So-net無料ブログ作成

筑波で全日本ロードレース第4戦を観戦【2019年6月23日(日)】 [バイク]


 今年関東地方では、例年より1日早く6月7日に梅雨入りしました。

 6月9日(日)はツーリングの予定でしたが、梅雨入りの雨で中止。
 先週15日(土)は筑波サーキットで練習走行の予約を入れてありましたが、やはり雨でくじけました。 (ーー;)
 昨日の土曜日はやっぱり雨でした。 毎週毎週、よく降りますね。 (ーー;)


torikama-line.jpg


800 出発

IMG_8727.jpg


 今週末は筑波サーキットで全日本ロードレース選手権が開催されています。
 日曜日の今日も微妙な天気ですが、今シーズン全日本のレースはまだ見に行っていないので、観戦に行くことにしました。

 天気が良ければ、渋滞回避のためバイクで行こうと思ってたんですけど、天気が微妙なのでハイエースで。

 それでは、社宅近くのコインパーキングを出発します。



9:32 筑波サーキットに到着

IMG_8729.jpg


 社宅を出発して、ハイエースの中で朝ご飯を食べながら一般道を約1時間半、筑波サーキットに到着しました。

 筑波サーキットでは、レースが行われているコース2000の最終コーナー裏にある普段はジムカーナが行われている場所に誘導されて。
 駐車料金1,000円を払ってハイエースを駐めます。


 今週末の全日本ロードレース選手権は、JSB1000は未開催。
 MFJカップ(JP250)とJ-GP3J-GP2ST600の4クラスが開催されます。
 今大会は、各レースとも2レース制。
 土曜日に予選と第1レース。 日曜日の今日は第2レースが行われます。



 9:37 当日券で

IMG_8731.jpg


 駐車場からサーキットに向かう途中にチケット売り場があるので、入場券を購入。

 筑波サーキットの場合、入場券=PADOCK PASS の形で売ってます。

 日曜日の当日券は 4,000円で、2日間通しの前売り券が 3,500円。
 なので、日曜日にレース観戦をするのであれば、2日とも来なくても前売り券を購入した方がお得です。
 けど、自分の場合は筑波会員割引で半額の 2,000円になるので、当日券がお得。(^_^)v



9:47 ST1000クラス

IMG_8734.jpg


 コース上では、来年から正式カテゴリーとなる ST1000の予選(?)が行われています。
 今日はお披露目として エキシビション レースが行われます。

 ST1000は、2019年一杯で無くなるJ-GP2に変わってできるクラスです。

 J-GP2600ccの排気量のエンジンを使ってますが、世界選手権のMoto22019年からCBR600600ccのエンジンからTRIUMPH の3気筒 765ccのエンジンになっちゃた影響の様です。



9:59 メーカーブース

IMG_8735.jpg


 チケットを買って、サーキットの中に入りました。

 メインスタンド裏には、各メーカが規模は小さいですがブースを出店しています。
 筑波サーキットは場所が狭いですからね。

 まあ、関東だったら、ツインリンク モテギでも全日本のレースはるし。



10:05 レジェンドライダー

IMG_8736.jpg


 メーカ ブースの脇では、ステージ。

 レジェンド ライダー達のトークショーが行われていました。

 左側から進行役で川島健三郎さん、続いて元YAMAHAのワークスライダーだったしゃけさん こと河崎さん、元Kawasakiワークスライダーの清原さん、元SUZUKIのワークスライダの水谷さん、そして元HONDAワークスライダーの八代さんなどそうそうたるメンバーがそろっています。
 (顔を見て、誰が誰だかわかる自分は50歳代) (^_^;)

 彼らは、自分がバイクに乗り始めたころ、サーキットをガンガン走ってた連中で、懐かしいですね。



10:25 MFJ CUP決勝

IMG_8741.jpg


 10時を過ぎた頃から、レース進行が始まりました。

 まずはメイン スタンドでレース観戦することにします。

 今日、最初のレースはMFJ CUP
 MFJ CUPは 地方選手権のJP250クラスのステップアップ分野として、全日本ロードレース選手権に併催となります。(って文章力不足で良くわからないよね。) (ーー;)

