So-net無料ブログ作成

冷やかけ蕎麦 【家蕎麦】 [蕎麦]

 最近、食べ物ネタのブログが続いていましたが、家での蕎麦はしばらくご無沙汰でした。

 

 久しぶりに、今日の昼食は、家蕎麦。

 例年より早く梅雨が開け、南関東でも、夏本番を向かえ暑い日が続いています。

 そんな日は、冷やかけ蕎麦

IMG_5952.jpg

 冷たいせいろはスタンダードですが、暑い日には、ぶっかけそばとかも捨てがたいです。

 でも、本当に暑く、汗で水分を奪われているときは、冷たい汁がたっぷりの”冷やかけ蕎麦” が体に一番美味しく感じます。

 

 蕎麦は、せいろそば粉と田舎そば粉を半々で混ぜて、つなぎを入れて二八で打ちました。

 打った蕎麦はやや太め。

IMG_5953.jpg

 さっそく、いただいちゃいます。 (^_^)v

 冷蔵庫で冷やした汁が、ほてった胃袋を鎮めてくれます。

 具は、おろした大根、山芋、それに自宅の庭で採れたキュウリ、冷蔵庫に余っていたミョウガ。

 さっぱりとした具が美味い。

 

 で、当然完食。

 IMG_5954.jpg

 『ごちそうさまでした!』 

 

 旨かった! (^_^)v


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蕎麦 浜寅【外蕎麦】 [蕎麦]

 7日木曜と8日金曜日は仕事関係の講習会を受講しに、横浜の東戸塚に行ってきました。

 朝9時から夕方の6時までの講習会だったので、昼食は東戸塚駅の近くで。

 

 昨晩はちょっと呑みすぎたので、昼食はさっぱりしたものが食べたくて、東戸塚駅の東口を出て南側に少し歩いたところにある、”浜寅”で食べることにしました。

 って、昨日と同じジャン!  (>_<)

IMG_5924.jpg

 二日連チャンで来ちゃいましたねぇ~。 ^^;

 他にラーメン屋とかもあったんですが、暑くて・・・。

 

 店内には、石臼。

IMG_5925.jpg

 石臼の向こうには、食券の販売機。 券売機のあるお店に、石臼はちょっとギャップがありますね。(笑) 

 

 注文は、昨日注文するとき迷った”豚肉蕎麦”。

 さっぱりしたものが食べたい。と書いているくせに、(こってり)豚肉蕎麦。(汗)

 

 今日は昨日と比べて混んでいて、10分ちょっと待って、蕎麦が運ばれてきました。

IMG_5926.jpg

 蕎麦がたっぷり!

 って、『大盛りですから・・・!(滝汗)』

 

 『呑みすぎて、さっぱりしたものが食べたい!』 と書いている人が、 こってり豚肉蕎麦の大盛り?

 思考回路が、わ・か・ら・な・い。 (?_?)

 

 さっそく、いただきます。

 蕎麦はたっぷりあって、250グラム~300グラムはありそうです。 (>_<)

 普通のそば屋さんの、2.5人前ですね。(爆)

 

 つけ汁の豚肉は、具だくさん。

 でも、個人的な好みだと、昨日食べたとり肉の方が蕎麦にマッチしているような。  

 普通のそば屋さんでも、鴨や鶏をネタにしているところは多いですが、豚肉はなかなかお目にかからないですもんね。

 

 『いや~。 蕎麦の量、多すぎ!』

 

 でも、完食。(笑)

IMG_5927.jpg

 

 残ったつけ汁は、そば湯で割って。

IMG_5928.jpg

 そば湯も、ステンレスの小さなポットで出てくるところが、拉麺屋と二毛作営業をして、食器類を共用しているためか。

 

 完食! (^0^)/

 IMG_5929.jpg

 『ごちそうさまでした。美味しかったです』 <(_ _)>

 

 お腹、はち切れそう。(笑)

 午後からの、講習会が眠そうです。(爆)


蕎麦 浜寅 【外蕎麦】 [蕎麦]

 7日木曜と8日金曜日は仕事関係の講習会を受講しに、横浜の東戸塚に行ってきました。

 IMG_5913.jpg

 朝9時から夕方の6時近くまでの講習会だったので、昼食は東戸塚駅の近くで。

 

 初日の7日は前の晩にネットで2,3候補を探しておいて、昼食のときは”蕎麦”の気分だったので、東戸塚駅の東口を出て南側に少し歩いたところにある、”浜寅”で食べることにしました。

IMG_5904.jpg

 

 ここ浜寅は、昼は蕎麦屋、夜は拉麺屋というめずらしい二毛作営業をしているお店です。

IMG_5912.jpg

 全国でフランチャイズ展開をしている北前そばの高田屋の様に、昼間はそば屋で、夜は居酒屋をやっているお店は時々見かけますが、昼が蕎麦で夜が拉麺というのは初めてです。

 そのため、店の入口にあるお品書きは、昼の部と夜の部の2段書き。

 

 さっそく、入ってみます。 

 店内は長いカウンターとテーブル席。 ウナギの寝床の様な奥行きの深い店内で、正確なテーブル数がわかりませんが、2人がけ、4人がけ合わせて10卓ぐらいはあるのかな。

 夜は拉麺屋になり様ですが、店内には石臼が置いてあり自家製粉でそば屋としても本格派。

 

 注文は、暖かいつけ蕎麦で”とり肉蕎麦”(¥800)にしました。 

 注文は入口の自販機で食券を買うシステム。

IMG_5905.jpg

 しばらくすると、薬味のワサビとスダチが運ばれてきました。

 薬味はワサビと思っていましたが、よく見ると柚子コショウでした。(汗)

 

 お茶は、冷たいそば茶がカウンターの上に置いてあり、セルフ。

 それほど混んでいなかたのもあり、待たずに5分ほどで、とり肉蕎麦が運ばれてきました。

IMG_5906.jpg

 「おーっ!」と一瞬驚きの声。(心の中)

 蕎麦の器が、せいろじゃなく、深みのある陶器。 夜はこの中に、拉麺が入っちゃうのね。きっと。

 

 その分、量はたっぷりあります。

 それでは、さっそく。

 『いただきます!』 (^O^)

IMG_5908.jpg

 蕎麦はやや太めに打たれた・・・・・。

 じゃなくて、ここの蕎麦は、蕎麦を茹でる釜の上に、絞り出し機があって、そこに蕎麦の玉を入れて、ところてんの様に絞り出す方式。

 絞り出した蕎麦は、そのまま茹で釜の中に落ちるので、まさに打ち立て、否、絞りたて。

 蕎麦は打ち立てが美味いとするならば、これ以上はないよね。

 

 話は戻って、蕎麦はやや太め。 絞り器で絞られていますが、結構しっかりと角が立っています。

 目の前で、蕎麦を絞っているのを見なければ、手打ちと言われても気がつかないかな。自分には。^^;

 

 そば粉の配合率はわかりませんが、壁の張り紙を見ると、つなぎに山芋を使っているらしい。

 

 蕎麦だけを食べてみると、しっかりと蕎麦の風味があって悪くありません。 と言うより、『いいじゃん!』

 

 つづいて、とり肉の付け汁。

 ちょっと、塩分が濃いめしょっぱめですが、とり肉がたくさん入って、とり肉の出汁がよく出て美味しいです。

IMG_5909.jpg

 上品な味付けではありませんが、今日は暑くて汗をかいているので、味付け濃いめで美味しいです。 (^^)

 

 薬味の柚子コショウとスダチは、パンチが効いてイイですね。

 ともすると、年寄りに好まれる上品な味付けになってしまう蕎麦ですが、ここのはラーメンになれた若い人にも受け入れられそうな味付けです。 量もそれなりにあるし。

 

 蕎麦を食べ終わった後のとり肉の付け汁は、そば湯でいただきました。

 丼の中は、ザルが敷いてあり、上げ底。じゃなくて、ちゃんと水切りしてありました。

IMG_5911.jpg

 『ご馳走様でした。美味しかったです!』 <(_ _)>

  好みにもよりますが、この量と味で¥800なら、コストパフォーマンスは高いですね。

 

 講習の後は、久日ぶりに友人のMさんと。

 いつもの関内に集合して、ちと呑みに。

IMG_5914.jpg

 

 まあ、写真を撮るのを忘れて、ブログにするほどの写真がなし。

IMG_5919.jpg

 『実は、飲み過ぎて、写真を取り忘れたのは、ナイショのはなし』(笑)

 

 明日の講習が辛そうだ! (>_<)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ぶんぶく庵【金町】 [蕎麦]

 最近、ブログを ブログも さぼりがちなので、ブログを作成。 

 

 昨日28日は仕事の打合せで、金町へ。

 金町は、東京都葛飾区にあり、京成金町駅のとなりは、寅さんで有名な柴又駅。

IMG_5791.jpg

 打合せが2時からだったので、金町に着いてから、少し遅めの昼食をとることに。

 

 この日、南九州では例年よりかなり早く梅雨明けをし、関東地方でも6月としては異常な暑さとなりました。

 出る前にネットで美味しそうな店の目星を付けていたのですが、駅の北口を出て歩いているとそば屋さんの看板が目に飛び込んできました。

IMG_5792.jpg

 炎天下、あまり歩きたくないこともあますが、”へぎ蕎麦”の文字が目に飛び込んできて、予定変更! 入ってみることにしました。

 そう言えば、最近出先で蕎麦を食べていませんでしたね。

 

 それほど広くはない店内は、昼の1時半も近いと言うのに、ほぼ満席状態。

 結構、人気があるようです。

 

 注文は、『すみません。へぎ蕎麦じゃありません。』 (^_^;)

 普通に”本日の定食” きのこごはん定食。(¥850)。

 を、大盛りにして! ^^;

 そばは当然冷たいせいろを選択。 

IMG_5794.jpg

 混んでいることもあって、しばらく待って、きのこごはん定食が運ばれてきました。 

 ネギが入った器は、そば猪口ではありません。(汗)

 器に入った薬味のネギは、使い放題。 手を抜くことなく、薄く切られています。

 ネギが好きな人にはいいですね。

 

 さっそく、いただきます。  

IMG_5795.jpg

 蕎麦は細めに、少しコキコキした食感がある固めに打たれた蕎麦です。

 コキコキした感じの固い蕎麦は好きなんですが、自分で打つとこういった蕎麦は打てないんですよね。

 季節柄、蕎麦は少し切れて短めですが、まあ、そんなことは気にせず。

 汁は、比較的甘みが抑えられて、自分好みです。 (^0^)

 

 味が落ちやすい蕎麦を先にやっつけて。

 そば湯をもらって、それをつゆにして、きのこごはんをいただきます。

 きのこごはんも、いい塩梅で、美味しいですね。 

IMG_5796.jpg

 まあ、そばなんで、10分もあれば完食。 

 美味しかったです。<(_ _)>

 自分的には大盛りにして、ちょうど良い感じ。 

 でも、大盛りにすると、¥1,050 は普段の昼食には、ちとお高いですね。 

IMG_5797.jpg

  ごちそうさまでした。

 

 次回は、へぎ蕎麦 をいきたいですね。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

雨なので山かけ田舎そば【家蕎麦】 [蕎麦]

 今週末は台風2号が接近しているため

 ツーリングに誘われていたんですが、宿の予約などがない日帰りツーリングで、『台風の雨の中わざわざ出かけていくこともなかべぇ』と言うことで、中止になりました。

 そのため、今週末のブログネタが無くなってしまいました。(>_<)

 ”ネタが無ければそばを打つ!” と言うことで、蕎麦ネタです。 (^ ^;)

 

 東日本大震災直後に長野ならお取り寄せをした蕎麦粉が使い終わってしまったので、今回は、茨城の柿沼製粉から取り寄せをしました。

 柿沼製粉は震災直後、物流の関係で一時取り寄せができない状態がありましたが、今はまったく問題なく取り寄せができます。

 今日は、冷蔵庫に山芋が残っていたので、山かけ蕎麦を作ることにしました。

 蕎麦粉は、”せいろそば粉”と”田舎そば粉”の2種類を取り寄せてましたが、山かけ蕎麦と言うことで、野趣あふれるそばを目指して、田舎そば粉を使うことにしました。

IMG_5541.jpg

 

 ”田舎そば粉”は、黒いそばの皮が入った粗挽きの粉です。

IMG_5543.jpg

 

 目の細かいザルで篩ってみると、そば粉と言うより、そばの実の砕いた破片がザルに残るくらいの粗挽きです。

IMG_5542.jpg

 これだけの粗挽きなので、普通であればつなぎ(小麦粉)を入れないと、なかなか上手くつながりません。

 けれど、自宅で食べるので、上手くつながらなくてもイイので、そば粉十割で生粉打ちしてみました。

IMG_5544.jpg

 最初に水をそば粉の重量の40%加え、次に8%、最後に2%加えた、加水率50%で。

 上手くまとまるかなぁ。と言う感じですが。

 なんか勝手にまとまっていく感じで。 

 そば粉が開封したばかりで新鮮だったこともあり、上手くまとまりましたね。

IMG_5545.jpg

 まとまったそば粉も、色が黒く、黒い皮が点在しています。

 

 そばを切る前に、ネタの山かけの準備。

IMG_5546.jpg

 すり鉢に、卵の白身を入れて、その中で山芋をおろします。

 山芋でメレンゲを作る感じで。

 山かけの準備が終わったら、そばを伸して、切りの準備。

IMG_5548.jpg

 伸しも、少々周りがひび割れしましたが、田舎そばなのでそれほど細く切ることもないので、適当なところでやめておきます。

 そして、切り。

IMG_5549.jpg

 いつもより、3割ほど太め。

 そして、切ったそばを茹でて、山かけにして。

IMG_5551.jpg

 最後に、取っておいた黄身を真ん中に落として、これも冷蔵庫に残っていた”天かす”と青のりを振って、山かけそばの完成です。 (^o^)/

 さっそく、『いただきます!』

IMG_5552.jpg

 暖かいそばですが、少し太めに打ったこともあり、クタクタにならず。

 温められてことによって、そばの香りが立っていいですね。

 味の強い田舎そばは、山かけと合って美味しいです。(手前味噌ですが・・・)

 2枚目は冷たい、せいろにして。

IMG_5553.jpg

 ほんと、色が真っ黒。 イカスミが入っているみたいですね。(笑)

  そばは、皮の方まで入っているので、ネチネチした食感ですが、悪くないですね。

 (ネチネチした食感が、個人的にはあまり好きではないんですけど)

 『ごちそうさまでした!』

IMG_5556.jpg

 満足満足。 自己満足。(笑)

IMG_5557.jpg

 最後は、そば湯でまったりと、 雨の日曜日。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

手打そば 志な乃 [蕎麦]

 今日は仕事関係の資格試験を受けるため、昼から横浜関内に行ってきました。

IMG_5530.jpg

 関内周辺は飲食店が多いので日が暮れてから来ることが多いですが、今日は久しぶりの昼食どき。

 最近、家で蕎麦を打つことが多く、あまり外で蕎麦を食べていないので、久しぶりに外出先で蕎麦を食べることにしました。

 

 JR関内駅北口を出て海側へ、オフィス街を5分ほど歩いて、訪れたのは”手打そば 志な乃”。

IMG_5531.jpg

 ここ手打そば 志な乃は、このブログおよびホームページには初登場ですが、20年以上前から昼時関内にきたときには、ときどき寄らせてもらっているそば屋さんです。 

 

 お店は、雑居ビルの1階の奥まった、少々わかりにくいところにあります。

IMG_5533.jpg

 さっそく、入店します。

 

 店内は、4人がけのテーブル席7卓あります。

 注文は、天ぷらそば。(¥1,800とちょっとお高め)

 席に着くと、すぐに濃いめに入れたお茶が出てきます。

IMG_5534.jpg

 このお茶が美味い。

 志な乃さんの蕎麦は、細打ちの江戸流ではなく、太く打たれた田舎蕎麦を出しているお店です。

 (その他に手打ちのうどんも供しています)

 

 今日は、まだ昼早い時間と言うこともあってか比較的空いていて、5分ほどで蕎麦が出てきました。

IMG_5535.jpg

 蕎麦は昔から変わらず、太めに打たれた、色の黒い蕎麦です。

 量も平均的なそば屋さんより多め。 大食漢の自分でも、まあまあ十分な量があります。

 

 さっそく、『いただきます!』

IMG_5536.jpg

 まず、そば汁を付けずに、蕎麦だけいただきます。

 太めに打たれた蕎麦はつるつると食べることはできず、もぐもぐと食べることになります。

 もぐもぐと口の中で蕎麦を噛むと、田舎蕎麦らしく味と香りが口の中に広がります。

 田舎蕎麦はこれがいいんですよね。 (^O^)

 

 つぎに、そば汁を付けて。

 そば汁は、写真を取り忘れましたが、上の写真の右上にある天つゆと同じように、薄い色をしています。

 普通、田舎そばだと、濃いめの汁を供するところが多い様ですが、志な乃さんの汁は薄め。

 それでも、しっかりとした出汁と甘さをおさえた汁は、不思議と美味しく食べることができます。

 

 蕎麦を食べ始めると、少し遅れて天ぷらが運ばれてきました。

IMG_5537.jpg

 天ぷらは、海老となす、カボチャ、レンコン、ピーマンなど。

 衣はやや厚めで、ボリューム感があります。

 揚げたての熱々で美味い。

 天つゆは、そば汁とは別に供され、温められています。 天つゆとそば汁が別々だと、そば汁に天ぷらの油が混ざらないのでいいですね。

 

 『美味しゅうございました。<(_ _)>』

IMG_5539.jpg

 蕎麦を食べ終わると、湯飲みを換えてお茶がでてきます。 このあたりの気遣いが、またいいですね。

 細めに打たれた喉越しの良い江戸の蕎麦を正道とする人には好まれないそばですが、それはそれ。

 太めに打たれた、野趣あふれる蕎麦もたまにはいいもんです。

 食べ物は、こういうブレがあった方がおもしろい。

 5回に1回くらいは、こう言った田舎蕎麦を食べるのも楽しいと思います。

 

 『ご馳走様でした。』

IMG_5540.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

わかめ蕎麦【家蕎麦】 [蕎麦]

 

 今週の家蕎麦は、新ワカメが美味しい季節なので、さっぱりとワカメ蕎麦を作ってみました。

IMG_5483.jpg

 と言っても、ワカメをのっけただけですが・・・。(汗)

 蕎麦は、残っていた蕎麦粉270gにつなぎの小麦粉を30gを足して、九割そば。

 先週は太めに打ったので、今日は(自分として)できるだけ細めに打ってみました。

 

 ワカメは横須賀の地物。 

IMG_5484.jpg

 今時分のワカメは、柔らかくて美味しい。

 

 ご馳走様でした。 <(_ _)>

 

 ちと、ブログ手抜き~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おろし蕎麦【家蕎麦】 [蕎麦]

 先日、ネットを徘徊していたら、美味そうな”おろし蕎麦”がだれかのブログに載っていました。 

 おろし蕎麦は一般に福井県で食べられている蕎麦の食べ方で、厳密な定義は知りませんが、辛味大根のおろしと醤油の汁をぶっかけして食べるようです。

 そんな記事を見てしまったこともあり、今日は天気が良く暖かったので、おろし蕎麦を作ってみることにしました。

  と言っても、辛味大根を探すのが面倒くさいので、普通の大根で作ります。(笑)

 

 蕎麦粉も、そば実の外側まで挽き込んだ田舎風の蕎麦ができる、いわゆる”挽きぐるみ”の粉があればいいんですが、無いので、せいろ用の蕎麦粉を使用。

IMG_5453.jpg

  蕎麦粉十割で打って、太めに切りました。

 

 蕎麦を打つ前に、スーパーに行って惣菜を購入。 

IMG_5452.jpg

 季節物のが入った天ぷらの盛り合わせがあったので、それをチョイス。

 野菜売り場には、四万十のみょうがが出ていたので、これも季節ものですね。薬味に使うことにします。

 

  蕎麦つゆ大根おろしを混ぜて、ぶっかけ蕎麦に。 かつお節と刻んだみょうがを載せて完成です。 

 IMG_5454.jpg

 大根おろしがどこにあるのか写真だとわかりませんね。(^_^;)

 

 それでは、『いただきます!』

IMG_5455.jpg

 大根はなるべく辛味が出るよう、先っちょの部分を使って乱暴におろしたんですが、辛味はイマイチ。 

 やはり辛味大根にはかないませんね。(笑)

