So-net無料ブログ作成

ひつまぶしを食す【あつた蓬莱軒】 [食べる]

 

 16日の日曜日、昼食は名古屋というか東海地区のグルメとも言える味噌かつを矢場とん食しました。

 そして、夕食はちょっと贅沢をして名古屋グルメのひとつ、ひつまぶしを食べることに。

 

 訪れたお店は、あつた蓬莱軒。 

 ひつまぶし発祥と言われるお店のひとつです。

IMG_0325.jpg

 あつた蓬莱軒は、たくさんの名古屋市民が初詣にお参りする熱田神宮の近くにあり、料亭の様な立派な作りの店構えです。

 

 一人で訪問するには、ちと敷居が高いですが、躊躇することなくご入店!

IMG_0326.jpg

 今日の昼前、矢場とんに行く前、場所を確認するために店の前を通ったのですが、そのときすでに駐車場が一杯の様な感じだったので、夕食時間の少し早めの5時20分に入店。

 店は中休みありで、夜は16:30~営業。

 

 店の中庭も立派ですねぇ。

IMG_0329.jpg

 

 注文は、当然”ひつまぶし”。

IMG_0330.jpg

 で、当然”大盛!” (^0^)    4,300円也。 (^_^;)

 

 店内は、案内された1室で8畳間。

IMG_0335.jpg 

 ちょうど、お客さんが引けたタイミングで写真をパシャリ!

 

 ひつまぶしが運ばれてくるまでの間、食べ方の講釈があるので読んでひまつぶし。

IMG_0332.jpg 

 最初に4等分して、

 1杯目は、そのまま。

 2杯目は、薬味をかけて。

 3杯目は、お茶漬けにして。

 4杯目は、お気に入りの召し上がり方で。

 と書いてあります。

 思えば、ちゃんとしたひつまぶしを食べるのは、人生初めてかな。

 

 

 なんて、講釈を読んでいると、しばらくして、ひつまぶし(大盛)が運ばれてきました。

IMG_0338.jpg

 これは結構ボリュームタップリだね。

 運んできた女中さんが、

 『最初に6等分にしてお召し上がりください。』

 

 「4等分じゃないの?」

 大盛は6等分らしい。(汗)

 

 さっそく、6等分にして、

 最初に1杯目は、そのままで。

IMG_0340.jpg

 香ばしくて、美味しいですね。

 関東の鰻は基本蒸してから焼きますが、直焼き鰻は皮の脂が焦げ、歯ごたえがあっていいですね。

 タレも甘すぎず、自分好みです。

 

 そして、2杯目は、薬味をかけて。

IMG_0341.jpg

 薬味は、海苔と青ネギ、それにワサビ。

 

 その薬味を載せて。

IMG_0342.jpg

 ワサビが本ワサビだったら、もっといいですよね。

 葉ワサビなんかも、いいかも。

 とりあえず、食べます。

 「さっぱりして、イイですね。」

 タレが、ベタベタした鰻には合わないと思いますが、ここのタレには合ってます。 (^-^)

  

 そして、3杯目は 

IMG_0343.jpg

 薬味を載せて、出汁をかけて、いただきます。

 

IMG_0346.jpg

 『旨い!』

 出汁は基本、鰹の一番出汁の様です。 ひつまぶしと合ってますね。

 『ひつまぶしって、美味しいものだったんですねぇ。』

 

 世の中、まだまだ美味しいもので食べていないものがたくさんありますね。

 

 1.そのままで、2杯。

 2.薬味を載せて、2杯

 3.お茶漬けにして、2杯

 6等分にしたひつまぶし、すべていただきました。

IMG_0347.jpg

 『旨かったぁ! (*^0^*)』

 満足、満足。

 お腹も一杯です。 (^-^)

 普通の人であれば、普通盛りで十分だと思います。

 名古屋に行ったら、ちとお高いですが、行ってみる価値ありです。 鰻好きなら特に。 

 

 伝票を挟むプラスチックの板が安っぽい。

IMG_0349.jpg

 残念! (>_<)

 

 玄関脇でお勘定をして、玄関に出ると、靴入れには靴が一杯。

IMG_0350.jpg

 流石に日曜日の夕飯時、混んでますね。

 

IMG_0352.jpg

 『ご馳走様でした。』  m(_ _)m


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0