So-net無料ブログ作成

浜松でうなぎ【炭焼 うな吉】 [食べる]

 

 嫌と言うほど書きましたが、仕事で浜松に10日間ほど逗留しています。

 浜松と言えばうなぎ ・ ・ ・ ・ ですが、

 高くなければすぐにでも食べるんですが、高いんですよね。 うなぎって。

 

 でも、せっかく浜松に10日も居るんだから、このチャンスに食べておかなければ ・ ・ ・ 。

 なんて、どうでもいい理由を自分に言い聞かせて、食べてきました。

 

 行ったお店は、”炭焼 うな吉”。

IMG_2135.jpg

 日曜日の夕食時、ただでさえ待たされるうなぎで、さらに順番待ちで待たされてはたまらないので、人が出てくる前の6時半に入店です。

IMG_2136.jpg 

 

 店は逗留している宿からあまり遠くないところをネットで探していると、蒸していない自焼きの蒲焼きを提供しているこの”炭焼 うな吉”を発見。

 「そう言えば、(関東に住んでいるので)自焼きの蒲焼きをきちっと食べたことがないなぁ」 と思い、このお店に決定。

 

 入店して、お品書きをみて、さっそく注文。

IMG_2137.jpg

 一番安いのが、うな丼 2,850円と言うのは、いかがなもんでしょうか? (>_<)

 店員さんに、『うな重の”上”(4,000円)と”松”(3,750円)は何が違うんですか?』

 と聞くと

 『デザートにメロンが付くか、付かないかです』

 と言われ、

 『じゃ、”並”(3,350円)をお願いします。』 って、わけのわからないやりとりをして注文。

 

 店内は、座敷で、テーブルが16卓ぐらいだったかな。

 (もともと、備忘録の意味もあって始めたblogですが、更新するのに1ヶ月も後だと既に半分忘れかけていて、なんのために始めたblogだか、よくわからないね)

 先客は1人。 予想以上に空いてました。

 うなぎは提供されるまでに時間がかかる。とよく言われますので、店に置いてある雑誌を腰を据えて読み始めました。

 

 って、出てきました、3分ほどで。 骨せんべい。 

IMG_2139.jpg

 車できているので、ビールも酒も飲むわけにもいかず、男一人、お茶で骨せんべいをポリポリします。

 塩が利いていて ・ ・ ・ ・ ・ 。 『ビール、呑みたいっす! (T-T)』

 

 なんて、骨をポリポリしてたら、15分ほどしてうな重が運ばれてきました。

IMG_2141.jpg

 「あっ!やっぱり関東のと違って、焼きだけだから色が濃いな」

 蓋を開けた瞬間の、”ふわっ”と広がる蒲焼きの香りは、うな重ならではのものですね。

 

 それでは、さっそく『いただきます!』

IMG_2142.jpg

 「ふむふむ、やっぱ脂濃いわぁ」

 他で食べてきた白焼きする関東風だと、やっぱり脂がかなり落ちているんですね。 

 脂感があるので、ボリューム感がでますね。

 そして、焼いて炭の上に落ちた脂が、焼けて煙った薫香がうなぎについて、香ばしいですね。

 タレの味付けも、うなぎの濃さに負けない、濃い目の味付けですね。

 

 そして、関東は背開き、関西は腹開き、らしいですが、ここのうなぎがどっちだか、確認するの忘れました。(どっちから開いても、味は変わらないとおもいますが)

 

 完食!

IMG_2143.jpg

 自焼きの方が、脂が残っている分、食べた感がありますね。

 『ご馳走さまでした。 美味しかったです。 <(_ _)>』

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0