So-net無料ブログ作成

鈴鹿に全日本ロードレースの観戦に行ってきました。(決勝)【2016年11月6日(日)】 [バイク]

 中期出張で、鈴鹿に逗留中です。
 
 ブログの更新が進んでいません。
 

 
 さて、タイトルにもある様に、今日は全日本ロードレース選手権の最終戦、MFJ-GPの決勝が鈴鹿サーキットで開催されました。

 昨日から鈴鹿サーキットに来ていて、昨日は予選を観戦。
 昨晩はサーキットの駐車場のホテル・ハイエースで車中泊。
 
 今日は決勝日。

 朝食にカップ麺を食べて、サーキットに向かうことにします。 
 
 
8:00 メインゲートから 
IMG_1239.jpg
 
 昨日はモータスポーツゲートからでしたが、今日はメインゲートから入場します。 
 
 
8:30 朝のウォーミングアップ走行 
IMG_8358.jpg
 

 昨日に引き続き、ピットの上からレースを観戦します。

 8時25分からは JSB1000 クラスのウォームアップ走行が始まっています。

 マシンが集団になって、ダンロップコーナーを駆け上がっていきます。

 ダンロップ・コーナーは登り坂から、デグナーカーブに向けてフラットになるので、バンクしてるバイクからコーナーの先が見えないんだよね。

 全日本のライダーは凄いね。 伏せ伏せで全開だ。

 そこをアクセル全開で行くのは、とっても度胸がいります。

 自分が走った時はビビリながら走ってました。(笑)

10:02 J-GP3決勝 
IMG_8405.jpg
 
 朝のウォーミングアップが終わり、これから各クラスの決勝が行われます。 

 まず、最初はJ-GP3クラスから。 グリッド上ではスタート進行が行われています。


 写真に捕らえたのは、グリッド9番目からスタートするゼッケンが見難いですが #410 の宇井陽一選手。

 1972年生まれで43歳。
 もう、20年以上も前からレースをしていて、世界GPも9シーズン走っています。

 筑波サーキットでも、ちょくちょく見かけますが、本当に走るのが好きみたいです。 (^_^)v 
 
 
10:11 スタート 
IMG_8410.jpg
 
 J-GP3のスタートです。
 
 決勝レースは、12周で争われます。 
 
10:15 チャンピオンは 
IMG_8414.jpg
 
 オープニングラップ、ホームストレートを下ってきたのは、#36 徳留選手

 昨日の予選トップで、グリッド1番からスタート。

 今シーズンここまで4戦行われた中、2勝して現在ランキングトップで一番のチャンピオン候補です。

 この3台でトップ争いを繰り広げ、最終的に2位でチェッカーを受けました。

 優勝したのはここまでランキング2位に付けていた、#634の栗原選手で、最終的に1ポイント差で徳留選手が逃げ切って、2016年のチャンピオンを獲得しました。
 
 
10:59 レース1 
IMG_8438.jpg
 
 J-GP3の決勝が終わると、次はJSB1000の決勝です。

 JSB1000の最終戦、MFJ-GPは2ヒート制です。

 午前中、これからレース1、午後からレース2が行われます。

 
 スタートラインの向こう側に並んでいる人たちは、特別にグリッド・ウォークが出来るお客さん。

 グリッド・ウォークが出来るのは貴重な体験ですね。 
 
11:10 レーススタート 
IMG_8456.jpg
 
 JSB1000のレース1がスタートしました。

 レース1は8周の超スプリントで争われます。
 
 
11:11 コーナリングは 
IMG_8463.jpg
 
 ピット上の観覧席の端には、ディスプレイが常設されていて、レースの模様が映し出されています。

 レースが始まり、スタートが切られると、みんなこっちの画面でレースの状況を見ています。(笑)
 まあ、ホームストレートだけ見ていても、退屈だしね。

 でも、当然ですが臨場感はありますよ。 

 コーナーリングはディスプレイで見る。(笑)


 レースの状況は他のネット記事で詳しく、正確に書いていると思うので、あえて自分は書くのを止めよう。 きっと間違えるから。(笑)

 で、レース1は#1の中須賀選手が優勝。

 中須賀選手は前戦の岡山までランキング2位の#12 ヨシムラの津田選手とは27ポイント差を付けていました。
 今回レース1で優勝したことにより、津田選手とのポイント差が34ポイント差に開きました。
 これにより、たとえレース2で津田選手が優勝して、中須賀選手がノーポイントに終わっても逆転することができないため、中須賀選手のチャンピオンが確定しました。

 中須賀選手は全日本初の5連覇。 これは、凄いとしか言いようがありませんね。 
 
 
11:53 ST600クラス決勝 
IMG_8471.jpg
 
 JSB1000 のレース1の次はST600クラスの決勝です。

 スタート進行が始まり、各ライダーがグリッドに並びます。

 14番グリッドには中山真太郎選手、そのお隣15番グリッドには#39 中村選手のメカをしている清水メカの姿が見えますね。
 ライダーはまだグリッドに到着してないので、待ってます。
 
 
11:55 1列目は 
IMG_8482.jpg
 
 グリッド1列目、ポールポジションは現在ランキングトップ #5 の前田選手。
 2番グリッドは#65 タイ人ライダーのチャランポン・ポラマイ選手。

 そして、3番グリッドは#9 MotoBUM からエントリーしている榎戸選手。
 榎戸選手は前戦の岡山まで55ポイントを獲得し、首位に16ポイント差の現在ランキング6位です。

 榎戸選手は場内アナウンスで選手紹介され、ご挨拶中。 
 
 
:05 レーススタート そしてチャンピオン 
IMG_8495.jpg
 

 レースは観戦に集中していたので、写真はありません。 (-_-;)

 オープニングラップ、予選1番手の優勝候補の#5の前田選手が痛恨の転倒。 リタイヤとなってしまいました。

 榎戸選手は3番手でスタートし、トップ集団で走るものの、トップに立てずタイヤを温存する作戦に。
 そして、最終ラップ、勝負に出てトップチェッカー、今期初優勝!

 榎戸選手自身、全日本で初優勝となりました。

 そして、1ポイント差でポイントでトップに立ち、なんとチャンピオンに!

 榎戸選手もまさかチャンピオンになるとは予想していなかった。らしいです。 
 
 
12:51 ピット・ウォーク 
IMG_8497.jpg
 
 ST600の決勝が終わったら、お待ちかねのピット・ウォークですよ。


 「寒そうだ。」 (~_~;)
 
 
12:56 孫か 
IMG_8506.jpg
 
 カワイイ。

 でも、娘、否、孫みたいだ。(笑) 
 
 
12:57 人気者 
IMG_8508.jpg
 
 J-GP3に参戦中の岡崎静香選手。

 今シーズンのランキング6位で締めくくり、初のシリーズランキング、1桁を獲得。

 今年はロードレース世界選手権のMoto3クラスに主催者推薦枠で出場していましたね。

 ピットウォークでも人気者です。
 
 
12:59 津田選手 
IMG_8512.jpg
 
 ヨシムラの津田選手。

 JSB1000のレース1では4位に沈み、チャンピオンを逃しました。 今シーズンは残念でした。

 今シーズン、基本設計の古いGSX-Rで善戦しました。

 来シーズンは、モデルチェンジする様なので、期待してます。


 以前、國川選手のお手伝いをしていたとき、國川選手と同じST600クラスを走っていて、ピットで良く見かけたこともあり、(勝手に)親近感があります。
 
 
13:02 カワサキの 
IMG_8514.jpg
 
 カワサキの傘を持つ、お姉さん。 すてき。 
 
13:06 人だらけ
IMG_8516.jpg
 
 ピット・ウォークはこんな感じで、人だらけ。

 正直、人混み苦手なんです。(笑) (ここまで、写真撮っていて、良く言いますよね。) 
 
 
13:21 昼食は 
IMG_1248.jpg
 
 ピット・ウォークを途中で抜け出して、お昼にします。

 お昼は、パドックにあるレストラン”SUZUKA-ZE”で。

 食べたのは、無難にハンバーグ・カレー(1,050円)。

 盛りはまあまあ、味は無難です。(笑)
 
 
14:00 MotoBUM 
IMG_8533.jpg
 
 昼食の後(ピット・ウォークの後)は、J-GP2の決勝です。

 写真は、#8 MotoBUMの大木選手。
 今日は13番グリッドからのスタートです。

 フロント側に立っているのは、チーム監督の岡部さん。
 前のST600で榎戸選手がチャンピオンになりましたが、MotoBUM自体もチャンピオンを輩出したのは初だそうです。

 リヤ側には清水さんも控えています。 
 
 
14:05 J-GP2 
IMG_8549.jpg
 
 J-GP2のスタートが切られました。


 ポイントリーダーの#94 Team KAGAYAMA の浦本選手は7番グリッドからのスタートです。

 浦本選手は、2位の関口太郎選手とは22.7ポイント差。

 最終戦は優勝ポイントがボーナスポイントが付いて28ポイント。

 関口太郎選手が優勝しても、18位(6ポイント)までに入ればチャンピオンが確定します。

 で、結果、関口太郎選手が今期初優勝で28ポイントをゲットしましたが、浦本選手は10位でチェッカを受け14ポイントを獲得。
 8.7ポイント差で浦本選手がチャンピオンに輝きました。 
 
 
15:10 レース2 
IMG_8576.jpg
 
 J-GP2の決勝の後は、JSB1000のレース2です。

 早速、レース2がスタート。 レース2は20周で争われます。

 レース2のポールポジションは#12 ヨシムラの津田選手です。 
 
 
15:27 再スタート 
IMG_8578.jpg
 
 オープニングラップ、最終コーナーを立ち上がってきた#71の加賀山選手がハイサイドで転倒。
 それを避けきれず後続のTeam GREEN の #91 レオン・ハスラム選手と #26 渡辺 選手が巻き込まれて転倒。
 ホームストレート脇にライダーが取り残される形となったため、、赤旗中断となりました。

 赤旗中断の後、レース2は再スタートになりました。 
 
 
15:36 再スタート 
IMG_8596.jpg
 
 レース2の再スタートが切られました。

 #91のレオン・ハスラム選手もスペアマシンで再スタート。

 #26の渡辺選手はケガをしたため、リタイヤとなりました。

 レース2、ポールからスタートして#12 ヨシムラの津田選手は、途中惜しくもシケインで転倒し、再スタートしたものの順位を落としてしまいます。

 
16:18 ダブル・ウィン 
IMG_8600.jpg
 
 レース2は、序盤#91のレオン・ハスラム選手がトップを走ります。
 が、レース後半周回遅れが出始めると、#1の中須賀選手がトップを奪い、そのままチェッカを受け、今日ダブルウィンとなりました。
 
 中須賀選手は強いですが、スポット参戦したレオン・ハスラム選手もトップ争いに加わるあたり流石です。

 今後も、外国勢の参戦するのは、全日本のレースにはいい刺激になると思いますね。 
 
 
16:37 2016年シーズンも終わり 
IMG_1250.jpg
 
 JSB1000のレース2が終わり、今日のレースはすべて終了しました。

 2016年の全日本ロードレースもこれで終わりました。

 それでは、ボチボチ帰路に就くことにしましょう。
 

 


 長文、お付き合いありがとうございました。 <(_ _)>

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク