある立丸峠までやってきました。

 この区間は、センターラインの無い狭小区間です。

 道幅もかなり狭いところもあり、普通車でギリギリ行き違いができるぐらい。

 タイトなカーブもあり、リッターバイクで走るとかなり窮屈な区間もあります。

 で、この雨の中、対向でハレーなんかが走ってきたりして、「気合い入ってますね。」



10:48 崩れている

IMG_4248.jpg


 ところにより、崩れている区間もあります。

 道路が改良され、トンネル区間になると、この辺りの危険箇所も迂回出来ることになります。

 トンネル開通後も、ツーリングで楽しめる路線になるでしょう。



11:04 遠野盆地

IMG_4254.jpg


 立丸峠から狭小区間を抜け、遠野の市街地がある遠野盆地に入ってきました。

 市街地へ向かう国道340号線はずっと向こうまで真っ直ぐな道が続きます。

 遠野盆地って思っていたよりも勇大です。

 北上山地で最大の盆地になるらしい。

 晴れていたら、景色よさそうですね。



11:10 遠野の市街地

IMG_4257.jpg


 遠野の市街地までやってきました。

 この交差点で、国道340号線は左折して国道283号線との重複区間となります。

 もちろん、自分も左折します。



11:21 国道283号線重複区間

IMG_4259.jpg


 283号線との重複区間に入り南東にクルマを走らせます。

 国道283号線は東進すると、釜石まで向かいます。

 花巻から遠野を通り釜石を結んでいる国道283号線は、比較的交通量がありますね。
 クルマは流れていますが、ツーリングの時はリエゾン区間と考えた方がいいかな。



11:24 再び単独区間に

IMG_4260.jpg


 遠野の市街地から重複区間を10kmほど走ると、国道283号線と分岐する交差点までやってきました。

 ここを直進して、再び国道340号線の単独区間に入ります。



11:25 いい路線

IMG_4262.jpg


 国道340号線に入り、南下を続けます。

 道路看板を見ると、大船渡 40km ってありますが、国道340号線の終点(起点)は陸前高田だよね。

 340号線の単独区間に入ると、またクルマの台数がぐっと減ります。

 やっぱり国道340号線は、景色はあまり期待できないけど、山間部や里山をぬって走る国道340号線の景色は、リラックス出来て自分は嫌いじゃありません。


 道路沿いに住んでいる人も少ないので、バイクで走ってもほとんど迷惑をかけない、いい路線だと思うなぁ。



11:39 降ったり止んだり

IMG_4264.jpg


 本当に、降ったり止んだりだねぇ。

 まあ、ほんとに良く降るもんだ。

 今年の夏の長雨は、ネット版の産経ニュースを見ると、仙台では7月22日以降35日間連続となり、観測記録上昭和9年とならんで歴代1位タイになったらしい。



11:41 国道107号線と重複

IMG_4265.jpg


 国道340号線を岩手県の気仙郡まで南下して、今度は国道107号線に突き当たりました。

 ここを左折すると340号線との重複区間となり、大船渡、陸前高田方面に向かいます。



11:42 107号線

IMG_4267.jpg


 国道107号線との重複区間に入り、東進します。

 デジカメのピントが、フロントグラスに付いた雨粒に合っちゃってる。(ーー;)

 その場で確認出来ないから、後で見てちょっと残念。

 このデジカメににしてから、自分が思っている事とデジカメで撮れた画像がズレちゃっている。
 前に使っていたデジカメのときは、ほぼほぼ自分が思っている様に撮れていたんだけどね。
 自分の感性が最新の物とズレているのかな。(笑)

 ちなみに、道路標識には陸前高田まで21kmの表示。
 終点はもう間近です。



11:44 確実に昼食IMG_4268.jpg


 国道107号線に入り東進すること2kmあまり、道路脇にラーメン屋さんを発見。

 陸前高田まで行って食べるという選択肢もありましたが、昨日、一昨日の様に食べ逃す可能性も大なので、ちょっと早いですが、ここでお昼を食べることにします。


午前中の道程:宮古~遠野~気仙郡:104.5km

20170814_MAP-1.jpg






コメント(4) 
共通テーマ:バイク

2017年 夏 旅(2日目:宮古に泊まる)【2017年8月13日(日)】 [バイク]

 2017年 夏 旅、2日目の晩は宮古に泊まりました。

 夕食は三陸の海の幸が食べられるお寿司でもと考えましたが、お盆の休みでどこも一杯、入店するのを断念。
 大阪王将でチャーハンと餃子になってしまいました。

 記事にするのも、如何なものかと思いますが、とりあえず話の流れで書いておきます。


line.jpg


16:41 宿泊先に到着

IMG_4208.jpg


 ”2017年 夏 旅”、2日目もハイエースからバイクを降ろすことなく、今夜の宿に到着です。

 予約したのは、ホテルルートイン宮古。

 昨晩、三沢からネットで予約しました。

 駐車場にハイエースを駐めて、早速チェックインします。



16:47 室内は

IMG_4209.jpg


 チェックインを済ませて部屋へ。

 ホテル・ルートイン宮古は、おそらく東日本大震災後、復興支援のための宿泊者を受け入れるために急造さられた様な感じです。
 建物は、鉄筋コンクリート作りの高層の建物ではなく、簡易に建てられる3階建ての建物。
 各部屋のエアコンの室外機が建物に沿ってずらっと並んでいます。
 それでも、室内に入れば、外のルートインと変わらないコンセプトで造られた内装です。
 でも、ちょっと狭めかな。
 自分が予約した部屋は、大浴場利用が前提で、部屋風呂やシャワーはなし、トイレがあるだけでした。

 ルートインは、ベットが広めだったり、大浴場があったり、朝食がブッフェスタイルだったりして、仕事で泊まりの出張に行くとき、近くにあったら泊まりたいお気に入りのホテルチェーンの一つです。

 ただし、ここは宮古の繁華街から少し離れていて4キロほどの距離があり、周りに飲食店が無くちと不便です。



18:50 店を探す。

IMG_4210.jpg


 チェックインしたらすぐに大浴場へ。
 ひとっ風呂浴びたら、夕食を食べにハイエースでJR宮古駅周辺の繁華街へ。

 入れそうなお店を探しますが・・・・・。  無い! (゚o゚;)

 やはり、宮古と言えば三陸の海の幸。 と言うことで、お寿司屋さんを探しますが、どこも凄い人です。 人、人、人。 人だらけ。 ( ̄。 ̄;)
 お盆の休みにやってきて、せっかくだからお寿司でも。 と考えることはだれも同じです。

 他に入れそうなお店を探しますが、なんせハイエースで来ているのでお酒が飲めません。
 なので、居酒屋系はダメ。
 それでは、地元の人向けの中華料理屋でも、と探してみますが、お盆でお店、閉めてるのよねぇ~。 (ーー;)
 
 で、ようやく入れそうなお店を見つけました。
 ”大阪 王将”。 

 なにゆえ、宮古まできて、王将に入らなきゃいかんのか。 (-_-;)

 教訓として、書き残しておこう。(笑)



19:02 大阪王将でIMG_4213.jpg


 食べたのは、チャーハンと餃子。

 普段、自分は王将と言えば、もう一派の”餃子の王将”ばっかり。

 こうして改めて食べてみると、味違うんですね。

 特にチャーハンは、醤油が効いている。

 個人的には、”餃子の王将”の方が好みと改めて認識したしだいです。



19:38 ホテルに戻ると

IMG_4215.jpg


 夕食にチャーハンと餃子を食べて、ホテルに戻ってきました。
 ちょっと一食、損した気分です。(贅沢を言ってはいけません。)


