So-net無料ブログ作成

金山で会食【木曽屋】 [食べる]

 1月の初めから仕事で東海地方に逗留しています。
 
 愛知には友人のエ”マさんが住んでいますが、東海地方に居るにもかかわたず、仕事が忙しくなかなか会う時間がありませんでした。
 
 2月も中盤になり、少しだけ仕事に余裕ができたので、エ”マさんと会って飲むことにしました。
 
 
 1月は岐阜の多治見に居ましたが、2月からは三重県の四日市で仕事をしていたので、集合場所はお互いの中間地点くらいになる名古屋市内の金山駅で。
 
 訪れたお店は、金山駅の北口から歩いて5分ほどの距離にある”木曽屋”。 信州の料理を中心に食べさせてくれるお店です。
 
 お店には7時半前に到着、さっそく入店します。
 
IMG_7973.jpg
 
 料理はおまかせで事前にコースを予約しておいてもらいました。
 
 
 まずは、お刺身。
 
 信州料理がメインですが、お酒の席にはやっぱり生ものがないと始まりませんよね。 
 
IMG_7974.jpg
 
 以前、(四半世紀)も前であれば、海から離れた内陸で美味しい刺身など口にすることは難しかったですが、1月に訪れた多治見でも感じましたが、最近は物流と冷蔵技術が進歩して、どこに居ても遜色のないお刺身が供される様になりましたね。
 
 ここで、いただいたお刺身も良いものを出してもらって、脂がのっていて美味しかったです。
 
 
 飲物は、(生ビールが置いてなかったので)瓶ビールでスタート。
 
 一区切りついたところで、”イワナの骨酒”。 
 
 焼いたイワナに、熱々の燗酒を注いだもので、入っている日本酒は2合ほどかな。  
 
IMG_7976.jpg
 
 イワナの旨味が日本酒に浸みだして美味い!
 
 やはり、ここ木曽屋を訪れたら、外せない一品です。
 
 
 実は木曽屋さんに訪問するのはこれで、3回目(くらいかな?)。
 (確実に最低3回は訪れてはいます)
 
 以前訪れたのは、まだ自分がこのホームページ&ブログを始める前で、やっぱりそのときもエ”マさんに連れてきてもらったのが最初です。
 
 ホームページ&ブログを始めたここ10年はこうして訪れたお店を忘れないようブログに書き留めていますが、ホームページを始める以前に訪れたお店の記憶はだんだんと薄れていってますね。
 
 実際訪れたお店は、ここ10年間より前の自分が30代の頃の方が遙かに多かったのですが、デジカメも写メもなかった時代ですので、記録はほとんど残っていません。
 
 少し脱線しましたので、話を元に戻しましょう。 
 
 
 お刺身の次に供されたのは、いよいよ信州料理の本番”キノコ鍋”。 
 
IMG_7977.jpg
 
 見たとおり、名前のとおり、キノコがどっさり入った鍋です。
 逆に言えば、具はキノコしか入っていません。(笑) 
 
 汁は少なめですが、キノコのヌメヌメで、つるっと胃袋に流れ込んでいきます。
 
 ナメコ、エノキ、シメジなどが入っていて、旨味が溶け出して美味しいぞ!
 しかも、体に良さそうだ。(^_^)v
 
 
 続いて供されたのは、イワナの塩焼き。 
 
IMG_7978.jpg
 
 小ぶりのイワナは、頭からまるごといただけます。
 
 淡泊で上品な味わいが、普段口にすることもなく、贅沢だなぁ~。
 
 当然、日本酒が進みます。 (^o^)
 
 
 川魚の次は、牛肉、陶板焼きです。
 
 牛は当然信州産、信州のリンゴを食べて育った牛だそうです。
 
IMG_7980.jpg
 
 リンゴ牛はさっと火が入ったところで、いただきます。
 
 「脂が乗って美味い!」 
 
 自家製のポン酢を付けて食べると、さっぱり、すっきり。 日本酒にも合いますぜ。
 
 
 骨酒は、一回注ぎ酒をして、イワナの美味しいとことが出尽くしたところで、”にごり酒”へ。 
 
IMG_7981.jpg
 
 「明日の土曜日も仕事があるんですがぁ~。」 なんて、言葉は脳の片隅から追い出されそうです。(笑)
 
 
 コースの料理も後半、牛肉が続きますが今度は、”朴葉焼き”で。 
 
IMG_7982.jpg
 
 真ん中に、味噌と刻んだネギが盛られて、具材は信州牛と厚揚げ。
 
 焼かれた味噌が、牛肉に芳ばしさをまといます。
 
 『贅沢だなぁ~。』 (*^▽^*)
 
 
 そして、コース料理最後の〆は、やっぱり信州と言えば蕎麦。 
 
IMG_7983.jpg
 
 蕎麦は、香りもあって、さすが信州の料理を供する料理屋さんですね。
 
 久しぶりに食べる本格的な蕎麦はやっぱり美味いなぁ~。
 
 
 当然、蕎麦も完食!  
 
IMG_7984.jpg
 
 ここまで、一通りの料理が出ておおよそ2時間強、のんびりと会話を楽しむことができました。
 
 
 一通りの料理が出た後も、会話が弾んで、お酒も弾む。
 
 気が付けば、閉店時間も迫っていました。
 
 と言うより、四日市までの終電が迫っていました。 ( ̄。 ̄;)
 
 
 『ご馳走様でした。 美味しかったです。 <(_ _)> 』
 
IMG_7985.jpg 
 
 そして、手配とか時間を作ってくれたエ”マさんには、『ありがとう!』

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0