So-net無料ブログ作成

ウニ丼?(ぬいどう食堂)【2016年9月2日(金)】 [バイク]


 北東北ツーリング3日目の昼は、下北半島の西部、平舘(ひらだて)海峡に面する佐井村までやってきました。

11:41 昼食は  

IMG_0476.jpg

 今日のお昼は、ここで食べるのが目的です。

 お店の名前は”ぬいどう食堂”。


 先客のツーリングライダーが居ましたね。
 ナンバーは練馬です。 自分と同じ、関東からですね。

 それでは、早速入ってみることにしましょう。

 

ぬいどう食堂 

20160923210649235_0002.jpg

 ”ぬいどう食堂”って変な名前と思ってツーリングマップルを見ていたら近くに、”縫道石山(ぬいどういしやま)”って言う山があるんですね。
 お店の名前はここから拝借かな。

 さて、ぬいどう食堂は、ツーリング・マップルにも掲載されていて、”ウニ丼”で有名なお店、テレビやネットでも取り上げられているようです。

 ネットとかに出ているウニ丼の写真が凄い。
 ドンブリの上にウニがビッチリ! ご飯が見えません。(笑)
 それで、¥1,500と、超お得! (^o^)

 これを食べない訳にはいきませんね。


 が、場所が場所、下北半島の先っちょの方で、気軽に訪問できないところが、希少性を際立たせています。

 

11:47 ウニ丼が 

IMG_0477.jpg

 ウニの捕れる時期は、下北半島辺りでは4月から9月の初めくらいまでです。

 一昨年の夏、仕事で三沢に滞在したときは、八戸辺りだと8月のお盆までが時期との話しでした。

 入店して、開口一発 『ウニ丼できますか?』と



 『すみません。ウニないのよ。』

 台風10号の影響で海が荒れて、ウニを捕りにいけないらしい。

 残念! (-_-;)

 こればっかりはね。 自然のもんなんで、どうの仕様もないですね。 

 

11:49 お薦めは 

IMG_0478.jpg

 それでは、と壁に貼ってあるお品書きを見るも、ハシゴを外された感が強くて、注文が決まりません。(汗)

 ”仏ヶ浦ラーメン”なんてありましたが・・・・。 そこまで外す勇気がありません。

 お薦めをきいたら、『歌舞伎丼がお薦めです!』って。

 と言うことで、歌舞伎丼。

 『大盛も出来ますよ。』と言われましたが、
 (お腹が空いているように見えたかな。)

 普通盛り、でお願いしました。
 (この後、大間に行って、ウニ丼リベンジするか。なんて、考えてます)

 

11:49 歌舞伎丼 

IMG_0479.jpg

 しばらくして、”歌舞伎丼”(¥1,000)が運ばれてきました。

 結構な盛りっぷり。 これで、¥1,000 はお得ですね。

 それでは、さっそく 『いただきます!』

 歌舞伎丼にのっている魚介は、マグロにサーモン、イカにイクラです。

 大間が近いこともあって、マグロ旨い! (^0^)v

 イカもいけますね。
 イクラも、サーモンも美味しいですが、頭がウニ丼のスイッチが入っているので、感動は普段の三分の一くらい。(笑)

 歌舞伎丼の名前の由来は、この地区に残る田舎歌舞伎から取っているらしいです。 

 

11:57 ご馳走様でした。 

IMG_0480.jpg

 まあ、いつもの様に完食です。
 (貝殻までは食べないけどね)

 『ご馳走様でした。 美味しかったです。』

 「いつの日か、ウニ丼に巡り会えることを願っております。(笑)」

 ( 『 』 は実際の会話、「 」は心の中の叫びを表してます。) 

 

12:04 大間に

IMG_0481.jpg

 自分が食事をしている間も、何組かのお客さんが訪れては、

 『ウニ丼は・・・・?』 が繰り返されていました。


 歌舞伎丼を食べたので、それでは大間に向け出発することにします。