 ホテルの前は、ツーリングのバイクで一杯。
 みんな凄いなぁ。 
 あんな雨の中、ツーリングしてるんだね。
 自分も雨の中でもツーリングはしますが、本音を言えば、やっぱりスポーツ・ライディングが思う存分出来ないので、楽しさは半減です。
 連日の雨の中のツーリングなんて、自分は無理かな。

 さて、ホテルに入る前に、ふと中を見ると、お食事処があったんだよね。

 ここで食べれば、ビールも飲めるし、それなりのメニューもあったのに。
 ”どうしても外で食べる。”って固定観念にとらわれちゃって、柔軟な考えが出来なかったね。
 歳とともに頭が硬くなってきているのを、こんな時に感じます。



19:41 部屋呑み

IMG_4217.jpg


 部屋に戻って、缶ビール。

 途中のコンビニで仕入れてきました。

 今晩は静かに部屋呑みして、寝ます。


 今回の旅は、3泊4日の予定でやってきました。
 明日、天気が回復したら、ここに連泊して、ハイエースを置いておいて、バイクでツーリングをしたいと思います。



 それでは、お休みなさい。

 
 (-_-)゜zzz…



line.jpg



2017年8月14日(月)8:12 今日も雨

IMG_4218.jpg


 朝、目を覚まして外を見ると、雲が低く垂れ込めて今日も雨。

 「ダメだ、こりゃ。」  (ToT)



8:19 朝食

IMG_4220.jpg


 今日も雨なので、のんび朝食を食べてから出発することにします。

 まずは、朝食を食べにレストランへ。

 朝食は、ブッフェスタイルで。



 8:53 圏外でした

IMG_4221.jpg


 今回、社宅で使っているwifiルータを持ってきました。
 けど、ここは圏外でした。
 
 でも、館内のwifiは使えましたよ。



9:20 3日で

IMG_4224.jpg


 さて、天気予報をみたら、明日以降に天気は回復する見込みだそうな。

 明日は最後の日で、ハイエースで自宅に戻らなければなりません。
 「明日、晴れても仕様がないじゃん。」


 と言うことで、当初4日で予定していた旅は、3日目の今日で切り上げて、帰ることにします。



9:21 チェックアウト

IMG_4225.jpg


 それでは、チェックアウトして、出発することにします。


(つづく。)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

2017年 夏 旅(2日目:午後) [バイク]

 正直、ここから宿まで20kmほどで記事にするのもなんですが、話の流れで書いておかないとね。
 まあ、備忘録です。

line.jpg


15:15 宿を目指します

IMG_4200.jpg


 ”2017年 夏 旅”2日目の昼は岩手県宮古市の内陸にある茂市の”十割そばのたからや”で遅い昼食を食べました。

 これから今夜の宿を予約した宮古市の海側を目指します。



15:15 GSX-Rは

IMG_4201.jpg


 GSX-Rはハイエースのリヤゲートの中。

 今日も一日、下ろすことはありませんでした。 (ーー;)



15:15 国道106号線を

IMG_4202.jpg


 宮古市の茂市から国道106号線を西走して、宮古市の市街地を目指します。

 路面は乾いているところがありますが、雨が降っています。


 しかし、2日目も天気が悪かったですね。



15:42 宮古駅

IMG_4203.jpg


 国道106号線を西走し、宮古市の市街地へ。

 とりあえず、JR宮古駅前までやってきました。

 ツーリングで目的地近くまで来たら、とりあえず駅に行ってみるのが、自分の習慣。
 駅には観光情報とかが置いてありますからね。
 バイクだと、駅前のちょっとしたスペースにバイクを駐めて、観光案内所に行ったりできますが、クルマだとね。 あまり駐めるところがありません。

 駅を確認したら、駅周辺の市街地をハイエースでウロウロ。

 面白そうなところがないか、探してみましょう。



15:50 魚菜市場(ぎょさいいちば)

IMG_4205.jpg


 まずは、宮古市魚菜市場にやってきました。

 魚菜市場は、JR宮古駅の北側、歩いて10分ほどの距離にある市場です。

 市場には、水産物、青果物なのど食品を初め、食堂が入っています。

 2014年にツーリングで訪れた際は、ここでウニ丼を食べています。

 宿にチェックインするには少し早いので、中に入って少し散策します。



15:57 今年のウニ丼

IMG_4204.jpg


 市場の中に入り、お品書きの看板を見ると、

 生ウニ丼 ¥4,300!

 「たか! (゚o゚;) 高いですねぇ。」

 今年はウニが捕れてないんですかね。
 昨晩、食べておいて良かったです。(笑)



16:39 今夜の宿

IMG_4207.jpg


 宮古の市街地をウロウロした後、今夜予約した宿、ルートインホテル宮古に到着しました。

 ルートイン宮古は、JR宮古駅から国道45号線を南下した宮古湾岸沿いにあります。

 
 それでは、駐車場にハイエースを駐めて、チェックインすることにします。



16:40 本日の

IMG_4206.jpg


 本日の走行距離は

 46,816 - 46,555 = 261km

 でした。

 じぇんじぇん、距離走らなかった一日でした。(笑)


午後の道程: 龍泉洞~宮古市茂市(昼食)~宮古市(宿泊先):76.8km

20170813_MAP-5.jpg


コメント(4) 
共通テーマ:バイク

宮古の山の中で遅い昼食を食べる。(たからや)【2017年8月13日(日)】 [食べる]

 ”2017年 夏 旅”、2日目は岩泉町の龍泉洞で観光をしました。

 

 岩泉町の龍泉洞で昼食を食べ損ね、国道340号線を南下して宮古市の茂市までやってきました。

line.jpg


14:39 ようやく昼食

IMG_4188.jpg


 国道106号線との交差点で”十割そば”の幟が目に飛び込んできました。
 ようやく、昼食にありつけました。 (^_^)/
 (中休みなんてことはないよね・・・・。)

 それでは、さっそく入店しましょう。



14:41 窓際に

IMG_4191.jpg


 営業してました。 「よかった!」

 店内は、靴を脱いで上がる造りです。

 手前が座敷になっていて、窓際にはテーブル席があります。

 自分は(バイクでの転倒の後遺症で)座敷に座るのがおっくうなので、他のお客さんも少なく店内は空いていたので、窓際のテーブル席を陣取ります。

 まずは、・・・・。

 何だったっけな?
 お茶? そば茶? 麦茶?、暖かい? 冷たい?
 半月前の事で既に忘却の彼方。(^_^;) 
 やっぱ、記事は早く書かないとダメだね。



14:43 注文はこれね

IMG_4192.jpg


 注文は何にしようかと、考える前に。

 お品書きに、どーん! (゚o゚;)

 ”本日のおすすめ 暮坪おろし天ざる”。

 ”暮坪”が読めなかったので、注文を取りにきた女の子に、お品書きを指さして
 『これね!』と言うと

 『”くれつぼ”おろし天ざる、ですね。』

 『大盛り、できますか?』

 『はい。』

 と言うことで、暮坪おろし天ざるの大盛り(¥1,700)を注文。



15:00 暮坪おろし天ざる

IMG_4194.jpg


 しばらく待って、そば屋さんとしては、結構待って、暮坪おろし天ざるが運ばれてきました。
 「お客さんが少ないから、天ぷらの火を落としていたかな。」

 お品書きに、究極の薬味「暮坪かぶ」と書いてあるところからすると、この手前中央にこんもりと盛られているのが、暮坪かぶのおろしたものでしょう。

 記事を書きながら、”暮坪かぶ”をググってみたら、グルメ漫画の”美味しんぼ”にも取り上げられた究極の薬味と言われているらしい。 (たぶん読んだんだろうけど、記憶がないね。)
 暮坪かぶは、遠野市の”暮坪地区”で採れたので”暮坪カブ”と呼ばれているらしいです。

 その他の薬味は、オーソドックスなワサビとネギ。
 
 ネギはかなり青いところが多いです。
 自分としては、ネギの薬味は辛みのある白いところが好きですね。



15:01 食す。

IMG_4196.jpg

 

 それでは、さっそく「いただきます。」

 そばは標準的な太さかな。
 十割そばって書いてあったけど、あまりゴワゴワした十割っぽくなくて、すすり易くて食べやすいですね。
 時期的なこともあるだろうけど、香りは少なめかな。

 汁は、カツオの出汁が効いていて、少し甘めな感じです。

 薬味の暮坪カブを汁に入れる前に、ハシの先にちょっとつまんで食べると、ちょっと辛め。
 辛み大根ほどではないけれども、辛みがあります。 量がたくさんなかったので、味わうほど食べられませんでした。(暮坪かぶは結構高いみたいです。)

 その暮坪カブをそばつゆに入れて、いただきます。

 自分的には、もう少し汁の甘みを落とした方が、暮坪カブの輪郭がはっきりするような感じかな。
 そばの汁と天ぷらの汁は一緒のものが供されます。
 そばを食べるときに、天ぷらの油が混ざるのがイヤなので、最初にそばを食べてから天ぷらを食べます。



15:11 ご馳走様

IMG_4197.jpg


 天ぷらは・・・・普通の美味しい。


 最後は、そば湯でまったりと。
 天かすの残りと、暮坪カブに汁が混ざって、美味しいですね。

 当然、完食。

 『ご馳走様でした。』
 
 『美味しかったです。』



15:15 ぼちぼちと

IMG_4200.jpg


 お腹も膨れました。

 今日も遅いお昼になっちゃいました。

 ここはもう宮古市内。
 ここから、今夜の宿まではそう遠くありません。

 ぼちぼち、出発することにしましょう。

コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017年 夏 旅(2日目:お昼はまだ?)【2017年08月13日(日)】 [バイク]

 今日もだらだら書きます。(ーー;)

line.jpg


 ”2017年 夏 旅”2日目の昼は岩手県の岩泉町にある”龍泉洞”を観光しました。


13:17 ルートは

IMG_4120.jpg


 昼食を食べ損ねたので、早々に移動してお昼を食べたいと思います。


 さて、どのルートでいどうしょましょうか?


13:28 国道455号線を

IMG_4124.jpg


 今晩予約をしてる宿は宮古です。

 龍泉洞から宮古に向かうには、に国道455号線を東進して海沿いに出て、国道45号線で三陸海岸に沿って南下するのが一般的な最短ルートです。

 けれど、この区間の国道45号線は、2014年にツーリングしているので、まあ今回はいいかな。

 今日はさっききた道を国道340号線まで戻って、少し遠回りになりますが、まだ走ったことのない、その先の国道340号線を走って、宮古に向かうことにします。


 まずは岩泉町の市街地から国道455号線に出て盛岡方面に西走します。



13:38 340号線の

IMG_4132.jpg


 国道455号線を西走して340号線との交差点までやってきました。

 さっきはここを右から来ました。

 ここを左折して、走ったことのない国道340号線で南下したいと思います。


 ちなみに、ここまで走っても岩泉町。
 岩泉町は本州で一番大きな面積の町です。
 でも人口は1万人を切っているので、人口密度は約 9.5人/km2 とぶっちぎりに少ない一桁。



13:38 酷道の予感

IMG_4133.jpg


 左折して酷道340号線に入るとすぐに道幅が1.5車線に。

 目の前に見える山の上の方は雲に覆われています。

 酷道の予感がします。(笑)


13:40 国道340号線は

IMG_4136.jpg


 国道340号線はしばらくは1.5車線で進みます。

 センターラインはありませんが、スピードを落とせば、普通のクルマ同士の離合は問題ありません。
 でも、滅多に対向車は来ないけどね。(笑)



13:42 所々

IMG_4139.jpg


 所々、センターラインのある片側1車線の路線に変わります。

 歩道が広いから、この区間は近年になって改良された区間みたいですね。

 この先、国道340号線で宮古市の茂市(もいち)と言うところまで南下しますが、センターラインのある片側1車線になったり、1.5車線になったりを繰り返します。



13:46 あめ~。

IMG_4144.jpg


 山間部に入り、標高が上がると同時に雨が降り出しました。

 やっぱり上の方は雨が降ってましたね。



13:46 廃線

IMG_4145.jpg


 国道340号線と平行するように走っているJRの廃線。
 凄いね。 こんなところを線路が通っていたんですね。

 記事を書きながらWIKIってみたら、宮古市の茂市から岩泉を結んでいたJRの岩泉線なんだって。
 元々は第二次大戦の時に耐火レンガの材料を運ぶために建設された路線で、2010年7月に発生した土砂崩れによる脱線事故のため運休。
 そのまま復旧することなく、2014年の4月に廃線になったらしい。

 今は2017年だから、7年前までは列車が走っていたんだね。



13:50 傷跡

IMG_4150.jpg


 さらに国道340号線を南下すると、壊れたガードレールが現れてきます。

 去年の8月の台風10号で被災した傷跡が未だに残っているかな。

 山奥にあるここまで、復旧の手が回るのはまだ先のことになりそうですね。



13:53 人、人だよね。

IMG_4153.jpg


山間部を走っていると、人。

 人だよね。 子供も居て、家族連れですけど・・・・・。

 近くに家らしいもの、見当たりませんでしたけど。

 「どこから歩いてきたんでしょうか?」

 「なんで、こんな山の中歩いているの?」

 「怖いですねぇ~。 (゜o゜;」



13:57 ラジオは入らない

IMG_4156.jpg


 ちなみにラジオはFMはおろか、AMも入りません。

 カーステのラジオは、さっきからずーっとサーチしっぱなしです。

 もちろん、携帯(スマホ)も圏外です。

 秘境だね。 岩泉町。(゚o゚;)



14:00 雄鹿戸隧道(おしかど ずいどう)

IMG_4158.jpg


 国道340号線のタイトなコーナを走りつつ南下し、標高を上げて峠付近にあるトンネルまでやってきました。

 トンネルは押角峠(おしかど とうげ)にある雄鹿戸隧道。
 ”漢字”は違う表記だけど、読んだときの”音”は一緒。

 幅は結構狭くて4.6m。 普通車同士であればすれ違えますが、大型車だとちょっと厳しい。
 ちなみに、大型車は通行禁止じゃないので、大型車も対向でやってくる可能性はあります。
(笑)

 昭和10年頃に開通した、全長約580mのレンガ造りのトンネルで、心霊スポットとして有名みたい。
 昭和10年開通当時は、日本でも有数の長大なトンネルだったみたいですね。
 
 岩手県でも比較的積雪が少ない地域ですが、通年通行可能らしい。
 でも、冬期はバイクじゃ無理ですね。 凍結必至ですから。



14:01 宮古市へ

IMG_4159.jpg


 雄鹿戸トンネルのある押角峠を通過すると、国道340号線は岩泉町から宮古市に入ります。



14:05 酷道だね。( ̄。 ̄;)

IMG_4160.jpg


 国道340号線をさらに南下すると、未舗装の区間が。

 台風10号で崩れたみたいですね。

 林道とかなら未舗装でも許せるけど、国道だとこのレベルはやっぱり酷道かな。(笑)



14:07 もっかトンネル建設中

IMG_4161.jpg


 岩泉線は民営化されてからJRとしては廃線をしたかった様です。(赤字路線なのは明白でしょう。)
 けれど、上記の押角峠付近の道路状況が悪く、バスによる代替えルートが確保出来ないことから、廃線にすることが認められなかった様です。


 ところが、前記の2010年の土砂崩れにより不通になり、復旧の目処が立たないことから、代替え案としてJR岩泉線の押角トンネルを廃線にした後、道路トンネルとしてリニューアルすることで、酷道を国道に改良する計画の様です。
 JRの押角トンネルは延長約3,000m弱の単線のトンネルで、そのまま道路トンネルとしては大きさが不足するので、もっか拡幅建設中の様です。
 そのためにこんな山の中にトンネルの工事現場があって、大きな発電機が4台も鎮座していました。


 このトンネルが完成すると、岩泉~宮古間の国道340号線の隘路(あいろ)区間が緩和されることになるようです。
 押角峠トンネル付近の酷道はこのトンネル開通により、たぶん走れなくなる(通行止め)ので、今のうちにバイクで走っておきたいところですね。



14:22 快走区間

IMG_4168.jpg


 押角峠の隘路区間を抜けると国道340号線は快走区間となります。

 「貸し切りだねぇ。」

 標高が下がると、自然と雨は上がります。



14:25 廃線駅?

IMG_4169.jpg


 さらに国道340号線の南下を続けると、廃線になっているであろう駅を通過。
 (ここを走っている時点では、この路線が旧JR岩泉線で廃線になっていることは知りませんでした)

 ”中里”と駅の名前が書いてありますが・・・・。

 写真で見ると、フォト・ショップで書いたみたいだ。(笑)

 で、なんで停まったかって言うと、次。



14:25 レンタルバイク?

IMG_4170.jpg


 ハイエースで駅前を通過すると、走っているクルマからぱっと見て”レンタルバイク”の幟(のぼり)が・・・・・?


 こんなところにレンタルバイク?と思い停まってみると。

 幟は”レンタルバイク”じゃなくて”レールバイク”でした。

 で、レールバイクって?



14:25 単気筒エンジンの

IMG_4171.jpg


 なんて考えていると、どこからともなく単気筒エンジンの音。

 線路の上を何か走ってきましたよ。



17:25 何ですか?

IMG_4172.jpg


 これ。(笑)

 手作り感、満載です。


 エンジン付きのトロッコと言ったところでしょうか。



14:26 レールバイク

IMG_4174.jpg


 ちょっと遅れて、後ろから線路の上を自転車が・・・。 (゜o゜;

 これが”レールバイク”と言うものらしい。 初めてみました。

 レールバイクは2台の自転車を鉄のフレームで固定してあって、後輪がレールの上にあり、自転車を漕ぐと進むように作られています。
 自転車版のトロッコですね。
 
 これもネットを見てみると、全国の数カ所で廃線を利用して、(観光目的?で)やっているみたいですね。



14:26 転車台

IMG_4176.jpg


 そして、この黄色に塗装された部分が何かと思ったら、自転車の方向を変える”転車台”だったんですね。

 これも手作り感、満載です。

 レールバイクに使われている自転車は、電動アシスト付きです。
 これならば、楽そうですね。



14:27 走り去る

IMG_4177.jpg


 そして、先にやってきたエンジン付きのトロッコ(?)も走り去っていきました。

 このレールバイク、2016年から始まったらしく、隣の岩手和久井駅とこの中里駅の間、3kmで乗ることができるらしいです。

 もちろん、観光目的と言うかレクリエーション目的なので、通年毎日では無いでしょうから、乗りたかったら自分で調べてね。(笑)



14:28 反対側は

IMG_4179.jpg


 中里駅から反対の茂市駅方面は既に線路はありません。 完全に廃線です。

 この路線も単線じゃなくて、複線であったら、交通手段としてのレールバイクもあったんでしょうけど。
 単線だと、自由に行き来することができませんから、それも難しいですね。



14:35 記録的

IMG_4185.jpg


 中里駅を後にして、さらに国道340号線の南下を続けます。

 また、雨です。

 今年の8月は本当に雨が多くて、記録的だったそうです。

 バイク乗りには嬉しくありませんね。



14:37 国道107号線

IMG_4186.jpg


 さらに南下を続け、宮古市茂市の国道106号線との交差点までやってきました。

 この交差点を右折すると国道340号線との重複区間で、国道106号線で西走すると盛岡市へと向かいます。
 左折して東進すると、今晩の宿がある宮古市に向かいます。

 八戸自動車道の南郷インターを下りて、南下すること国道340号線はおおよそ120km。

 交通量は少なく、バイクのライディングが楽しめるルートだと思いましたね。
 是非、走ってみたいものです。



14:39 やっと昼食

IMG_4188.jpg


 国道106号線との交差点までくると、すぐ近くにそば屋を発見。

 遅くなりましたが、昨日に引き続き、ようやく遅い昼食を食べることができます。


(つづく)

コメント(8) 
共通テーマ:バイク

2017年 夏 旅(2日目:龍泉洞)【2017年8月13日(日)】 [バイク]

 今日も長々と書きます。 ( ̄。 ̄;)


line.jpg

 ”2017年 夏 旅”、2日目の昼は岩手県岩泉町にある鍾乳洞、龍泉洞にやってきました。

 今は止んでいますが、出発するときは雨が降っていたので、今日もバイクでツーリングをするのは取りやめました。
 たまには普段は、まずすることがない観光でもしてみようと思った訳です。



12:28 龍泉洞

IMG_4055.jpg


 まあ、鍾乳洞であれば、雨が降っても、洞窟の中じゃ関係ないし。と思ったんだけどね。

 龍泉洞は、去年の台風10号の被害で水没したとか、ニュースで聞いていました。
 昨年、ツーリングで岩泉町に来たときは、台風の被害で国道455号線自体が通行止めになっていたので、この辺りに近づくことも出来ませんでした。
 そんなニュースが頭の隅に残っていたもんで、どんなところか訪れてみることにしました。

 この場所を見る限りは、台風の被害は残っていませんでした。



12:29 入場料は必要

IMG_4057.jpg


 龍泉洞の中に入るには、当然入場料が必要です。

 普段、観光し慣れていないもので、こういうことにお金を払うのに抵抗があったりします。

 特にお一人様ですからね。
 周りを見回しても、お一人様なんていないし・・・。

 「どうしよう。 入ろかな。 入るのよそうかなぁ~。」 ( ̄。 ̄;)



12:31 お客さんはどんどん

IMG_4058.jpg


 入場券を買わずに入り口辺りまで来てみました。

 中の温度は11.5℃と、とっても涼しそう寒そうだ。

 見ていると、どんどんお客さんが入っていきますね。



12:31 水がじゃんじゃん

IMG_4060.jpg


 入り口の洞口脇からは、じゃんじゃん水が流れてきます。

 以前訪れた山口県の秋芳洞では、こんなに水がジャカスカ流れ出ていることは無かった様に記憶しています。

 「ふ~ん。 ちょっと面白そう。」



12:35 清流

IMG_4063.jpg


 龍泉洞から流れ出た水は、出口に平行した清流と合流します。

 清流には、貸し竿屋があったりして、魚釣りなんかしている人も居ます。

 野趣があって、イイ感じです。



12:38 結局入場

IMG_4064.jpg


 清流脇をちょろっと散歩して、結局、戻ってきて入場することに。

 入場料、¥1,000。

 大の大人が、ケチる金額じゃありませんよね。
 逆に、観光で訪れて、お金を使わないと、維持管理とか出来なくなるので、いい年した大人は積極的にお金を使わないといかんです。

 飲み屋だと、千円くらいパッと使っちゃうくせに! (ーー;)



12:38 入洞

IMG_4065.jpg


 「それでは、入洞します。」

 入り口から、中もきれいに整備されています。

 女の人がハイヒールで来ても、まったく問題ありませんね。



12:39 狭くて暗いところ

IMG_4067.jpg


 入ってから思い出しました。
 狭いところ嫌いでした。 (>_<)

 ”閉所恐怖症”というほどじゃありませんが、狭くて薄暗いところに入ると、心臓がバクバクしてきます。(汗)
 「崩れてきたら、どうしよう。」(バクバク)
 「地震になったら、どうしよう。」(バクバク)

 千円払ったので、ガマンして前に進みます。(笑)


 中には、結構な数のお客さんが入っていて、行列を作ってるんですけどね・・・・・。
12:42 しずくが

IMG_4074.jpg


 雨が降っても、洞窟の中だったら大丈夫! って、考えが浅はかでした。

 洞窟の中は、上からのしずくがボタボタ。 
 (ぽたぽたじゃなくて、ボタボタです。)

 そのままだと、全身ビショ濡れになっちゃうんで、水滴が落ちてくる箇所の頭上には、プラスチックのトタン板。
 (トタン板は鉄板に亜鉛メッキしたものだから、プラスチック製はトタン板とは言わないか)
 正しくは、プラスチック製の波板が設置されています。

 けど、波板の上にボタボタ垂れた水滴が跳ねるもんで、結構しぶきを浴びます。(笑)



12:44 11.0℃

IMG_4080.jpg


 中にある温度計は 11.0℃、湿度91.5%と、寒い。



12:47 洞内で

IMG_4083.jpg


 奥に進みます。

 「ほらね。」
 前の人、頭の上に手ぬぐい載せてるでしょ。

 

 雨に降られないからって洞内に入ったのに、中に入って濡れるんだから、皮肉なもんだね。

 洞内は、お客さんが歩くところは良く整備されていて、何かのアトラクションみたいです。



12:53 地底湖

IMG_4086.jpg


 さらに奥に進むと、”地底湖”の表示。

 水深35mだって。

 この辺は、鍾乳石がメインに見られる秋芳洞とかと違うところですね。



12:54 神秘的

IMG_4087.jpg


 地底湖をのぞき込むと、神秘的~。

 水の透明度が凄くて、吸い込まれそう。

 心臓がバクバクします。

 
 でも、地底湖に沈められた照明の演出が大きいですね。

 照明が無ければ、真っ暗で何も見えませんが・・・。



12:55 第二地底湖

IMG_4091.jpg


 第一地底湖を進むと、続いて第二地底湖に到着します。

 今度は水深38m。 ちょっと深くなりましたね。



12:55 第二地底湖も

IMG_4095.jpg


 のぞき込む。

 ここも青い照明が神秘的だ。


 この第二地底湖、上の案内板にも書いてあるけど潜水調査で見つかったんだって。
 「ここ潜水しろ!」って言われたら、自分なら絶対にイヤだ。
 泣いてでも勘弁してもらう。



12:56 第三地底湖

IMG_4097.jpg


 次はさらに深い第3地底湖。

 深さはなんと98mもあるらしい。

 当然、湖底は見えません。


 この照明が青じゃなくて、赤だったら、それはそれで凄いことになりそうだ。(笑)



12:58 ここまで

IMG_4102.jpg


 第三地底湖を上から眺めます。

 この先にも地底湖があるらしいんですが、一般の人が見ることができる観光コースはここまでです。

 この先は階段を昇って、地上へと向かいます。



12:59 ワインセラー

IMG_4106.jpg


 階段を昇り、出口付近に近づくと、年間を通じて一定で低温であるのを利用した天然のワイン・セラー。

 岩泉町で採れたやまぶどうで作ったワインを貯蔵しています。

 「飲みたい。」(゚_゚;) 


 当然、鍵がかけられていますね。



13:02 出口

IMG_4108.jpg


 出口が見えてきました。

 やっと心臓バクバクが収まりそうです。(笑)

 ほんの20分ほどの洞内体験ですが、バクバクするので、時間が長く感じました。



13:04 レンズが曇る

IMG_4112.jpg


 外に出ると、高温と多湿のため一気にカメラのレンズが曇りました。

 カメラに悪そ~。



13:10 あゆの塩焼きですが

IMG_4115.jpg


 龍泉洞を出て、入り口付近まで歩いてくると、アユの塩焼きを売っている出店。

 龍泉洞が流れ込む小本川(おもとがわ)はアユが有名な川だったそうで。
 すが、昨年の台風10号の影響で川の生態系が破壊されてしまったそうで。

 でもね。 アユを焼いているすぐ横に、”栃木県産の冷凍あゆ”の箱を置いておくのはやめましょうよ。
 たとえ地元のアユじゃなくても、暗黙の了解で、出所は見せないようするのが大人の対応って言うもんでしょ。
 「現実、見ちゃった。」って感じだね。 (ーー;)



13:16 注意と書かれても

IMG_4119.jpg


 ちょうど、お昼時だったので昼食を食べようと思ったけど、気の利いていそうなお店は混んでいたのでパス。

 とりあえず、移動して途中にあるお店で昼食を食べようと思います。

 ハイエースを駐めてある駐車場に戻る道中に”熊出没 注意”って書かれてもねぇ。

 撃退スプレーをとか持ってないし、ましてや猟銃なんてありえない。
 熊鈴さえも持ってませんが・・・。



13:17 移動する

IMG_4120.jpg


 駐車場に戻ってきました。

 昨日に引き続き、すっかりお昼ごはんを逃がした感がありますが、お昼を食べられそうなところを探しながら移動することにしましょう。



13:18 デジイチを

IMG_4121.jpg


 エントリーモデルとは言え、せっかくデジイチ持ってきたのに、龍泉洞に持って行くの忘れてました。

 「それじゃ意味ないじゃ~ん!」

 ハイエースに戻ってから、気付きました。 ( ̄。 ̄;)

(つづく)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

2017年 夏 旅(2日目前半)【2017年8月13日(日)】 [バイク]

 ”2017年 夏 旅”、2日目です。      

line.jpg  



7:49 今日も雨 (ーー;)

IMG_4018.jpg


 今日も朝から雨が降り続いています。

 昨晩は青森県の三沢市に宿泊しました。

 天候が好転したら、積んできたバイクをハイエースから降ろして、ツーリングをしようと考えていたんですが、今日もダメでしたね。

 ツーリングのレポを期待して読んでくれている人もいると思いますので、ここでお断りをしておきますが、今回の一連の旅行でバイクに乗ることはありません。
 ずーーーーーっと、雨でした。 (-_-;)
 バイクはハイエースに積みっぱなしです。 orz


 さて、今日2日目の旅は、ツーリングで訪れようと思っていた、下北半島にある”ぬいどう食堂”に行こうと思います。
 ぬいどう食堂はてんこ盛りのウニ丼で有名な食堂です。

 去年訪れた時は、台風の直後で漁が出来ずウニが無くて、ウニ丼にありつけませんでした。
 今年は”リベンジ”と言ったところかな。(笑)



7:51 出発

IMG_4019.jpg


 それでは、ぼちぼち出発することにします。

 走り始めの距離計は 46,555 km 


 外気温が18℃と思っていた以上に気温が低くて、半袖しか持ってこなかったので肌寒いです。



8:26 道の駅みさわで

IMG_4021.jpg


 ホテルのある三沢の市街地を出発して、青森県道170号天ヶ森三沢線(あまがもり みさわ せん)に入り北上します。

 ぬいどう食堂のウニ丼は、その日の漁の水揚げに寄って、ウニ丼が出来なかったりします。
 なので、昨日の昼に電話で確認したところ、”ウニ丼”はできません。
 でも、”歌舞伎丼”にウニは載っています。との事でした。
 去年はウニがまったく無かったので、去年の歌舞伎丼にはウニは載っていませんでした。

 たぶん、お盆でお客さんがたくさん来るので、それに十分なウニが確保できなかったんでしょうね。

 途中、雨の中ハイエースを走らせながら考えます。

 バイク・ツーリングであれば途中のプロセスを楽しんで、食べに行く価値はありますが、ハイエースの運転だとちょっと退屈です。 
 特に後ろにGSX-Rを積んでいるので、動きが鈍いし・・・。

 と言うことで、30分ほどハイエースを走らせ、途中にある”道の駅みさわ”に寄ってちょっと考えます。



Uターン

20170813_MAP-2.jpg


 道の駅みさわに停まって、今日のルートを再考します。

 昨晩立てた予定では、
 ・三沢出発
  → 下北半島のぬいどう食堂で(ウニ入りの)歌舞伎丼を堪能
  → おいらせ町の尾形で桜肉を堪能
  → 宮古まで走って宿泊
 なんて、計画を立てて、昨晩の内に宮古の宿を予約しました。

 でも、ぬいどう食堂に歌舞伎丼を食べに行くためだけにハイエースを走らせるのに退屈を感じ始めています。 
 自分の中の”面倒臭がり”が目を覚ましました。 (O_O)

 計画変更です。
 ぬいどう食堂に行くのは止めます。
 去年走った国道340号線を南下して、去年の台風10号で被害を受けた通行止めになっていた”龍泉洞(りゅうせんどう)”を訪れることにしましょう。
 龍泉洞であれば、鍾乳洞なので、雨が降っていても影響を受けないしね。

 と言うことで、計画変更、ここでUターンして、南下することにします。



8:33 山芋畑

IMG_4023.jpg


 道の駅みさわを出発して、今走ってきた県道170号線を南下。

 フロントグラスに付いた雨粒のせいで、コンデジのピントが上手く合いませんね。

 県道の両側は、山芋(長芋)畑。
 最初見たときは、何もんぞ? と思いました。
 これが昨晩呑んだ六趣の原料になるわけですね。

 雨が降っているからって、この道が空いているわけではありません。
 毎度通ってもこんな感じで、貸し切り状態。
 バイクを走らせると、気持ち良いです。

 「あーバイクで走りたい!」



9:20 八戸北インター

IMG_4024.jpg


 県道170号線で三沢の市街地まで南下し、その後県道8号八戸野辺地線(はちのへ のへじ せん)に入り南下を続け、八戸北インターまでやってきました。

 ここで、八戸自動車道に上がります。

 これから向かう国道340号線はガソリンスタンドが少ないので、インターの手前にある shell で軽油を給油しておきました。



 9:54 南郷(なんごう)インター

IMG_4025.jpg


 八戸北インターから八戸自動車道に上がり南下します。
 
 この先、国道340号線に一般道でアクセスするには、八戸の市街地は混んでいるので、八戸自動車道を使ってショート・カットしちゃいます。

 八戸JCTを経由して、南郷インターまでやってきました。

 ここから1km弱西走すると、国道340号線にアクセスできます。



10:01 岩手県に

IMG_4027.jpg



 南郷インターで一般道に下りて、国道340号線に入り南下を続けると、ハイエースは青森県から岩手県の軽米町(かるまい ちょう)に入ります。

 青森滞在はほぼ半日、短い滞在でしたね。
 でも、美味しいもんが食べられたのでヨシとしましょう。



10:18 軽米インター入り口

IMG_4031.jpg


 国道340号線を南郷から南下して、軽米インターの入り口近くまでやっていました。
 去年ツーリングで訪れた時、この辺りで道を間違えたんですよね。

 今年は、ハイエース。
 ポータブル・ナビとスマホのナビの2台使いで走っていますが、今年も道を間違えました。(爆)

 この辺りは雨、止んでますね。



道を間違える。

20170813_MAP-3.jpg


 今年も道を間違えましたよ。(笑)

 去年の記事をみると、「たぶんもう2度と訪れることもないから・・・。」
 なんて、書いてますが、わずか1年でまた来ちゃったね。(笑)

 正解のルートは、地図の上から南下してきて、軽米インターの方に右折。
 その直後にまた右折。
 なんか直角に2回も右折すると、道を戻るように感じるけど、それが正解のルートです。



10:27 軽米町(かるまい まち)

IMG_4034.jpg


 軽米インター出口から西走すること約9km、国道395号線との交差点までやってきました。

 軽米インターから、ここまでの340号線はセンターラインのある片側1車線の国道で、ほとんどの区間で道路が整備されており走りやすい路線です。
 交通量も少なく、快適に走ることが出来そうです。

 去年は、道を間違えて走らなかった区間ではあります。

 この交差点を左折して引き続き国道340号線を走ります。

 このまま直進すると、国道395号線に入りますが、国道395号線は二戸まで西走して昨日走ってきた国道4号線にぶつかります。

 ちなみに、この軽米町、面積は約250平方kmで、その中の人口は約9,000人、人口密度は36.6人/km2 。
 自分の社宅のある東京都葛飾区の人口密度はおおよそ12,700人/km2なので約1/350。
 渋滞する理由はみあたりません。(笑)



11:04 葛巻町(くずまき まち)

IMG_4038.jpg


 先ほどの軽米町の国道395号線との交差点から約35kmほど国道340号線を南下して、岩手郡葛巻町にある国道281号線との交差点に到着しました。
 この先、右折して国道281号線との重複区間に入ります。

 葛巻町は、町の左右に標高1,000を超える山が南北に走っている盆地地形で、中心部の標高は400mほどです。
 今は雨は降っていませんが、周囲の山を見ると雲が低く立ちこめていて、山中に入ると雨が降っているでしょう。

 軽米町から九戸村(くのへ むら)を通過し、ここ葛巻町までの国道340号線は、両側を山に囲まれた盆地地形(谷底平野と言うらしい)の中の里山を中心に走ります。
 片側1車線の国道は緩いカーブを直線でつなげた構成で、快適に走ることができます。

 まめ知識になるとは思いませんが、ここ葛巻町の人口密度は、先ほどの軽米町をさらに下回る13.9人/km2ほど。
 途中通ってきた九戸村は42.5人/km2と意外に多い。(笑)

 記事はこのパターンを続けます。



11:06 重複区間

IMG_4040.jpg


 先ほどの交差点から国道281号線との重複区間を南下すること1kmあまり、国道281号線と分岐する交差点に到着しました。
 
 またパラパラと雨が落ちてきて、フロントウインドウに雨粒が当たります。

 先ほどの交差点から、ここまでは葛巻町の市街地を走っているようです。
 と言っても、家屋はまばらですが・・・・・。

 この先の交差点を左折して、再び国道340号線に入り南下を続けます。
 道路標識にこれから向かう、龍泉洞がある岩泉(町)の文字が現れました。



11:36 岩泉町(いわいずみ ちょう)

IMG_4042.jpg


 先ほどの葛巻町の交差点から国道340号線を南下すること30km弱、国道455号線との交差点のある岩泉町までやってきました。

 去年の夏にバイクで訪れた時は、この辺りは台風10号の被害を受け路面には土砂が流れ出して真茶々、この先の交差点から先右折方向は通行止めでした。

 今は、道路から見える斜面などにその被害の爪痕が残っているところがありましたが、道路上にはほとんどその痕跡は残っておらず、普通に通行することができました。

 葛巻町からここまでの国道340号線は、途中葛巻町と岩泉町との町境にある”国境峠(くにざかいとうげ)”のある山間部を挟みます。
 その峠の前後には、ワインディング区間を挟みます。
 葛巻側から国境峠へ向けては、比較的緩いカーブで標高を上げて行きますが、国境峠から岩泉町に向けては、中低速コーナーを中心にして一気に標高を下げていきます。
 この区間はスポーツライディングを楽しむことができました。(去年)

 ここの先の交差点を左折して、国道485号線との重複区間を走り龍泉洞を目指します。



11:48 国道340号線とはお別れ

IMG_4045.jpg


 先ほどの国道485号線との重複区間を南下すること10km強、国道340号線と分岐する交差点までやってきました。
 ここで国道340号線とはお別れ、国道485号線に入り東進して、龍泉洞を目指します。


 龍泉洞から先、今夜の宿を予約した宮古に向かうには、海沿いの国道45号線を使うのが普通のルートです。
 目の前の国道340号線で向かうのは、写真で見てもわかる様に、山の中に一直線。
 とても、険しそうです。
 しかも、どう見ても”雨”降ってますよね。(笑)


 ※ 我ながら思う。 道路の写真だけで、よくこれだけ文章書くな。 (ーー;)



11:50 爪痕?

IMG_4046.jpg


 国道455号線に入り東進して龍泉洞に向かうべく岩泉町の市街地を目指します。

 国道455号線は昨年台風10号線により甚大な被害を及ぼした小本川(おもと がわ)に沿って走ります。
 途中、被害の爪痕でしょうか護岸の修復をしている様で、片側交互通行が行われており、迂回路で一旦小本川の河川敷に作られた仮設道路に下ろされます。

 盛岡市から東進して岩泉町の三陸の海岸線を結ぶ国道455号線は、お盆休みの影響か、思ったより交通量が多いです。



12:19 龍泉洞の駐車場に到着

IMG_4053.jpg


 岩泉町の町役場がある市街地に入りしばらく走ると、道路標識に左折すると龍泉洞の文字。

 左折して国道455号線を離れ県道7号線に入り、2kmほど走ると龍泉洞の入り口に到着します。
 龍泉洞の近くにある駐車場はどこも満車。
 ちょっと戻り、500mほど手前にある公営の無料駐車場にハイエースを駐めて、龍泉洞に歩いて向かうことにします。

 
 軽米町から先ここまでほとんど雨も降っていませんでしたね。
 「ちっ!」
 バイクで走れたね。



12:28 龍泉洞

IMG_4055.jpg


 駐車場にクルマを駐めて、プラプラと歩くこと10分弱、龍泉洞の入り口に到着しました。

 入り口付近は、お盆休みと言うこともあり、たくさんの観光客がいますね。

 それでは、中に入ってみることにしましょう。

(つづく。)


 道程:三沢市街地~道の駅みさわ(Uターン)~八戸~軽米~龍泉洞(岩泉町):186.2km

20170813_MAP-4.jpg

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

四国大名、店閉めるってよ【2017年8月24日(木)】 [食べる]

 割り込み記事です。


 連載している”2017年 夏 旅”の記事が遅れて間に合わない訳ではありませんぜ。

( ̄。 ̄;)


line.jpg


 ”四国大名”、JR金町駅の南口を出て、正面の狭い路地を入っていったところにある”うどん屋”さんです。


IMG_4339.jpg


 お店の造りは、どちらかと言うとイスはあるけど、立ち食いうどん屋系です。


 4月に単身赴任は始めてから、通勤の通り道に近いこともあって、2~3回食べにきたことはあったけど、まだ記事にしてませんでしたね。



IMG_43413.jpg


 金町駅周辺にグループ店が5店舗ほど。


 以前、記事にした金町餃子も同じ讃岐フーズの店舗だったんですね。

 系列にはラーメン店もあって、お店に何となく脈絡がない。(笑)



IMG_4340.jpg


 それでは、早速入店!



IMG_43412.jpg


 とその前に、今回割り込み記事にした訳は、これ。


 四国大名は、南口の再開発に伴い9月2日でお店を閉めるらしい。


 なので、閉店しちゃう前に記事にした訳です。



 で、話を戻して、店内に入ります。


IMG_4342.jpg


 注文は、券売機で食券を買うスタイル。


 ”かけうどん”、¥250って、安~い。 (^_^)


 選んだのは、”盛り合わせセット(¥520)”。


 暑いので、”冷やし”でね。



IMG_4343.jpg

 

 カウンター席に座り、しばらくすると、”盛り合わせうどんのセット”が運ばれてきました。


 セットには何が付いてくるか知りませんでしたが、付いてきたのは”茶めし”でした。

 ダブル炭水化物だね。(笑)


 それでは、「いただきます!」


IMG_4345.jpg


 うどんは冷やしと言うこともあり、しっかりしたうどんの腰があります。

 麺はちょっと細めかな。(ピントがうどんに合いませんでしたぜ。)


 入っている具は、ちょっと熱が入りすぎた温泉たまご、山菜、ワカメ、キツネに刻みネギとおろしショウガが載った、名前の通り具だくさんの盛り合わせ。


 汁はちょっと塩っぱめかな。」


 でも、この値段で食べられるなんて、コスパは良いですね。

 食べログで評価高いのもうなづけます。


 そう言えば、ここで暖かいうどん食べたことがなかった。

 流石にこの暑さだと、暖かいうどんをなかなか食べる気になりません。

 暖かいうどん食べる前に閉店しちゃうね。(^_^;)



IMG_4346.jpg


 言わずもがな完食。


 「ご馳走様でした。 美味しかったです。」


 閉店まで、あと1週間ほど、あと何回かこられるかな。


(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

三沢に泊まって食べる。【2017年8月12日(土)】 [バイク]

 2017年の夏休みは、去年に引き続き、青森県の三沢までやってきました。


 今年はハイエースでですけど・・・・。



 ※ 前回のブログから写真の横幅を640picにしてみたんですが、写真の右端が切れちゃうんですね。

   元の480picに戻さないとだめかな。


line.jpg



17:13 宿泊先に到着

IMG_3976.jpg


 宿泊したのは、三沢の繁華街の近くにある”三沢シティホテル”です。

 それでは、駐車場はにハイエースを駐めて、チェックインしましょう。



17:18 室内は

IMG_3977.jpg


 チェックインをして、部屋に入りました。

 お決まりの写真を一枚。 部屋はシングルで、ほぼ標準的なサイズ。
 最近のビジネスホテルより若干余裕がある設計かな。

 ここのホテルは大浴場はありません。

 部屋はユニット・バスで、これも最近のピッタリ設計のビジネスホテルより余裕がある造りです。

 
 宿泊先を三沢にしたので、地の利があるからです。
 4年前の夏に仕事で訪れて、1ヶ月半ほど逗留したもんでね。



18:57 今年も来たよ

IMG_4007.jpg


 ホテル部屋でシャワーを浴びて一段落した後、夕食を食べに出ます。

 訪れたのは、以前にも何度か訪れたことがある”すし割烹 福水”。
 
 三沢の地の魚を食べさせてくれる、お気に入りのお店です。

 朝昼とコンビニ飯だったので、夕食はちゃんとありつけるよう、昼間電話で予約をしておきました。


 それでは、さっそく入店します。



19:01 店内に入ると

IMG_3983.jpg


 店内に入り、8席ほどあるカウンタに案内されました。
 お盆の時期と言うこともあってか、お一人様は自分だけでした。(汗)

 カウンターに座って、まずお願いした飲物は定番の生ビール。
 そして、突き出し。

 突き出しは、ここのお店の定番の茶碗蒸し。 それに、ホヤ。

 ホヤが突き出しに出てくるなんて、流石東北の地ですね。

 それでは、「いただきましょう。」



19:08 まずはお造り

IMG_3985.jpg


 まずはお任せで”お造り”をば。

 供されたのは、左から銀ジャケ、サバ、マグロ、イシガキ貝、ホウボウ、左の奥が、イカとウニ、真ん中奥がカレイ。
 
 イシガキ貝って初めて食べましたが、個人的に貝類ってそれほど好きじゃないんですが、この貝は味が濃くて美味しいですね。
 生じゃなくて湯引きしてあるみたいで、甘みが引き出されてます。

 サバは〆サバではなく、〆てないもの。
 
 カレイも肉厚で美味しいですね。 
 
 定番のマグロも言わずもがな美味しい。



19:09 日本酒は田酒で

IMG_3987.jpg


 お酒は日本酒にしましょう。

 まずは、青森を代表するお酒で”田酒”。
 人気があって、なかなか手に入らないようですが、ここ福水には置いてあります。


 でも、田酒の酒蔵ってこっち側の下北じゃなくて、津軽のお酒です。

 すっきりして辛口で、刺身の邪魔をしなくて、美味しいです。


 切り子のグラスが涼しげできれいですね。



19:15 ホヤお代わり

IMG_3989.jpg


 突き出しでホヤが供されましたが、せっかくなのでホヤお代わり。

 保存技術と運搬技術が進歩したとは言え、やっぱり地元で食べるのが一番。

 北の地で食べるホヤは美味しいです。



19:37 ウニ

IMG_3992.jpg


 ウニです。 バフンウニ。

 今が旬です。

 言わずもがな、書かずもがな、美味しいです。

 味が濃いです。


 これを食べちゃうと、他でなかなか食べようと言う気がおきません。

 贅沢です。


 安くないけど、それほど高くないです。 ラーメン一杯ぐらいだと思います。
 食べる価値はあると思って食べてます。 (^_^)v



19:46 タコ

IMG_3996.jpg


 タコです。 生ダコです。

 タコ好きなんです。


 味があるんだか、無いんだか分からない様な食べ物なんですが、何となく美味しい。



19:57 鉄火巻き

IMG_3997.jpg


 巻物は鉄火で。

 巻物を頼むときは、鉄火かかんぴょうです。

 巻物をつまみに、飲むのが好きです。

 今日は、お造りの中トロが美味しかったんで、鉄火を頼んでみました。

 鉄火は味がさっぱりでした。

 鉄火とお造りの中トロは別の個体だったみたいですね。(笑)


 お酒は、一杯目”田酒”から、2杯目は下北のお酒”寒立馬(かんだちめ)”に。
 本州最北端の酒蔵で造っているらしい。
 日本酒らしいパンチのある味っと、スマホのメモに残っていた。(笑)



20:09 ムラサキウニ

IMG_4000.jpg


 ウニ、お代わりです。(笑)

 今度は、ムラサキウニ。

 旨し。 ムラサキウニはさっぱり味ですね。

 個人的には、パンチのある濃厚なバフンの方が好み。

 しかし、ウニって見れば見るほど不思議な生き物。
 中が5等分て、なんで?

 お酒は、田酒→寒立馬と日本酒を呑んで、やっぱり六趣。
 三沢市のお隣、六カ所村で造られている焼酎です。
 原料は特産のナガイモを使っています。 
 六ヶ所村が出資している、六カ所地域振興株式会社が製造していて、役所とかが出資して作っている物としては、大成功していますね。



20:12 カレイ

IMG_4005.jpg


 結局、最後の〆になりましたカレイを握りで。

 八戸の八食センターに行くと、ビックリするような大きなカレイが置いてあります。
 肉厚で味が濃くて美味しいです。

 4年前に三沢を訪れる前までは、カレイなんてね。なんて思ってましたが、食べたら驚くほど美味しかった。
 食べ物の味の本質って、なかなか解らないもんだと思いましたね。



20:25 ご馳走様でした。

IMG_4006.jpg


ちょっと食い散らかした感じになっちゃって、汚くてゴメンナサイ。

 完食です。

 六趣は水割りで3杯くらい呑んだかな。


 お昼が遅かったのと、やっぱりちょっと寝不足だったので、眠くなって、あまり食べられなかったですね。

 『ご馳走様でした。』
 『美味しかったです。』 m(_ _)m

 〆て、¥10,920でした。



20:30 帰ります。

IMG_4008.jpg


 店の外に出ると、道路はまだ濡れていましたが、雨はもう止んでいました。
 (ビニール傘を忘れたのは、ナイショの話です。)
 
 お腹も膨れて、お酒も入って、もうねむねむです。

 それでは、ホテルに戻って寝ることにします。


 『それでは、お休みなさい。』

 明日は雨が止むと良いな。





2017年8月13日(日) 7:00 朝、ホテルの窓から

IMG_4013.jpg

 

 朝、携帯のアラームで目を覚まして、遮光カーテンを開け窓の外を見ると、雨。 (T_T) 

 今日も雨が降り続いていいました。



7:12 朝食

IMG_4014.jpg


 ホテルは朝食付きで予約。

 朝食はブッフェです。


 洋食よりも和食の方がメニューが充実していたので、ご飯をチョイス。
 種類は結構充実してました。

 お盆休みと言うこともあり、食堂は家族連れで混んでいましたね。



7:38 天気予報では

IMG_4016.jpg


 朝食を食べ、部屋に戻りテレビで天気予報をチェック。

 東北は雨だねぇ~。

 しかも、今自分が居る青森周辺は雨まっただ中だ。

 さて、どうしたもんだか。



7:49 チェックアウト

IMG_4018.jpg


 天気予報をお見た後、ホテルをチェックアウト。

 とりあえず、バイクは積んだままハイエースで三沢を出発しましょう。


(つづく。)

コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理