So-net無料ブログ作成

手打そば 志な乃 [蕎麦]

 今日は仕事関係の資格試験を受けるため、昼から横浜関内に行ってきました。

IMG_5530.jpg

 関内周辺は飲食店が多いので日が暮れてから来ることが多いですが、今日は久しぶりの昼食どき。

 最近、家で蕎麦を打つことが多く、あまり外で蕎麦を食べていないので、久しぶりに外出先で蕎麦を食べることにしました。

 

 JR関内駅北口を出て海側へ、オフィス街を5分ほど歩いて、訪れたのは”手打そば 志な乃”。

IMG_5531.jpg

 ここ手打そば 志な乃は、このブログおよびホームページには初登場ですが、20年以上前から昼時関内にきたときには、ときどき寄らせてもらっているそば屋さんです。 

 

 お店は、雑居ビルの1階の奥まった、少々わかりにくいところにあります。

IMG_5533.jpg

 さっそく、入店します。

 

 店内は、4人がけのテーブル席7卓あります。

 注文は、天ぷらそば。(¥1,800とちょっとお高め)

 席に着くと、すぐに濃いめに入れたお茶が出てきます。

IMG_5534.jpg

 このお茶が美味い。

 志な乃さんの蕎麦は、細打ちの江戸流ではなく、太く打たれた田舎蕎麦を出しているお店です。

 (その他に手打ちのうどんも供しています)

 

 今日は、まだ昼早い時間と言うこともあってか比較的空いていて、5分ほどで蕎麦が出てきました。

IMG_5535.jpg

 蕎麦は昔から変わらず、太めに打たれた、色の黒い蕎麦です。

 量も平均的なそば屋さんより多め。 大食漢の自分でも、まあまあ十分な量があります。

 

 さっそく、『いただきます!』

IMG_5536.jpg

 まず、そば汁を付けずに、蕎麦だけいただきます。

 太めに打たれた蕎麦はつるつると食べることはできず、もぐもぐと食べることになります。

 もぐもぐと口の中で蕎麦を噛むと、田舎蕎麦らしく味と香りが口の中に広がります。

 田舎蕎麦はこれがいいんですよね。 (^O^)

 

 つぎに、そば汁を付けて。

 そば汁は、写真を取り忘れましたが、上の写真の右上にある天つゆと同じように、薄い色をしています。

 普通、田舎そばだと、濃いめの汁を供するところが多い様ですが、志な乃さんの汁は薄め。

 それでも、しっかりとした出汁と甘さをおさえた汁は、不思議と美味しく食べることができます。

 

 蕎麦を食べ始めると、少し遅れて天ぷらが運ばれてきました。

IMG_5537.jpg

 天ぷらは、海老となす、カボチャ、レンコン、ピーマンなど。

 衣はやや厚めで、ボリューム感があります。

 揚げたての熱々で美味い。

 天つゆは、そば汁とは別に供され、温められています。 天つゆとそば汁が別々だと、そば汁に天ぷらの油が混ざらないのでいいですね。

 

 『美味しゅうございました。<(_ _)>』

IMG_5539.jpg

 蕎麦を食べ終わると、湯飲みを換えてお茶がでてきます。 このあたりの気遣いが、またいいですね。

 細めに打たれた喉越しの良い江戸の蕎麦を正道とする人には好まれないそばですが、それはそれ。

 太めに打たれた、野趣あふれる蕎麦もたまにはいいもんです。

 食べ物は、こういうブレがあった方がおもしろい。

 5回に1回くらいは、こう言った田舎蕎麦を食べるのも楽しいと思います。

 

 『ご馳走様でした。』

IMG_5540.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理