 JP250クラスのバイクは、HONDAならCBR250RRとかYAMAHAならYZF-R25とかKawasakiならNinja250とかの2気筒250ccまでの市販車(街乗り)ベースで争われます。



10:52 ダンロップ スタンドへ

IMG_8747.jpg


 MFJ CUP のレースが終わったので、メインスタンドから移動します。

 向かったのはダンロップコーナ外側にあるダンロップ スタンド。
 ダンロップ スタンドだと、第1ヘアピンの進入から、ダンロップ コーナー、アジアコーナーの立ち上がりまでを見ることができます。



11:12 J-GP3決勝

IMG_8751.jpg


 ダンロップ スタンドに座ると、しばらくしてJ-GP3の決勝が始まりました。

 手前の金網ですが、肉眼で観戦している分にはあまり気にならないんですけどね。 コンデジで写すと障害物になっちゃいますね。
 今日は一眼レフのデジカメを持ってきてないので、ズームもこれくらいが一杯で、写真にすると厳しいものがありますが、ご了承下さい。
 
 さて、J-GP3ですが、これは単気筒の250ccのバイクで争われます。
 先ほどのJP250と大きく違うところは、このJ-GP3で使われているバイクはレース専用車。 街乗りはできません。

 世界選手権の Moto3と基本的に同じバイクです。
 レース専用にそぎ落とされた車両重量は80kg台と、JP250のバイクと比べると桁違いに軽いです。
 カブより軽い。



11:12 ダンロップ~アジア コーナ

IMG_8752.jpg


 バイクは右コーナーのダンロップ コーナーを立ち上がって、切り返してすぐに左コーナーのアジア コーナーに。
 この切り返しのスピードも半端じゃなく速い。

 やっぱり、金網邪魔ですね。(笑)

 
 このJ-GP3のバイクは、国内だと供給しているのは HONDA だけ、世界だと KTM も販売していますが。
 けど、今シーズン全日本でKTMのユーザーは居ないみたいです。
 ちなみにHONDAJ-GP3のバイクは NSF250R って名前ですが、お値段145万円くらい。(税込み) と、お高いです。(汗)



11:31 J-GP3

IMG_8755.jpg


 J-GP3のレースが終了しました。

 優勝したのは#36の長谷川選手。 最近全日本のレースからすっかり離れちゃっているので、名前も顔もわかりません・・・。 ( ̄。 ̄;)

 出場してるライダーはよくわかりませんが、切れっ切れのバイクの動きと、先を競って2台3台と並んでコーナーに入っていくのは軽量クラスならではのもの。
 重量級のバイクとは違う面白味があります。



12:01 ST1000

IMG_8756.jpg


 来年からはじまるST1000クラスのエキシビション レースが始まりました。

 今回はエキシビションと言うことで、出走は6台のみとちと寂しい。

 ST1000 は読んで字のごとく、1000ccのバイクのカテゴリです。
 現在 1000ccのバイクのカテゴリーとしてJSB1000 があります。
 JSB1000 は、各バイクメーカーがバリバリ顔を出していて、タイヤもワンメイクではなく色々なタイヤ メーカーが供給しており、WSB(ワールド スーパー バイク選手権)とも異なる、日本特有のカテゴリーになっています。

 一方、マレーシア、オーストラリア、タイ、日本、韓国などの国々で行われるアジア ロードレース選手権があり、2019年からASB1000クラスが新設されましたが、ST1000はそれに準じている様です。



12:02 ST1000

IMG_8758.jpg


 今回の ST1000 にはインター(以前の国際A級)のライダーも走っています。
 エキシビションと言っても、結構マジです。
 でも、市販車ベースのバイクは重たそうです。

 JSB1000クラスは2014年からだったかな。
 確かそれ以降、筑波サーキットでは開催されていません。
 未開催の理由は明確にはされていなかったと思いますが、筑波サーキットの安全性(コース オフ エリアが狭くて転倒の際に安全性が十分確保できていないため)も理由の一つだったような記憶があります。
 来年からはじまるこのST1000は開催されるんでしょうかね。

