So-net無料ブログ作成

富士宮やきそばを食す。【つぼ半】 [食べる]

 ツィッターでつぶやきましたが、8月1日(月)から5日(金)まで、静岡県の富士市で仕事です。

 初日の1日月曜日、仕事が早くはけたので、夕食を食べにとなりの富士宮市まで。

 お目当ては、当然B級グルメの”富士宮やきそば”。

 富士市からは途中まで国道139号線を北上。 途中から県道414号線に入り、身延線の富士宮駅前を通過。


IMG_6079.jpg

 駅前には特に何もないのね。


 富士市の宿を出る前に、ネットで2、3店舗候補を検索。


 その中から”富士宮やきそば”がB級グルメで有名になる前からやっていそうな店に入店することに。

IMG_6080.jpg

 訪れたお店は、”つぼ半”。 居酒屋風の造りのお店です。

 それでは、さっそく入店します。


 店内は、入って右手がカウンター。 左手が小上がりで4人掛けのテーブルが4卓。
 

IMG_6081.jpg

 そして、各テーブルには鉄板。

 おばちゃんが人で切り盛りしていました。 

 『この鉄板、53年使ってます。 しっかり油がなじんで、焦げ付きません。』と言うのがおばちゃんの売り文句。

 てぇことは、どう若く考えても18で店を始めたとしても、18+53 で おばちゃんは71歳以上だ。 元気だね。


 で、注文は”肉やきそば”(¥600)を大盛りにして。
 飲物は、車じゃなきゃビールを頼むところだが、車なので泣く泣くウーロン茶。


IMG_6083.jpg

 先客が2名。 自分が店に入る直前に4人組の家族連れが入店。

 注文してちょっと待って30分ほどして、やきそばが出てきました。(汗) (お腹すいた!)
 まあ、おばちゃん一人でやってるからね。 


 目の前に鉄板があるので、自分で調理しなきゃいけないかと思って、本場の味が味わえないかも、とちょっとガッカリしましたが、おばちゃんが調理してくれました。

 と、言っても、熱した鉄板にラードを引いて、焼きそばの具材をいっぺんに全部載せて、しばらくしたら、水を加えて蒸します。
 水分が飛んだら、ソースで味付け、富士宮やきそばの特徴になる”いわしの削り節”と青のりを降りかければできあがり。
 と、調理はいたってシンプル。


IMG_6084.jpg

 『53年間使った鉄板だから、油がなじんで、油が少しでも焦げ付きません!』
 『油が少しだから、油っこくなく、さっぱりと仕上がります』
 とおばちゃん。

 「じゃあ、最初のうちは焦げ付いていたんだね。」
 「最初のうちは、油たっぷりで、あぶらこかったんだね。」
 と、自分の性格ではついつい突っ込みを入れたくなりますが・・・。 やめておきます。 
 
 
 なんて、心の中でつぶやいているうちに”富士宮やきそば”の出来上がり~!


 さっそく、『いただきます!』

IMG_6086.jpg

 あらかじめ蒸された、太めの麺は、腰が半端じゃない!

 確かに、おばちゃんが言うように、脂っこさがなくさっぱり。


 確かに、大盛りは量は1.5人前あったけど、ペロリと食べられました。 (^_^)v 

IMG_6087.jpg

 まだ、ちっと物足りないけど、
 
 他には、お好み焼きや、焼きとりなんかもありましたが、やっぱビールが飲みたい。 宿に戻ることにします。
 

 『ごちそうさまでした!』

 大盛り肉やきそばとウーロン茶で、しめて1,100円。 安くないね。観光地価格だ。



 そして、今日宿に戻って、こうしてブログを書いています。


IMG_6094.jpg

 今回の宿には、LANの設備が無いので、wi-fiをレンタル。
 
 下りで約8M、登りで約1M。 ちょっと前のADSLぐらいの速度が出ているので、まあまあ満足。

 月額約5,500円。 出張の時には便利そうです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理