So-net無料ブログ作成

【緊急速報】スクーターが壊れました!【2016年6月11日(土)】 [バイク]

【未だゴールデンウィークの九州ツーリングのレポートで引っ張っていましたが、今回は緊急の割り込み記事です。(笑)】

 

 6月11日(土)、嫁さんからのミッションで横浜中華街に行かなければならない用事ができました。

 別に中華料理を食べに行くわけでもなく、食材を買いに行くわけでもなく、一人で出かけます。

 

 自宅のある横須賀から横浜中華街へは電車だと、京急線で横浜駅に出て、乗り換えてJR石川町駅というルート、自宅から駅までの移動を含めると片道1時間半弱と距離の割りに時間がかかって、面倒。

 距離にしたら25キロくらいなので、そんなに遠いわけじゃありません。

 クルマ(ハイエース)だと、週末の中華街に近づくのは混んでいたりして面倒。

 YZF-R1(バイク)だと、行った先の駐輪場を探すのが面倒。

 (面倒くさがりです。 否、楽したがりです。)

 と言うことで、原チャリ2種のアドレスv100に登場願うことになりました。

 

 さっそく、昼前にアドレスで横浜中華街に向け自宅を出発!

 国道16号線を北上して、八景島から先は国道357号線に入り軽快に走ります。

 国道357号線は制限速度なしの法定速度60キロ。  

 自分のアドレスv100は友人からもらったもので、自分で3代目のオーナー。

 年式が不明で、車体番号から調べると、おそらく1997年~1999年で製造から18年以上経っているご老体スクーター。(笑)

 しかも、走行距離は30,000キロを越えていますが、前のオーナーの話では、このメーター自体2代目と言うことでトータルの走行距離は不明。(一説には50,000キロ超?)(@_@)

 

 そんなアドレスの老体にムチ打ち捕まらない速度で快調に走行。

 するはずだった・・・。

 それまで軽快に走っていたアドレスがいきなり駆動力が無くなった。 (゜o゜;)

 「あれ? チェーン切れた!(もとい、チェーンじゃなくベルト切れた?)」

 と次の瞬間、リヤタイヤがロック!

 「あっ、あぶねぇ~。 焼き付いた?」

 次の瞬間リヤタイヤのロックはしなくなったものの、エンジンはストップ。 惰性で走ります。

 ブレーキをかけると、また急にリヤタイヤがロックしたとき転倒する可能性があるので、そのまま惰性で走って停止。(汗)

 国道357号線の道端でストップしちゃいました。(汗)

 止まってから、エンジンをかけてみると、重たそうに回って、最後にグッと止まってしまいました。 (゜o゜;)

 セルでダメならと、キックしてみるもキックは下りず。

 焼き付いたかな・・・。 (-_-;)

 こうなると、どうすることもできないので、乗り捨てま~す。 \(^o^)/

12:11 放置

IMG_1412.jpg

 国道357の片側は歩道が無く、シーサイドラインとの緩衝帯があるだけ。

 緩衝帯の間に草むらがあったので、そこに放置します。置いておくことにします。 

 

 さて、アドレスはハイエースで回収しなければなりませんが、先に嫁さんの用事を済ませるか、それとも、先にハイエースで回収するか。

 選択の余地はありません。 (怒られるので)嫁さんの用事を優先します。(笑)

 

 アドレスが止まった場所は、ちょうど金沢シーサイドライン(新交通システム、タイヤで走る電車みたいなやつです)の並木北駅が近かったので、並木北駅から新杉田へ。 新杉田からはJR根岸線で石川町に行き、歩いて横浜中華街へ。 

12:54 中華街に到着  

IMG_1413.jpg

 中華街に着いたら、嫁さんの用事を早々に片付けて終了。 (iphoneの修理でもありません)

 

13:15 ミッション終了 

FB_IMG_1465618525922.jpg

 せっかく中華街まで来たのでお昼ゴハンを食べたいところですが、放置してきたアドレスが心配。

 (まさか盗まれるとは思いませんが、警察とかに発見されると面倒です) 

 すぐに電車で自宅に戻って、ハイエースを出動させねば。 

 

16:22 アドレスを引き上げ 

IMG_1414.jpg

 アドレス引き上げ完了!

