So-net無料ブログ作成

本末転倒ったらありゃしない。【2019年3月17日(日)】 [バイク]


 サーキットを走るときにラップタイムを計測するのにGPSロガーとスマホを使っています。


IMG_7925.jpg


 右が、GPSのロガー。




 GPSロガーで位置データを計測して、ブルートゥースで通信してスマホのソフトでラップタイムを表示する仕組みです。

 (詳しい仕組みはわからんけど)(^_^;)



 さて、このラップタイムの表示に使っているスマホは、アンドロイドのスマホであればWi-Fiが使えてブルートゥースが使えればなんでも使えます。


IMG_5190.jpg


 バイクに付けたときはこんな感じ。 見栄え良くないですね。


 途中で落ちたりしたら困るので、タイラップでがんじがらめ。(笑)


 このスマホは普段使っているのでもいいんですが、走行中に落としたり、転倒して壊したりしたら目も当てられないので以前使っていた古いスマホを使っていました。



 3月に入り、日に日に暖かくなってきたので、ボチボチ サーキットを走る準備をしようかとスマホを取り出し。


IMG_7928.jpg


 画面を開こうとパターン認識の画面ロックを解除しようとしましたが、指で画面を触れても関知せず。(゚o゚;)



 パターン認識の解除が出来ません。


 「ダメじゃん。」


 指で何度もなぞってもダメ。


 これじゃ、使い物になりませんぜ。



 かといって、普段使っているスマホを使うのは危険すぎます。


 なので、使わなくなったアンドロイド スマホが余ってないか、知り合いに当たってみましたが該当なし。


 仕様がないので、中古スマホ屋で購入することに。


IMG_7931.jpg


 使い勝手がいいように、普段使っているのと同じsony製で ¥9,800也。(税込み)


 元々、使わなくなったスマホの再利用が出来てお得だからと言うことで、このGPSロガーを購入したのに、これじゃ本末転倒ったらありゃしない。(笑)


 購入後、自宅に帰ってまずは充電。

 

 その後、wifi接続をしてラップタイムを表示するアプリをインストール。


 GPSロガーとはブルートゥース接続を設定。


 これで、ラップタイムを表示できるようになったはず。


 後はサーキットに走りに行くだけです。



(おわり)

コメント(1) 
共通テーマ:バイク

ほうとうを食べたから帰る。(帰路)【2019年2月24日(日)】 [バイク]

 今日は山中湖までプチツーリングにきました。


 お昼は山中湖畔にある”甲州ほうとう小作”で。


 

torikama-line.jpg


13:23 食べたので帰る。

IMG_7783.jpg


 ほうとう 食った。 食ったった。

 それでは、目的を達成したので満足。 帰ります。



13:23 富士山がデカい

IMG_7784.jpg


 道路を挟んだ反対側には富士山。

 あらためてここから見ると流石にデカい。 写真だとはっきり見えないけどね。



13:28 凍結は

IMG_7785.jpg


 ほうとう屋さんを出て、国道138号線を山中湖の湖畔を反時計回りに走ります。

 昔の山中湖って冬場全面じゃないにしろ湖面が凍結して、氷に穴を開けてワカサギ釣りが出来たと記憶していますが・・・・・。

 今は全然凍結の”凍”の字もイメージできませんね。

 地球温暖化の影響なんですかねぇ。



14:17 途中でくじける

IMG_7786.jpg


 山中湖からは来た道を取って返り、小山町を抜けて足柄峠を過ぎ、南足柄市の矢倉沢まで戻ってきました。

 復路がちょっと退屈だったので、県道726号矢倉沢山北線(やくらざわ やまきた せん)に入りちょっと北上。

 久しぶりに丹沢湖方面まで行こうかと思ったけど、国道246号線に到着する前に途中山北町にあったファミリーマートでくじけました。(笑)



14:51 給油

IMG_7787.jpg


 山北町から矢倉沢まで復帰。
 その後、南足柄広域農道で南下して、小田原市内まで戻ってきました。

 山道を走ってきたせいか、燃料が自宅まで持ちそうもありません。

 行きに給油した国道1号線沿いにあるENEOSで給油。

 GPSレコーダで走った距離を確認したら 126.9km、ガソリンが 5.79リットル入ったので、燃費は21.9 km/リットル。
 250ccの単コロでアップダウンの激しい山道を飛ばすと燃費が結構悪いですね。
(^_^;)

 燃料タンクが7.7リットルだから、残り2リットル弱。
 自宅までは50kmぐらいだから、このままのペースで走っていたらガス欠してました。
 イイ堪してたね。(笑) 



15:00 橘本線料金所

IMG_7788.jpg


 小田原市内の国道1号線でガソリンを給油した後は、小田原ICから西湘バイパスに上がり東進。

 橘本線料金所まで戻ってきました。

 この後は、ひたすら西湘バイパスと国道134号線を淡々と東進します。



16:39 帰着

IMG_7791.jpg


 淡々と東進して横須賀の自宅に帰着しました。

 読み物として後半盛り上がる方が面白いと思うんですが、ツーレポはどうしても前半が盛り上がるよね。
 後半はどうしても帰路になるので、盛り上がりはイマイチ。(笑)



16:39 本日の走行距離

IMG_7792.jpg


 本日の走行距離は

 2,986 2,746 240km でした。

 今日は2月としては暖かくて走りやすかったですね。

 こう暖かいともっと遠出をしたくなります。



 山中湖~小山町~足柄峠~(西湘バイパス)~自宅まで: 117.4 km

20190224_MAP-2.jpg



(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

山中湖にほうとうを食べに行く。(往路)【2019年2月24日(日)】 [バイク]

 2月も後半になることには、暖かい日が何日か春の気配を運んできます。


 そうなると、走りに行きたくなるのがバイク乗り。


 今週末は、土日休みだったので、土曜日に家の用事を済ませ、日曜日はバイクで出かけます。


line.jpg





9:41 ツーリングの朝は

IMG_7752.jpg


 日が昇って暖かくなってから。

 2月なので、日が昇って暖かくなってから出発するつもりだったんだけど、今日は2月らしくない暖かさ。
 春が近づいてくるのを感じられます。
 今シーズンの冬は本格的に寒い時期が短かったように感じます。.

 こんなに暖かいのだったら、もう少し早く出発しても良かったんですが、今日はあんまり遠出をする気もなく、「お昼をちょっと食べに行ければいいかな。」ぐらいの感じのツーリングです。

 って言うか、あまりに暖かいのでGSX-R1000を引っ張り出したいぐらいの気温です。 



9:41 走り始めの

IMG_7753.jpg


 走り始めの距離計は

 2,746 km

 「それでは、出発!」


 今日は、まだ冬真っ最中なので、温暖な伊豆に行こうとも思っていたんですが、予想以上に暖かいので、一応目的地は山中湖。
 冬の味覚として体が温まる”ほうとう”でも食べに行きたいと思います。

 寒さで道中路面が凍っていたりしたら、引き返してくるぐらいの軽い気持ちのお散歩ツーリングです。



10:39 橘本線料金所

IMG_7754.jpg


 いつもの様に自宅のある横須賀を出発したら、西走して湘南の海沿いを走る国道134号線に入りそのまま西走を続けます。

 国道134号線で大磯町まで来たら、そのまま国道1号線の西湘バイパスに上がり西走を続け、途中にある橘本線料金所までやってきました。

 CRFにはETCの車載器を付けていないので、料金所の前後で一旦停止。
 料金を支払うため、ETCカードをサイフから出したり入れたり。 でも、気持ち良くはない。 (ーー;)



10:42 西湘パーキング

IMG_7755.jpg


 橘料金所で料金を支払った後、ちょこっと走って西湘パーキングに到着しました。
 ちょっと休憩。

 今日は暖かいこともあって、そこそこバイクが出てますね。



10:47 フェンスが

IMG_7756.jpg


 まずはトイレ。 その後は缶コーヒー。

 しばらく工事をしていたと思ったら、フェンスがアルミからステンに変わりましたね。

 この時期であれば通常、海の向こうに箱根と伊豆の山々が見えるはずですが、今日は暖かくて湿度も上がって視界が効きません。



11:07 ガソリンを給油

IMG_7757.jpg


 西湘パーキングで休憩した後、小田原インターで一般道へ。

 この先、しばらくガソリンスタンドが無いのでガソリンを入れようと思ったら、意外に見つからない。(笑)

 ちょっとウロウロしちゃいました。



ウロウロの図

20190224_MAP-3D.jpg


 結局、国道1号線沿いにある、セルフのENEOSで給油しましたよ。

 ※ 書いておかないと次来たとき忘れるからね。(笑)



11:22 河津桜?

IMG_7759.jpg


 小田原市内の国道1号線にあるスタンドでガソリンを給油した後、南足柄広域農道にアクセスするため裏道へ。

 途中で早咲きのたぶん河津桜が咲いていたので、バイクを停めて写真を一枚。
 
 桜もこのくらいの本数が良いと思う。 (ちょっぴり春の気配)
 何百本物桜並木になると、少々暴力的に思えてきたりした。
 
 桜がそれほど好きじゃないのは、子供の頃住んでいた家の近くの通学路に桜並木がありました。
 花の季節が終わり、夏が近づくとアメリカシロヒトリが大量発生するんです。
 そして、桜並木の下を歩いていると、1シーズンに1回2回位頭の上とか首筋に落ちてくるんです。(ひぇー!)
 それが気持ち悪くてね。 で、桜がそれほど好きじゃない。
 そう言えば、最近はアメリカシロヒトリあまり見なくなりましたね。



