So-net無料ブログ作成

CBRのステップバーを交換【2019年5月4日(土)】 [バイク]

 今日は5月4日、10連休のゴールデンウィークも終わりが見えてきて寂しい限りです。
 でも、明日からの最後の2日間は泊まりでツーリングに行きます。

 さて、今日は天候が不純、じゃなくて不順で、夕方になって昨日の続きの作業。


 今日もバイクいじります。


 近所の人たちには、いい歳して”バイク馬鹿”と思われていることでしょう。 きっと。 (ーー;)


torikama-line.jpg



16:14 昨日に続いて

IMG_8203.jpg


 今日は CBRのステップバーを交換するつもり? です。

 雨が降り始めてもすぐにガレージに逃げ込めるよう、入口近くにバイクを停めて、作業を開始。



16:14 ステップの位置も

IMG_8204.jpg


 今日はステップも交換しますが、ステップの位置も変えます。

 3月30日の筑波練習の時に、  ブーツの先っちょを少しだけ路面にスリスリで、ステップが低いかなと気になって。
 矢印のボルトの差し込み位置を変えることで、上下と前後の位置を変えることができます。
 今は、前側の低い側。
 これを、前側の高い側に換えようと思います。



16:14 まずはステップ

IMG_8205.jpg


 まずは、ステップ バーの交換。

 モリワキの純正を外します。



16:15 モリワキのは

IMG_8206.jpg


 モリワキのは、ステップバーの中に六角穴付きボルトが入っていて、このボルトをプレート側のナットで固定する様な構造になっています。

 造りが凝ってます。



16:16 MOTO BUM のは

IMG_8207.jpg


 対して、MOTO BUM のは、ステップバーの方に雌ネジが切ってあって、プレート側からボルトで止める構造。

 簡単、っていや簡単だけど。

 これじゃ重いので、ひと手間加えて、反対側から中をくりぬいて中空構造にしてあります。



1617 ボルト買ってきた

IMG_8208.jpg


 さっきホークセンターに行ってボルト買ってきました。

 M8×50mm、二面幅13mmです。

 鉄のボルトとステンレスのボルトがあったんですが、安いから鉄の方。

 じゃなくて、ステンレスの方が強度があるんです。 けど、転倒したときにボルトの方が丈夫だと、ステップのプレートが曲がっちゃう可能性がある。
 ステップバーが折れちゃったり、削れちゃったりするのは仕方ないけど、出来ればステップのプレートは曲がって欲しくない。
 ので、このボルトが折れたり、曲がったりして力を逃がしてくれるのが理想。 とホームセンターのボルト売り場で悩むこと15分。(笑)
 と言うことで、”鉄製”に決定。

 お金ケチったわけじゃありません。(笑)



16:17 ネジが入らん。

IMG_8209.jpg


 モリワキのステップバーを外して、ボルトを入れようと思ったら、入らないじゃん!
 スイングアームが邪魔でした。(笑)

 仕様が無いので、ステップのプレートを一旦外してボルトを入れてから、もう一度取付け。
 って言うか、ステップの位置を変えるので、どっちにせよ一旦プレートは外すつもりだったんだけどね。

 ステップの位置を変えないんだったら、プレートをいちいち外すのは面倒だね。
 その辺は、流石モリワキ。
 レース中に転倒してステップが折れちゃったりしても、すぐに交換できる構造を採用しているんだね。
 4耐、8耐の本拠地、鈴鹿の近くで育ったメーカーだけのことはあります。



16:21 ステップを取り付ける

IMG_8210.jpg



 プレートにボルトを取り付けたら、スペーサを入れてステップを取付け。



16:24 位置も変更

IMG_8212.jpg

 ステップの位置も、高い側に変更して。

 チェンジペダルの位置も、ステップの位置に合わせて、上に上げておきます。
16:27 折れた!

IMG_8487.jpg


 で、位置が決まったので、ステップバーを本締め。

 走っている最中に緩んできたら嫌なので、キチッとね。 キチッと!

 って、”ぐにゅ”って。

 ぐにゅって、ボルトが折れちゃいました!  (_)

 そんな力を入れて無いのに。

 M8ですよ、 M8。
 谷径で6.6mmくらいある鉄の棒が折れるかなぁ?

 心も折れたので、本日の作業はここまでよ。 (-_-;)



(おわり)

コメント(0) 
共通テーマ:バイク

CBRのディスク版とスプロケットを交換【2019年5月3日(金)】 [バイク]

 10連休の今年のゴールデンウィークも今日は5月3日。

 今日で7日目、後半に入りました。

 ここまでどこにも出かけず、適当にバイクいじりしてます。

 今日は、CBR

torikama-line.jpg


14:31 後半戦

IMG_8181.jpg


 お昼を食べて、昼寝をした後、ガレージからCBRを引っ張り出します。


 今日のお題。 タイトルにもあるように、ディスクプレートとスプロケットを交換します。


 いつも、文章がくどいから、今日はあっさりと書く。 つもり。 ( ̄。 ̄;)



14:43 ディスクプレートから

IMG_8183.jpg


 まずはフロントのブレーキディスクの交換をします。

 まずはフロントホイールを外して。



14:43 brembo

IMG_8182.jpg


 今、付いているディスク、brembo なんですが借り物です。



14:45 BRAKING

IMG_8184.jpg


 なので元々、自分が持っている BRAKING 製のディスクに交換します。



14:58 交換完了

IMG_8185.jpg


 サクッと交換、完了?


 て、まだ片側だけね。 ( ̄。 ̄;)



14:59 厚さを確認

IMG_8186.jpg


 両側交換したら、一応厚みをチェックしておく。

 5mmちょっと。



14:59 最小厚は

IMG_8188.jpg


 ディスクプレートに書かれている 最小厚は 4.5mmなので、まだ大丈夫のはず。



 15:02 箱に

IMG_8189.jpg


 外したbrembo のディスクは、箱に仕舞っておく。

 今度会ったときに、返さないとね。



15:34 ブレーキ キャリパーを

IMG_8191.jpg


 フロントホイールを外したときブレーキ キャリパーを否応がなく見る。

 見たらピストンが結構汚れてるのが目に飛び込んできた。
 
 なので、ついでに掃除しておく。





15:37 水洗い

IMG_8192.jpg


 ブレーキ キャリパーは中性洗剤を使って水洗い。

 使い古した歯ブラシでゴシゴシ。



15:42 パッド スプリングも

IMG_8194.jpg


 パッド スプリングも外して洗っとく。

 パッド ピンも確認。
 少し、段付きになっているけど、まだ許容範囲。



16:10 フロント 完了

IMG_8195.jpg
 終わったら、組み付け。
16:14 次はスプロケット

IMG_8196.jpg


 次に、後輪側。

 スプロケットを交換します。

 リヤ ホイールを外します。



16:20 新・旧

IMG_8199.jpg



 スプロケットの新旧。

 奥側が古い方で結構使っていて、まさかのときのためにkeep しておいたやつ。
 山がちょっと斜めになって見えるでしょ。
 斜めになっているんじゃ無くて、減っちゃっている。

 で、手前は新品。
 表面のアルマイトも剥がれて無くてきれい。



16:25 交換完了

IMG_8200.jpg


 サクッと、交換完了。



ステップ バー

IMG_8162.jpg


 一昨日、MOTO BUM で買ってきたステップバー。

 付け替えようと思う。



 16:42 比較

IMG_8201.jpg


 で、今付いているのはモリワキ製らしい。

 ローレット仕上げがしてあって、滑るわけじゃ無いけど、食い付き感がイマイチ。

 今まで MOTO BUM のを長く使ってきたので、自分はこっちが馴染んでます。



16:47 長さを計っておく

IMG_8202.jpg


 モリワキのステップバーの固定は、ステップバー側から六角穴付きボルトを入れて、プレート側のナットで固定しています。

 けど、MOTO BUM のステップバーはステップバー自体に雌ネジが切ってあって、プレート側からボルトを入れて固定する方式。

 ボルトとナットの位置関係が逆なんですねぇ。

 なので、ボルトを買ってこないと、交換できません。

 ので、必要なボルトの長さを測っておく。

 プレートのスペーサーの長さが30mmくらいなので、ボルトの有効長を20mmくらいみておいて、50mmくらいのボルトを準備すればいいですね。
 
 明日買ってこよう。

(つづく)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

GSX-Rのリヤサス周りのメインテナンス【2019年5月1日(水)】 [バイク]

 令和になりました。

 ゴールデンウィークも、27日の土曜日から数えると5日目。
 昨日までは、どこにも出かけずダラダラと家で過ごしていました。

 さすがに5日目にもなると、少々退屈になってきて、”どこかに出かけたい虫”がざわざわしてきます。
 ※ 自分で抑えきれない感情は、昔は”虫”のせいにした。 様なことをNHKの”チコちゃんに叱られる。”で言ってました。(笑)

torikama-line.jpg


10:11 令和になりました。

IMG_8155.jpg


 そんな訳で、今日はタイトルにもあるように、GSX-Rのリヤサス周りのメインテナンスをしに行きつけのバイク屋 コシカワモータース K2Y に行きます。

 まずは、GSX-R をハイエースに積んで。



1023 旅のお供に

IMG_8154.jpg


 一昨日購入した GPS ルート ロガー。

 旅のお供に連れて行きます。  動作確認です。

 電源を入れると、紫の輪っかの右側のところでLEDが点灯します。
 ロガーがGPS を補足すると、このLED が点滅に変わりデータを記録します。
 一頭最初に電源を入れたときには、GPSの補足に少々時間がかかりましたが、5分もしない内に LED は点滅に変わりました。

 それでは、出発。



1116 アクアラインは大渋滞

IMG_8157.jpg


 自宅のある横須賀を出発して、お金が勿体ないので横横は使わず、八景島のある幸浦まで下道を走り、首都高速湾岸線に上がり一路東京方面を目指します。
 川崎の扇島を過ぎて海底トンネル部分に入ると左車線が渋滞していました。
 アクアラインで千葉に向かう車線ですね。

 こんなに渋滞しているのは、初めて見ました。 (o;

 ところで、この時間にアクアラインの入口で並んでいると言うことは、千葉に着くのは何時? と心配になってしまいます。 ( ̄。 ̄;)
 他人ごとですが・・・。



1130 レインボーブリッジを渡橋せよ

IMG_8159.jpg


 都内に入り、直接K2Yのある千葉には向かわず、お台場からレインボーブリッジを渡り一旦都心に向かいます。

 都心も予想以上にクルマが多いです。

 他県ナンバーのクルマで、たぶんサンデードライバー。
 否、今日は日曜日じゃないので、ホリデードライバーか。

 で、初めての道で、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。しているんでしょうね。
 そのたびにクルマが右にふらふら~。 左にふらふら~。
 クルマもバイクも、視線の方に進むのだよ。

 そして、速度も速くはないのに、急にスピードが落ちたり、何も無い直線ブレーキ踏んでみたり。 とバイクを積んでいるハイエースで後ろを走るのが怖いです。



1154 まずは MOTO BUM

IMG_8160.jpg


 都心に来たのは、ここに来るため。

 台東区の御徒町近くにある MOTO BUM さん。

 HONDA系のバイクで主にロードレースをやっているお店。
 レース用のパーツの製作とか販売しています。

 今日は、先日購入したCBRのステップを以前使っていたタイプのステップに交換したいので、ステップを買いに立ち寄りました。



1201 ステップ バー

IMG_8162.jpg


 バック ステップ用のステップ バーを購入。

 このギザギザがグリップしそうでしょ。

 でも、尖ってないので、ブーツの消耗はそれほどでもない。はず。
 (試したことないので・・・。)

 
 ステップの交換(記事)は後日。



1337 K2Yに到着

IMG_8161.jpg


 MOTO BUM に立ち寄った後、千葉のK2Yへ。

 コシカワモータースは自分が大学生のときからの付き合い。
 学校が習志野だったもんでね。
 もう30年を越えてますよ。 (o;)
 まあ、よくも30年以上もバイク乗りが続くものだと、その当時は自分でも思ってもいませんでした。

 それは兎も角、まずはハイエースからGSX-Rを下ろします。


 ゴールデンウィーク中、お店はほぼ休みだったんですが、今日はオークションがあるので開けるというのでお邪魔した次第。



1417 店先で

IMG_8163.jpg


 まずは、GSX-Rを下ろして、お店の一角を借用。

 自宅の前だと坂になっているので、今回の整備をするには不安定。
 K2Yまで来て、整備させてもらうことにしました。

 今時はバイク屋さんの店先借りて整備している人って居なくなりましたよね。
 自分らが学生の頃はお金が無かったから、出来るところは自分らで整備したもんです。
 今となってはすっかり見ない光景になりました。
 なので、今だと店先で整備していると、他のお客さんに確実に店員さんと間違われます。 (笑)

 時代です。 



1454 メッチャ締まってる

IMG_8164.jpg


 今回の整備は、スイング アームがプラプラになるので、レーシングスタンドが使えません。 馬を使います。(左右の赤い奴ね)

 ノーマルの可倒式のステップだとこの馬は使えません。
 バックステップに換えたのは、ステップが固定されているのも理由の一つなんですよね。

 さて、ステップのところに馬をかけて、リヤタイヤをはずして、メガネレンチでボルトを緩めようとしたけど、メッチャ締まってます。
 緩めようと思いっきり力を入れると、馬が浮いてきちゃうくらい。
 ネジ緩めていて、バイクを転かしてしまうのがイヤなので、メカの藤巻さんに手伝ってもらって二人がかりで緩めました。



1512 バラしちゃった

IMG_8166.jpg


 バラしちゃった。 (ーー;)
 戻せるかなぁ~。 は冗談として。

 せっかくここまでバラしたので、リヤのスイングアームもバラしちゃおうかと思ったけど、戻せなくなると困るので、勇気がなくて今回はリヤサスまで。としておきました。(笑)

 さて、昔のバイクはリンクとかを組むときに新車でもグリスとかを縫ってあったけど、最近のバイクは塗ってない。 って言う話をブログとかでちょくちょく見かけます。
 自分もこのGSX-Rのタイヤ交換したとき、ブレーキキャリパーのボルトとかにグリス塗ってなくて電触を起こしているのをみました。
 なので、リヤサス周りも1回バラして、グリスアップしておきたかったんですよね。
 で、実際ボルト、右上のやつ、拡大してトリミングしてみると・・・・。



 錆びちゃってる

IMG_8166-2.jpg


 「ね。 錆びちゃってるでしょ。」

 買ってから、2年ちょっと。

 まあ、表面だけだし。 リンクのボルトはこれ自体が回転する軸になっている訳じゃないんで、錆びてもほとんど問題ないんでしょう。 たぶん。
 実際に回転するのは、赤い○で囲んだ、左側にある部分で、この部分はローラーベアリングが入っていて、その部分はグリスが塗ってあります。

 で、ボルトはグリスが塗ってないんで錆びちゃう。 なので、サビが進むとボルトが抜け難くなくなったりしてリンクをバラすときに容易にバラせなくなっちゃう。
 でも、普通の人でバイクのリヤサス周りをバラしてメインテナンスを(依頼)する人って、たぶんほとんどいないと思う。 
 そのバイクの一生、たぶん1回もバラさないのがほとんど。
 そう考えると、グリスアップしておくこともないのかな。

 でも、自分は気持ちが悪いので、磨いてグリスアップしておく。(笑)



1512 ローラーベアリングが

IMG_8167.jpg


 リヤのアクスル周りとか。 リンクのボルトとか。

 右下の部分、ボルトに混ざって細い棒が・・・・。

 リンクのローラーベアリングのニードルがポロッとね。

 ポロッと落ちちゃった。(o;)


 後で戻しておきます。(笑)



1517 リヤサスも

IMG_8168.jpg


 リヤのサスペンションもはずして、スイングアームがブ~ラブラ。

 馬はこんな感じで使ってます。 (赤いのだけど、説明用にはあまり良い写真とは言えないな)

 バイク専用。 J-TRIP製。

 買っちゃったので、積極に使わないとね。

 と言っても、CBR600RRと合わせても、自分は年に12回しか使わない。
 とってもコスパの悪い道具です。(爆)
 でも、リヤサス外すときには必需品と言って良いかも。
 これが無いとリヤサス周りのメインテナンスはちょっと大変。



1538 リヤのサスペンション

IMG_8169.jpg


 リヤのサスペンションを外しました。

 下側のアクスルにはローラーベアリングは入ってました。
 上側は無かった。
 たぶん。 今、記事を書いていて自信がなくなってきた。 けど、サービスマニュアルをひっくり返して確認するほど自分には熱心さはありません。

 サスペンションの上の部分を取り付けているアクスルはスイングアームが上下動しても回転しないのか?



1539 グリスアップ

IMG_8170.jpg


 で、ローラーベアリング部分には、たっぷりとグリスを塗っておく。

 塗る。と言うより、てんこ盛りにして、押し込んでおく。

 サスを外してついでに、ちゃんとセッティングが(標準に)合っているか、確認。
 セッティングは全然いじってないからね。
 自分、標準的な日本人からすれば体重ある方なんだけど、それでも結構硬いなぁと思ってます。
 まあ、もともと逆輸入車というやつで、カナダ仕様だったかな。



グリスは

IMG_8177.jpg


 今回のメインテナンスに使ったグリス。

 ニューテックのマルチパーパス グリス。

 良いらしい。

 自分で比較したことないのでわからないけど。 今回から使ってみることにした。
 
 歯磨き粉のチューブよりちょっと大きめだけど、値段も4,000円超えとちょっと良い値段。

 自分くらいの個人ユーザーだと、一生使えるかな。
 まあ、何歳までバイクをいじってるかに寄るけど・・・。 (>_<)



1559 掃除して

IMG_8171.jpg


 サスペンションのグリスアップが終わったら、リンク周りも掃除して、グリスアップしていきます。

 リンクはボルトが通る穴が3つあって、それにワッシャーが2枚。

 さて、どのボルトにワッシャーが付いていたかな。
 サービスマニュアルとにらめっこ。(笑)

 手がグリスでベタベタになっちゃったので、この後、しばらく写真がありませんよ。



1653 取付け

IMG_8173.jpg


 リヤサスも掃除して、組み付けました。



1653 組み付け

IMG_8172.jpg


 リンク周りも組み付け。(どうも暗いところの写真がよろしくなくて、すみません)

 リンクの下のボルトが右側から入れてあるんだけど、マフラーに干渉して、最初に入れておいてから組まないと入らない。
 なので、左側から入れようと思ったんだけど、左側から入れると締め付けのときにトルクレンチが入らなくなっちゃう。
 ので、組立難いけど、やっぱ右側からボルトを入れて左側にナットになるのが正解。
 左側からやってみてダメだったのは、秘密の話。(笑)

 リンクをざっと組み立てたら、指定トルクで締めていきます。



1659 締め付けトルク

IMG_8174.jpg


 でだ。 サスペンションのボルトは 50N・m とまあまあの締め付けトルク。

 で問題は、緩めるときにオーバートルクじゃないかと思ったくらい締まっていたリンクのローラーベアリングが入っている部分のボルト。

 締め付けトルクがなんと 98N・m! 98N・mって言ったら乗用車のホイル ナットの締め付けトルクとほぼ同じ。

 ボルトはM8だと思うんだけど、ボルト側の二面幅が14mm、ナット側でも17mm
 二面幅14mmのボルトに 98N・mものトルクをかけていいの?(大丈夫なの)と言った感じだ。
 98Nmと言ったら自分ら世代のkgで言うと、10kgm
 ボルトの軸から1mの距離で10kg分の重さの力をかけたトルクだからね。
 ボルトがM8だとすると、半径は4mm
 1m=100cm=1,000mmなので、4mm250倍。
 1mのところに10kgの力を加えたとすると、ボルト表面には 10kg×250倍の
 2,500kg2.5t。 ちょっとした高級乗用車の重量だ。
 これがボルト表面の5山分くらいに掛かっている訳だ。



1727 適正トルクでね

IMG_8176.jpg


 と妄想していたら、メカの藤巻さんから「ネジの規格が違うんだよ。」と教えてくれました。
 「なるほど。」 なら大丈夫だ。 と言うより、メーカはちゃんと大丈夫なネジを選んでいる訳だ。
 でも、こんなリンクにそんな締め付けトルクが必要なボルトが必要なのかな。
 ラジアル方向には力が働くけど、スラスト方向の力は、ほとんど掛からないはずだと思うんだけどね。

 でも、書かれている通りに締めておく。
 緩んでボルトが抜けちゃったらイヤだからね。

 で、締めようと思ったら合うトルクレンチがない!
 自分が持っている東日製の二輪用トルクレンチは 3/8 70N・mまで。
 1/2 だと140N・mまで使えるんだけど、二面幅17mm 1/2のソケット持ってませんでした。
 なので、これだけお店に借りて、締め付け完了。
 (後は全部自前の工具です。)



1727 サッパリ

IMG_8175.jpg


 サスペンションの組み付けが終わったら、リヤタイヤを組み付けます。

 掃除をしながら作業していたので、結構な時間が掛かっちゃいましたね。

 作業はこれで終了です。

 今回念願のリヤサス周りのグリスアップが出来てサッパリしました。


 GW後半の5日、6日と一泊二日でツーリングに行くので、楽しみです。


 次回はスイングアームもバラすかな。(笑)


(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

GPSロガーを更新【2019年4月29日(月)】 [バイク]

 中2日でね記事を上げたいと思ってるんです。


 自分には毎日は無理だし。 中1日もかなりしんどい。

 で、3日も空けると忘れられそうで。 なんて、ちょっと自意識過剰か。(笑)


 でね。 昨日ちょうど中2日で記事を書き上げようと思ってたんですが、書いている途中でcrome を閉じちゃった。

 記事を書きながらGoogle map で調べ物して、Google map のタブだけ閉じようと思ったんだけど、crome 丸々閉じちゃった。 (゚o゚;)

 で、途中まで書いた記事がお釈迦。(ToT)

 

 良くやらかしちゃうんですよね。


 で、心が折れました。

 

 もう一度、書き直す元気はありませんでした。


 と、誰も気にしていない、記事が空いた言い訳をして、自分を納得させて今日記事の書き直し。


 と枕を書いたところで本題へ。(笑)


torikama-line.jpg


 バイクツーリングのときなど、今まではIOデータ機器のGPSロガー”旅ログ”を使って走ったルートを記録していました。


IMG_8180.jpg



 記録されたルートはPCに吸い上げ、ルートマップにしてツーリングのレポに掲載していました。


20190310_MAP-1.jpg


 去年の7月頃にGoogle map のプログラムが変更され、それ以降この付属のアプリ”旅レコプレーヤー”との連携に支障が出るようになり上手く表示できなくなりました。(地図が暗く表示されます)

 まあ、とりあえずそのまま使っていたんですが。


 ところが、4月21日の千葉県内ツーリングのときにも使ったのですが、上手くデータがPCに吸い上げられない症状が・・・。 (゚o゚;)

 

 タイミング的にこの4月7日に20年に一度のGPSがリセットされた影響か?

 な~んて考えても、確認する術はなし。 ましてや、アプリを直す術なんて持ち合わせていません。


 ので、これを機に買い換えることにしました。



torikama-line.jpg


 GW休み2日目の28日の夜、ネットで探して Amazon でポチる。


logger.jpg


 画像が小っちゃすぎたね。 何が書いてあるかわからない。(ーー;)


 お値段、3,858円とリーズナブル。

 (今まで使っていたのは、1万円くらいだったかな。)


 今まで使っていた機種は単3電池駆動でしたが、今回のは内蔵バッテリー。

 良くもアリ、悪くもアリ。

 使ってみなけりゃ、わからない。



4月29日(月)20:00 とどく。

IMG_8138.jpg


 前回間違えてプライム会員を申し込んじゃったんだけど、30日間無料なので、そのままにしておいたんだよね。

 28日(日)の晩にポチったら、29日(月)に届いた。

 凄いね、次の日届いちゃうんだ。

 翌日配達とか、書いてあったけど半信半疑でね。

 夜も8時に近くなったので、「流石に翌日には届かないよな~。」なんておもってたら、5分前に「ピンポン!」だって。(汗)

 これくらいのことじゃ平成生まれの人は驚かないんだろうね。

 昭和の中頃生まれの自分は十分驚嘆するに値したよ。(笑)


 そして、箱は相変わらずの Amazon サイズ。


 今回注文した品物が十分に小さいのを知っていたから、開封するのが楽しみ。



20:32 開封

IMG_8140.jpg


 「ふふっ。」


 相変わらず、惚れ惚れするほどの空隙率。



20:35 大きさ比較

IMG_8143.jpg


 早速、開封。


 IOデータのと大きさを比較。


 大きさはそれほど変わりませんが、厚さが違います。


 IOデータ機器のは、乾電池が入るからね。 おむすび型していてちょっと大きい。



20:36 中身は

IMG_8144.jpg


 箱の中身は、GPS のロガー本体と8cm CD のみ。と至ってシンプル。


 取説もこのCDの中。 で、他の機種のプログラムも同梱してあって、あまりわかりやすい。とは言えない。 どちらかと言えばわかりにくい。



20:36 本体は

IMG_8145.jpg


 本体は至ってシンプル。


 ボディーの横に、電源スイッチ。 基本これだけ。


 スイッチをオンにすれば、GPSからのデータを記録します。

 



20:36 USBメモリー

IMG_8146.jpg


 パッと見、ちっと大きめのUSBメモリーっぽい。


 充電やPCとのデータのやりとりは、このUSBで行います。


 上の丸い部分は、ボタンになっていて、GPS のログを記録中に押すとタグが記録されます。


 

 そして、5月1日にハイエースで出かける用事があったので、試しに使ってみた。



canwayアプリ

display.jpg


 自宅に戻って、PCにデータを吸い上げ。


 吸い上げるソフトは、CanWayってソフトなんだけど、添付のCDに入っているみたいだけど、上手いことインストールできませんでした。自分には。


 で、ネットで探してダウンロード。 とりあえず、動くようになりました。


 けどね。このソフト、軌跡を閲覧することが出来るですが、印刷とかjpgでのアウトプットがありません。

 それなので、ブログの記事にルートマップを載せようとすると、プリント スクリーンでエクセルか何かに貼り付けて、PDFで印刷。

 PDFから jpg に変換して記事に貼り付けなければなりません。

 と、結構面倒。



プリント スクリーンで

20190502_map.jpg


 で、jpgに変換して貼り付けてみた。


 まあ、IOデータのと比べると、使い勝手が悪いけど、仕様がないですね。


 しばらく、この状態で使ってみます。



(おわり)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

GSX-Rのオイル交換 & ハイスロに交換【2019年4月29日(月)】 [バイク]

  ゴールデンウィーク、3日目になりました。


 1日目、2日目は、天気が良くないことを理由にして家でゴロゴロしていました。


 3日目になって、ようやく天気も良くなったのでバイクいじりを始めます。        



torikama-line.jpg


10:01 汚れてますよ。

IMG_8101.jpg


 写真だとわかりませんが、汚れてます。
 去年から洗車してません。( ̄。 ̄;)

 11月末のツーリングの後、12月にもう一回走ってから冬仕舞をする予定でしたが、網膜剥離で入院しちゃったんでね。
 そのまま今に至ります。 (ーー;)

 と言うことで、まずは洗車。



11:33 洗車完了

IMG_8102.jpg


 とりあえず1時間半ほどかけて洗車。

 きれいになったでしょ!

 と、言われても写真だとわかりません。


 お昼が近くなったので、午前中の作業はここまで。

 続きはお昼を食べてから。



14:03 ここまでの走行距離は

IMG_8107.jpg


 お昼を食べた後、1時間ほど昼寝をしちゃいました。
 長期休みをいいことにいいことに、たるみまくってます。(^_^;)
 
 2時を過ぎて作業を再開。

 まずはオイル交換しようかな? どうしようかな?
 GSX-Rのオイル交換は3,000km毎を目安にしているんですが、只今 14,833km
 交換のタイミングの 15,000km にはちと早い。
 けど、ゴールデンウィーク後半に1,000km弱のツーリングに行く予定なので交換しておきたいところです。
 
 が、前回交換した履歴を見ると、12,674 km

 と前回は遅れてオイル交換していたので、2,000kmちょっとしか走ってないんだねぇ。
 う~ん。 半端で気持ち悪い。



14:15 結局

IMG_8113.jpg


 まあ、前回交換してから半年は経ってるし、その間にサーキット走行もしてるし、って言うことで交換しちゃいます。 結局。

 今回はオイルフィルター交換はしないので、カウルは外さずに作業できます。

 それでは、まずドレンボルトを外してオイル抜いちゃいます。



14:16 オイルを抜く

IMG_8114.jpg


 ガメラの血の色。 (知っている人は、それなりの年齢。(笑))

 やっぱり、あんまり汚れていませんね。



14:17 磁石には

IMG_8116.jpg


 鉄粉を集める磁石がドレンボルトに埋め込まれていますが、細かい鉄分が付着してますね。

 もう、15,000近く走っているにもかかわらず、まだ鉄粉が付着すると言うことは、ずーっと出続けるみたいです。

 そう考えると、この磁石もムダじゃないですね。



14:19 オイルを

IMG_8117.jpg


 オイルを準備。

 使いかけ+2本。

 フィルターを交換しないので、2.5リットルくらいでたりるかな。

 オイルは MOTUL 300V

 箱買いも2ダース目に突入しました。(汗)



14:36 ワッシャは

IMG_8121.jpg


 ワッシャーは新品に交換。
 安いものなので、ケチってオイルが漏れることを考えると交換しておくのが得策。

 で、この使ったワッシャーが外しにくい。

 取り付けるときに、潰して密閉するタイプなので、ガッチリとドレンボルトに食い込んじゃっていてね。
 無理して取るので、ドレンボルトにキズが・・・・。

 その内、このキズからオイルが漏れそうです。(汗)


 誰か上手い外し方知っている人、いないかな?



14:38 トルクレンチで

IMG_8122.jpg


 オイルが抜けたら、トルクレンチを使ってドレンボルトを締め付け。

 トルクレンチを使うと、意外にそんなに力を入れなくても良いことがわかります。
 トルクレンチ使わないときは、きっと締め過ぎでしたね。



14:39 注入

IMG_8123.jpg


 ドレンボルトを締めたら、オイルを注入。

 「こぼれてますよ!」 ( ̄。 ̄;)



15:00 レベルを確認

IMG_8125.jpg


 オイルを入れたら、軽く暖機して放置プレー。

 オイルが落ち着いたところで、レベルの確認。

 で、OKですね。

 
 そして、最後にフィラーキャップをちゃんと閉めたか確認。

 で、オイル交換作業終了。



15:01 ハイスロットルにしたい

IMG_8126.jpg


 はい。 次の作業。

 去年、走行会でエビスサーキットを走った時に、標準でスロットルの開度が大きくて、握りなおさないと全開にならないのに気付きました。
 (逆に言うと、1年半くらい気付かなかった)

 やっぱり、スロットルは握りなおさなくても、全開になるようにした方がカッコ良さそうだ。(笑)
 と言うことで、ハイスロットルに変えようかと思ったのですが、GSX-Rのスロットル ユニットは写真の通りキル スイッチやセルモータスイッチと一体になっています。
 なので、簡単には社外品のハイスロットルに交換できません。

 ネットを見てみると、GSX-Rに関して、同じ様に考えている人がたくさんいるみたいです。


 で、調べてみると YAMAHA のYZF-R1 のスロットルに交換するとある程度ハイスロットルになる様です。(便利な時代です。)



15:01 ワイヤに遊びを作る

IMG_8127.jpg


 と言うことで、YZF-R1のスロットルに変更することにしました。

 部品自体は買ってあったのですが、交換するのは1回変更する前に乗って確認してから、と思い交換してませんでした。

 先週、ツーリングに行ってノーマルの状態を確認したので、交換しちゃいます。

 まずは、アクセルの近くにあるワイヤーの遊びを調整する部分を緩めて、ワイヤーに遊びを作ります。



15:06 スロットルを取り外す

IMG_8128.jpg


 ワイヤーに遊びを付くったら、スロットル ユニットのボルトを緩めて、今付いているスロットルを取り外します。

 ここまでは簡単。(でした)



15:07 GSX-R の直径は

IMG_8130.jpg


 外したGSX-R 純正のスロットルのワイヤを巻き取る部分(タイコ)の直径は、大体 33mm



15:07 YZF-R1の直径は

IMG_8131.jpg


 新しく取り付ける予定の YZF-R1 のスロットルの直径は、大体 36.5mmくらい。

 なので、
 GSX-R のノーマルの周長は
  3.14 × 33mm 103.6mm
 YZF-R1 の周長は
  3.14 × 36.5mm 114.6mm
 その差は11mmくらい。 これじゃ、わからない。

 アクセルワイヤーの引き代を計るの忘れたんですが、ノーマルの引き代の場合、アクセル開度がざっくり90°だとすると
 引き代は 103.6 ÷ 4 25.9 mm
 これをYZF-R1のに付け替えると、25.9÷114.6×360°= 81.4°くらいになる。

 と計算するとちょっとイメージできます。



15:27 タンクを外す?

IMG_8132.jpg


 YZF-R1だとタイコの部分の直径が大きくなったので、アクセルの手元の遊びの調整だけじゃ、ワイヤーが足らないかな?


 インジェクションの方のワイヤーも緩めないとダメかと思い、ガソリンタンクを外す体で写真を撮った。

 けど、大丈夫でした。 タンクは外す必要は無かったですね。

 手元のアジャスタを一番緩めるだけで、アクセル交換できましたね。

 わかっていれば、と言うか、コツを知っていれば、訳なかったんですが、ちょっと手間取っちゃいましたね。



15:42 ワイヤの遊びを調整

IMG_8133.jpg


 アクセルを取り付けたら、アクセルワイヤーの遊びの調整。

 ワイヤーを張りすぎると、ハンドルを切っただけでアクセルが開いちゃうからね。
 Uターンしようとして、ハンドルをロックするまで切ってアクセル開けたら、思いっきり吹けちゃうと、結構焦る。(笑)
 洒落にならないので、アクセルの張りはほどほどに。



15:51 グリップの模様

IMG_8134.jpg


  と言うことで、アクセル ワイヤーの調整が終わったら、一応作業は終わりなんだけど。

 グリップの模様が、SUZUKIとYAMAHA だと違います。

 なので、右側のアクセル側は、YZF-R1の純正。



15:51 左はそのまま

IMG_8135.jpg


 左側はそのままなので、GSX-R 純正。

 模様自体も違うけど、つや感が違うね。 

 GSX-R 純正はマットな感じだ。

 気になるようだったら、左右の両方ともTZタイプのグリップに交換しようかな。
 
 TZは自分ら世代には憧れなのだよ。(笑)


 (たぶんしないとだろうね。)



16:00 ワイヤーロックを

IMG_8136.jpg


 せっかくなので、グリップにワイヤロックしておいた。
 レーサーっぽい。(笑) 

 Moto GPのロレンソ選手の様に走っている最中にグリップが抜けるとイヤだからね。
 (
マニアックすぎるか?)



1601 安上がりに

IMG_8137.jpg


 とりあえず、今日はこの辺にしておきます。

 
 最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございました。

 単なる、整備録でした。

 YZF-R1のスロットルは2000円もしません。
 スロットルの交換は安上がりでいいね! (笑)


(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

CBRにシートスポンジを貼る。【2019年4月28(日)】 [バイク]

 ゴールデンウィーク、終わっちゃいましたね。 寂しいです。(笑)


 今年のGWは大型過ぎて、予定を上手く立てられませんでした。 (ーー;)


 さて、GW明けはGWネタから始めます。

 休み明けなので、軽いのいきます。(笑)

 初日の27日(土)は、午前中は自宅用の日用品の買い出し。

 夕方になって、忙しくて行けてなかった散髪へ。

 そして、ツイッターでつぶやきましたが、連休になると個人店が休みになるっぽいので、休みになる前にぼっち飲みへ。


 そして、翌日28日(日)は今日の記事の話題になります。



torikama-line.jpg


4月23日(火) SPOT FRP へ

DSC_0001_BURST20190423105600534-1.jpg


 新しく手に入れたCBR600RRのシート スポンジがすり減って滑りやすいので、付け替えたのは4月6日(日)の記事にしたとおりです。




 ただ、新しく張り替えたシート スポンジが、やたらと小さかったので、ちゃんとした大きさのスポンジを SPOT FRP さんに取りに(買いに)行きました。


 ちょうど、23日(火)に横浜の都筑区にある取引先に行く用事があったので、事前に電話をして訪れました。


※ 行くときは、事前に連絡をしてから訪問して下さい。

  お店ではないので、突然訪問すると迷惑になっちゃいます。


 

15:27 シートを剥がしたあと

IMG_8097.jpg


 27日(日)も天気が不順だったかな。


 夕方になって、ようやく動き出して、仮に貼っておいた小さなシート スポンジを剥がしました。

 貼ってから、時間があまり経っていないので、きれいに剥がれました。



15:28 新しいシート スポンジ

IMG_8098.jpg


 新しいシート スポンジをあてがって、位置を確認します。


 専用品じゃなくて、汎用のものなので、ボルトの穴のところは大きく逃げています。

 けど、革つなぎで座る分には、影響はありません。



15:32 貼って固定

IMG_8100.jpg


 裏に貼ってある両面テープを剥がして、貼り付け。


 そして、ちゃんと張っ付く様にガムテープで固定。



4月29日(火) 11:36 1日置いて

IMG_8104.jpg


 ガムテープで1日置いて、張り付いたか確認。


 大丈夫そうですね。



11:36 端っこも

IMG_8106.jpg



 端っこがちゃんとくっついてなかったら、接着剤で貼ろうと思ったけど、端っこもちゃんとくっついているようなので、これでヨシとしておきます。


 次回5月中旬に乗る機会あるので、そのときに確認ですね。



 後は、今付いているバックステップはモリワキのものらしいのですが、ステップバーも滑りやすいです。

 たぶん前のライダーの好みで、あまりグリップし過ぎないように削ったんだと思います。

 自分の好みとは合わないので、以前も使っていたモトバム製のものに交換したいと思います。


 スペアーのステップバーの在庫が1本しかないので、今度買ってこないとね。



 こんな感じで、今年のGWはスロースタートです。



(おわり)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

千葉県内ツーリング(後半)【2019年4月21日(日)】 [バイク]

 ゴールデンウィーク、終わっちゃいましたね。


 大型の10連休でしたが、特に何もしませんでしたが、意外にあっさり終わっちゃった感があります。(最後に一泊二日のツーリングのみ)


 去年の暮れに網膜剥離に罹患して、2週間入院、そのあとそのまま冬休みに突入したので、結局3週間ほど何もせずに過ごしたときは流石に退屈しました。

 それと比べると、10連休なんて可愛いもんです。(笑)


 さて、記事は4月21日(日)に行った、千葉県内ツーリング 後半になります。


torikama-line.jpg



1500 急いで帰路に

IMG_8076.jpg


 千葉県内ツーリング、野島崎灯台のロータリーにある御食事処みずるめで昼食。

 その後、少し移動して山小屋カフェ風の道でまったりしました。

 ちょっとまったりし過ぎて、3時を回っちゃいました。(汗)

 夜になるとにわか雨が降る予報が出ていました。
 けど、今いるところはまだほとんど房総半島の最南端。
 急いで帰路につくことにします。

 と、バタバタしていたので、出発時の写真を撮り忘れ。 (>_<)
 到着時の写真を使い回すと言う、手抜きの記事になっちゃいました。 <(_ _)>



1712 やっちまったよぉ

IMG_8082.jpg


 はい! 出発したときの千葉市内の集合場所に戻ってきました。 ( ̄。 ̄;)

 って、途中スタンドでガソリン入れただけで、ノンストップで千葉市の千葉小倉南まで一気。

 やっちまいましたね。 道中の写真は1枚も無し! ブロガー失格だな。
 (って、そもそも自分ブロガーじゃないし・・・。)



1713 最後のジュージャン

IMG_8085.jpg


 今日はK2Yまで戻らないで、ここで途中解散することにします。

 ので、最後のジュースじゃんけん。
 (完全にじゃんけんレポになっちゃいました)(汗)



1714 負けなし

IMG_8092.jpg


 「ふふっ。」 早い段階で勝ち抜け。

 負けたのは、岩井さん。

 「ゴチになります!」

 自分は本日負けなし。 4戦0敗。 (^_^)v



1857 帰着

IMG_8093.jpg


 千葉市若葉区のセブンイレブン小倉南でジュースじゃんけんした後、流れ解散。

 自分は、セブンイレブンから西走して一旦国道16号線に出て、貝塚インターから京葉道路へ。

 京葉道路をずずーっと西走して、終点の篠崎インターまで。

 篠崎インターからは江戸川の右岸を北上して葛飾の金町に帰着しました。



 ここで、バイクをハイエースに仕舞っちゃいます。 



1857 本日の走行距離

IMG_8095.jpg


 本日の走行距離

 14,833 14,492 341 km でした。

 冬場のCRF250も楽しいけど、タイヤがちゃんとグリップする季節になったら、やっぱり自分はGSX-Rが楽しいな。



(おわり)

コメント(0) 
共通テーマ:バイク

千葉県内ツーリング(前半)【2019年4月21日(日)】 [バイク]

 今年のゴールデンウィークはここまで遠出をしなかったので、記事の更新が進みます。 ( ̄。 ̄;)


 今回の記事は4月の21日(日)に行った千葉県内ツーリングです。


 今シーズン初めてGSX-Rを引っ張り出しました。


torikama-line.jpg



7:16 ツーリングの朝は


IMG_8044.jpg


 大体これくらいの出発時間がよろしいかな。

 今日は行きつけのバイク屋さん”K2Y”のツーリングに参加します。

 行き先は、当初福島県のいわき市を予定していたんですが、天気がちょいと不安定なので、千葉県内に変更。

 集合場所は千葉の八千代にあるK2Yのお店。

 今週末は、仕事が溜まっていたので横須賀の自宅には戻らず。
 社宅のある葛飾金町から出発します。



7:17 走り始めの

IMG_8043.jpg


 走り始めの距離は

 14,492 km

 集合場所のK2Yには8時半の集合です。

 ここからは小1時間ほど。
 ちょっと早いですが、ぼちぼち出発することにします。



8:06 まずは給油

IMG_8045.jpg


 社宅を出発して、高速代をケチって外環は使わず江戸川の右岸を堤防沿いに篠崎インターまで南下します。

 その後、京葉道路に上がり東進して、千葉県内に入ります。

 至近の千葉北インターまで行くとちょっと高速代がかかるので、一つ手前の武石インターで京葉道路を下り、下道を走り国道16号線に出て、八千代市までやってきました。
 K2Yに行く前に、国道16号線沿いにある shell でまずは給油しておきます。



8:09 K2Yに到着

IMG_8047.jpg


 ガソリンを給油した後、集合場所のK2Yに到着。

 やっしーと写真には写ってませんがアイスエイジさんはすでに到着済。

 ワンテンポ遅れて、ドカの996が到着。
 「だれかな?」
 自分は今回初めて一緒に走ることになりましたが、Yさん。
 ブログに載せるの確認するの忘れたので、Yさんとさせていただきました。

 K2Y集合組は4人全員そろいました。
 以前は、時間ギリギリ、時には遅刻もあったりしないと集まらなかったのにね。
 みんな歳を取って、早起きになったもんだ。(爆)



8:53 全員集合

IMG_8049.jpg


 K2Y組4名そろったところで、次の集合場所の千葉市若葉区の小倉南にあるセブンイレブンまで移動。
 
 ここの集合時間は9時。

 ここで岩井さんとRyoさんも合流。
 本日の参加者、合計6台です。

 「だれも遅刻しない。」(残念)
 遅刻したらジュースおごりだからね。(笑)



8:55 1回目

IMG_8050.jpg


 だれも遅刻しなかったので、仕様がない、ジュースじゃんけん。

 今日、1回目。



8:55 勝負は

IMG_8053.jpg


 ありゃま、アイスエイジさんの負け。

 「ゴチになります!」



10:48 千葉県道93号久留里鹿野山湊線(くるり かのうざん みなと せん)

IMG_8057.jpg


 千葉市内でジュースじゃんけんをした後、館山方面に向かい南下します。

 高速道路は使いません。 ひたすら下道。 田舎道。

 外房線の誉田の駅前から南下して、走ったことがあるような、無いような道を走り久留里の市街地に入る手前で、Yさんのドカがトラブル。

 応急処置でとりあえず走れる様になり、千葉県道93号久留里鹿野山湊線に入り西走して、ちょっと休憩。



10:48 停まったらじゃんけん

IMG_8054.jpg


 休憩で停まったら、とりあえずじゃんけん。(笑)

 負けたのは、トラブったYさん。
 (今日は踏んだり蹴ったり) ( ̄。 ̄;)



10:53 西野直売所 KOKKO

IMG_8058.jpg


 停まったところは、君津市にある”西野直売所 KOKKO”。

 養鶏場の直売所の様で、店内で玉子を直売しています。

 で、じゃんけんで勝負したのは流石に”玉子”じゃありません。



10:54 ソフトクリームじゃんけん

IMG_8059.jpg


 じゃんけんのネタは久しぶりのソフトクリーム。

 「Yさん、ご馳走になります。」(笑)

 300円×6人=1,800円の出費。 (>_<)


 Yさんは、残念ですが、ドカのドラブルでここから離脱。
 先に帰ることになりました。

 ここから先は5台になっちゃいました。



11:55 館山で

IMG_8060.jpg


 君津のKOKKOで休憩した後、南下を続け、館山市の稲までやってきました。

 国道128号線と安房(あわ)グリーンラインとの交差点近くにあるローソンで休憩。
 この先のルートを考えます。

 デジカメのデータ見たら、さっきのKOKKOから1時間しか走ってなかったね。



11:57 とりあえず  (-_-;)

IMG_8061.jpg


 コンビニで停まっちゃったから、何か買わない訳にはいかない。
 中坊とかだったら、ただ単にたむろしていても許されるかもしれないけど、いい大人だからさ。
 コンビニにバイクを駐めて、何も買わないのは如何なものかと・・・・。

 と言っても、特に買いたいものもあるわけじゃないので、とりあえずジュースじゃんけん。
 特に何が飲みたいわけでもないけど。
 真夏の暑さじゃなので、水分不足で熱中症になるような気候じゃないし。

 今日、午前中だけでもう3回目だし。 ( ̄。 ̄;)



11:57 なにを飲むか

IMG_8063.jpg


 負けたのはRyoさん。

 お茶とかコーヒーは利尿効果のあるカフェインが入っているので、この場合止めておいた方が賢明。
 体が水分を欲しがってなくても飲めるのはアルコール類だけど、ツーリング中にアルコール類を摂取するというのは法律的にも人道的に許されない・・・。
 なので、とりあえずミルクでも飲んでおくことにした。(笑)

 ビールはツーリングの終わった後に自宅でゆっくり飲むのが絶対美味い!
 

 しかし、今回じゃんけんの写真が多すぎです。 <(_ _)>
 走っているところが全然ないもんね。
 これじゃツーレポになんないよね。 (ーー;)



 12:27 漁港で

IMG_8065.jpg


 ローソンで水分摂取過多になった後、安房グリーンラインに入り南下。

 房総半島の最南端 野島崎の脇にある川下港までやってきました。
 この漁港には釣り船が多く出入りしています。

 ここで昼食をどうするか考えます。

 ここは釣りが趣味のアイスエイジさんがちょくちょく利用している様で、遊漁船の船頭さんと顔見知りです。
 ここで船頭さんにお薦めのお店を教えてもらうことにしました。



12:58 野島崎の

IMG_8066.jpg


 遊漁船の船頭さんに教えてもらったのが、野島崎灯台のロータリーにある”御食事処 みずるめ”。

 休日は今が一番混み合う時間ですが、ダメもとで訪れたところ、ありゃま意外に空いてました。
 来週から始まる大型GWに備えて、みんな自重しているみたいですね。
 
 それでは、入店することにします。


(つづく)



追) GPSレコーダ

IMG_8180.jpg


 いつもツーリングのときに軌跡を記録しているGPSレコーダ、IOデータの”旅レコ”。
 ですが、今回パソコンにデータの吸い上げができませんでした。
 なので、巻末に載せているルートマップがありません。

 吸い上げが出来なかったのは、47日にGPSがリセットされた影響があったのか、なかっったのか理由はわかりません。

 でも、去年の7月以降、このGPSレコーダに付属しているアプリがGoogle map 側の設定を変更されたことにより、ちゃんと地図が表示できなくなっていました。
 数年前に販売も終了し、アプリのサポートも終了しているんですよね。

 そんな、こんなもあり、今回でこのGPSレコーダ”旅レコ”には卒業してもらうことにしました。

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

筑波にレースを見にいく。【筑波TT】【2019年4月20日(土)】 [バイク]

 令和最初の記事になります。


 4月20日(土)はエビナさんが筑波のレース(筑波ツーリスト トロフィ)で走ると言うので、久しぶりにレース観戦に行くことにしました。


torikama-line.jpg




10:28 筑波サーキットに到着

IMG_8026.jpg


 エビナさんが走るWCTクラス(ウォーター クールド ツイン)は排気量無制限、水冷2気筒のクラス。

 予選は11時から。


 10時半に筑波サーキットに到着しました。


 今日は金町の社宅から。


 GSX-Rを持ってきてあったので、荷物も無いし、帰りの常磐道も渋滞するので、バイクでやってきました。


 入口で、筑波会員割引の入場料500円を払ってバイクを駐輪。


 早速、パドックのあるインフィールドに向かいます。



10:32 レース日和

IMG_8027.jpg


 パドックのあるインフィールドに入り、コントロールタワーが見えるいつもの場所から定点観測。

 雲は多いものの、晴れていて寒くもなく暑くもなく、レース日和です。



10:40 パドックを

IMG_8028.jpg


 エビナさんを探しながら、パドックを歩きます。


 筑波サーキットのパドックは広くはない(笑)ので、ウロウロ歩き回ればどうにか探せます。



10:45 途中に

IMG_8030.jpg


 途中に掲示してあったNMクラスの予選結果表。


 NMクラスは自分が以前CBR600RRで出場したこともあるほぼST600のバイクが走れるクラスです。


 ST600は以前ほど人気がなくなっちゃった様で、エントリー台数は12台と寂しい限りです。

 



10:52 見つけた

IMG_8033.jpg


 エビナさんを見つけました。


 予選10分前と言うことで、すでに走行の準備済。


 軽く挨拶をして、予選を観戦するために1ヘアピンに移動することにします。



10:58 1ヘアピンに

IMG_0262.jpg


 1ヘアピンにやってきました。


 まもなくWCTクラスの予選が始まります。

 



11:00 予選開始

IMG_0270.jpg


 WCTクラスの予選が始まりました。


 予選は15分間。

 筑波ツーリスト トロフィの決勝は10周なのでレース時間は実質10分ちょっと、予選時間は15分なので、予選の方が多く走れたりします。


 このクラス、レベル高いんですよね。

 先頭は1分を切るラップタイムで周回することもあります。




11:10 おニューのヘルメット

IMG_0305.jpg


 #81のエビナさん、バイクはドカの1098。


 ヘルメットが変わってます。 新調したんですね。


 予選中のタイムは2秒6。


 エビナさんが以前乗っていた990シリーズのバイクだったらまだ勝負できそうだったけど、今となっては全然追いつきません。(笑)



11:13 予選終盤

IMG_0314.jpg


 予選も終盤、最終コーナーで2台が絡んでクラッシュ転倒。


 コースのすぐ脇にバイクが残る形になり、赤旗中断。


 そのまま、予選終了となりました。




 午前中、各クラスの予選が終わり、午後からは決勝レースです。

 


11:44 お昼

IMG_8037.jpg


 午後からの決勝の前にお昼を食べます。


 今日のお昼は筑波サーキットのモツ煮定食じゃなくて、外に出て。


 やってきたのは筑波サーキットから南下すること5kmほど、ホームセンターのホームジョイ本田石下店の前にある”うまいラーメンショップ”。

 (モナークはもうないんだねぇ~。)

 

 以前、頻繁に筑波に練習にきていたときには、時々立ち寄ったお店です。

 金曜日はサービスデイで、ラーメン350円。

 (ただし、サービスはラーメンのみで、他はいつも通りの値段)


 

12:31 予選結果

IMG_8038.jpg


 お昼を食べてサーキットに戻ってきました。


 掲示板に午前中行われたWCTの予選結果が掲示されています。


 エビナさんは1分2秒6で予選15番手。


 ポールは今回は1分は切りませんでしたが、1分0秒1。


 1秒半落ちで、予選15番手だから接戦ですね。


 それでは、午前中に引き続き1ヘアピンのスタンドに行って、レースを観戦することにしましょう。




13:44 NMクラス 決勝

IMG_0317.jpg


 NMクラスの決勝が始まりました。


 やっぱり自分が走ったことあるレースだし、今持っているCBR600RRもこのカテゴリーになるので、興味があります。

 正直な話、自身今は以前ほどの勢いが無くなっていますが、そこそこの走りができれば中盤くらいは走れそうな感じ。

 でも、前回の練習では、そのそこそこまでも回復してないんですよねぇ。


 見ていると、楽しそうだなぁ~。

 また、走ってみたいなぁ。と思ったりする訳で。

 



15:43 インターバル

IMG_0324.jpg


 今日の筑波TTは9クラスあって、レースは35分間隔で進行していきます。


 レースとレースの間は、ベンチに寝転がって昼寝をしたりして。


 レースが始まれば、バイクの爆音が自動的に起こしてくれますので。(笑)





15:53 WCT決勝

IMG_0327.jpg


 B.O.T.T(バトル オブ ツイン)のWCT(ウォーター クールド ツイン)のレースが始まりました。


 1ヘアピンで待っていると、#81のエビナさん登場。


 B.O.T.T(バトル オブ ツイン)のレースには、ACT(エアー クールド ツイン)空冷バイクのレースもあるんです。

 こっちは水冷モデルのレースになります。




15:58 レース中盤

IMG_0335.jpg


 レースも中盤戦。


 ちょっと前方に他のライダーがいて、追いかける形で走行を続けます。


 夕方になって太陽が傾き、前方斜め上に太陽がある状態、ちょっと逆光気味です。

 肉眼で見ていると、斜めに入った光がカウリングに反射してカッコいいんだけど・・・。

 カメラに上手く収まりませんね。


 レースも終盤に入ったところで、1コーナーの入口で転倒者。


 今回もコース脇にバイクが残る形になったので、7周を終えた時点で赤旗中断になりました。


 レースの予定周回数が10周だったので、7周走った時点でレースが成立して、そのまま終了となりました。




16:06 レースを終えて

IMG_8039.jpg


 レースが終わり、パドックに戻ってきました。

 結果は、15位でした。

 前のライダーまで、あと0.2秒に迫っていたんですけどね。

 レースが10周だったら、きっと追いついてましたね。

 『お疲れ様でした。』

 


16:08 レース終了

IMG_8041.jpg


 今日予定していたレースが全部終了しました。


 エビナさんもエントリーした千葉にあるドカを中心にやっているバイクショップのライテック

 ライテックの大森店長とは以前走行会とかツーリングで一緒させてもらってます。

 今回もライテックからたくさんのバイクがエントリーしてました。

 (年々エントリーするバイクが増えている様です。)


 大森店長は、参加ライダー写真を撮るためパドック内を走り回っていましたよ。




16:15 帰ります。

IMG_8042.jpg


 WCTが終了して、今日予定されていたレースはすべて終了です。


 それでは、社宅に戻って仕事の続きをすることにしましょう。


 

(おわり)


コメント(2) 
共通テーマ:バイク

サービスマニュアルを入手【2019年4月30日(火)】 [バイク]

 流行に乗っかって、”平成最後の”記事です。(笑)


 ここ数年、ゴールデンウィークは休みが取れればロングツーリングに出かけていました。

 けれど、今年はカレンダー通り10連休を取れはしましたが、ツーリングは後半の1泊2日の予定だけです。


 残りの8日間は、特に大きな予定もなくのんびりと過ごしています。


 今年は、GW前がちょっと忙しすぎましたね。 GWの予定を立てるほど気持ちに余裕が出来ませんでした。


 それに5月1日(水)が”即位の日”で休日となったため、全国的にカレンダー的にも10連休。

 余りに休みが大きすぎて、混雑の予測が出来なかったり、宿の予約状況、飲食店の営業情報などが予想できないようでしたので、余り動かないようにすることにしました。

 (そう言えば、今年のメーデーはどうなったんでしょうね)


 

 と、まくらが長くなったところで本題。 ちょっと割り込み記事。


torikama-line.jpg


 さて、サーキット走行用の CBR600RR を買い換えたことは、このブログで書いた通りです。


 以前持っていたCBR600RRは 形式で言うと PC37、今回のは PC40 と言う形式です。


 バイクは(お金が無いので)自分でできる整備は自分ですることにしていますが、このPC40のサービスマニュアルを持ってませんでした。


 ゴールデンウィークに入った2日目の4月28日(日)、ヤフオクで探してポチりました。


torikama-line.jpg


 そして2日後の今日4月30日(火)、商品が届きました。

 平成に間に合いましたね。(関係ないか。(汗))


IMG_8147.jpg


 支払が”Yahoo!かんたん決済”になってから、取引が速くなった様に思います。


IMG_8148.jpg


 落札したのは、サービスマニュアルとパーツリスト。



IMG_8149.jpg



IMG_8151.jpg


 サービスマニュアルもパーツリストも、多少の日焼け感がありますが、両方とも美品。
 自分が使うと、油で汚れた手で取り扱うもんで、油汚れが付いちゃったりしちゃうんですけどね。
 そんなのを予想してたんですが、そんな感じはまったくなし。
 
 このほかに、レース用車両だと HRCのレーシングキットのパーツリストがありますが、これはネットから取得済。
 これでドキュメントは一通りそろったので、心置きなく(?)整備ができます。
 と、言っても天気がイマイチ。 (>_<)
(おわり)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

CBRのシートスポンジを剥がす。【2019年4月6日(土)】 [バイク]

 先週、筑波サーキット練習走行でシートのスポンジが減っていて滑りやすいと感じたCBR600RR。


IMG_8006.jpg


 表面がかなりすり減っています。


 練習走行に行った次の日、スポンジを剥がそうとしましたが、これがなかなか。


 スポンジ自体は両面テープで貼ってあるだけ、のはずですが、長年貼ってあるみたいでガッチリ。


 素手で剥がしていたら、爪がギブアップしそうなのであきらめました。(>_<)


 torikama-line.jpg


 翌週の今日、4月6日(土)道具とケミカル用品を準備して再度トライ。



IMG_8012.jpg


 まずはホームセンターに行って、シール剥がしを購入。


 色々な種類があって迷いましたが、ロックタイトからその名もずばり”両面テープはがし”って言うのがあったので、それにしました。




IMG_8009.jpg


 続いて、へら。


 爪でやっていたら、爪がなくなっちゃうし。


 金属製のも考えたんですが、カウルに必要以上にキズが付きそうで、やめておきました。


 ちょうどよさそうだったのが、これ。


 ”カーボンはがしヘラ”。  名前の通りかな。




IMG_8008.jpg


 早速、剥がしていきます。


 ヘラのおかげで、結構サクサクとスポンジは剥がしていけます。


 「なかなか、好調好調。」(^_^)v




IMG_8010.jpg


 スポンジが一通り剥がれました。


 場所により、両面テープが剥がれたところもありましたが、大方両面テープが残りました。




IMG_8016.jpg


 両面テープが残った箇所に”両面テープはがし”をスプレー。


 使用方法に書いてある様に、”液が浸透するまで3~5分待って” ヘラで擦っていきます。


 意外にキズは付きませんね。

 まあ、キズが付いたとしても、また上からシートスポンジを貼るから構わないんですけどね。

 



IMG_8017.jpg


 両面テープもきれいに剥がれました。


 流石、専用のケミカル用品ですね。


 シートスポンジを貼ってあった境目に跡が残っちゃってますが、接着剤も併用したみたですね。




IMG_8007.jpg


 スペアーにもらったシートスポンジ。


 「ちっ小さい!」( ̄。 ̄;)


 来週の14日、めずらしく日曜日の走行枠があって予約を入れてあるので、とりあえずこのシートスポンジを貼って走ることにしましょう。




IMG_8023.jpg


 シートのスポンジはこんな感じかな。




IMG_8025.jpg


 ちゃんと、張り付く様にテンションをかけてガムテープで固定しておきます。


 明日は、ツインリンクもてぎで全日本ロードレースの開幕戦が開催されるので、観戦に行こうと思っていましたが、仕事の都合がつかず、これから社宅に戻って仕事することになりました。 (T_T)


 来週の平日はそのまま社宅に居るので、来週自宅に戻ったときまでこのままの状態で。



(つづく)



追)結局、次の週も仕事が忙しく14日の日曜日も仕事。(-_-;)

  筑波サーキットに練習に行くこともできずキャンセルしました。  

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

筑波サーキット練習走行。(65発目)その2【2019年3月30日(土)】 [バイク]

 「ただいま。」(^_^)/


 記事の更新、間が開いちゃいましたね。


 ようやく仕事から解放されて、ブログを書く時間が取れる様になりました。(^_^)v


 筑波サーキット練習走行の記事、続きを再開です。


torikama-line.jpg


926 走行準備

IMG_7987.jpg


 前回からの続きです。

 今日の練習走行は1本目が9時40分から。

 走行15分前になったので、革ツナギに着替えて走行の準備をします。

 ラップタイムを表示するスマホも(中古ですが)新しくなって、筑波サーキットを認識しました。



94010:00 練習走行 B2

2090330-12.jpg


 9時40分の定刻になりコースイン。

 初めに書いておくと、スマホにラップタイムのデータが残っていませんでした。
 なので、いつもは上欄に載せているラップタイムがありません。
 別にタイムが悪かったからって、載せてない訳じゃありませんぜ。(笑)

 バイクも今回初めて乗りますが、昨年末に罹患(りかん)した左目の網膜剥離の影響も残っているので、慎重に慣熟走行から始めます。

 乗っているCBR600RRPC37からPC40に変わりましたが、あんまり違和感は感じませんでした。
 ただし以前乗っていたPC37のファイナル ギアは45丁でしたが、今乗っているPC40 44丁なので、ちょっとロングなんですが、予想以上にギアが合いませんでした。 (>_<)
 当然、設計の古いPC37よりもPC40の方がエンジンが回るハズなので、余計にロングに感じるのかな?
 このPC40は国際ライダーが乗ったときのファイナルに合わせてあるらしいので、自分の様な下手っぴが乗ってもエンジンを生かせませんねぇ~。
 バイクを走らせながら、
 『国際って、スゲえなぁ~。』 と妙に感心するばかり。

 ロング過ぎて、1コーナーの進入でギアを1つ落とし過ぎて、ローに入れちゃってリヤタイヤがロック寸前、危うくコースアウトするところでした。(笑)

 ところで、乗り手の方のライダーは、網膜剥離の影響は意外に無いかなぁ。 あるかなぁ~。と言ったところ。
 左コーナーになる1ヘアピンの立ち上がりとかで、左側を見るようなとき特に違和感がありました。
 なんとも説明しにくいんですが、両目で見るより、左でも右でも良いんですが片目で見た方か楽な感じ。でした。

 走行中に表示されているラップタイムを 1分9秒台。だったかな。
 『遅~え~。』
 まあ、無理をしないで、色々乗り方を変えてみながら走って、20分の走行枠、終了。



10:20 スプロケットを交換

IMG_7988.jpg


 ピットに戻って、スペアパーツを探すと、以前使っていた”45丁”のスプロケットが出てきました。

 なので、次の走行までに交換することにします。


 まずは、リヤタイヤを車体から取外し。

 スプロケットを外すのに、ナットを緩めようとしたら・・・・。

 『なんちゅうトルクで締めてるの?』
 ってくらい、思いっきり締めてあります。
 
 ナットを緩めるのに苦労しましたよ。(笑)



10:20 外してみたら

IMG_7989.jpg


 リヤのスプロケットを外して見るたら・・・・。

 43丁! (o;)

 44丁かと思っていたら、43丁が付いてました。)

 自分が以前使っていたのが45丁だったので、

 (4543)÷45×100 4.44% ロングなんだね。

 そりゃ2丁も違えば、全然ギア合わないですよね。

 って言うか、こんなにファイナルのギア レシオを外して乗ったことがなかったので、逆に良い勉強になりました。

 スプロケ、汚い。 (ーー;)



10:21 45丁のスプロケ

IMG_7991.jpg


 スペアパーツで取っておいた45丁の中古のスプロケット。

 スプロケットの山が結構減ってるでしょ。
 なので、緊急用に取っておいたんです。

 これに付け替えることにします。 
 取っておいて役に立ちました。



10:45 交換済み

IMG_7992.jpg


 スプロケットを45丁に交換しました。

 スプロケットが大きくなる分、チェーンの長さが足りなくなるかな?と心配したんですが、大丈夫でした。



10:55 緩み止めが・・・。

IMG_7994.jpg


 整備をしながら、あっちこっち見ていると、フロントブレーキのリザーバータンクの緩み止めの金具がありませんね。 (-_-;)

 まあ、通常緩むことはありませんが、レースとかの車検で見つかったらレースは出走できないかな。 たぶん。
 まあ、レースに出ることはありませんが、走行中に外れたりしたら洒落にならないので、戻ったら部品を注文しておきましょう。
 と言うことで、忘れない様写真を撮っておく。



10:55 オートシフター

IMG_7995.jpg


 今度のCBRは後付けのオートシフター付きです。

 オートシフターと言っても、最新鋭のシフトアップもダウンも両方出来るものじゃなくて、シフトアップだけ。

 シフトアップの時に、一瞬点火をカットすることで、クラッチの操作なしでシフトアップ出来るシンプルな仕組み。
 
 前のCBRPC37)のシフトの調子が悪くなった原因の一つに、「自分のシフト操作が下手なんじゃなぁ~。」って言う疑惑があって、オートシフターを着けた方が良いんじゃない。って言われてました。

 なので、好都合。 (^_^)v
 
 使ってみた感じ、良い具合にシフトアップできます。
 けど、人間がすぐに慣れなくて、S字の1個目とかバイクをバンクしながらシフトアップするときとか、シフトミスすると転倒しそうで、バンク中のシフトアップはちと怖いですね。(笑)



10:55 ジェネレータ カバー

IMG_7996.jpg


 エンジン左側のジェネレータカバー。

 (転んで)削れてるね。 (>_<)

 2次カバーだけじゃなくて、ジェネレータカバーの本体も削れてる。

 交換したいところですね。

 これも、前期型と中期型で形状が若干違うみたいなので、年式がわかってから注文しょう。



11:2011:40 練習走行 B3

2090330-12.jpg


 なんて、アラ探しをしている間に、今日2本目の走行時間になりました。

 相変わらず、ラップタイムのデーターは残っておらず。
 データーが何も無いと、レポも書きにくいね。

 まず、ファイナルを43丁→45丁に変更して、違和感と言うか、合ってない感はなくなりましたね。

 タイムは記憶に残っている限り、ベストが7秒台。
 相変わらず、去年までのペースには戻らず。 (-_-;)

 まあ、こんな時は無理をせず、慣熟走行に徹します。
 今日、初めて乗ったバイクだから基本信頼してない? 信頼出来ない?
なので無理はできません。

 それでも、同じところをグルグル走り回っていると、このPC40の方が、これまで乗っていたPC37よりも小回りするみたい。
 ペースが遅いこともあるかもしれませんが、ヘアピンでイン側のゼブラに乗り上げそうな感じ。
 なので、コーナーリングのスピードをもっと上げられそうです。

 ペースが上がってくると、ブーツの先っちょが路面に接触します。
 ステップは上段に移動した方がイイみたいだ。

 後、1本目の走行から気になっているんですが、シートが滑ります。
 1本目の走行が終わった後に、パーツクリーナで拭いたんですが、やっぱり滑ります。
 なので、コーナーの立ち上がりでアクセルを開けていったときに、お尻が滑って体を支えるのに、ハンドルにしがみつく感じになってしまいます。
 シート スポンジは交換かな。

 走行も後半になって、疲れが出てくると、余計ハンドルにしがみつく感じになってきたので、走行時間終了のちょっと前にピットインで、2本目の走行無事終了。



12:11 走行終了

IMG_7997.jpg


 2本目の走行を終えてパドックに戻ってきました。

 今日の走行は2本なので、これで終了。

 ガソリンを抜いたりしながら、オイル漏れとか無いかチェックしながら後片付け。



12:25 パッと積める

IMG_7998.jpg


 ハイエースにバイクを収納して、片付け中。

 PC37みたいに、チェーンのアジャスターを緩めて、リヤタイヤを一番前にずらす必要がないので楽。
 パッと載せたら、パッてリヤゲートを閉められるからね。

 そして、小物の荷物も積んで、お昼を食べに行きましょう。



1246 やっぱモツ定でしょ

IMG_8001.jpg


 荷物を片付けて、腕章を返却したらお昼です。

 久しぶりにモツ煮定食にありつけるので、焦ってコンディションボードの写真を撮るの忘れちゃいましたよ。(笑)

 で、お待たせのモツ定にありつけました。

 練習走行の最後の5分なんて、「ここで無理をして転倒してケガでもしたら、モツ定にありつけないぞ。」 なんて想像してライディングが攻めきれなかったりするわけで。(笑)



12:56 ご馳走様

IMG_8003.jpg


 塩分強めの定番旨さ。


 ライディングで運動して汗をかいた後に過度に塩分を補給してくれます。(笑)

 「ご馳走様でした。」



13:02 撤収します

IMG_8004.jpg


 モツ煮を食べたので帰ります。


 帰ったら、仕事続けます。 (ーー;)



 さて、新しく来たPC40CBRですが、今まで乗っていたPC37とちょっと違うので、乗りやすくするために色々と手を入れないとですね。

 まずは、年式を確認して、サービスマニュアルとかを入手しないとね。


 それでは 『お疲れ様でした!』



おまけ 3月31日(日)  10:01

IMG_8005.jpg


 練習走行に行った次の日、自宅でハイエースからCBRをおろして、シートスポンジを確認。

 前のオーナーが結構乗っていたようで、スポンジの表面がツルツルになっています。
 念のため、パーツクリーナで拭いてみたけど、やっぱりツルツル。


 張り替えることにしましょう。

 けど、このシートスポンジ、カウルにしっかりと張り付いてます。
 手ではがそうとしたけど、歯が立ちません。

 ので、シール剥がしとかケミカル用品を買ってきてやることにしましょう。


(おわり)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

筑波サーキット練習走行(65発目) その1【2019年3月30日(土)】 [バイク]

 まあ、仕事ってぇやつは、大概忙しいって相場が決まっているもんで。


 暇な仕事なんてあったら、早々にクビになっているか、会社が潰れちゃったりするもんです。


 で、自分が従事している業界は、他の多くの業界と同じ様に年度末が忙しいわけで。


 『忙しいったら、ありゃしない。』


 と、ブログの更新が空いてしまった言い訳をしたところで、本題。


torikama-line.jpg




 今日は去年の5月以来、約10ヶ月ぶりに筑波サーキットに練習走行に行ってきました。


 去年の5月、今まで乗っていたCBR600RR(PC37)のギアの調子が悪くなり修理を酢予定でした。


 ただ、このCBRは 2005年モデルで、Assy じゃないと部品がそろわなかったり・・・。


 そんなときに、同じCBR600RRですが、年式の新しいPC40の出物がありました。
 と言うことで、お買い換え。
 先週の金曜日にツインリンク モテギまでバイクを取りに行き、今日は初走行になります。
527 筑波サーキットに行く朝は

IMG_7952.jpg


 大体、5時半に出発。

 今日は久しぶりに筑波サーキットに練習走行に行きます。

 出発は、単身赴任先の葛飾区金町から。

 昨晩のうちに、ハイエースを社宅近くのコインパーキングに移動しておきました。

 それでは、出発。



 547 三郷インターから

IMG_7955.jpg


 金町を出発して、国道298号線で外環の下を西走。

 三郷インターから常磐自動車道に上がります。



5:57 曇天

IMG_7958.jpg


 常磐道に上がり、三郷の本線料金所を過ぎて筑波山方向に走行。

 利根川を越えて茨城県に入ります。

 昨晩の天気予報では、雨が残る可能性もありましたが、今のところ降ってません。
 でも、思いっきりの曇天。 ( ̄。 ̄;)



6:01 谷和原インターから

IMG_7960.jpg


 谷和原インターまでやってきました。

 ここからは下道です。

 
 今日の走行予約は、9時40分からと1120分からの2本です。

 
 バイクを先週取りに行ったばかりなので、走行前に色々とやることがあるので、早めにサーキットには早めに着きたい。



6:36 筑波サーキットに到着

IMG_7961.jpg


 筑波サーキットに到着。

 まだちょっと濡れている部分がありますが、走り始めるまでには乾くでしょう。 (雨が降らなきゃね)

 1コーナーの下を走る地下トンネルを通ってインフィールドに向かいます。



6:45 パドックに

IMG_7962.jpg


 インフィールドに入りました。 空いてますね。

 たしか降水確率が30%とか40%とかあったので、キャンセルした人が多かったんでしょう。
 雨さえ降らなければ、空いている方が走りやすいので歓迎ですね。


 ハイエースはいつも駐めることが多い、ピットの反対側のS字裏に駐めます。

 


6:50 買い換えた

IMG_7964.jpg


 前のブログにも書いた通り、バイクが新しくなりました。 と言っても中古ですが。
 で、先週モテギまで取りに行ってきました。

 今まで乗っていたCBR600RRは、2005年製でPC37という形式。

 で、今回は同じCBR600RRですが、PC40という形式。

 PC40は、2007年~現行までの形式ですが、このバイクは今のところ年式がわからず。 ( ̄。 ̄;)
 
 2007年、2008年の前期型と2009年~2012年の中期型、2013年以降の後期型があるんですが、後期型じゃないことは間違いないんですが、前期型か中期型かが、はっきりしないんです。
 たぶん、カウルの形から前期型だと思います。 今のところ。(笑)



6:56 そのままで載る

IMG_7965.jpg



 今までのCBRはハイエースの荷室よりもちょっと長くて、リヤホイルを前にずらさないと積めなかったんですけど、このPC40はちょっと短いみたいで、リヤホイルを前にずらさないでもそのまま載せられました。(とっても楽!)

 で、さっそくハイエースから下ろして走行の準備を始めます。

 前のCBRは赤だったけど、今度のは”紺色”ですね。

 ゼッケンも貼らないとね。



7:11 いの一番に

IMG_7972.jpg


 色々とやる前に、まずはタイヤの準備。

 いの一番にタイヤウォーマーをかける前にタイヤのエアー圧をチェック。



7:38 タイヤは

IMG_7973.jpg


 バイクも中古なら、タイヤも中古。

 タイヤは PIRELLI のディアブロ スーパーコルサです。

 残溝もまあまあ残っていますので、自分がバイクに慣れるまではこのタイヤでよろしいかと。
 それに去年の暮れに左目を網膜剥離をやったので、それ以前とは見え方が違います。
 それも徐々に補正していかないとね。



738 リヤタイヤ

IMG_7974.jpg



 リヤタイヤも中古ですが、こっちの方がもう少し減っているかな。

 でも、今日と次回の2回ぐらいは大丈夫そうです。



7:42 年式不明

IMG_7975.jpg
 さっきも書きましたが、このCBR600RRのちゃんとした年式が今のところわかりません。

 形式は外観から現行型の”PC40”だとはわかっているんですが、細かい年式が不明です。
 フレーム番号を見ると、PC40の後ろに”S7”とあるので、たぶん2007年製。
 同じPC40でも、年式によって微妙に部品や標準のセッティングとかが違うんですよね。
 サービスマニュアルとかも、年式が違うと内容が違うので、準備ができません。


 ※ 帰ったら、HRC に聞いてみよう。
8:05 ゼッケンを貼る

IMG_7976.jpg


 ゼッケンが貼ってなかったので、ゼッケンを貼り付け。


 番号はCBR600RRで一番最初に貼った”43”。
 最初のCBR600でレースにエントリーしたときの年齢が43歳だったので、43にしたんです。(笑)
 もう12年前の話になっちゃいました。(^_^;)

 ゼッケンだけでも初心に戻ります。
 年齢は戻りませんけどねぇ~。(爆)



8:05 テールカウルにも

IMG_7977.jpg


 テールカウルにも貼ります。

 あと、アンダーカウルの左右にも。

 この4箇所にゼッケンを貼っておかないと、走行できません。

 走行中にオイル漏れとかのトラブルが発生したてもにライダーが気付かず走り続けたときとか、サーキットのコントロールタワーからこのゼッケン番号と黒旗(退場)が提示されたりします。
 なので、自分のゼッケンも最低限覚えておかないとね。



8:09 どこに着ける

IMG_7978.jpg


 さて、ラップタイムを表示するためのスマホはどこに付けましょうかね?

 見やすくて、操作の邪魔にならない場所を探します。



8:17 走行券を

IMG_7979.jpg


 とりあえず、その前に走行券を買いに行ってきましょう。

 筑波のライセンスを早期に更新した特典としてついてきた割引券。

 さっさと使っちゃいます。

 去年は、うっかり使い忘れてムダにしちゃいましたからねぇ。 (ーー;)

 走行料金は、今年土日祝日だと1走行2,900円。
 いつから2,900円になったのかな? 記憶がありませんが。
 それで、1,200円の割引券があるので、今回は1走行1,700円になります。



8:46 定点観測

IMG_7981.jpg


 走行券を購入して、いつもの立ち位置から定点観測。

 相変わらず思い切り”曇天”。

 ポツポツと降り出す可能性がありますね。
 降り出さないことを願いましょう。



8:46 寒いよ

IMG_7982.jpg


 コースインゲート脇にあるコンディション ボード。

 寒いね。

 路面温度も10℃ちょっとと低め。

 1本目の走行までにもう少し上がるかな。



8:49 確認と整備

IMG_7983.jpg


 走行券を買って戻ったら、確認と整備を続けます。

 まずはセッティングの確認。

 フロントのサスペンションを確認すると、突き出しが”7mm”。

 HRCの標準セッティングを見ると、2007年モデルが突き出し”7mm”で2008年以降が突き出し”5mm”に変わってます。
 前のオーナーがいじってなければ、2007年モデルで突き出し7mmで正解なんですけど・・・・。
 いじってる可能性もないこともないので・・・。
 とりあえず、このままで走ってみます。

 ダンパーのセッティングも2007年と2008年以降だとセッティングが微妙に違うんですが、とりあえず大きく外れてないんで、そのままで。 (^_^;)


 ※ ゼッケンを貼ると、雰囲気出ますねぇ~。



8:57 ステップは

IMG_7984.jpg


 リヤのサスペンションのセッティングも確認したら、ステップの位置とか確認。
 
 ステップはたぶんモリワキ製とのこと。

 前後2ポジション、上下2ポジション選べるみたいで、現状は前側の低い方にセットされていました。

 これも、とりあえずこのままで。

 結局、チェックするだけで何もしな~い。 ( ̄。 ̄;)



8:58 ファイナル

IMG_7985.jpg


 左のステップも、前側の低い方。
 まあ、左右で高さとか前後の位置が違うわけないけどね。(爆)

 位置を確認したら、増し締め。

 結構、ステップとかネジが緩みやすいですから・・・。
 走っていて、ポロッとかなると洒落になりませんから。

 あとはファイナル・ギア。

 自分が前のCBRPC37)で走っていたときのスプロケットは前が15丁、後ろが45丁でした。
 引き渡されるときに、前15丁の後ろ44丁って言われました。
 ちょっとロングだけど、これもとりあえずこのまま走ってみます。



926 走行15分前

IMG_7987.jpg


 後は、ブレーキとかホイルとアクスルボルトとか、頻繁に外す部分の締め付けをチェック。

 ラップタイムを表示するスマホはメータの下にマジックテープで取付け。
 まさか落下したら困るので、ワイヤリングしておきます。

 スマホは今まで使っていたものが、画面がロックして使い物にならなくなっちゃったので、中古のスマホを購入しました。
 なので、これも今日が最初の動作チェック。
 とりあえず、GPSロガーとリンクして”筑波サーキット”にいることを認識したみたいです。

 さて、なんだかんだしていたら 1本目の15分前になったので、革ツナギに着替えます。
 ツナギも10ヶ月も着てないと、硬くなっちゃいますからね。
 


 (つづく)



 結局、まだ走らないんかい! (`Д´)





コメント(2) 
共通テーマ:バイク

雲見温泉アゲイン(2日目)【2019年3月10日(日)】 [バイク]

 4月に入りました。


 以前ホームページを開設していたジオシティーズが3月末でサービスを終了しました。


 散々記事にもしましたが、2月中にジオシティーズからロリポップに移転を完了していて、今のところ問題は起きていないので、一安心です。



 それでは、3月初めに行った雲見温泉ツーリングの記事を続けます。

 torikama-line.jpg


9:01 2日目の朝は

IMG_7896.jpg


 3月は1月にも訪れた西伊豆の雲見温泉にツーリングにきました。

 昨晩は、”温泉民宿さかんや”さんにお一人様で宿泊。

 昨日今日と3月としても比較的暖かな陽気です。
 先を急ぐ旅ではないので、9時を過ぎて朝の冷え込みが緩んだころに出発することにしました。



9:01 走り初め

IMG_7895.jpg


 走り初めの距離計は 3,163 km

 それでは、出発!

 今日はどこに寄る予定もないので、のんびり自宅に戻ります。



9:06 牛着岩

IMG_7897.jpg

 

 雲見を去る前に雲見海岸の駐車場に出て、景色を眺めてみます。

 駐車場にはダイビングに来ているお客さんのクルマが一杯です。
 雲見海岸の象徴の置きに浮かぶ牛着岩は、いいダイビングスポットらしいです。

 駿河湾の向こうには、うっすらと富士山を見ることができます。


 牛着岩ですが、読み方を調べてみても”うしつきいわ”、ぎゅうちゃくいわ”と色々な記述があって、正解がわかりませんでした。



919 石部(いしぶ)の棚田

IMG_7899.jpg


 雲見を出発して国道136号線を北東に。

 ちょっと走るとお隣の石部の集落に到着します。

 石部の集落にも何軒かの温泉宿があります。

 道路脇に”石部の棚田”と書いた看板があったので、脇道に入ります。

 脇道に入り、石部の集落を抜けどんどんと奥へ。
 結構な勾配の道を登っていくと、傾斜地にへばり付くように作られた”石部の棚が”が現れます。
 田植えの季節だと、緑がきれいでしょうね。

 棚田の上の方まで上がると標高は250mほど、棚田の向こうに駿河湾と富士山、それに南アルプスの遠望が広がっています。



10:18 碧の丘(みどりのおか)

IMG_7902.jpg


 石部の棚田から国道136号線に戻り、西伊豆の海岸線に沿って北上。

 土肥からは県道17号沼津土肥線(ぬまづ とい せん)に入り、その後も西伊豆の海岸線に沿って北上し、途中にある”碧の丘”でちょっと停止。

 普段は通過しちゃうんですけどね。
 たまには登場してもらいましょう。

 碧の丘には、ちょっとした駐車スペースと小っちゃいベンチが置いてあるだけ。
 トイレもありませんし、自販機もありません。
 なので、まず駐まることは無いんです。

 ここも標高を調べてみると250mほどあって、急峻な西伊豆の海岸線を観ることができます。 けど、それだけなんですよね。
 曇っていて、写真のイマイチ。
 先に進みます。



10:18 道の駅くるら戸田(へだ)

IMG_7904.jpg


 県道17号線を戸田まで北上したら、右折して県道18号修善寺戸田線(しゅぜんじ へだ せん)に入り戸田の市街地にある”道の駅 くるら戸田”でちょっと休憩。

 ここ”くるら戸田”は2015年にオープンした比較的新しい道の駅です。
 なので、トイレとかがきれい。

 日帰り温泉の”戸田温泉壱の湯”が併設されていますが、バイクだと温泉に入って乾き切らない髪でヘルメットを被るのがイヤなので、中々入ることはありません。

 トイレに寄って用を足したら、先に進みます。



11:20 三島の市内で給油

IMG_7906.jpg


 道の駅くるら戸田からは、県道17号線を修善寺方面に向け一旦東進。
 その後、戸田峠の手前で、昨日も走ってきた県道127号船原西浦高原線に左折して入り、西浦方面へ。
 西浦でふたたび駿河湾沿いに出たら、戸田まで走った県道17号線にふたたび復帰。
 東進して国道136号線まで戻り、三島市にある shell まで戻ってきました。

 ここで、今回のツーリング2回目の給油をします。



11:21 ここまでの距離は

IMG_7908.jpg


 前回の給油からここまでの走行距離は 171.6 km



11:21 入ったガソリンは

IMG_7909.jpg


 入ったガソリンは 7.21L

 171.6 ÷ 7.21 23.8 km/リットル

 山道をちょっと飛ばしたこともあって、250ccの単コロとしては燃費悪いね。
 (-_-;)

 ガソリンタンクの容量が 7.6リットルなので、ガス欠まであと 0.39 リットル。

 23.8 ×0.39 = 9.2 km

 あと 10km弱で完全ガス欠でした。 ( ̄。 ̄;)



11:39 三島で

IMG_7911.jpg


 三島市街地の国道136号線沿いにある shell でガソリンを給油した後、JRの三島駅前までやってきました。

 駅前にある洛寿園の駐輪場にバイクを駐めて、やってきたのは”みしまや”。
 1月に続いての再訪です。

 お昼前で食事をするところが混み始める前に昼食を食べちゃう作戦です。


 それではさっそく、入店。
 

 店内に入ると、テーブル席、小上がりはすでに満席。

 5~6席あるカウンターもたまたま1席だけ空いていたので、そこに滑り込みます。



11:46 お薦めは

IMG_7913.jpg



 そして頼んだのは名物の”あなご天丼”。

 前回訪れた時にMAOHさんが頼んでいたのを恨めしそうに横で見ていたのは、ここだけの話だ。(笑)

 やっぱりデカい!

 写真に写すと、撮る人間が下手だから、それほどでも無いように見えるけどね。



11:46 横から

IMG_7914.jpg



 技術の無さを写真の枚数でカバー!

 って、横から撮ってみた。

 手ぶれ防止機能を上回るブレブレ度。 (ーー;)
 下手っぴは何枚写しても、下手っぴなのだ。(笑)

 1本、ニョキッと立っているのは、アスパラガスの1本揚げ。

 あなご丼は、途中で折れていて、これは3分割にされていました。

 それでは、いただきましょう。

 あなごの天ぷらは、衣がサクッ、身がふわっとして美味しいです。
 甘辛のタレが、あなごに合ってますね。



11:56 梅干しの

IMG_7915.jpg


 ただ、ちょっと上げる温度が低かったのか、油っぽさが感じられたのが残念なところ。
 お客さんが多くて混み合っていたので、油の温度が下がったのかはわからないけど。

 そして、一通り食べると、ご飯の中から出てくるのが”梅干しの天ぷら”。

 ほう。 これは、面白い。

 梅干しの酸味が、口の中をサッパリとさせてくれます。

 丼を運んできたときに、お店のおばちゃんが、「中に梅干しの天ぷらが入ってますからね。」と教えてくれます。
 教えてくれないと、一気に飲み込んでしまう可能性がないこともない。かな。



11:59 ご馳走様

IMG_7916.jpg


 完食です。

 まあ、梅干しの種は・・・・、食べちゃダメだよね。 残しました。

 『ご馳走様でした。』

 『美味しかったです。』

 
 1月に訪れた時にMAOHさんが食べるのを見てずーっと気になっていたんですよね。
 これで、安心して眠ることができます。(かなり、大袈裟)



 12:01 帰る

IMG_7917.jpg


 食事を終えてお代を払い店の外へ。

 さて、お腹も落ち着いたので、帰ることにしましょう。



12:59 小田原でひもの

IMG_7919.jpg


 三島からは、昨日きた国道1号線で箱根の山を登り箱根峠を越えて、箱根新道を下って小田原までやってきました。

 今日はトップケースのあるCRF250
 一泊のツーリングなので、トップケースは余裕のよっちゃん。

 偶には、お土産をと思い小田原のターンパイクを出たところにある”ひものの山安”の直売所に寄ることにしました。

 この工場直売所は、休日になるとお土産を買い込む人でごった返します。
 今日はまだ時間がちょっと早いので、まだそれほどでもなかったかな。



13:01 アジの干物

IMG_7920.jpg


 ゲットしたのは、定番のアジの干物。

 海外で捕れたものを小田原で干物にした物もあるんだけど、選んだのは国内で捕れたものを小田原で干物にした国産。
 中ぐらいのサイズが4匹入って400円なので、なかなかリーズナブル。(だと思う)

 横須賀の自宅で朝食に食べよう。



14:06 逗子で

IMG_7921.jpg


 小田原の山安で干物をゲットした後、西湘バイパス~国道134号線を東進して、逗子海岸まで戻ってきました。

 今日は、昨日とはうって変わって曇り空。

 でも、そんなに寒くはなかった。

 横須賀の自宅までもう少しです。



14:23 自宅に帰着

IMG_7922.jpg


 自宅に帰着。

 まだ2時半なんだね。

 
 CRFでのツーリングも、今シーズンはたぶん最後になるかな。

 これから暖かくなって凍結の心配がなくなったら GSX-R の出番ですもんね。



14:24 今回の走行距離

IMG_7923.jpg


 今回のツーリングでの走行距離は

 3,347 2,986 = 361 km

 でした。

 温暖な伊豆のツーリングは、今シーズンは今回が最後かな。

 次回からは、徐々に北に向かって行きたいですね。



2日目の道程:雲見温泉~土肥~戸田~三島~小田原~横須賀(自宅):181.5 km

20190310_MAP-1.jpg




(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

雲見温泉アゲイン(1日目)【2019年3月9日(土)】 [バイク]

 3月に入ると暖かい日が何日か続いたりします。


 そんな季節になると、バイクの虫が騒ぎ出します。

torikama-line.jpg


11:42 3月のツーリングは

IMG_7806.jpg


 やっぱり日が昇って十分に暖かくなってから。(笑)

 そんなことはなくて、前回と同じ様に午前中スーパーに買い物に行って週末の家の用事を済ませた後、ツーリングに出発します。

 
 今回は1月末にも訪れた西伊豆の雲見温泉を再訪します。


 今日は3月の初旬にもかかわらず、4月中旬の気候。
 GSX-Rを引っ張り出そうかとも思ったんですが、そうするとCRFに乗る機会が少なくなっちゃうんでね。
 今回もCRF。 



11:42 出発

IMG_7807.jpg


 今回も雲見温泉に一泊の温泉ツーリング。

 リヤのトップケースに一泊分の着替えだけを入れて、準備は完了。

 それでは、ボチボチ出発することにしましょう。

 メータの時計は4分進んでいるね。

 走り初めの距離計は、3,000km直前の

 2,986 km



12:56 西湘パーキング

IMG_7808.jpg


 横須賀の自宅を出発してからは、ワンパターン。

 まずは相模湾沿いを走る国道134号線を西走、その後国道1号線のバイパスになる西湘パーキングに上がり西走を続けて西湘パーキングまでやってきました。

 1000ccGSX-Rだとここまで大体1時間くらいでくるんだけど、250ccCRFだともう少し時間がかかって1時間10分くらい。
 どっちのバイクも(たぶん)捕まらない速度で走っているので、信号待ちからの発進加速の違いで差がつくんだろうね。



12:57 缶コーヒーは

IMG_7809.jpg


 今日は暖かい。

 缶コーヒーは冷たいのにしました。

 水蒸気で空気の透明度がもっと悪いかと思ったけど、風が吹いているおかげで、意外に視界すっきりです。
 
 相模湾を挟んで伊豆の山々もはっきりと見ることができます。



12:57 富士山は

IMG_7810.jpg


 西湘パーキングまで来ると、富士山は相模湾と反対側の陸側に。

 こっちももっと曇っているかと思ってけど、予想以上にくっきり。

 どうも伊豆箱根方面にくると、被写体として富士山に頼ってしまいます。
 富士山ばかり写していないで、たまには他の被写体を探さなければ・・・。(汗)



1300 レーシング グローブ

IMG_7811.jpg


 今日、寒く無いのでウィンターグローブではなくてレーシング グローブにしていました。
 まだ、ちょっと冷たいけど、全然ガマンできないレベルじゃありません。
 23年前までは、1年中レーシング グローブで通していたんですけどね。
 慣れって怖いですね。

 薄手のレーシング グローブはやっぱり操作性がイイです。

 さて、西湘パーキングで油を売っている暇はありません。
 まだ、お昼食べてないんでね。
 先を急ぎましょう。



13:23 箱根峠は

IMG_7813.jpg


 西湘パーキングから西湘バイパスを西走して、箱根湯本でそのまま国道1号線の箱根新道に接続。
 箱根の山を登り、箱根峠までやってきました。

 箱根峠にある温度計は 8℃ を表示していました。

 今シーズンの冬ももう終わりましたね。 たぶん。

 西湘パーキングからこっち、途中でお昼を食べられるお店はありません。
 あんまりお昼が遅くなると、夕飯までにお腹が空かないので、早めにお店を見つけて入ることにしましょう。
 自分には”食事抜き”と言う発想はありません。(笑)



13:25 箱根峠の

IMG_7814.jpg


 箱根峠の交差点からちょっと走ると反対車線に面して食堂があります。

 入ったことないけど、「えいや!」で寄ってみることにしました。

 昔っからここにお店があるのは知っていたんですが、なんのお店か近づくことがありませんでした。

 お店の前にバイクを駐めると、暖簾に”ホルモン焼”の文字。

 手作り感満載でファンキーな看板が すてき 。(笑)

 お店の名前は ”峠茶屋”。

 早速、入店するなり。



13:26 メニューは

IMG_7815.jpg


 入店してテーブル席に座りメニューを見ると、まずは左上には焼肉類が。

 テーブルの上にガスのロースターがあるので、暖簾の通り”ホルモン焼”押しの様ですが、とんかつ定食とかさば塩焼き定食、親子丼とかラーメンなんかもあってバラエティーに富んでます。(笑)

 左上にはカルビ焼き定食なんかがあって食べたかったのですが、ここでガッツリ食べちゃうと、時間も時間なので夕食に影響すること必至。
 軽め(?)に右上の”焼肉定食(1,000円)”にしておきました。 ( ̄。 ̄;)



13:34 焼肉定食

IMG_7816.jpg


 しばらくして、焼肉定食が運ばれてきました。

 しっかりとどんぶりめし。 ガテン系ですなぁ~。 (^_^;)
 しかもマヨネーズが丸々1本サービス。(じゃないか)

 お店のある場所柄、国道1号線で山を登ってきた大型トラックが時間調整を兼ねて食事をするみたいで、駐車場には大型のトレーラーが止まれるスペースがあり、お客さんもトラック運転手さんが多いです。

 それでは、「いただきます。」

 焼肉は甘みの強いタレで味付けされています。
 甘みはありますが、嫌みはなくて美味しいです。



13:43 完食

IMG_7817.jpg


 「この時間にちょっと食べすぎかなぁ。」  なんて考えながら無事完食してしまいました。
 マヨネーズは残したけれどね。(笑) 
 
 うん、美味しかったです。



13:45 出発

IMG_7819.jpg


 食事を終えて、店の外へ。

 駐車場には大型トラックが並んでいます。


 このお店はなかなか。
 この近辺をソロでツーリングするときに使い勝手がいいかもですね。

 次回はガッツリ、卓上のロースターでカルビでも焼いて食べてみますか。

 「ご馳走様でした。」 <(_ _)>


 ※ ちなみに、お店の女の子がかわいいかったです。 (^_^)v



13:51 富士山に頼る

IMG_7820.jpg


 8コマ前のコメントで、「富士山に頼らない。」って書いたばかりなのに。

 撮っちゃった。 (ーー;)

 箱根峠から国道1号線を三島方面に下りました。

 途中、バイパス化された山中城址脇からくっきりと富士山が見えちゃいました。

 この季節にしてはめずらしいです。



14:01 三島塚原インターから

IMG_7822.jpg


 国道1号線を下り、伊豆縦貫道の三島塚原のインターまでやってきました。

 ここを左折して、伊豆縦貫に入り函南(かんなみ)方面を目指します。



14:13 道の駅 伊豆ゲートウエイ函南

IMG_7824.jpg


 伊豆縦貫道を南下し、国道136号線の伊豆中央道に入ったところで今日1回目のガソリンを給油。

 今日は満タンスタートじゃなかったので、早めに給油しておきます。

  
 この先の”道の駅 伊豆ゲートウェイ函南”から裏道に入って、日の出橋で狩野川を渡り、イチゴ狩りのハウスが並ぶ江間方面を目指します。

 途中の裏道でクルマが道路上で横転した事故があって、抜け道のハズがしっかり事故渋滞になっていて、余計に時間がかかっちゃいました。(ーー;)



14:32 口野放水路で

IMG_7825.jpg


 江間からは西走して、国道414号線に出ていつもの口野放水路の交差点までやってきました。

 この交差点を直進して、静岡県道17号沼津土肥線(ぬまづ とい せん)に入り駿河湾沿いを西走します。



14:36 県道127号船原西浦高原線(ふなはら にしうら こうげん せん)へ

IMG_7826.jpg


 県道17号線を西走中。

 今日は暖かいので、山の中のルートを走ろうと思います。

 県道17号線の途中から途中から県道127号線に入り真城峠(さなぎ とうげ)を通って西伊豆スカイライン方面に向かいます。



14:51 県道18号修善寺戸田線(しゅざんじ へだ せん)

IMG_7827.jpg


 県道17号線を西浦まで西走。

 そこから県道127号線で山側に入り真城峠を越えて南下、県道18号修善寺戸田線(しゅぜんじ へだ せん)に突き当たりました。

 ここを右に行けば戸田港、左に行けば県道127号線との重複路線で修善寺方面に向かいます。

 今日は、左折して一旦修善寺方面を目指します。



1457 戸田峠に

IMG_7829.jpg


 県道18号線に入りを修善寺方面を目指してます。

 この区間は上り勾配が10%を越えるタイトなコーナーが連続します。

 4kmほど走ると、戸田峠に到着し県道18号線と県道127号線は分岐します。

 この分岐から先の県道127号線は、西伊豆スカイラインになります。



1458 戸田峠

IMG_7830.jpg


 西伊豆スカイラインの入口にある戸田峠展望台でバイクを駐めます。

 戸田峠からの景色はいいですよ。

 眼下に戸田港とその先には駿河湾が広がります。

 それでは、西伊豆スカイライン方面に進むことにしましょう。



15:02 伊豆スカイライン

IMG_7836.jpg


 西伊豆スカイラインに入りました。

 今日は晴れていて寒くはないですね。

 西伊豆スカイラインは標高が700m以上のところを走っているので、温暖の伊豆とは言え冬場は寒いし、路面も凍結します。
 伊豆スカイラインも1969年の供用開始から50年が経ちました。
 以前は舗装状態が良くて快走路でしたが、流石に路面のうねりや舗装ほ荒れが出てきてますね。
 道幅も、当初有料道路として建設され歩道部分が設けられていないことから、今となっては少々狭く感じます。

 とは言え、交通量も少なくバイクで走るに楽しい路線です。



15:05 東側には相模湾

IMG_7834.jpg


 西伊豆の尾根部分を走る西伊豆スカイラインは、要所要所で東側に相模湾、西側に駿河湾を望みます。

 写真のこっちは東側、相模湾を望みます。

 こんな場所を走っているので、風が強いときはもろに横風に煽られる形になって意外に走りづらかったりします。



15:11 県道411号線西天城高原線

IMG_7839.jpg


 西伊豆スカイラインを南下して終点となる県道411号線交差点までやってきました。

 ここを左折すると国道136号線に接続して土肥方面に行けますが、今日は直進します。
 ここから先、県道59号伊東西伊豆線までの10km弱の区間は、快走路です。
 
 この路線は比較的新しく1999年頃に開通したこともあり、幅員も余裕があり、線形も十分に確保されていることから、とても気持ち良くバイクを走らせることが出来、好きなルートです。



15:20 仁科峠(にしな とうげ)

IMG_7844.jpg


 県道411号線に入り南下。

 気持ち良く走れたので、途中で止まれなかった。
 写真は無しよ。(笑)

 一気に県道59号線に入り仁科峠まで来てしまいました。( ̄。 ̄;)



15:24 タイトな区間へ

IMG_7848.jpg


 仁科峠から県道59号線を少し南下すると、県道410号線との分岐に到着します。
 ここから先の県道59号線も県道410号線も狭隘な区間になります。
 仁科峠から西伊豆の海岸線に向かい、一気に標高が下がるためタイトなコーナーが連続し、ちょっとしんどいです。(笑)

 今日は、直進してそのまま県道59号線に進みます。



15:34 県道59号で

IMG_7850.jpg


 県道59号線のタイトな区間に入ってきました。

 仁科峠から先、駿河湾湾岸に出るまでの区間、大方センターラインの無い片側1.5車線の区間が続きます。
 クルマ同士が離合できない区間もあり、たまに前からクルマがくると、道路の端に寄る必要がありますが、ご覧の通り葉が落ちていたりしてコンディションはあまり良くありません。
 まあ、飛ばしすぎには注意ですね。(笑)



15:50 コンビニで仕入れ

IMG_7851.jpg


 県道59号線で山を下り終点まで進み、駿河湾沿いの国道136号線との交差点までやってきました。

 交差点の角にあるセブンイレブンでちょっと休憩。

 今夜の宿まではもう少し、買い出しをしておきます。



16:10 富士見彫刻ライン

IMG_7854.jpg


 先ほどの西伊豆町仁科のセブンイレブンから国道136号線を南下して雲見温泉に向かいます。

 国道136号線で松崎町を過ぎ、右折して断崖沿いのルートに入ります。

 この区間は、道路の脇に十数の彫刻が置かれているる通称”富士見彫刻ライン”。

 海面からの高さは50mくらいありそうで、落ちたら死ぬな。



16:18 雲見に

IMG_7858.jpg



 国道136号線をさらに進み、雲見の集落までやってきました。

 宿に入る前に、雲見大橋の上から、雲見のシンボル的な”牛着岩”の写真を撮っておく。



16:21 宿に到着

IMG_7859.jpg


 雲見大橋から雲見温泉の集落の奥の方にある今夜の宿、”民宿さかんや”に到着しました。

 ちょうど良い時間ですね。

 それでは宿に入りましょうか。



本日の走行距離

IMG_7895.jpg


 本日の走行距離は

 3,163 2,986 177 km

 でした。

 (到着した時にまたも写真を撮り忘れたので、翌朝撮った写真を使い回しました。(^_^;)




1日目の道程:横須賀(自宅)~箱根峠~西伊豆スカイライン~松崎~雲見温泉: 171.5km

20190309_MAP-1.jpg




(つづく。)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

CBR600RRを取りに行く。【2019年3月22日(金)】 [バイク]

 一週間ぶりの更新です。(^_^;) 


 年度末と言うことで、人並みに忙しくて、なかなか記事を書く時間が取れませんでした。



 と、枕で言い訳をしたところで本題。


torikama-line.jpg


 サーキット専用のCBR600RRですが、去年の5月26日(土)、筑波サーキットで練習走行をしている時にギア抜けのトラブルが発生しました。




 機械物の不調は放っておいても直りません。



2019年6月2日(土) 筑波サーキットへ

IMG_6409.jpg


 なので、去年の6月2日にメカニックの清水さんがレースで筑波サーキットに来ていた時に修理のためにお預け。


 去年の夏から秋にかけて自分も仕事が忙しくてサーキットに通う時間も取れそうもなかったこともあって、特に急いで修理してもらうこともなく、催促することもなく。(笑)


torikama-line.jpg


 何だかんだで、年が明けてバイクに乗るシーズンがやってきました。



 そんなわけで、22日の金曜日、仕事を少し早めに切り上げて CBR600RR を取りに行きます。


16:09 仕事先から

IMG_7933.jpg


 まずは、仕事先を出発。


16:09 走り初め

IMG_7932.jpg


 一応ね。走り初めの距離計は 6,342 km。


 今度のハイエースは高速を制限速度で走ると、燃費がイイ。


 

16:31 三郷本線料金所

IMG_7936.jpg


 金町の仕事場を出発して、三郷インターで常磐高速道に上がり北東にクルマを走らせ、三郷の本線料金所までやってきました。
 取りに行くのは、清水さんのお店がある(石川県の)金沢じゃないですよ。
17:57 モテギに到着

IMG_7938.jpg


 今回は、筑波サーキットじゃなくて、ツインリンクモテギ。


 今週末、モテギロードレース選手権が開催されるので、ちょうどモテギに来るのでCBRを積んできてもらいました。


 金町から金沢だとだいたい450km、モテギなら120kmちょっとなので、距離は3分の1以下。


 とっても助かります。(^_^)v



18:04 パドックに

IMG_7940.jpg


 モテギのパドックに到着。


 到着したときには、辺りは暗くなってデジカメがぶれちゃってますね。


 CBRの写真を撮ろうと思ってたんだけど、暗くなっちゃたので今度の週末にね。


 それではCBRを受け取ったので、金町に戻ります。



21:06 金町に帰着

IMG_7943.jpg


 モテギから金町に戻ってきました。


 明日の土曜日は仕事が入っているので、早々に帰ります。



21:06 本日の走行距離

IMG_7942.jpg


 モテギ往復の距離は


 6,584 - 6,342 = 242 km でした。


 バイクを積んじゃうと、やっぱり燃費が少し落ちますね。


torikama-line.jpg



2019年3月24日(日) PC40 CBR600RR

IMG_7946.jpg


 24日の日曜日、横須賀の自宅に戻って、ハイエースからCBRを下ろしました。


 「あれ? バイクの色が変わりましたよ。」


 以前(下の写真)のカラーリングは赤、で今はダークブルー。


IMG_2650.jpg


 パッと見、同じ形のCBRに見えますが、変わりました。


 赤い方は、2005年モデルのCBR600RR で形式が PC37。


 でブルーの方は、たぶん2007年か2008年もので 形式が PC40です。


torikama-line.jpg


 実は赤い方のPC37を修理する予定だったんですが、ミッションの部品がアッセンブリーじゃないと無いらしくて・・・。

 ミッション一式アッセンブリーで交換すると、かなり金額になっちゃうと言うことで、中古の部品が出てくるのを待っていたんですが・・・・。

 なかなか、程度の良い中古のエンジンが出てこなかったんですよね。


 で、たまたまPC40の出物があったので、買い換えちゃったと言う訳です。


 街乗り用のCBR600RRは2016年に製造中止になっちゃいましたが、最終型がPC40なので、しばらくは部品の供給も心配ないかな。(笑)



(おわり)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

本末転倒ったらありゃしない。【2019年3月17日(日)】 [バイク]


 サーキットを走るときにラップタイムを計測するのにGPSロガーとスマホを使っています。


IMG_7925.jpg


 右が、GPSのロガー。




 GPSロガーで位置データを計測して、ブルートゥースで通信してスマホのソフトでラップタイムを表示する仕組みです。

 (詳しい仕組みはわからんけど)(^_^;)



 さて、このラップタイムの表示に使っているスマホは、アンドロイドのスマホであればWi-Fiが使えてブルートゥースが使えればなんでも使えます。


IMG_5190.jpg


 バイクに付けたときはこんな感じ。 見栄え良くないですね。


 途中で落ちたりしたら困るので、タイラップでがんじがらめ。(笑)


 このスマホは普段使っているのでもいいんですが、走行中に落としたり、転倒して壊したりしたら目も当てられないので以前使っていた古いスマホを使っていました。



 3月に入り、日に日に暖かくなってきたので、ボチボチ サーキットを走る準備をしようかとスマホを取り出し。


IMG_7928.jpg


 画面を開こうとパターン認識の画面ロックを解除しようとしましたが、指で画面を触れても関知せず。(゚o゚;)



 パターン認識の解除が出来ません。


 「ダメじゃん。」


 指で何度もなぞってもダメ。


 これじゃ、使い物になりませんぜ。



 かといって、普段使っているスマホを使うのは危険すぎます。


 なので、使わなくなったアンドロイド スマホが余ってないか、知り合いに当たってみましたが該当なし。


 仕様がないので、中古スマホ屋で購入することに。


IMG_7931.jpg


 使い勝手がいいように、普段使っているのと同じsony製で ¥9,800也。(税込み)


 元々、使わなくなったスマホの再利用が出来てお得だからと言うことで、このGPSロガーを購入したのに、これじゃ本末転倒ったらありゃしない。(笑)


 購入後、自宅に帰ってまずは充電。

 

 その後、wifi接続をしてラップタイムを表示するアプリをインストール。


 GPSロガーとはブルートゥース接続を設定。


 これで、ラップタイムを表示できるようになったはず。


 後はサーキットに走りに行くだけです。



(おわり)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

ほうとうを食べたから帰る。(帰路)【2019年2月24日(日)】 [バイク]

 今日は山中湖までプチツーリングにきました。


 お昼は山中湖畔にある”甲州ほうとう小作”で。


 

torikama-line.jpg


13:23 食べたので帰る。

IMG_7783.jpg


 ほうとう 食った。 食ったった。

 それでは、目的を達成したので満足。 帰ります。



13:23 富士山がデカい

IMG_7784.jpg


 道路を挟んだ反対側には富士山。

 あらためてここから見ると流石にデカい。 写真だとはっきり見えないけどね。



13:28 凍結は

IMG_7785.jpg


 ほうとう屋さんを出て、国道138号線を山中湖の湖畔を反時計回りに走ります。

 昔の山中湖って冬場全面じゃないにしろ湖面が凍結して、氷に穴を開けてワカサギ釣りが出来たと記憶していますが・・・・・。

 今は全然凍結の”凍”の字もイメージできませんね。

 地球温暖化の影響なんですかねぇ。



14:17 途中でくじける

IMG_7786.jpg


 山中湖からは来た道を取って返り、小山町を抜けて足柄峠を過ぎ、南足柄市の矢倉沢まで戻ってきました。

 復路がちょっと退屈だったので、県道726号矢倉沢山北線(やくらざわ やまきた せん)に入りちょっと北上。

 久しぶりに丹沢湖方面まで行こうかと思ったけど、国道246号線に到着する前に途中山北町にあったファミリーマートでくじけました。(笑)



14:51 給油

IMG_7787.jpg


 山北町から矢倉沢まで復帰。
 その後、南足柄広域農道で南下して、小田原市内まで戻ってきました。

 山道を走ってきたせいか、燃料が自宅まで持ちそうもありません。

 行きに給油した国道1号線沿いにあるENEOSで給油。

 GPSレコーダで走った距離を確認したら 126.9km、ガソリンが 5.79リットル入ったので、燃費は21.9 km/リットル。
 250ccの単コロでアップダウンの激しい山道を飛ばすと燃費が結構悪いですね。
(^_^;)

 燃料タンクが7.7リットルだから、残り2リットル弱。
 自宅までは50kmぐらいだから、このままのペースで走っていたらガス欠してました。
 イイ堪してたね。(笑) 



15:00 橘本線料金所

IMG_7788.jpg


 小田原市内の国道1号線でガソリンを給油した後は、小田原ICから西湘バイパスに上がり東進。

 橘本線料金所まで戻ってきました。

 この後は、ひたすら西湘バイパスと国道134号線を淡々と東進します。



16:39 帰着

IMG_7791.jpg


 淡々と東進して横須賀の自宅に帰着しました。

 読み物として後半盛り上がる方が面白いと思うんですが、ツーレポはどうしても前半が盛り上がるよね。
 後半はどうしても帰路になるので、盛り上がりはイマイチ。(笑)



16:39 本日の走行距離

IMG_7792.jpg


 本日の走行距離は

 2,986 2,746 240km でした。

 今日は2月としては暖かくて走りやすかったですね。

 こう暖かいともっと遠出をしたくなります。



 山中湖~小山町~足柄峠~(西湘バイパス)~自宅まで: 117.4 km

20190224_MAP-2.jpg



(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

山中湖にほうとうを食べに行く。(往路)【2019年2月24日(日)】 [バイク]

 2月も後半になることには、暖かい日が何日か春の気配を運んできます。


 そうなると、走りに行きたくなるのがバイク乗り。


 今週末は、土日休みだったので、土曜日に家の用事を済ませ、日曜日はバイクで出かけます。


line.jpg





9:41 ツーリングの朝は

IMG_7752.jpg


 日が昇って暖かくなってから。

 2月なので、日が昇って暖かくなってから出発するつもりだったんだけど、今日は2月らしくない暖かさ。
 春が近づいてくるのを感じられます。
 今シーズンの冬は本格的に寒い時期が短かったように感じます。.

 こんなに暖かいのだったら、もう少し早く出発しても良かったんですが、今日はあんまり遠出をする気もなく、「お昼をちょっと食べに行ければいいかな。」ぐらいの感じのツーリングです。

 って言うか、あまりに暖かいのでGSX-R1000を引っ張り出したいぐらいの気温です。 



9:41 走り始めの

IMG_7753.jpg


 走り始めの距離計は

 2,746 km

 「それでは、出発!」


 今日は、まだ冬真っ最中なので、温暖な伊豆に行こうとも思っていたんですが、予想以上に暖かいので、一応目的地は山中湖。
 冬の味覚として体が温まる”ほうとう”でも食べに行きたいと思います。

 寒さで道中路面が凍っていたりしたら、引き返してくるぐらいの軽い気持ちのお散歩ツーリングです。



10:39 橘本線料金所

IMG_7754.jpg


 いつもの様に自宅のある横須賀を出発したら、西走して湘南の海沿いを走る国道134号線に入りそのまま西走を続けます。

 国道134号線で大磯町まで来たら、そのまま国道1号線の西湘バイパスに上がり西走を続け、途中にある橘本線料金所までやってきました。

 CRFにはETCの車載器を付けていないので、料金所の前後で一旦停止。
 料金を支払うため、ETCカードをサイフから出したり入れたり。 でも、気持ち良くはない。 (ーー;)



10:42 西湘パーキング

IMG_7755.jpg


 橘料金所で料金を支払った後、ちょこっと走って西湘パーキングに到着しました。
 ちょっと休憩。

 今日は暖かいこともあって、そこそこバイクが出てますね。



10:47 フェンスが

IMG_7756.jpg


 まずはトイレ。 その後は缶コーヒー。

 しばらく工事をしていたと思ったら、フェンスがアルミからステンに変わりましたね。

 この時期であれば通常、海の向こうに箱根と伊豆の山々が見えるはずですが、今日は暖かくて湿度も上がって視界が効きません。



11:07 ガソリンを給油

IMG_7757.jpg


 西湘パーキングで休憩した後、小田原インターで一般道へ。

 この先、しばらくガソリンスタンドが無いのでガソリンを入れようと思ったら、意外に見つからない。(笑)

 ちょっとウロウロしちゃいました。



ウロウロの図

20190224_MAP-3D.jpg


 結局、国道1号線沿いにある、セルフのENEOSで給油しましたよ。

 ※ 書いておかないと次来たとき忘れるからね。(笑)



11:22 河津桜?

IMG_7759.jpg


 小田原市内の国道1号線にあるスタンドでガソリンを給油した後、南足柄広域農道にアクセスするため裏道へ。

 途中で早咲きのたぶん河津桜が咲いていたので、バイクを停めて写真を一枚。
 
 桜もこのくらいの本数が良いと思う。 (ちょっぴり春の気配)
 何百本物桜並木になると、少々暴力的に思えてきたりした。
 
 桜がそれほど好きじゃないのは、子供の頃住んでいた家の近くの通学路に桜並木がありました。
 花の季節が終わり、夏が近づくとアメリカシロヒトリが大量発生するんです。
 そして、桜並木の下を歩いていると、1シーズンに1回2回位頭の上とか首筋に落ちてくるんです。(ひぇー!)
 それが気持ち悪くてね。 で、桜がそれほど好きじゃない。
 そう言えば、最近はアメリカシロヒトリあまり見なくなりましたね。



11:53 誓いの丘

IMG_7762.jpg


 河津桜を見た後は、南足柄広域農道に入り北上して南足柄市の苅野まで進み、県道74号御殿場大井線(ごてんば おおい せん)、通称 足柄街道に入ります。

 県道74号線に入り西走を続け、足柄峠(あしがらとうげ)を越えて静岡県側に入ります。

 そのまま足柄街道を進むと、県道は静岡県道365号足柄峠線に変わり、途中にある”誓いの丘”までやってきました。

 今日は富士山もぼんやり。

 誓いの丘は、目の前に富士山が見えるだけで、特に何もありません。
 以前はバイオ式の公衆トイレがありましたが、上手く機能しなかったみたいで、今は無くなっちゃいました。



12:02 県道147号山中湖小山線

IMG_7763.jpg


 誓いの丘で写真を撮った後、県道365号線、通称)金太楼ふじみラインを下り小山町の市街地までやってきました。

 またまた裏道を通って県道147号山中湖小山線までアクセス。

 この交差点を左折して、山中湖方面を目指します。



12:06 山中湖に向かう

IMG_7764.jpg


 県道147号線に入り5kmほど西走。

 そのまま直進すると名無しの道路になり富士スピードウェイの正面ゲートにつながりますが、標識にしたがい右折して県道147号線で山中湖方面を目指します。

 ここから先、県道は明神峠(みょうじん とうげ)と三国峠に向け急激に標高を上げて行きます。

 以前、この区間は冬期は通行止めだったんですが、近年は(通行止めは)無くなっちゃったみたいですね。
 なんせ山中湖方面からくると、下り勾配が10%を越える箇所があるので、凍結なんてしてたら、バイクなんてひとたまりもありません。
 それに冬場の山中湖って本当に寒いから、近寄らなかったんですよね。



12:13 一番寒い

IMG_7765.jpg


 さきほどの交差点から静岡県道147号線を登り明神峠を越えしばらく走ると県境を越えて一旦神奈川県に入ります。
 この先の三国峠でまた県境を越えると、今度は山梨県に入るのですが、この神奈川県の区間は山の北側になるので日が当たらず、路肩に積もった雪が残っています。
 この辺りがこの路線で一番寒いであろう場所になるのかな。

 静岡県道147号線は神奈川県、山梨県に入ると管理番号が147号から730号へと変わります。
 
 この場所だけは飛び地の様に神奈川県道なので、除雪とかするとしても、神奈川県の除雪部隊は静岡県を通過してこなければならないこともあって、以前は冬場は通行止めだったりしたのかな。



12:17 視界が開けて

IMG_7769.jpg


 さっきの神奈川県道730号線をさらに進み三国峠を越えると県道は山梨県側に入ります。
 三国峠を越えると同時に目の前の視界が開け富士山を拝むことができます。

 適当な場所にバイクを停めて、写真を一枚。

 やっぱり空がもやっとしていて、コントラストがよろしくありませんね。



12:17 雪が

IMG_7770.jpg



 富士山頂をズームアップしてみる。

 1月末の伊豆のツーリングのときも思ったけど、やっぱり今年の富士山は雪が少ない。
 こうして見ると山頂付近でも地山が露出しているところが見えるからね。
 写真中央からやや右下の部分には、つづら折れの登山道をはっきり見ることができますね。

 これが地球温暖化の影響じゃなくて、暖冬が今年だけだとイイですけど・・・。



12:30 ほうとう屋に到着

IMG_7771.jpg


 三国峠から国道147号線を下りどん付きまで走ったらT字路を左折して国道413号線を山中湖畔に沿って時計廻りに西走。

 その後、国道413号線からそのまま138号線に入り2kmほど走ると右手に看板が見えてきます。

 お昼の目的地の”甲州ほうとう小作”に到着です。

 それでは、バイクを駐めてお昼を食べることにしましょう。



自宅~(西湘バイパス)~足柄峠~小山町~山中湖まで: 112.7 km

20190224_MAP-1.jpg



(つづく。)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

ハイエースのオイル交換。【2019年2月23日(土)】 [バイク]

 2月は自分へ備忘録としてホームページの引っ越し記事で半分くらい付き合わせてしまい、関係のない第三者はさぞや退屈だったとお察しします。<(_ _)>


 3月に入って、今までどおりの通常記事に戻ります。


line.jpg



 昨年、10月14日に納車したハイエースですが、走行距離が5,000kmを越えたのでオイル交換をします。


IMG_7719.jpg


 ここまでの走行距離は 5,328 km


 今までのハイエースだと、仕事でも使っていたので月に3,000kmぐらいは走っていました。


 今度のハイエースになる前、仕事先でトラックを準備したので、ハイエースを仕事で使う機会がめっきり減りました。


 おかげで、今までの様に走行距離は伸びなくなったので、約4ヶ月で走行距離が 5,000km と標準的(?)になりました。(笑)



line.jpg


 ハイエースのユーザーズ マニュアルを見てみると、 オイル交換の交換頻度は 20,000km毎と書いてあります。



IMG_7736.jpg



 自分の場合、ちょっと頻繁に交換しすぎる感はありますが 5,000 km毎に交換しています。




 11:19 作業開始

IMG_7718.jpg


 前置きはこれくらいにして、オイル交換しちゃいます。

 今回は、オイルフィルターの交換はしないので、自分で交換します。
 朝一番、スーパーに週末の買い出しに行ってきました。
 エンジンもちょうど暖まっているので、まずはオイルを抜いちゃいます。
 11:23 簡易ジャッキアップ

IMG_7720.jpg


 オイルの抜くのに、まずは下に潜らなきゃならないので、前輪をコンクリートブロックに乗り上げて簡易じゃない、安易なジャッキアップ。



 11:27 エンジン下部は

IMG_7722.jpg


 エンジン下部は、まだ5,000kmしか走ってないので、きれいですね。



 11:29 ドレンボルト

IMG_7724.jpg


 まずは、ドレンボルトを外してエンジンオイルを抜きます。



 11:31 抜く

IMG_7723.jpg


 トヨタで標準で入っているオイルの粘度は”0W-30”なので、低温でも柔らかいオイル。


 そんなこともあって、サラッと抜けちゃいます。



 11:34 ワッシャーは新品に

IMG_7725.jpg


 オイルを抜いている間に、ドレンボルトを掃除して、新しいワッシャーを準備。


 ワッシャーは消耗品だし、安いので交換の度に新品に交換。 した方が。



 11:34 入れるオイルは

IMG_7726.jpg


 次に入れるオイルは、ちょっと硬めの”5w-30”。


 なんとなく、粘度が硬い方が油膜が強い様な気がする。 のは自分だけ?



 11:36 残量 

IMG_7727.jpg


 買い置きのオイルが空になったので、ペール缶の蓋を外して、使えるだけ使います。(笑)
 11:40 ドレンをしめる

IMG_7729.jpg


 オイルが大体抜けた頃にトルクレンチを使ってドレンボルトを締め付け。




 11:51 おニューの

IMG_7734.jpg


 足らなくなるのを見越して、買っておいたおニューのオイル。



 11:52 捨て場所が・・・。

IMG_7733.jpg


 おニューのオイルは買ったけど、溜めておいた廃油を捨てておくの忘れてました。


 捨てようと思ったら、廃油用に使ってるペール缶が満タンでした。 (汗)


 とりあえず、空の4リッター缶が2つあったので、そこに入れておく。


 今度、捨てに行かないと。



 11:54 オイルの量は

IMG_7735.jpg


 今まで乗っていたハイエースのオイル量(オイルのみ交換時)は 6.6リットルでした。


 まあ、今までと同じでしょうけど、念のためユーザーズマニュアルを確認すると・・・・。


 5.5リットルになっていました。  (゚o゚;)


 「危ない。危ない。 確認しないで、6.6リットル入れちゃうところでした。(汗)」


 エンジンは前の型が排気量3リットルで形式は”1KD”でしたが、今回排気量が2.8リットルになって形式は”1DG”となりました。

 これはランドクルーザプラドと同じエンジンで、今までとは全然違うエンジンなんですね。


 (ちなみに、耐久性の問題から馬力はプラドより少ないらしいです。)


 まあ、そんなことはどうでもよくて、お昼も近くなったのでちゃっちゃとオイル入れちゃいます。



 11:56 おニューのエンジンは

IMG_7739.jpg


 このハイエースになって初めてエンジンを見ましたが、前のモデルと全然違いますね。


 このモデルから窒素酸化物を除去するための”尿素SCRシステム”を搭載したためか、ミッションが4速ATから6速ATに変更されたからか、色々な部品がゴチャゴチャと付いた感じです。 



 前のエンジン

IMG_5159.jpg


 上の写真の前のモデルのエンジンルームと比べてみると、一目瞭然。 シンプル。(笑)



 12:02 オイルを入れる

IMG_7746.jpg


 規定量が5.5リットルと言うことなので、とりあえず 5.2~5.3リットル位入れて。


 オイルの量は後でチェック。



 12:03 キチッとね。

IMG_7747.jpg


 オイルを入れたら、フィラーキャップをキチッと締める。


 以前、閉め忘れの経験者なので、自分のことは信じない方が無難。(笑)


 キチッと締めたことを写真に撮っておけば、後から心配することもないからね。


 写真撮っておかないと、後から高速走っている時に、しかも新東名の110キロ区間とか走っている時に、ふと

「ちゃんと締めたっけ?」なんて疑問が出た日には、安心して走ってられなくなっちゃうからね。

 (2019年の3月1日から、110km区間は120kmにスピードアップしたみたいです。)



 16:22 オイルレベルをチェック

IMG_7750.jpg


 オイルを入れた時点で、お昼になっちゃったので、そのまま作業は中断。


 夕方まで放置して、オイルがしっかり下がったところで、オイルレベルをチェック。


 レベルゲージがピンボケで見えないね。 と言うより、このオイルゲージ、とっても見難い。 先代からの悪いDNAを引き継いでるね。


 でも、まあちょっと5.3リットルじゃ多かったみたいだ。( ̄。 ̄;)


 冬場でもあるし、10分くらい置いたぐらいじゃオイルは全部抜けないんだね。たぶん。


 次回はもっと少なくして、5.0リットルぐらいからスタートして方がイイかもしれない。


 でも、これを読んだからって、信じちゃダメですよ。 オイルの量は自己責任で管理してくださいね、



(おわり)

コメント(0) 
共通テーマ:バイク