So-net無料ブログ作成

ネタがなければ蕎麦を食す [蕎麦]

色々バタバタしていて、バイクに乗る時間が取れず、ネタ切れとなっています。

「ネタがなければ蕎麦を食う」

と言うことで、今日の昼は自宅からほど近い、横須賀中央にある”古式手打ち会津そば 玄武”に寄ってみました。

IMG_2330.jpg

会津産も新蕎麦に替わったみたいですね。
店の入り口には、今日使っている「本日の蕎麦粉」が書いてありました。

IMG_2341.jpg

店内は6人くらい座れるカウンター席と、4人掛けのテーブルが6卓と座敷が6人掛けの4テーブルくらいあり、結構広いです。

土曜の昼時と言うのに、入っているお客さんは4~5組くらい。
これで商売大丈夫かぁ、心配になってしまいます。

このお店、そば粉十割のそばを出しているようです。

IMG_2332.jpg


注文したのは、一番無難な”天ぷらもりそば”(¥1,300也)

しばらくして、天ぷらもりそばが出てきました。

IMG_2335.jpg

お昼時(ランチタイム)はお稲荷さんか炊込みご飯、そば味噌に小鉢(今日はひじき)が付いてきます。
(先に出てくれば、ビールとかお酒で一杯いけますね)

蕎麦は普通の太さで、普通の色合い、奇をてらったところはありません。
瑞々しくて、美味しそう。

IMG_2337.jpg



さっそく、『いただきます』

IMG_2338.jpg

さすが、新蕎麦ですね。香りいっぱい。味も風味があって美味しいです。
”会津産の蕎麦”と言うと、ちょっと癖が強い印象がありましたが、そんなことは無くて、蕎麦らしい蕎麦ですね。
「いやいや、なかなか、美味しいです」
蕎麦は十割っぽく、しっかりとした歯ごたえがあります。この辺は二八そばが好きな人と好みが別れるところですね。
自分は基本は二八、でも時々十割と言ったところでしょうか。
十割らしく、蕎麦が乾くのが早く、すぐに食べないと食感が落ちてしまいますね。
つゆは、出汁よりも醤油と味醂が前面に出た味付けで、味の濃い会津産の蕎麦に負けていません。


天ぷらは、定番の海老にイカ、マイタケ、ナス、シシトウにゴボウと盛りだくさん。

IMG_2336.jpg

海老天は、微妙に火が通っていて、中身がミディアムレアー状態で、とっても美味しかった。
ただ、その分衣の油がほんのちょっと重めだったのが残念。(これはかなり贅沢な印象です)
でも、久しぶりに天ぷらを食べたのもあって美味しかった。
天汁が、そば汁と別々なのも、◎

あらためて思うのは、蕎麦に天ぷらと言うのは、相性がいいですね。
天麩羅屋さんに、ご飯を食べに”毎月”行こうとは思いませんが、天ぷら蕎麦であれば、「月一回食べてもまったく問題ない」と思うのは自分がそば好きだから?


ご馳走さまでした。

IMG_2339.jpg

美味しゅうございました。

自分個人の印象としては、横須賀にもあった美味しいそば屋さんと言ったところでしょうか。
もう少し、お客さんが入っても良いと思いますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理