So-net無料ブログ作成

ハイエースのオイル交換【セルフ】 [バイク]


 先月11月の15日に納車したハイエースですが、早くも今週12月の21日に5,000kmを越えました。
 
IMG_9375.jpg 
 
 先代の3代目ハイエースの時もそうでしたが、ハイエースのオイル交換のタイミングは5,000km毎にする予定です。
 (オイルフィルターは20,0000km毎)
 
 オイルフィルターを交換するには、ボディー下部のカバーを取り外す必要があり、面倒らしい。
 なので、フィルター交換の時はディーラーにお願いすることとして、オイルフィルターを交換する間の5,000km毎3回のオイル交換は(基本)自分でしようと考えています。
 
 
 今日は、休みで天気も良かったので、ハイエースのオイル交換をすることにしました。
 
 まずは、オイルを抜くのにハイエースの下に潜るため、ジャッキアップではなく、ブロックの上に前輪を乗り上げ。 
 
IMG_9376.jpg
 
 ハイエースの下に潜って、オイルのドレンボルトを緩めて、オイルを抜きます。 
 
  
 ドレンボルトを外すと、真っ黒なオイルが出てきます。
 (ドレンボルト、初回点検の時にオイル交換お願いしたら、えらい力で締めてありました) 
 
 ディーゼルだと、ススが混ざってすぐに黒くなっちゃうんですよね。 
 
IMG_9379.jpg
 
 写真に写して見てはじめて気がついたけど、ボディーの下部が結構汚れてますね。
 
 先週、北陸に行ったときの塩カルが付着していると思うので、後でスタンドに行って洗車機でボディー下の洗浄をしてこよう。
 
 
 外したオイルのドレンボルトも新しいからきれいだね。
 
IMG_9380.jpg
 
 ガスケットが付いてこなかったね。 ボディ側のオイルパンに張りついてるかな?
 
 
 とりあえず、ガスケットは新品の在庫があるので、それに交換。 
 
IMG_9381.jpg
 
 
 ガスケット、オイルパン側に張りついていると思ったら、付いてなかった。 (゜o゜;)
 
 初回点検の時に、付け忘れたな? (まあ、ありがちなポカミスだね)
 
 
 オイルパン側に古いガスケットが残ってないことを確認したら、ガスケットを新しくしてドレンボルトを締めます。
 
IMG_9383.jpg
 
 締め付けは、トルクレンチを使って40N・mで。 
 
 (※ 40N・mの数値はマニュアルで調べた訳じゃ無いので、自己責任で)
 
 
 抜いたオイルは真っ黒け。 
 
IMG_9384.jpg
 
 でも、触った感じ、まだ粘性はしっかりしてます。 (ちょっと、勿体ないかな)
 
 整備マニュアルを見ると、オイル交換周期は12ヶ月を越えない範囲で20,000km毎って書いてあるので、それよりかなり短い周期だね。 
 
 
 オイルは事前にamazonでプチって買いました。 
 
 トヨタ純正の DL-1 0W-30。 って一昔前のディーゼルエンジンじゃ考えられない柔らかさ。 
 
IMG_9385.jpg
 
 20リットルのペール缶で¥11,650。
 
 フィルター交換しないときの、交換容量が6.6リットルなので、3回分になります。
 
 1回当たりは ¥11,650 ÷ 3 = ¥3,883 ですね。
 
 
 オイルを抜いている間に昼食を食べて、しっかりオイル抜きました。
 
 ハイエースのエンジンは助手席の下。
 
 助手席をリフトアップすると、エンジン剥き出し。 
 
IMG_9386.jpg
 
 まだ買ってから1ヶ月ちょっとなので、エンジンルームもまだきれい。 
 
 オイルジョッキで規定量の6.6リットルを入れます。 
 
IMG_9387.jpg
 
 3代目のときの経験で、いきなり6.6リットル入れても大丈夫みたい。
 
 
 オイルを入れたら、キャップの閉め忘れに注意。 しっかり閉めて。 
 
IMG_9388.jpg
 
 
 しばらく暖機して、オイルが下がるまで少し待って、オイルレベルを確認。 
 
IMG_9389.jpg 
 
 オイルレベルゲージでオイル量確認するんだけど、このレベルゲージ相変わらず分かり難いね。
 
 これで、オイルの交換作業は終了です。
 
 次回は10,000km越えのときに。 
 

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車