So-net無料ブログ作成

修理を頼んだグローブが直ってきました。 [バイク]

 バイクライディングには必要なグローブ。
 
 自分はRSタイチのものを使っています。 今持っているのは全部で3セット。
  
IMG_9695.jpg
 
 自分流のグローブの使い方は、新しく購入したものはまずツーリングユースでYZF-R1に乗るときに使って馴らします。
 
 使い慣れたところで、サーキットユースに。
 
 サーキットとツーリング用で2セット。
 
 レースとかに出場するとき、前日の練習で転倒して穴が開いたりすると、レース当日(装備品の)車検に通らなくなってしまうので、スペアーは必須です。 
 
 そして、使い続けて”くたびれてきた”ら、スクーター用に格下げします。
 
 
 今持っている3セットのうち青いのが一番古くて、スクーター用。
 
 白いの2セットがサーキット用とツーリング用です。
 
 
 白いのの1つ、去年の6月の転倒したときに使っていたグローブ。 
 
IMG_9574.jpg
 
 コースアウトした時の土がまだ残っています。(汗)
 
 
 そしてチェックしてみたら、左手の人差し指の指先が糸がほぐれて穴が開いていました。
 
IMG_9575.jpg
 
 
 そして、青い方。 
 
IMG_9576.jpg
 
 
 こっちは、ツーリングでかなり使い込んで革が薄くなったので、スクーター用に格下げして使っていたんですが、かなり前に、こっちも左手の人差し指ですが、穴が開いたのをそのまま使っていました。 
 
IMG_9577.jpg
 
 白い方の穴の開いたグローブはまだ新しいので、出来れば修理して使いたいところです。
 
 
 RSタイチの革製品は、修理が出来るものは修理してくれます。
 
 年が明けた1月の中旬、RSタイチのホームページからサポートに写真を送って修理可能か確認。
 
 修理が出来ると回答だったので、修理するグローブを宅配便で送りました。
 
 10日ほどして、電話で修理期間と修理見積りの回答があり、修理してもらうことにしました。
 
 
 そして、今日修理を終え、着払いでグローブが戻ってきました。 
 
IMG_9690.jpg
 
 
 
 修理費用は、宅配便のお金と代引き手数料に税を含めて¥3,888 でした。
 
IMG_9692.jpg
 
 1組2万円ほどするグローブですから、2つで¥4,000弱であればリーズナブルだと思います。 
 
 
 さっそく袋から取り出して修理箇所を確認。  
 
IMG_9693.jpg
 
 白い方の糸がほつれていたGP-WRXは、きれいに直ってますね。
 
 
 青い方のは、革が薄くなっていたので、その部分丸ごと革を切り取って付け直しています。 
 
IMG_9694.jpg
 
 装着した感じ、指先の違和感も感じられなかったので、これでOKです。
 
 これで、しばらく使うことができますね。 
 
 

nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク