So-net無料ブログ作成

GSX-Rのフロント ブレーキ ディスクを交換【2019年8月4日(日)】 [バイク]

 

 ネタの仕入れから帰ってきました。


 けれど、今日の記事は休み前のネタです。


 夏休みのツーリング記事はもうちょっと後でね。(笑)


torikama-line.jpg


ジャダーが発生

IMG_0027.jpg


 7月13日の散歩ツーリングの帰路で、フロント ブレーキからジャダーが発生しました。

 以前乗っていた2005年式のGSX-Rでも、この症状が出ていだんですけどね。
 当時は、食い付きの悪いブレーキパッドを使ったりして誤魔化していました。 (-_-;)

 このGSX-R2005年式GSX-Rから、ブレーキ キャリパーは変わっているし、フロント フォークもSHOWA BPF に変わっているので、もうジャダーは発生しないだろうと思っていました。
 けどね、出ちゃった。 (>_<)

 さて、どうしたもんだか。 と、色々と(信憑性が不明な)ネットで調べてみたけど、決定打は見つからず。
 一番効果がありそうなディスクプレートを交換してみることにしました。



9:20 交換する

IMG_0030.jpg


 ディスクプレートはK2Yに頼んでおいて入荷・受取済。

 この週末は土曜日も仕事だったので、日曜日の午前中に交換しちゃいます。
 この後、家の食材とかを週一の買い出しをスーパーにいかなきゃならないので、あまり時間がありません。

 ガレージから引っ張り出して、前後にレーシング スタンドをかけます。



921 走行距離

IMG_0028.jpg


 ここまでの走行距離は、16,251 km

 この走行距離まで走って、(ジャダーが)突然発生したのは明確な理由がわからないんですが、
 1.去年の秋にブレーキパッドをノーマルから 食い付きの良い metallico製に変更しました。
 2metallico製に変更してから初めての夏、散歩ツーリングでブレーキを酷使しました。
 と言うのが状況。

 ・ディスクの温度が上がって、パッドの食い付き具合が変わったか。
 ・パッドが変わって、ディスクが熱で歪んだか。

 な~んて、理由はわかりません。 確認のしようもないし。

 とりあえず、安直に交換してみます。



927 フロント ホイール

IMG_0033.jpg


 最初にフロント ホイールを外して、ディスク プレートを交換する準備。



9:27 新しいのは

IMG_0034.jpg


 新しいディスク プレート。

 ブレーキ パッドで挟む部分をアウター、ホイールと固定される内側の部分をインナーって言うんだけど。
 今度のはインナーがゴールド。



9:30 brembo

IMG_0031.jpg


 で、新しいブレーキ ディスク はブレンボ製。

 付けてみたかったんです。 \(^_^)

 良い機会になりました。(と思っておこう。)



9:32 ノーマルは

IMG_0037.jpg


 今まで付いていたディスク プレートを取り外しました。

 ノーマルのディスクはインナーが黒。

 かなり肉抜きしてあって、軽そうです。



933 厚さを確認

IMG_0039.jpg


 ノーマルのディスクは厚さが5mmなんですが、今度のbrembo はちょっと厚くて 5.5mm
 厚い方が、フェードしにくいらしい。(よくわからんけど)
 なので、レース用のディスクは、大体厚さは5.5mm

 厚さを測ってみたけど、上手く計れてないね。
 5.7mmある。(笑)



938 取付け

IMG_0040.jpg


 新しいディスク プレートを取り付けます。

 取り付けたら規定トルクで締め付け。
 締め付けトルクは意外に小さくて 18Nmほど。

 ブレーキキャリパーが40N/m前後、アクスル ナットが100N/mなのと比べると、なんとも心もとない。(個人的な見解ですよ)

 サーキット走行用のCBRだとそのまま取り付けちゃうけど、ほとんど取外しをしない街乗り用のなので、ボルトにはネジ ロックを塗っておく。
 サービス マニュアルにも、そう書いてあるし。



