So-net無料ブログ作成

地元で入院【骨折と血胸】 [骨折とか病院がらみ]

 
 筑波サーキットで転倒して最初に診察を受けたサーキットの近くにある八千代病院では、緊急性が無いのでそこから救急で転送はされず、『帰ってもいいですよ。』と言われました。
 
 けれど、体中痛くて、自分で動かせるのは手首から先か首を少し上げるくらいしかできず、体はボロ雑巾の様。
 

 ヘルパーで来てもらった伊藤さんのクルマのリヤシートをフラットにしてもらい、横須賀の自宅まで搬送してもらうことにしました。



 とりあえず、自宅に着いたものの、自分で体を動かすことがまったく出来ず、自力ではクルマから降りることさえできません!

 急遽、横須賀市の夜間受付をしている病院を探し、そのまま運んでもらうことに。

 横須賀の病院に着くと、伊藤さんとMAOHさんに両脇を抱えられ、激痛に耐えながら、クルマから車いすに移し替え。

 (ヘルパーで来てもらった2人は本当に世話になって、迷惑をかけました。

<(_ _)>)

 

 病院内に入ると、今度は車いすからストレッチャーに移し替えて、もう一度、一通りレントゲンの撮り直し。

 (移し替える度に、体に激痛が走るので、止めて欲しいとお願いしたいほどでした。)

IMG_8612-a.jpg 

 診察の結果は、

 『右の肋骨3番~8番の6本(八千代病院での診断より増えとるやん!)と

右の肩胛骨、これはヒビね。

 あと右足の第4(中指)中足骨。

 中足骨は見事に折れてるけど、手術はしなくても保存療法で大丈夫だと思うのでこのままで様子みましょう!。

 それなので病院としては、特に治療することも無いので、お帰りいただいても結構ですが・・・・・。』

 『えーーーーっ! (゜o゜;  ここも、入院させてくれないんですか?』


 

 このまま家に帰っても、部屋まで運んでもらったとしても、自力で身動き取れないのでトイレにも行けません。

 状況を説明して、

 『なんとか、入院させてもらえませんか?』と嘆願。

 『それでは、経過観察をすると言うことで』

とようやく入院することができました。()


結局、骨折したのは、

 ・右肋骨3番~8番の6本

 ・右肩胛骨 (ヒビ)

 ・左肋骨

 ・右足 第4(薬指)中足骨

の合計9本。  これで生涯骨折本数が一気に二桁台の合計

15 本になりました。(爆) (-_-;)

 (親からもらった体は大切にしようね。 まったく説得力なし。)


 入院した晩は、大した処置もしてもらえず、(記憶は定かじゃありませんが・・・) 痛み止めのロキソニンと整腸剤を飲んだだけ。

  その夜は痛みで、うなされながら、半分意識があるような、無いような状態で朝になりました。

 左右12対ある肋骨の内右側6本左1本を骨折しているので、呼吸が浅くしかできません。

 朝になっても息苦しさが続くので、酸素飽和度を測ると90%以下(健康なら95%以上)だったので、酸素の吸入を開始。 これで、息苦しさは少し楽になりました。

 また、レントゲンでは肺に白く陰があり、血液検査の結果、炎症反応(CRP値)が通常0.3mg/dl(上限0.6mg/dl)程度のところ30倍以上の10mg/dlもあり、強い炎症も疑われることから、胸腔内に血液が溜まる“血胸”と言う結論に至りました。

 ここから血胸が悪さをしないよう抗生物質の点滴を3日間続けることになりました。

DSC_0494.jpg

 

 今思うと、もし入院出来なかったら、どうなっていたんでしょうね。 (ーー;)

 

 【続く】 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0