 おろしたときの水分が多くて、蕎麦つゆが薄くなりすぎました。少し水分は切った方がよさそうでした。

 まあまあ満足。

  『ごちそうさまでした』 

 

 昼食後は、昨日に引き続き、CBRの整備。

 IMG_5456.jpg

 天気が良く、暑いと言うほどでないので、整備日和です。 (^_^)v

 (本当は、走った方が、100倍気持ちいいんですけどね。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ぶっかけとろろそば & アスパラガスとあさりのそば 【家蕎麦】 [蕎麦]

 先週は、ツーリングに行ったりしていたのでホームページの更新に集中して、ブログの更新をさぼっていました。 

 ゴールデンウィークに入った4月の最終日は”ぶっかけとろろそば”を作ってみました。

IMG_5263.jpg

 上に載せた海苔が、ちょっと湿気ていて細かく粉々にならず、イマイチ失敗。 (^^;)

 明日から5月、段々と暖かくそして暑くなり、ぶっかけなどの冷たい蕎麦が美味しい季節になっていきます。 

 

 さて先週は親戚がきていて、ブログをアップする時間がありませんでしたが、 毎度の週末の蕎麦は作ってます。

 春と言うことで、菜の花とアサリをタネに蕎麦を作ろうと考えたのですが、菜の花は既に時期を過ぎてしまっていて、スーパーで入手できず。

 菜の花の代わりにアスパラガスアサリとネタに蕎麦を作りました。

IMG_5198.jpg

 アサリから塩分が出るので汁は塩分を少なめにしましたが、それでもちょっと塩っぱめ。

  見た目は春らしくて良いんですが、アスパラガスの香りとそばの香りは自分的には相性はイマイチですなぁ~。

 やはり、菜の花の方がよさそうです。


タグ:蕎麦 そば
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

親子とじ蕎麦【家蕎麦】とLED電球 [蕎麦]

 

 週1~2回のペースでブログを更新していますが、先週はツーリングに行ってホームページを更新をしたのでお休み。

 2週間ぶりのブログ更新です。

 

 まずは、まいどの週末の蕎麦ネタ。(笑)

 今週の蕎麦粉は、”高山製粉の縄文”。

 蕎麦の味が前面に出ている味の濃い蕎麦粉です。 

IMG_5135.jpg

 新品を開封するので、鮮度がいいうちに十割で打とうと思います。

 

 蕎麦粉はパッケージに書いてあるとおり””(黒いツブツブ)が見えますね。

IMG_5136.jpg

 蕎麦粉十割で打って、加水率は46%。

 打っている最中は、ちょっと水分が多すぎてべとつきましたが、のし始めるとそんなことはなく、ちょうど良いぐらいでした。

 ちなみに水は、震災の影響で軟水のミネラルウォーターが入手しずらいので、スーパーに設置してある浄水器で購入したピュアウォーター。 なので、水の硬度は不明ですが、元が水道水なので、硬度50以上はないでしょう。

 

 季節はすっかり春になったので、ネタは何か春の食材で、とか考えたのですが、ピンとくる食材が浮かばず。

 タケノコなども出回り始めましたが、下処理に時間がかかるので、今日の昼食には無理。

IMG_5138.jpg

 とりあえず、出来合いの焼き鳥なぞを買ってきました。

 

 で、作った蕎麦は、親子とじ蕎麦。 

IMG_5140.jpg

 卵とじ系はどうも写真写りが悪く、美味しく見えない。(笑)

 蕎麦つゆに細く切った長ネギを入れ、火を入れ、そこに電子レンジで温めた焼き鳥を入れて、卵でとじます。 

 

 さっそく、いただきます。

IMG_5141.jpg

 卵でとじた汁に負けず、 蕎麦の味が濃くて旨い。

 十割の蕎麦なので、暖かい汁に浸かっていると、だんだん柔らかくなってきます。

 それも、最近はラーメンと違うんだから、柔らかくなっていくのも良し。 これはこれで、美味いもんだと思うようになってきました。

 

 2枚目は、冷たいせいろで。

IMG_5145.jpg

 以前打ったときは、粗挽きらしく、ザラッとした感じはありましたが、 今日食べると、少しゴワゴワした感じがします。 二八の様なつるつるしたのどごしはありません。

 この辺は、好みの分かれるところかな。 (?_?)

 

 そして、今年に入って蕎麦つゆの返しを少し薄めにしているので、この蕎麦の強さに負けちゃいますね。 (>_<)

 この縄文を十割で食べるのだったら、蕎麦に負けない強い汁にしないと、ダメみたい。

IMG_5146.jpg

 蕎麦と汁のバランスが難しい。

 ご馳走様でした。


 自宅の照明はだいたい蛍光灯ですが、これまでトイレと階段の照明は白熱灯を使っていました。

 震災を機に省エネが叫ばれていることもあり、LEDの電球に交換することにしました。

 昼食後は家電量販店へ。

IMG_5147.jpg

 購入したLED電球は、試しで”白色”と”電球色”の2種類。

 震災後、東京電力管内では電力の供給量が下がったことから、使用量の多い日中は供給が不足する可能性はあります。 けど、照明を使う夜間は電力の使用量が少ないことから、供給量不足になることはありません。 なので、震災後の復旧応援として有効かと聞かれれば。 「???」

 まあ、省エネにこしたことはありません。

IMG_5148.jpg

 取り外した白熱電球(写真左)と比べると、LED電球(写真右)はやや長細い。

 白色LEDは階段に、電球色はトイレに使うことにしました。

 LED電球は、暗く感じることがあると聞いたことがあります。

 その明るさに関しては、今まで使っていた白熱電球の明るさに相当するものを買ってきたので、変わりはありませんでした。

 長寿命が売りのLED電球、これで一生使えるね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蕎麦と椀がきと [蕎麦]

 3月11日金曜日、東北地方太平洋沖地震が発生しました。

 神奈川県横須賀にある自宅では、今回の地震による被害はありませんでした。

  先週末はテレビから流れる震災情報に釘付け、流石にそばを打つ余裕はありませんでした。

 

 震災から1週間が経ち、被害がなかった当地では、落ち着きを取り戻しつつあります。

 ただ、報道でも周知のように、買い占めや流通不良による日用品の品不足、ガソリン不足が当地でも続いています。

 ガソリンなどの物資が不足している現状、気軽にバイクで出かけるわけにも行かず、自宅で省電力、静かに生活しています。

 そんなわけで、今週はいつものように昼食は家でそば打ち。

IMG_4990.jpg

  

 蕎麦粉は今週、長野から取り寄せたもの。

IMG_4988.jpg

 高山製粉の八ヶ岳。 過去に何度か使ったことのある蕎麦粉です。

 取り寄せる前にくろねこヤマトに確認したところ、長野県からの取り寄せならば、物流の負担にならないとのことで、お取り寄せ。(恐るべし物流能力)

 時々取り寄せをしている茨城の製粉会社は、宅配業者が取り扱いできないと言うことで、週の前半は宅配中止でした。 (今週の後半になって、宅配の取り扱いを再開したようです)

 次回は、茨城から取ろうと思っています。

 

 打った蕎麦は、1枚目は定番のせいろで。

IMG_4991.jpg

 平成21年、長野のそば粉は、災害の影響もあったのか、あまり出来が良くない様に感じましたが、 今食べている平成22年収穫の蕎麦はとても味が濃く美味いですね。

 

 2枚目は、暖かい蕎麦にして。

IMG_4994.jpg

 出来合いの、かき揚げをのせて。

 かき揚げから出た油が、そば汁に溶け出して、これも美味い。 温かいそばの王道。

 ご馳走様でした。

 今週も普通に食べられることに、感謝。 <(_ _)>

 


 そして今週のおまけは、椀がきの作り方

 椀がき。 普通の人はあまり聞いたことがないと思いますが(自分も普通の人ですが・・・)、そばがきの簡易版みたいなものです。

 そばがきは、大雑把に言えば、そば粉に水を加えて、鍋に入れて加熱して練って団子状にします。 

 椀がきは、お椀にそば粉を入れておいて、そこに熱湯を加えて、ぐるぐるかき混ぜるだけ。

 今回の震災の様に、カップラーメンさえも手に入らないときに、代用食になります。

 

 さて、その作り方(と言うほど大袈裟なものではありませんが)

 用意するもの、そば粉 80g。

IMG_4985.jpg

 写真は、1合(180cc)のカップ。 軽く1杯で、約80g。

 

 それに、熱湯100cc くらい。 1合(180cc)のカップに大体六分目。

IMG_4986.jpg

 お椀に、そば粉を入れておいて、熱湯を一気に注ぎます。

 

 そして、すぐに箸でぐるぐるかき混ぜる。だけ!

IMG_4987.jpg

 椀がきの出来上がり。

 そば粉80gにお湯100ccで、約180gあるので、軽く茶碗一杯分のゴハンと同じ量です。

 

 これに、醤油 もしくは そば汁などをつけて食べる。 トッピングに海苔、わさび、かつお節、七味とうがらしなんかをかけて食べるても、美味しい。

 しかも、熱があまりはいっていないので、蕎麦の味・香りが十分に楽しめます。

 

 これだと、米や小麦製品と違って茹でる必要がないので、カップ麺と同じように沸騰したお湯さえあれば食べることができます。 燃料に余裕がないときは、効率が良いです。

 また、呑んだ後、小腹が空いているときなんか、ちゃっちゃと出来てお薦めです。 (メインはこっちかよ!)(笑)

 この椀がきは、母方の今は亡き父親が好きだった。と言うのを聞いたのは自分でそばを打つようになってから。

  

 そばは、米や小麦粉と異なり、火がとおっていなくても消化できるので、少々生でもお腹を壊すことはありません。

 ただし、石臼引きのそば粉の場合、夏場常温保管をすると虫がわくことがあるので注意です。

 <(_ _)>


 昼食後、横須賀市内の知人のところに、無駄なガソリンを使わないためスクーターで地震後のご機嫌伺いに行ってきました。

 地震のときは、みんなビックリしたようですが、特に被害はなし。(安心 (^_^))

IMG_4997.jpg

 帰り道に、(早咲きの)桜が咲いていたので、写真を一枚。

 来週末には、南関東では本格的に桜が咲き始めそうです。

 

 そして、横須賀港にはひゅうが型護衛艦 DDH182 いせ が停泊。  

IMG_4999.jpg

 今回の震災において緊急事態発生時に対応するべく待機中。

 同じく横須賀港を母港とする海上自衛隊の輸送艦 おおすみ は、19日の今日、救援物資を積んで仙台塩釜港に接岸しました。

 また、いせの向こう側には、米軍の空母ジョージワシントンが停泊中。

IMG_5000.jpg

 姉妹艦のロナルド・レーガンは福島県沖の太平洋上で災害支援のため展開中。

 このジョージワシントンが出航する事態が起きないことを願うばかりだ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山の幸 蕎麦【家蕎麦】 [蕎麦]

 ここ1ヶ月ほど蕎麦ネタのブログを書いていませんでした。 (^_^;)

 『最近、蕎麦飽きたんじゃない?』なんて声が聞こえてきそうですが(ナイナイ!)、相変わらず毎週の様に蕎麦は打ってます。(^^)

 でも、個人としての限界か家で打つ蕎麦もネタが尽きた。 自分なりに一通り作っちゃった感じがするので、『あえてブログにするまでもないかな?』 なんて思ってブログは書いてませんでした。

 まあ、他のネタがあったと言えば、あったのもあるんですけどね。

 

 で、久しぶりの蕎麦ネタ。 

 毎度の家蕎麦で、1枚目はせいろ。

IMG_4872.jpg

 『めんどうだから、写真使い回してるんじゃない?』なんてことはありませんよ。

 今日の昼に打ちました。

 

 2枚目は、暖かい蕎麦で。

 山かけに、干し椎茸とマイタケを入れて、山の幸 蕎麦

IMG_4875.jpg

 干し椎茸からいい出汁が出て、美味い! マイタケはそのまま蕎麦つゆに入れて煮込みましたが、最初に少し油で炒めた方が、風味が出て美味いかも。

 皮付きの鶏モモなんかと一緒に炒めると、鶏の脂でより風味が。 今度やってみよう! (^_^)v

 

IMG_4876.jpg

  と言うことで、ご馳走様でした。 <(_ _)>

 

 昼食後は天気が良く、暖かかったのでガレージからバイクを引っ張りだし。

IMG_4877.jpg

 元旦ツーリング以来、2ヶ月ぶりにR1のエンジンをかけて暖気、エンジンにオイルを回して。

 タイヤのエアーをチェック。 2ヶ月も放っておくと、少しエアーが抜けていました。

 冬場、あまりバイクに乗らなかった人は、タイヤのエアーに注意! ですね。


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

きのこそば【家蕎麦】 [蕎麦]

  2月4日の立春を過ぎ寒さも峠を越し、少しだけ寒さが緩んだ感がある今週末です。

 元旦ツーリング以降2月下旬までは、例年ツーリングにもまず行かないので、ホムペネタ、ブログネタも欠乏気味です。

 そんなわけで、「ネタがなければ蕎麦を打て!」 と言うことで、今週末も蕎麦を打ってみました。

 最近、平日の帰宅時間がわからないので、夕食の準備をしてもらうのはパス。 土曜の晩は一週間ぶりに自宅で夕食。 鍋を食べました。

 鍋をした食材の残りで、キノコ類が余っていたので、今日の昼食はキノコ蕎麦を作ってみました。

IMG_4666.jpg

 シイタケ、ナメコ、エノキにシメジ、4種類のキノコ。 油で軽く炒めた後、濃いめのそば汁で延ばして、カタクリ粉でとろみを付けて、暖かいそばにのせて。

IMG_4667.jpg

 ちょっと多めに七味をかけて、いただきます。 

 七味の唐辛子も相成って、体が温まります。 (^o^)

 

 もう一枚は、もりそばで。

IMG_4665.jpg

 水道の水が冷たいこの季節。 蕎麦もしっかり〆まります。

 蕎麦の美味しい季節です。

 

 最後は、そば湯で〆て。

IMG_4670.jpg

 ご馳走様でした。 <(_ _)>


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

やっぱ鴨かも。【鴨せいろ】 [蕎麦]

 12月も中旬を過ぎ、温暖な南関東にも本格的な冬の気配がやってきました。

 先週は、冬の変わり蕎麦の代表、柚子切りを打ちました。

 今週の昼食は、冬になると脂が乗って美味しくなる。 と言っても冷凍ですが。 (^_^;)

 

 さっそく、昼食前に横須賀中央にあるデパート、さいか屋(話題がローカルですね。笑)の地下にある精肉店に行って鴨肉を購入。

IMG_4243.jpg

 これで、約200g。 グラム¥650 で¥1,365(消費税込み) たっ高い!(汗)

 と言っても、鴨せいろに使う鴨肉は1人前60gぐらいなので、1人前約400円。

 まあ、年に1、2回のものなので。

 そば屋さんの鴨せいろが高いのも、うなずけます。

 

 作り方は、毎年書いているので、省略。(ちなみに去年。) 

 蕎麦は、高山製粉の蕎麦粉”縄文”を二八で打ちました。

IMG_4244.jpg

 

 さっそく、『いただきます!』

IMG_4245.jpg

 『あ~ぁ。旨い! やっぱ鴨は美味いなぁ。』

 自分は種物のそばは、鴨が一番好み。

 脂分がほとんどない蕎麦に、脂分が豊富な鴨は絶好の食材だと思います。

 蕎麦粉も味が濃い縄文なので、鴨の強さに負けていませんね。

 ネギも甘みが出て、美味い。

 

 ごちそうさまでした。 満足満足。 (^o^)


柚子をいただきました。【柚子切りそば】 [蕎麦]

 このブログで隣の家の柚の木をうらめしそう語っていたら、K2Yのメカニックの藤巻さんから、『柚子要りますか?』とメールが10日の金曜日の夜にありました。

 即答で、『要ります!』

 

 そして、11日の土曜日、バイクの整備もあったので、K2Yに行って、柚子をもらってきました。

  IMG_4206.jpg

 土曜の深夜に帰宅して、今日12日朝起きると、隣の家からも柚子のお裾分けが!

 柚子だらけ~。(笑)  ※ トマトは市販品です。(笑)

 藤巻さんからもらって柚子は大きくて香りが強い。 柚子は大きい方が香りが強いようです。

 

 柚子は置いておくと、どんどん香りが飛んでいってしまうので、さっそく、今日の昼食は、一番大きな柚子で柚子切り蕎麦を作ることにします。

IMG_4207.jpg

 柚子は、まずは洗って、出来るだけ目の細かいおろし金でおろします。

 

IMG_4208.jpg

 おろすのは、皮の部分だけ。 皮の裏の白い部分は苦みがでるので、下ろさないように。

 ペースト状の柚子ができました。

 柚子はたくさんあるので、ケチケチしないで使います。 (皮を取った柚子は、風呂に投入!)

  

 蕎麦粉。

 柚子切りに使うのは、御膳粉と呼ばれる、蕎麦の実の中心部分の粉。

 お酒で言えば、大吟醸ですね。(笑)

IMG_4209.jpg

 

 御膳粉 250g につなぎの中強力粉 50g の合計300g で約3人分。

 まずは、御膳粉 250g に熱湯 165cc (粉の全量の55%)を加えます。

IMG_4212.jpg

 普通の手打ち蕎麦の場合、香りが飛んでしまうので、でそばを打ちます。 

 でも、そばの実の中心部分だけの御膳粉の場合、デンプン質がほとんどないので、水ではつながりません。(水で打つ、達人もいるようですが、自分にはとてもできません)

 そのため、御膳粉に熱湯を加えて糊状にして、それをつなぎにして、そばを打ちます。 (昔の人は賢いね!)

 

 御膳粉に熱湯を入れて、最初は熱いので、箸でかき混ぜて。

 温度が下がったら、手で混ぜます。 『熱っ! (>_<)』

IMG_4214.jpg

  ある程度混ざったら、ここで、中強力粉柚子のペーストを加えて、混ぜます。

 

 混ぜたら、こねて。

IMG_4215.jpg

  玉にして。

 のして。

IMG_4218.jpg

 切って、柚子切りが出来ました。

 

 これをたくさんのお湯で45秒ほど茹でて。

IMG_4219.jpg

 

 水で〆れば、出来上がり! (^o^)/

IMG_4220.jpg

 

 そばの中に柚子片がきれいに混ざってますね。

 柚子の香りが立ち、やっぱり柚子切りはその香りが命。

IMG_4221.jpg

 

 さっそく、いただきます。

IMG_4222.jpg

 一口含むと、口の中一杯に柚子の香りが。

 この柚子は甘みも強いですね。

 さっぱりした、味は御膳粉ならでは。  

 

 年に1度か2度打つ柚子切りですが、これを食べると、年の瀬を感じますね。 

 

 ごちそうさまでした。 (^o^)v 

IMG_4223.jpg

 手前味噌ならぬ、手前蕎麦ですが、美味しかった。 

 

 藤巻さん柚子ありがとうございました。

 小さい文字で書いちゃいますけど、『来年も柚子よろしくね!』(笑)

 

 残った柚子は母親がマーマレードを作る様です。

 

 さて、このブログですが、管理のページを見ると、”記事数 301”。

 使っている容量が約100メガでした。

 このソネットのブログは1ギガ(=1,000メガ)なので、まだまだ余裕。 それなので、今日から写真を大きくしてみました。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

味が濃い【蕎麦粉 縄文】 [蕎麦]

 外出しない休みの日の昼食は蕎麦。

 家族から、『頼むから、外出してくれ!』と言われるまで、外出しない休みの日は蕎麦を打ち続けます。 なんて言うのは、冗談です。(笑)

 

 でも、今日の昼食も蕎麦。

 先日、ネットで購入した信州の蕎麦粉ですが、1袋目の”八ヶ岳”が終わりました。

 今日は、他の種類の蕎麦粉”縄文”を打ちます。  同じ、高山製粉の蕎麦粉です。

IMG_4080.jpg

 縄文のうたい文句は、「甘みを増すために霜に当ててから収穫した玄ソバが原料。挽き割りを大型石臼製粉。粗挽きで、少し黒め、黒い点々が飛ぶ、田舎風のそばに。生産者名を明記。」と言うことです。  (HPから転載)

 霜を当ててから、収穫すると蕎麦の甘みが増すんですね。 知りませんでした。 (>_<)

 

 能書きはさておき、そばは三立てと言います。 ので、さっさと打って、さっさと茹でて、さっさと食べます?

