So-net無料ブログ作成

カキ南蛮を作ってみる【家蕎麦】 [蕎麦]

 
 先週の金曜日、今年始めて平成26産の蕎麦粉でそばを打ってみました。
 
 十割で打ったことが原因かも知れませんが、つながりがイマイチ。(腕の問題か?)
 
 
 そんなわけで、つながりの悪さを検証すべく、今日の昼食はスタンダードの二八で打ってみることにしました。
 
 水を粉の重量の45%くらい加えて水回し、括ってみましたが、やっぱり粘りが少ない?  
 
IMG_7728.jpg
 
  なので、伸していると割れてきてしましい (腕だけの問題じゃなさそうです) あまり薄く伸すことができず、厚めに伸して、薄めに切ると言う、断面が長方形のそばになってしまいました。(笑)
 
 1回買っただけで、平成26年産全部がダメと決めつけるのは危険です。 次は良くなっていることを期待しましょう。 
 
 
 
 そしてネタは、インターネットを見ていたら、”カキ南蛮”の話題が。 「美味しそう!」
 
 さっそく、スーパーでカキを買ってきましたが、正月を控えて、超生鮮食品のカキの値段はバカ上がりしてましたね。
 (^_^;) 
 
 カキ南蛮は、ベースの蕎麦つゆに、カキと長ネギを入れてちょっと火にかけます。
 
 カキは余り火を通すと、固くなって小っちゃくなるのでほどほどに。
 
 カキに火が通ったら、”カキ南蛮”なので、とろみをつけて。 
 
 本当は、くず粉でもあれば上品にあがるんでしょうけど、無いので片栗粉で。
 
 とろみ付けるのって塩梅が難しいですね。 とろみ感が出ないと残念なので、と考えていたら片栗粉を入れすぎました。(笑)
 
 蕎麦つゆは、かなり”どろっ”と状態に。 ( ̄。 ̄;)
 
 最後に溶き卵を落として、出来上がり。 
 
 
IMG_7729.jpg
 
 カキ南蛮のつゆはとろみが効いて、写真に撮るとテッカテカで意外に美味しそう。
 
 
 さっそく、『いただきます!』 
 
IMG_7730.jpg 
 
 汁は、カキの旨味が染み出て、美味しいですね。 とろみを付けすぎたおかげで、汁との絡み具合が半端じゃない。(笑)
 
 ただ、なんだかな?   厚く伸して、薄めに切ったので、食感が蕎麦じゃなくて、きしめんみたいだ。(爆)
 
 
  『(それでも)おいしかったです。 ご馳走様でした。』
 
 
 しかし、今年の蕎麦粉だと、年末の年越し蕎麦が・・・・、上手く打てるかなぁ。
  

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0