 ST1000は、JSB1000より改造範囲が少なく、タイヤはDUNLOP のワンメイクで、コストが低く抑えられる様に設定されています。
 多くのプライベーターが参加して、ライダーのテクニックが争われるクラスを目指しているようです。 



12:24 コースを横断

IMG_8760.jpg


 ST1000 のエキシビション レースが終わったので、観戦場所を移動します。

 コースが開放されたので、ダンロップ スタンドからコースを横断してピットに向かいます。

 普段走っているコースをS字から1ヘアピン側を眺めると、こんな感じ。

 バイクで走っていると、路面のアンジュレーションやカントなどあまりよくわかりませんが、歩いてみると、特に1ヘアピンのカントなんて、とってもありますね。
 ここから見るとちょっとした壁です。

 以前、コースを1周歩きましたが、練習走行の前に、また歩いた方がいいんでしょうね。



12:26 真剣なのは

IMG_8761.jpg


 「ちっちゃっ。」

 パドックには、午後行われる模擬レースに参加するちびっ子のポケバイが勢ぞろい。

 ミーティングが行われていますが、周囲を取り巻く保護者のお父さんたちがちびっ子以上に真剣に話を聞いています。(笑)



12:35 ピット ウォークです

IMG_8763.jpg


 午後からのレースの合間、お昼休みはピット ウォーク & コース ウォークです。

 JSB1000クラスが開催されず、メーカ直系のワークスが居ないので、RQさんは少なめ、おじさん的には寂しいですが・・・。(笑)
 
 そんな中でHONDA系の有力チームのMUSASHI HARC pro RQさんをサービス ショットでちょこっと載せておきます。
 (目線、ありがとうございます)



12:35 知り合いかな?

IMG_8764.jpg


 と、写真を撮っていたら、知り合いが居たのか知れんけど、右の女の子が手を振って挨拶してますが、その人なつこそうな姿勢がおばちゃんぽいです。(笑)
 ちょっと、親近感が湧きますね。



13:13 予想以上の人

IMG_8765.jpg


 ピット ウォークの時はコースも解放されてます。

 ピットが狭い筑波なので、コース脇のピット ウオール近くにもバイクを展示。

 天気が悪いですが、予想以上にたくさんの人、ホームストレートは人がいっぱい。

 ピット ウォークは1320分まで、ボチボチ終わりになります。



14:25 J-GP2

IMG_8768.jpg


 ピット ウォークが終わり、その後はさっきのポケバイ模擬レース。
 第1ヘアピンに移動して、昼寝してました。(汗)

 その後は、J-GP2クラスの決勝がスタートしました。

 J-GP2クラスのバイクは、国内4メーカの四気筒600ccエンジンを積んだバイクです。
 フレームは街乗りバイクのとは違い、基本レース専用設計。

 車両重量が148kg以上でライダーと合わせた総重量が220kg以上って言うのがレギュレーションの一つ。

 同じ排気量の市販車ベースのST600の車両重量が158kg10kg違いだけども、レース専用に作られた車体とスリックタイヤでのコーナーリングはやっぱり切れが違います。

 (ST600は溝付きタイヤ)



 14:45 J-GP2

IMG_8771.jpg


 J-GP2のレース終了。

 優勝したのは、先ほどピット ウォークで写っていた MUSASHI HARCproのバイクに乗る #634 名越選手でした。

 レース専用に作られた中級クラスのJ-GP2クラスが無くなるのは寂しいですね。
 中級クラスならではの職人技的なライディングも見ていて面白味があるんですけど。 レースを観ていて思う次第です。

 昔の2スト250ccTZRSの様に、4ストなので2気筒500ccのレーサーをメーカーが製造して、レースをやれば楽しそうだと思うのは、自分だけでしょうね。(ーー;)



15:20 ST600

IMG_8773.jpg


 J-GP2のレースが終わり、今日最後のレース ST600クラスの決勝が始まりました。
 ST600クラスはフルグリッドの30台で、1ヘアピンの入口は大混雑。

 今年一杯でJ-GP2クラスが廃止になると言うことで、J-GP2クラスのエントリ台数は11台に減少。 多くのライダーがST600に流れてきました。
 その結果 ST600クラスのエントリー台数は43台と大幅に増えました。
 そのため、予選は2つに分けられ、久しぶりに予選落ちが発生するクラスになっちゃいました。



15:21 あーっ!