 十割の蕎麦粉に最初35%位水を入れ、水回しをして、そのあと加水したら、完全に入れすぎました。

 入れた水を計ったら45%位でしたが、完全に多加水。 ベト付きがでました。(笑)

 まあ、見なかったことにして、とりあえず麺体に。 (-_-;)

 (趣味の蕎麦も5年も続けていると、誤魔化すのは上達しますね。(爆)

 

 とりあえず、それっぽく、出来上がり!

 注:かき揚げは出来合いです。

IMG_4081.jpg

  

 「ああ、確かにうたい文句どおり、色はやや黒めで、星が入ってますね』

IMG_4082.jpg

 さっそく、 『いただきます!』

 これは味が濃いですね。 (@_@)

 ここまで蕎麦の味が濃いと、蕎麦単体で食べるには良いですが、天ぷらなどと一緒に食べると、天ぷらが負けてしまいそう。バランスが難しいですね。

 蕎麦自体も、ぬかった感じはありませんが、粗挽きらしく、少しザラッとした感触が舌にきて、少しコキコキした食感です。

 このあたりは、つるっとした蕎麦が好きな人もいますし、ザラッとした蕎麦が好きな人もいるので、好みの問題になります。 

 嫌いではありませんが、自分としては、いつも食べる標準の蕎麦とはなりません。

 例えるならば、確かに、炊き込みゴハンとかは美味しいですが、やっぱり毎日食べるのは白米って言う感じです。(わかるかなぁ)

 それでも感動的な蕎麦粉だとは思います。 こうゆう蕎麦を自宅で食べることができる蕎麦粉は凄いね。

 

 2杯目は、天ぷら蕎麦にして。

IMG_4084.jpg

 十割で加水量が多い蕎麦を暖かくしちゃ基本ダメだとは思いますが。

 「ああ、やっぱり。」

 しばらくすると蕎麦が”くたっ”として、蕎麦雑炊っぽくなってきました。 (^^;)

 

 この”縄文”は、自分としては、きっちり冷水で〆て食したい蕎麦粉ですね。

 

 美味しかった、家蕎麦、手前蕎麦。

 『ごちそうさまでした』


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

胃にやさしく 山かけ蕎麦 [蕎麦]

 今週、26日の金曜日は新宿のやま小屋で飲み会。 

IMG_3993.jpg

 やま小屋は以前にこのブログで取り上げているので、省略。 呑むのに集中します! (^0^)/ 

 で、結果、帰りの山手線は爆睡!

 京急の終電が終わって帰宅できず、 「とりあえずカマタの」カプセル。 (=_=)

 (去年とまったく同じパターンだ!)

 どうやら、自分の帰巣本能は、”蒲田”でインプットされているらしい。 (-_-;)

 

 カプセルに泊まって、帰宅した27日 土曜日。

 夕方から根岸線の港南台へ。

TS3H0010.jpg

 

 以前から約束してあった、懇親会に参加。

TS3H0011.jpg

 お店は初めてのお店で、期待して行かなかったんですが、予想に反して美味しかった。

 特に、カワハギ。 これから冬にかけて、肝が大きくなります。 カワハギの肝は旨いよね。

 流石に、二日連チャンだったので、9時には早々に引き上げました。

 と、言っても、6時から呑んでましたが・・・・・ ^^;

 

 

 前置きが長くなりましたが、そんなわけで、今日28日 日曜日は9時過ぎまでゆっくり寝て、朝食は抜き。

 昼は家蕎麦です。

 前回、蕎麦を打ったとき、上手く四角く(四つだし)出来なかったので、写真をパスしました。

 今回は、まあ、自分の実力だと下の写真くらいでしょう。(汗)   

IMG_3995.jpg

 前回は、十割でしたが、今日はつなぎを二割入れた二八。 割れにくいからね。

 本当は、右上がもっときちっと角が出来れば良いんですけど・・・・・。

 

 やっぱり、1枚目はざるで。(器はざるじゃないけど)

IMG_3996.jpg

 

 まあ、ちょっと太さにバラツキが・・・。  二連チャンの飲み会で、少々集中力がありませんね。

IMG_3997.jpg

 まあ、皿に盛ったのも、ざるを出すのが面倒くさいと言う、単純な理由です。ハイ。

 

 二枚目は、胃にやさしく、山かけで。 

IMG_3999.jpg

 下ろした山芋に卵白を混ぜて、黄身は月見にして。 

IMG_4000.jpg

 疲れた胃にするするっと入っていきます。 

 水道の水が冷たくなるこの季節。 蕎麦もしっかり〆られるので、この時期から家蕎麦も美味くなりますね。

 

  山かけ蕎麦を食べて、午後には体調も復活しました。

 今日は小春日和、ここのところバイクに乗っていないので、ちょこっと近場までバイクを乗ってきます

IMG_4001.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

信州の新蕎麦 [蕎麦]

 11月も後半になり、隣の家の柚の木がしっかりと実を付け始めました。

IMG_3969.jpg

 今年は猛暑の影響か向こうの柿の木も豊作です。

 

 逆に、10月まで続いた猛暑の影響で本州の蕎麦の収穫は遅くなっているようです。

 

 11月に入り、信州方面の新蕎麦の便りも聞くようになりましたが、しっかりと実を付けてからと思い、少し待って先週末に蕎麦粉をネットで注文しました。

IMG_3972.jpg

 今日(23日)、蕎麦粉が届いたので、昼食は当然、そば

 10月はじめに北海道産の新蕎麦を注文したのですが、それから2か月近くあいだが開いてしまいました。

 

 蕎麦粉は、諏訪にある高山製粉の”八ヶ岳”。 

IMG_3973.jpg

 つながりやすい、素人の自分にも打ちやすい蕎麦粉です。

 せっかくなので、つなぎなしの十割で打ってみます。

 

 蕎麦粉300gに、南アルプスの天然水 を 135cc。 加水率45%で。 

IMG_3975.jpg

 ちょっと、水を入れすぎた感じ。 (^^;)

 とりあえず、まとめて玉にして・・・・(いびつ~)

 

 丸く伸して。

IMG_3976.jpg

 この後、四つだしして(四角く伸して)

 イマイチ、きれいに四角くならなかったので、写真はナシ! (^_^;)

 

IMG_3977.jpg

 四角く伸したら、たたんで、切って。

  

IMG_3978.jpg

 今年は、包丁を研ぎに出したので、良く切れます。 (^^)

 (腕より、道具だな!) 