 自分はハイエースがあるので、自分で引き上げることを考えちゃったけど、JAFに頼むと言う選択肢もあったね。

 アドレスを引き上げたので、そのままK2Yに修理に行きま~す。

 

18:38 K2Yに到着 

IMG_1415.jpg

 K2Yに到着しました。

 午後6時を過ぎたのにまだ明るい。 日が伸びましたね。 

 それでは、さっそくアドレスを下ろして・・・・。 まずは

IMG_1418.jpg

 「ジュースジャンケンかよ!」 (`Д´)

 「負けましたけど、何か?」 ( ̄。 ̄;)

 

19:20 カバーを外すと 

IMG_1419.jpg

 ジュージャンがすんだら、さっそくバラします。

 まずは、Vベルト部のカバーを外すと・・・・・。

 『ベルトがな~い!』 左側の軸と右側の軸の間にvベルトがあるハズなんですけど・・・。

 みごとに、ベルトは切れてバラバラに。 ケースの中にはちっちゃくなった破片と粉々になったゴム片が落ちてました。 (゜o゜;

 

 次は焼き付きの確認をします。 

19:23 フロント側 

IMG_1421.jpg

 フロント側のプーリーを外します。

 

19:24 フロント側プーリー 

IMG_1423.jpg

 フロント側のプーリーが出てきました。

 この円錐形の部分をVベルトが移動して、変速するわけですね。

 プーリーは段差もなく、それほど減ってませんでしたので、このまま使います。

 後でパーツリストで確認したら、部品の形状が少し違ってましたので、前のオーナーがプーリーを社外品に交換したみたいですね。

 

19:31 プラグを外す

IMG_1424.jpg

 駆動側のフロント側プーリーが外れたら、次にスパークプラグを外します。

 手が入る様にスクーターのサイドカバーを外してタンデムステップのステーを外すと、プラグの頭が見えてきます。

 ちょうどK2Yに千葉軍団のK君が来ていて、K君に必要なばらすパーツとばらし方を教えてもらったので、作業がはかどりました。 (K君は、以前同じアドレスを持っていて、いじり倒したので詳しいんです)

 

19:39 プラグは 

IMG_1425.jpg

 きれいなもんです。

 焼き付いた痕跡もなし。

 スクーターのわりに、きれいに焼けています。(笑)

 (バイク歴30年超のアクセルワークがなせる技です・・・・。冗談です。)

 プラグを外して、圧縮が抜けた状態でクランクを手で回してみるとスムーズに回ります。

 エンジンは焼き付いてませんでした。(ヨカッタ)

 リヤタイヤがロックしたのは、vベルトのワイヤーがプーリに絡みついて発生したみたいです。 

 と言うことで、修理するのはVベルトだけになりました。 

 

19:42 リヤ側プーリー 

IMG_1428.jpg

 続いて、リヤ側のプーリです。

 切れたベルトのワイヤーが絡みついています。

 ばらします。

 

19:55 絡みつく 

IMG_1431.jpg

 リヤ側のプーリを取り外しました。

 取り外しには、エアーインパクトが無いとできませんね。

 プーリーには、ベルトのワイヤーが強烈に絡みついています。

 これを1本ずつ取っていきます。 これが思いっ切り食い込んでいて結構大変。 

 

19:58 取れたワイヤー 

IMG_1432.jpg

 ワイヤーが全部取れました。

 凄いね、こんな細いワイヤでエンジンのパワーを後輪に伝えてるんだから。

 リヤ側のプーリーもそんなに減ってないんで、そのまま使うことにします。

 ヘタに新品のプーリーにしちゃうと、他のくたびれた部品に無理がかかってそっちが壊れちゃうこともあるみたいなんで。 

 

 とりあえず、交換する部品の洗い出しはできました。 

 

20:01 軽く掃除 

IMG_1433.jpg

 後は部品を頼んでおいてもらって、入荷したら組み付けですね。

 Vベルトが飛び散って汚れたカバーの内側は軽く掃除。

 ちゃんとした掃除は組み立てるときにね。 

 

20:33 作業終了  

IMG_1436.jpg

 本日の作業終了です。

 後は、部品が入荷したら、(来週にでも)修理することにします。

 

 明日はツーリングで朝が早いので、早く帰ってお風呂に入って寝ます。


nice!(23)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク