So-net無料ブログ作成

なぶら【秦野】 [呑む]

 1ヶ月ぶりのブログ更新になります。(汗)

 6月から7月の初旬は伊豆の函南で仕事をしていました。

 伊豆での仕事が終わり、仕事場は神奈川県の小田原に移動。

 

 自宅から小田原の仕事場まで約50kmの距離。 毎日湘南の海沿いをハイエースで通勤していました。

 学校が夏休みシーズンに入り、通勤路が徐々に渋滞するように。

 朝は6時に出発して、1時間半以上。 帰りは、2時間以上かかるようになってきしました。

 通勤でちょっと疲れがたまってきたので、週半ばの今日は仕事場近くの鴨宮ステーションホテルに泊まることにしました。

 せっかく泊まったて夜は時間があるので、小田原からほど近い秦野にいる友人と呑むことにしました。

 (呑みたいがために、わざわざ泊まったと言う方が正しいかな・・・。(-_-;) )

 

 仕事が終わり、ホテルにチェックイン。

 シャワーを浴びて、鴨宮駅へ。  まだ、全然明るいね。 (^_^;)  

IMG_2787.jpg

 鴨宮ステーションホテルは名前のとおり駅まで1~2分の至近の距離にあって便利です。

 

 鴨宮からはJRの東海道線で小田原へ。

 小田原で小田急に乗り換え、特急電車で20分ほど待ち合わせ場所の秦野に到着です。 

IMG_2788.jpg

 秦野から先、小田原までの小田急線に初めて乗りましたが、田園風景あり里山の風景あり、風情がありなかなか旅情がありますね。

 

 待ち合わせ時間の6時半に秦野駅の改札で待ち合わせ。

 そのまま北口を出て、徒歩で5分ほど。

 友人が予約しておいてくれたお店に入店。

 お店の名前は”季魚旬酒 なぶら”。

IMG_2790.jpg

 (入店後の写真は撮りませんでした)

 頼んだ料理は、神奈川西部の地物の魚などを中心に。

 季節もののハモなどもあったので、注文。

 まずは、生ビールで始まり、途中から日本酒へ。

 日本酒も、地元神奈川に酒蔵がある酒造のお酒が置いてあり、それを楽しみました。

  話も弾み、楽しいひとときを過ごし、少々呑みすぎて解散。

 『ご馳走様でした。 美味しかったです。 <(_ _)>』 

 

 店を出た後、小田急線で秦野から小田原へ。

 そして小田原からは東海道線が既に終電、タクシーで門限の24時にホテルに帰着。 (^_^;)

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理