 

 早速、茹でていただきます。

IMG_3980.jpg

 まず1枚目はせいろで。

 

 流石に新蕎麦らしく、薄いうぐいす色。(写真ではわからないね)

IMG_3981.jpg

 それでは、『いただきます!』

 『あ~。やっぱり、新蕎麦、香りがあって美味いなぁ。』 (^O^)

 この八ヶ岳、特徴としては、土臭さはなく、洗練された蕎麦ですが、味もしっかりしていて美味いですね。

 正直、去年は国産蕎麦全般が不作と言うこともあり、味もちょっと落ちていたような気がしましたが、これを食べる限り、今年は味は良さそうです。 

 

 2枚目は、かけで。

IMG_3982.jpg

 つなぎが入っていないので、温汁の中に長く置いておくとクタクタになりがちですが、意外にくたびれないもんですね。

IMG_3983.jpg

 暖かい汁に温められて、蕎麦は香り立ち、味もしっかりと出ています。

 久しぶりの自宅蕎麦と言うこともあり、旨かった。 (^_^)v

 

 『ごちそうさまでした!』

IMG_3984.jpg

 最後は、そば湯でまったりと。

 

 

 昼食後、隣のおじさんが、先ほどのを持ってきてくれました。

IMG_3985.jpg

 写真を撮っていたのを見られたな。(汗)

 

 でも、自分が欲しいのは、じゃなくて、

 大きな声では言えないけれど ”柚” お待ちしております。 m(_ _)m


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北海道の新そば [蕎麦]

 

 ネットで注文しておいた北海道産の新そばが昨日届きました。

 IMG_3411.jpg

 

 今日は自宅仕事だったので、昼食に蕎麦を打つことに。

IMG_3412.jpg

 例年であればウグイス色をしている新蕎麦ですが、今年のは色はかなり白い。

 情報では今夏の猛暑で蕎麦も悪影響を受けているらしいです。

 香りも、新蕎麦特有の沸き立つような香りはありません。

 去年は台風の影響なので不作でしたが、今年は猛暑の影響で不作になるのかな?

 

IMG_3413.jpg

 一年ぶりの新そばだったので、加える水の量を間違えてしまいズル玉になってしまいした。

 蕎麦も米と同じように、新しいものは水分率が多いんですね。(とあらためて認識)

 

 早速いただきましたが、食べてみればちゃんと新そば。

 香りもあって、味も新鮮な感じでした。

 

 新そばはまだ北海道産がメインですが、10月末以降に出回る本州の新そばが楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

横須賀うどん [蕎麦]

 『パンが無いなら、ケーキをお食べなさい!』とマリーアントワネットは言ったか、言わでか。

 蕎麦粉は無いが、つなぎ用の小麦粉が残っていたので今日はうどんを作ることにしました。

IMG_3206.jpg

 蕎麦のつなぎに使っている小麦粉。 たぶん国内産、もしかしたら、オーストラリア産。

 うどんは小麦粉の産地より、讃岐うどんや水沢うどん、近場で(富士)吉田のうどんなど作った地域が名前になることが多い様なので、今日作るうどんは”横須賀うどん”かな。

 

 

 うどんは3人前弱、小麦粉300g。

 これに、小麦粉の45%の水(135g)に5%の食塩(15g)を合わせて、150gの食塩水をつくり、

 一般に小麦粉の42~46%位の食塩水を混ぜるらしいので、面倒なので45%(135g)の食塩水を一度に投入。

IMG_3207.jpg

混ぜます。

そぼろ状になったら・・・・・蕎麦なら、しばらくすると粉自体がまとまってこようとしますが・・・・・

その気配なし。 なので、無理矢理押しつけて団子状にしてしまいます。

 

で、ビニールの袋に入れて、足で踏みつける!

IMG_3208.jpg

きたない足ですが・・・・(>_<)  そのためのビニール袋です。

 

踏んだら、寝かす。 (-_-)

IMG_3209.jpg

夏場は1時間、冬場で2~3時間程度らしい。

とりあえず、今日は昼に食べると言うことで、仕事を始める9時前にここまで作っておきました。

 

蕎麦は300gくらいであれば、打ち始めて20分ほどで食べることが出来ますが、うどんは寝かさなきゃなんない。

自分的にはこれが面倒。 昼に食べるもんを朝っぱらから仕込むなんて、自分には向きません。

と言うことで、普段うどんはまず作らない。

 

昼になりました。

IMG_3210.jpg

寝かしておいたうどんは、粘りのもとグルテンが生成されて、つやつや。

 

これをもう一度、練って。

IMG_3211.jpg

 そして、玉にします。

 ここまでは意外に上手くできました。 

 

 そして、伸し板の上で延ばします。

IMG_3212.jpg

 四角くなるよう四つだしをして・・・・

 うどんは蕎麦と違って、かなり弾力があるので、延ばすのが大変。

 わずか300gの粉から作ったうどん玉ですが、伸すのは力仕事です。 (^^;)

 

 伸したら、4つにたたんで、

IMG_3213.jpg

 切ります。

 研ぎに出した蕎麦包丁。 いやいや実によく切れる。 気持ちいい! (*^_^*)

 新品の時よりよく切れるかもしれない。 

 

 で、切り終わりました。

IMG_3215.jpg

 うどんはくっつきやすいので、十分に打ち粉をして、ほぐしておきました。

 

  そして、たっぷりのお湯で10分ほど茹でて・・・・ 

IMG_3216.jpg

 一杯目は、茹で上がったうどんに卵を落として釜玉で。

 

 見た目を気にせず、卵をグチャグチャっとかき混ぜて。

IMG_3217.jpg

 うどんの熱で半熟状態になったところで、かつお節におろしショウガ、めんつゆをかけて。

  『いっただきま~すぅ。 うっうまっ!』 (^o^)

 茹でたら、ちょっと太めになっちゃいましたが、表面はつるつる、腰があって、食べ応えあり。 

 ほんと、ひっさびさに作りましたが、大成功! (^_^)v

 

 二杯目は、冷水で締めて。

IMG_3219.jpg

 冷水で締めたので、さらに腰が出ました。 (吉田のうどんほどじゃないけど)

 めんつゆにショウガと青のりを入れて、つるつるっとね。 (^O^)

 

 久しぶりのうどん。 旨かった。

IMG_3220.jpg

 自分が思うにうどんは、蕎麦みたいに最初のハードルは高くないですが、でも、いつも同じ固さ、同じ食感を出すのは難しいみたい。です。

 『ごちそうさまでした』 

 

 午後、自宅にauが電波調査にきました。

IMG_3223.jpg

 以前から、電波の入りが悪くて、通話中に切れたりしていたんですが。

 最近、自宅に居ることが多いんで、電波調査を依頼しました。

 予想通り、かなり電波の状態が悪い様です。 携帯につなぐ外部アンテナを置いていきました。(無料)

 「これで、しばらく様子をみてください。」とのことです。

 外部アンテナは2.5mのケーブルがついているので、これで自宅における自分の行動半径は2.5mに限定されました。(汗)

 あと、2年ほどすると、使用している電波の種類が変わるので、そのときは改善されるでしょう。とのことでした。 ほんとかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理