So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

GSX-Rのブレーキパッドを交換(メタリカ製)【2018年10月28日(日)】 [バイク]

 週末、鈴鹿サーキットに行ってました。


 記事はあとで書く予定ですが、その前に10月末の話題から。(汗)


line.jpg



1622 夕方から

IMG_7154.jpg


 おととい26日の金曜日、仕事終わりにK2Yに寄ったら・・・。

 『ブレーキ・パッド きてるよ!』 (o;

 10日程前の走行会の時に新品に交換してますが・・・。 (?_?)

 メタリカ製のパッドが入荷しました。(゚o゚;)

 走行会の時にパッドを交換しようとメタリカ製の注文しておいたのですが、納期が間に合いませんでした。
 仕様がないので、急遽 SUZUKIの純正を注文して、交換しました。

 で、後からメタリカのパッドが入荷した次第で。
 よくある話です。

 せっかく入荷したので、メタリカ製に交換することにします。



1623 メタリカの

IMG_7155.jpg


 で、こちらがメタリカ製。

 以前乗っていたYZF-R1の時に使ってみて良かったので、今回のGSX-Rでも使ってみることにしたんですが・・・・・。

 なんと、お値段がSUZUKI純正のほぼ倍! (O_O)

 YZF-R1の時は純正とあまり値段が変わらなくて、よく効くし、ライフも長そうでコスパが良かったんです。
 
 GSX-R用は純正の倍の値段とは。 (-_-;)

 いつのまにか”SPEC03”って言う高価格のラインナップが出来て、GSX-R用のパッドはその高いのしか無いみたいです。
 値段が倍だからって、2倍効くわけじゃありませんから、2倍の耐久性があれば良いんですけどね。(笑)



1627 並べて比べてみる

IMG_7156.jpg


 早速、開梱。

 間違いないか純正と比べてみる。

 純正は、バックプレートにメーカー名とか型番とか刻印してありますが、メタリカ製はのっぺらぼう。
 
 同じ形なので、大丈夫でしょう。



16:27 パッド面は

IMG_7157.jpg


 パッド面も比べてみる。

 左が純正でつかったやつ、右が新品のメタリカ。

 純正とは溝の数が違いますね。

 後は、わからない。 ( ̄。 ̄;)



16:29 新品は

IMG_7161.jpg


 厚さを測っておくと、新品で 7.427.45㎜ でした。

 『ん?』 (?_?)

 純正の方が厚い?



16:37 新しいパッドを

IMG_7163.jpg


 キャリパーから古いブレーキパッドを外して、新しいパッドを取付け。

 パッドの中央にある突起がキャリパーの溝にはまり込むようになってます。
 これで、ブレーキディスクに装着されると、ブレーキパッドが外れない構造になってるんですね。
 なので、キャリパーを止めておくピンはありません。



1642 新しいパッドを

IMG_7165.jpg


 左右の新しいパッドを装着。

 ピストンは前回(10日ほど前)に洗ったので、今回は簡単にパーツクリーナで掃除して、エアーを吹いて終わり。



1644 規定トルクで

IMG_7166.jpg


 パッドを交換したら、キャリパーを元の位置に戻して、ボルトを規定トルクで締め付け。

 左側のパッドの交換は終わり。

 続いて、右側を交換します。



1646 左側

IMG_7167.jpg


 続いて、左側のキャリパを外します。


 今、着いているブレーキパッドもエビスの走行会と先週の西伊豆ツーリングしか走ってないので、それほど汚れてないですね。



1647 使ったパッド

IMG_7168.jpg


 取り外したブレーキパッド。

 距離はあまり走ってませんが、走行会でサーキット走ったので、しっかりとディスクの跡が付いてますね。



1648 確認

IMG_7170.jpg


 念のために使ったパッドの厚さを測ってみると 7.47 mm!?

 メタリカの新品パッドより微妙に厚い。(笑)

 走行会と西伊豆ツーリングで

 13,168 12,674 = 494km

 走行したのにね。

 新品の時の厚さが、7.6mmぐらいでした。



1649 外したパッドは

IMG_7174.jpg


 外したパッドは、装着しておいたペアーで束ねて取って(保管して)おきます。
 メタリカ製のパッドがなくなったら使うことにしようかな。

 これだけパッドがあれば、もう買わなくてもイイかも。(笑)



1650 箱に仕舞っておく

IMG_7175.jpg


 古いパッドは、バックステップが入っていた Baby Face の箱に入れてしまっておきます。

 この写真はどこに仕舞ったか忘れてしまうので、備忘録として。(笑)



1655 右側も完了

IMG_7176.jpg


 右側のパッドの交換が終わったら、キャリパーを規定トルクで締め付けて。

 キャリパーの取付けが終わったら、ブレーキレバーを何度か握って、ブレーキフルードを送っておくことを忘れずにね。
 これを忘れると、走り出していざブレーキかけると、レバーが”スカッ”って握り切れちゃって、口から心臓が出ます。(笑)



1658 走行距離は

IMG_7177.jpg


 メタリカ製のブレーキパッドに交換した距離は、13,168 km でした。

 さて、何キロ保つでしょうね。



1701 ステッカーを

IMG_7180.jpg


 最後におまけに付いてきたステッカを貼り付けて、終了。

 ブレーキパッドの交換作業より、記事を書いている時間の方がかかりましたよ。(笑)


※ 追記
  後日、ツーリングで使ってみました。
  とても良く効きます。 高いだけのことはあります。
  時期的に耐フェード性とかはわかりません。
  耐久性も先にならないとわかりません。
  けど、このタッチは一度使っちゃうと、なかなか手放せなくなりそうです。



(おわり)

コメント(1) 
共通テーマ:バイク

コメント 1

(。・_・。)2k

乗り物はブレーキが命ですからね
効くのが一番です

by (。・_・。)2k (2018-12-10 23:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。