So-net無料ブログ作成

筑波サーキット練習走行。(65発目)その2【2019年3月30日(土)】 [バイク]

 「ただいま。」(^_^)/


 記事の更新、間が開いちゃいましたね。


 ようやく仕事から解放されて、ブログを書く時間が取れる様になりました。(^_^)v


 筑波サーキット練習走行の記事、続きを再開です。


torikama-line.jpg


926 走行準備

IMG_7987.jpg


 前回からの続きです。

 今日の練習走行は1本目が9時40分から。

 走行15分前になったので、革ツナギに着替えて走行の準備をします。

 ラップタイムを表示するスマホも(中古ですが)新しくなって、筑波サーキットを認識しました。



94010:00 練習走行 B2

2090330-12.jpg


 9時40分の定刻になりコースイン。

 初めに書いておくと、スマホにラップタイムのデータが残っていませんでした。
 なので、いつもは上欄に載せているラップタイムがありません。
 別にタイムが悪かったからって、載せてない訳じゃありませんぜ。(笑)

 バイクも今回初めて乗りますが、昨年末に罹患(りかん)した左目の網膜剥離の影響も残っているので、慎重に慣熟走行から始めます。

 乗っているCBR600RRPC37からPC40に変わりましたが、あんまり違和感は感じませんでした。
 ただし以前乗っていたPC37のファイナル ギアは45丁でしたが、今乗っているPC40 44丁なので、ちょっとロングなんですが、予想以上にギアが合いませんでした。 (>_<)
 当然、設計の古いPC37よりもPC40の方がエンジンが回るハズなので、余計にロングに感じるのかな?
 このPC40は国際ライダーが乗ったときのファイナルに合わせてあるらしいので、自分の様な下手っぴが乗ってもエンジンを生かせませんねぇ~。
 バイクを走らせながら、
 『国際って、スゲえなぁ~。』 と妙に感心するばかり。

 ロング過ぎて、1コーナーの進入でギアを1つ落とし過ぎて、ローに入れちゃってリヤタイヤがロック寸前、危うくコースアウトするところでした。(笑)

 ところで、乗り手の方のライダーは、網膜剥離の影響は意外に無いかなぁ。 あるかなぁ~。と言ったところ。
 左コーナーになる1ヘアピンの立ち上がりとかで、左側を見るようなとき特に違和感がありました。
 なんとも説明しにくいんですが、両目で見るより、左でも右でも良いんですが片目で見た方か楽な感じ。でした。

 走行中に表示されているラップタイムを 1分9秒台。だったかな。
 『遅~え~。』
 まあ、無理をしないで、色々乗り方を変えてみながら走って、20分の走行枠、終了。



10:20 スプロケットを交換

IMG_7988.jpg


 ピットに戻って、スペアパーツを探すと、以前使っていた”45丁”のスプロケットが出てきました。

 なので、次の走行までに交換することにします。


 まずは、リヤタイヤを車体から取外し。

 スプロケットを外すのに、ナットを緩めようとしたら・・・・。

 『なんちゅうトルクで締めてるの?』
 ってくらい、思いっきり締めてあります。
 
 ナットを緩めるのに苦労しましたよ。(笑)



10:20 外してみたら

IMG_7989.jpg


 リヤのスプロケットを外して見るたら・・・・。

 43丁! (o;)

 44丁かと思っていたら、43丁が付いてました。)

 自分が以前使っていたのが45丁だったので、

 (4543)÷45×100 4.44% ロングなんだね。

 そりゃ2丁も違えば、全然ギア合わないですよね。

 って言うか、こんなにファイナルのギア レシオを外して乗ったことがなかったので、逆に良い勉強になりました。

 スプロケ、汚い。 (ーー;)



10:21 45丁のスプロケ

IMG_7991.jpg


 スペアパーツで取っておいた45丁の中古のスプロケット。

 スプロケットの山が結構減ってるでしょ。
 なので、緊急用に取っておいたんです。

 これに付け替えることにします。 
 取っておいて役に立ちました。



10:45 交換済み

IMG_7992.jpg


 スプロケットを45丁に交換しました。

 スプロケットが大きくなる分、チェーンの長さが足りなくなるかな?と心配したんですが、大丈夫でした。



10:55 緩み止めが・・・。

IMG_7994.jpg


 整備をしながら、あっちこっち見ていると、フロントブレーキのリザーバータンクの緩み止めの金具がありませんね。 (-_-;)

 まあ、通常緩むことはありませんが、レースとかの車検で見つかったらレースは出走できないかな。 たぶん。
 まあ、レースに出ることはありませんが、走行中に外れたりしたら洒落にならないので、戻ったら部品を注文しておきましょう。
 と言うことで、忘れない様写真を撮っておく。



10:55 オートシフター

IMG_7995.jpg


 今度のCBRは後付けのオートシフター付きです。

 オートシフターと言っても、最新鋭のシフトアップもダウンも両方出来るものじゃなくて、シフトアップだけ。

 シフトアップの時に、一瞬点火をカットすることで、クラッチの操作なしでシフトアップ出来るシンプルな仕組み。
 
 前のCBRPC37)のシフトの調子が悪くなった原因の一つに、「自分のシフト操作が下手なんじゃなぁ~。」って言う疑惑があって、オートシフターを着けた方が良いんじゃない。って言われてました。

 なので、好都合。 (^_^)v
 
 使ってみた感じ、良い具合にシフトアップできます。
 けど、人間がすぐに慣れなくて、S字の1個目とかバイクをバンクしながらシフトアップするときとか、シフトミスすると転倒しそうで、バンク中のシフトアップはちと怖いですね。(笑)



10:55 ジェネレータ カバー

IMG_7996.jpg


 エンジン左側のジェネレータカバー。

 (転んで)削れてるね。 (>_<)

 2次カバーだけじゃなくて、ジェネレータカバーの本体も削れてる。

 交換したいところですね。

 これも、前期型と中期型で形状が若干違うみたいなので、年式がわかってから注文しょう。



11:2011:40 練習走行 B3

2090330-12.jpg


 なんて、アラ探しをしている間に、今日2本目の走行時間になりました。

 相変わらず、ラップタイムのデーターは残っておらず。
 データーが何も無いと、レポも書きにくいね。

 まず、ファイナルを43丁→45丁に変更して、違和感と言うか、合ってない感はなくなりましたね。

 タイムは記憶に残っている限り、ベストが7秒台。
 相変わらず、去年までのペースには戻らず。 (-_-;)

 まあ、こんな時は無理をせず、慣熟走行に徹します。
 今日、初めて乗ったバイクだから基本信頼してない? 信頼出来ない?
なので無理はできません。

 それでも、同じところをグルグル走り回っていると、このPC40の方が、これまで乗っていたPC37よりも小回りするみたい。
 ペースが遅いこともあるかもしれませんが、ヘアピンでイン側のゼブラに乗り上げそうな感じ。
 なので、コーナーリングのスピードをもっと上げられそうです。

 ペースが上がってくると、ブーツの先っちょが路面に接触します。
 ステップは上段に移動した方がイイみたいだ。

 後、1本目の走行から気になっているんですが、シートが滑ります。
 1本目の走行が終わった後に、パーツクリーナで拭いたんですが、やっぱり滑ります。
 なので、コーナーの立ち上がりでアクセルを開けていったときに、お尻が滑って体を支えるのに、ハンドルにしがみつく感じになってしまいます。
 シート スポンジは交換かな。

 走行も後半になって、疲れが出てくると、余計ハンドルにしがみつく感じになってきたので、走行時間終了のちょっと前にピットインで、2本目の走行無事終了。



12:11 走行終了

IMG_7997.jpg


 2本目の走行を終えてパドックに戻ってきました。

 今日の走行は2本なので、これで終了。

 ガソリンを抜いたりしながら、オイル漏れとか無いかチェックしながら後片付け。



12:25 パッと積める

IMG_7998.jpg


 ハイエースにバイクを収納して、片付け中。

 PC37みたいに、チェーンのアジャスターを緩めて、リヤタイヤを一番前にずらす必要がないので楽。
 パッと載せたら、パッてリヤゲートを閉められるからね。

 そして、小物の荷物も積んで、お昼を食べに行きましょう。



1246 やっぱモツ定でしょ

IMG_8001.jpg


 荷物を片付けて、腕章を返却したらお昼です。

 久しぶりにモツ煮定食にありつけるので、焦ってコンディションボードの写真を撮るの忘れちゃいましたよ。(笑)

 で、お待たせのモツ定にありつけました。

 練習走行の最後の5分なんて、「ここで無理をして転倒してケガでもしたら、モツ定にありつけないぞ。」 なんて想像してライディングが攻めきれなかったりするわけで。(笑)



12:56 ご馳走様

IMG_8003.jpg


 塩分強めの定番旨さ。


 ライディングで運動して汗をかいた後に過度に塩分を補給してくれます。(笑)

 「ご馳走様でした。」



13:02 撤収します

IMG_8004.jpg


 モツ煮を食べたので帰ります。


 帰ったら、仕事続けます。 (ーー;)



 さて、新しく来たPC40CBRですが、今まで乗っていたPC37とちょっと違うので、乗りやすくするために色々と手を入れないとですね。

 まずは、年式を確認して、サービスマニュアルとかを入手しないとね。


 それでは 『お疲れ様でした!』



おまけ 3月31日(日)  10:01

IMG_8005.jpg


 練習走行に行った次の日、自宅でハイエースからCBRをおろして、シートスポンジを確認。

 前のオーナーが結構乗っていたようで、スポンジの表面がツルツルになっています。
 念のため、パーツクリーナで拭いてみたけど、やっぱりツルツル。


 張り替えることにしましょう。

 けど、このシートスポンジ、カウルにしっかりと張り付いてます。
 手ではがそうとしたけど、歯が立ちません。

 ので、シール剥がしとかケミカル用品を買ってきてやることにしましょう。


(おわり)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク