So-net無料ブログ作成

しれとこ蕎麦 玉置屋 名古屋本店 [蕎麦]

 

 このブログにも書きましたが、9月の初めは仕事で愛知県の常滑に逗留していました。

 9月末からは、仕事場が常滑から名古屋に移り、名古屋市内に逗留しています。

 

 宿泊先から現場に向かう途中にある蕎麦屋さん。 通勤時にちょっと気になっていました。

 今日10月15日(土)は仕事でしたが、昼休み少し時間の余裕があったので、訪れてみることに。

IMG_0288.jpg

 看板を見ると、北海道産のそば粉100%。

 そば粉は有機無農薬・無添加・自然乾燥と書いてあります。

 

 早速、入ってみることにします。

 お店の名前は”しれとこ蕎麦 玉置屋 名古屋本店

IMG_0290.jpg

 ネットで調べてみたら、北海道発のフランチャイズ展開をしているお店でした。

 

 早速、入店します。

 店内の作りは、牛丼のチェーン店の様な作り。

 注文は入り口の券売機で買う方式です。

 で、自分が買ったのは、”トロロざる蕎麦”(¥780)を大盛りにして、¥900。 

 ざる蕎麦は北海道産10割で¥480とリーズナブルですが、タネものにするとちょっと値段が上がりますね。

 メニューにカレーとかありましたが、ミニは無くてレギュラーサイズ。

 ミニカレーとかあればセットにするんですが、流石に、普通サイズのカレーに蕎麦はちょっと食べ過ぎの感があるので、パス。 と言うより、普段の昼飯に¥1,000以上かけちゃダメでしょう。

 

 券売機で食券を買い、カウンターに座ってしばらくすると、”トロロざる蕎麦(大盛り)”が運ばれてきました。 

 海苔は不要でしたね。 言うの忘れました。 

 早速、『いただきます!』

IMG_0291.jpg

 蕎麦は、押し出し式の製麺機だと思います。(ネットを見たら正解でした)

 太さが一様で、中ぐらいの太さ。 (江戸流のそばに比べると太めです)

 大盛りですが、予想より蕎麦は少なめ。 (180グラムくらいかな)

 香りは、新そば前と言うこともあるのか、少なめ。

 看板には石臼挽きとは書いてなかったので、機械(ロール)挽きかな。 香りが少ないのはその影響もあるかも。 確かなことは言えないけど。

 蕎麦自体は味もあって、この値段にしては美味しいですね。 そば粉はかなり細かく挽かれているような食感でした。

 汁は、やや醤油が立つ感じですが、出汁も効いて、中庸な感じでバランスが良いと思いました。 

 

 あっさりと完食。 

IMG_0292.jpg

 蕎麦食いとしては、もうちょっと量を食べたいところです。

 ざる蕎麦2枚(¥480+¥200→¥680)の方がよかったですね。

 

 久しぶりの蕎麦だったので、

 『美味しかったです。』

 『ご馳走さまでした。』 <(_ _)> 

 

 お店の作りはこんな感じ。 

IMG_0293.jpg

 牛丼チェーン店の雰囲気です。

 味はまあ悪くないですし、客単価も千円弱かな。 

 ただし、量はやや少なめ。

 と言うことで、ターゲットのお客さんが、通りがかりの労働者なのか、年寄りなのかはっきりしない感がありますね。 (大きなお世話ですが・・・。)

 

 今日の夕食は宿泊先の近所に飲みに行くことにします。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0