IMG_8775.jpg


 1周目が終わり2周目、1ヘアピンの入口で#54MOTO BUMの荒川選手に後続のバイクが追突。
 その勢いで、荒川選手は転倒。 リタイヤとなってしまいました。
 残念でした。

 去年、ナショナルクラスの地方戦では負け無しの荒川選手でしたが、流石に全国からの猛者が集まっている全日本のインタークラスは厳しいですね。



15:40 ST600クラスは

IMG_8777.jpg


 ST600クラスのレースが終了しました。

 優勝したのは、去年のチャンピオン #1の岡本選手でした。

 さて、このST600クラスですが、バイクは市販車ベースの車両です。
 2019年現在、ST600用車両で実際に市販されているのは YAMAHAYZF-R6だけです。
 HONDAKawasaki は以前市販していましたが、今はレースモデル専用モデルのみを継続販売をしているのみです。
 これは、ヨーロッパの排ガス規制のユーロ5(だったと思う)により、HONDAKawasakiがそれに対応したバイクを開発・販売していないため、街乗りモデルの販売を終了してしまったためです。
 現在、世界選手権ではWSS600、アジア選手権ではSS600と市販車ベースのレースカテゴリーになっているんですけど、このST600クラスも将来的にST1000に集約されちゃうのかな?
 自分がST600ベースのCBR600RRを乗っていることから、今後の動向が気になるところです。



15:49 レース終了

IMG_8779.jpg


 今日のレースが全部終わったので、帰ります。

 今回の記事は、レースのレポじゃなくて、なんかマニアックな長文になっちゃいましたね。

 お詫び <(_ _)>

 ただ、これから2~3年の全日本ロードレースの動向にはちょっと注目かな。と思ってます。
 トップカテゴリーのJSB1000については、各メーカがバックにあるのでこのままでしょう。
 ST600については、どうなるかな。 メーカが新しいバイクを開発・販売していかないので、だんだんと魅力が薄れていくような気が・・・。
 J-GP3は無くならないで欲しいけど、アジアロードレース選手権がJP250に似た市販車250ccのレースなので、それに集約されちゃうのかな。
 なんて、思いつつ、中量級クラスは、先に書いた様に、2気筒500ccの市販レーサによるレースにならないかなぁ~。なんて。
 昔の原田哲也選手やカルロス ラバード選手の様な中量級クラスの職人の様なライディングが見てみたいですねぇ。と思っているのは自分だけでしょうね。



17:33 社宅に帰着

IMG_8780.jpg


 筑波サーキットからの帰路も一般道で。

 週末夕方、東京方面に向かう常磐道は混みますからね。

 筑波からは1時間半ほどで葛飾金町の社宅に帰着しました。

 今日は途中一瞬だけポツっときましたが、ほとんど降られずにすみました。
 
 レース観戦の途中、MOTO BUM に居た清水メカに挨拶に行ったのですが、来週は鈴鹿サーキットでアジア ロードレース選手権が開催されるとのこと。
 そう言えば、アジア ロードレース選手権を観戦したことがありませんでした。
 来週、時間が取れれば、観戦に行こうかな。

(おわり)


コメント(2) 
共通テーマ:バイク

コメント 2

(。・_・。)2k

ポケバイと言えば 小学校の高学年の時に
ラジコンの全日本に出た時に 一緒にポケバイの全日本もやってて
その時の優勝者が哲也だったんですよねぇ
僕はその時のラジコン 2位でしたけど(笑)
哲也は本当に小さい時から英才教育でしたからねぇ
ポケバイ〜ミニバイク〜全日本〜世界 全て総ナメでしたよねぇ

by (。・_・。)2k (2019-07-18 00:11) 

Rカマタ

(。・_・。)2k さん、いつもコメントありがとうございます。

全日本のときから原田哲也さんは速かったですね。
NESCAFEカラーのTZ-Mでカッコ良かったなぁ~。
by Rカマタ (2019-07-20 20:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。