942 ピンは

IMG_0043.jpg


 インナーとアウターをつないでいるピン。

 ディスクの表(?)から見る。

 これで、フローティングになってます。
 なので、アウターを持って揺さぶると、ガチャガチャ音がします。

 ノーマルは、セミ フローティングなので、ほとんど動きません。
 ブレーキングで熱々になってアウターが膨張したときに逃げる様にしてある程度かな。



942 裏側

IMG_0045.jpg


 ピンの裏側。

 表側からピンを貫通させて、クリップで留めてある構造。


 アウターとインナーの間でガチャガチャ動くので、長く酷使するとこのピンが摩耗します。
 昔は、このピンが部品で売っていたので、交換出来たらしいけど、今はたぶん減ったら使い捨て。
 たぶん、その前にディスク プレートが減って、使用限度の5mm厚以下になっちゃうかな。
 まあ、普通に使っている分には、あまり気にしなくて大丈夫だと思う。
 
 そう言えば、使用限度厚が刻印してあるはずだけど、写真撮るの忘れたね。



 946 反対側も

IMG_0046.jpg


 反対側のディスクも交換して、トルクレンチで締め付け。



 955 取付け

IMG_0048.jpg


 で、フロント ホイールを取付け。



959 パッドは戻す

IMG_0049.jpg


 今付いているmetallicaのパッドですが、13,138kmの時に交換していますので、ここまでの走行距離は
 16,251 13,138 3,113km
 です。 距離も走ってないので、あまり減ってませんね。
 
 パッドは metallica からノーマルに一旦戻します。

 ノーマル パッドの時にはジャダーは発生しなかったので、まずは、よりジャダーが発生する可能性が少ない組み合わせで乗ってみます。
 と言うのは、来週からの夏休みロングツーリングに出掛けるつもりなので。
 (このレポをアップするころには、もう帰ってきていると思いますが)
 ロング ツーリングの出先でまたジャダーが発生したら、イヤだからね。

 metallicaのパッドを付けて、まだジャダーが発生するかは、戻ってから日帰りのソロ ツーリングのときにでも試してみることにします。



959 洗いたいけど

IMG_0050.jpg


 metallica のパッドを外して・・・。

 ここでピストンを揉み出して洗いたいところですが、時間がナイ!

 手抜きで、パーツクリーナでざっと掃除して、エアーを吹いて終わりにしておきます。

 ピストンの掃除は、今度ね。 今度。(^_^;)

 metallica に戻すときにでも。



1004 規定トルクで

IMG_0052.jpg


 ノーマルのパッドを取り付けたところの写真、取り忘れましたね。(笑)

 ノーマルのパッドを取り付けたら、規定トルクで締め付け。

 CBRは二面幅が14mmM10のボルトを使っているんだけど、このGSX-Rは二面幅12mmでボルトはM8とワンランク細め。

 でもって、使っているボルトも見ての通り背の低いタイプなんだけど、締め付けトルクが38/mとそこそこ。
 なめちゃいそうで、気を使います。 (ーー;)



1007 フルードが

IMG_0053.jpg


 「おっと!忘れてました。」

 交換したbrembo のディスク厚は5.5mm、ノーマルが5mmなので、ブレーキのピストンを余分に押し戻さないといけない。
 ので、ブレーキフルードもうっかりしてると、リザーバ タンクからあふれちゃいます。

 ノーマルのパッドもほぼほぼ新品なので、危なくフルードがあふれるところでしたね。

 キャリパーを1個取り付けた時点で気付いて、リザーバを開けたら、フルードがあふれる直前でした。(滝汗)

 キャップを開けて、ちょっとティッシュを使って吸い込んでおきます。



1013 右側も

IMG_0054.jpg


 右側のキャリパーもトルクレンチを使って。

 こうやって、写真に残しておけば、閉め忘れ防止になるので安心。



1019 フルードの

IMG_0055.jpg


 両方のキャリパーを取り付けたら、ブレーキレバーを”にぎにぎ”して、ピストンをプレートに当てておくのを忘れずに。
 忘れると怖いぞ。(笑)

 最後にブレーキフルードのレベルを確認して、キャップを締めて、緩み止め。



1022 交換終了

IMG_0056.jpg


 ブレーキ ディスクの交換作業終了です。

 10時スーパーに買い物に行く予定でしたが、少しオーバーしちゃいました。 (o;)



1022 雰囲気が変わるね

IMG_0057.jpg


 ディスク プレートのインナーが黒からゴールドに変わって、雰囲気が変わりました。

 来週、いきなりロング ツーリングに出発するのも、トラブルが出たら怖いので、スーパーから帰ってきたら、確認走行に行くことにしましょう。


 (つづく)

コメント(0) 
共通テーマ:バイク

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。