11:53 誓いの丘

IMG_7762.jpg


 河津桜を見た後は、南足柄広域農道に入り北上して南足柄市の苅野まで進み、県道74号御殿場大井線(ごてんば おおい せん)、通称 足柄街道に入ります。

 県道74号線に入り西走を続け、足柄峠(あしがらとうげ)を越えて静岡県側に入ります。

 そのまま足柄街道を進むと、県道は静岡県道365号足柄峠線に変わり、途中にある”誓いの丘”までやってきました。

 今日は富士山もぼんやり。

 誓いの丘は、目の前に富士山が見えるだけで、特に何もありません。
 以前はバイオ式の公衆トイレがありましたが、上手く機能しなかったみたいで、今は無くなっちゃいました。



12:02 県道147号山中湖小山線

IMG_7763.jpg


 誓いの丘で写真を撮った後、県道365号線、通称)金太楼ふじみラインを下り小山町の市街地までやってきました。

 またまた裏道を通って県道147号山中湖小山線までアクセス。

 この交差点を左折して、山中湖方面を目指します。



12:06 山中湖に向かう

IMG_7764.jpg


 県道147号線に入り5kmほど西走。

 そのまま直進すると名無しの道路になり富士スピードウェイの正面ゲートにつながりますが、標識にしたがい右折して県道147号線で山中湖方面を目指します。

 ここから先、県道は明神峠(みょうじん とうげ)と三国峠に向け急激に標高を上げて行きます。

 以前、この区間は冬期は通行止めだったんですが、近年は(通行止めは)無くなっちゃったみたいですね。
 なんせ山中湖方面からくると、下り勾配が10%を越える箇所があるので、凍結なんてしてたら、バイクなんてひとたまりもありません。
 それに冬場の山中湖って本当に寒いから、近寄らなかったんですよね。



12:13 一番寒い

IMG_7765.jpg


 さきほどの交差点から静岡県道147号線を登り明神峠を越えしばらく走ると県境を越えて一旦神奈川県に入ります。
 この先の三国峠でまた県境を越えると、今度は山梨県に入るのですが、この神奈川県の区間は山の北側になるので日が当たらず、路肩に積もった雪が残っています。
 この辺りがこの路線で一番寒いであろう場所になるのかな。

 静岡県道147号線は神奈川県、山梨県に入ると管理番号が147号から730号へと変わります。
 
 この場所だけは飛び地の様に神奈川県道なので、除雪とかするとしても、神奈川県の除雪部隊は静岡県を通過してこなければならないこともあって、以前は冬場は通行止めだったりしたのかな。



12:17 視界が開けて

IMG_7769.jpg


 さっきの神奈川県道730号線をさらに進み三国峠を越えると県道は山梨県側に入ります。
 三国峠を越えると同時に目の前の視界が開け富士山を拝むことができます。

 適当な場所にバイクを停めて、写真を一枚。

 やっぱり空がもやっとしていて、コントラストがよろしくありませんね。



12:17 雪が

IMG_7770.jpg



 富士山頂をズームアップしてみる。

 1月末の伊豆のツーリングのときも思ったけど、やっぱり今年の富士山は雪が少ない。
 こうして見ると山頂付近でも地山が露出しているところが見えるからね。
 写真中央からやや右下の部分には、つづら折れの登山道をはっきり見ることができますね。

 これが地球温暖化の影響じゃなくて、暖冬が今年だけだとイイですけど・・・。



12:30 ほうとう屋に到着

IMG_7771.jpg


 三国峠から国道147号線を下りどん付きまで走ったらT字路を左折して国道413号線を山中湖畔に沿って時計廻りに西走。

 その後、国道413号線からそのまま138号線に入り2kmほど走ると右手に看板が見えてきます。

 お昼の目的地の”甲州ほうとう小作”に到着です。

 それでは、バイクを駐めてお昼を食べることにしましょう。



自宅~(西湘バイパス)~足柄峠~小山町~山中湖まで: 112.7 km

20190224_MAP-1.jpg



(つづく。)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

ハイエースのオイル交換。【2019年2月23日(土)】 [バイク]

 2月は自分へ備忘録としてホームページの引っ越し記事で半分くらい付き合わせてしまい、関係のない第三者はさぞや退屈だったとお察しします。<(_ _)>


 3月に入って、今までどおりの通常記事に戻ります。


line.jpg



 昨年、10月14日に納車したハイエースですが、走行距離が5,000kmを越えたのでオイル交換をします。


IMG_7719.jpg


 ここまでの走行距離は 5,328 km


 今までのハイエースだと、仕事でも使っていたので月に3,000kmぐらいは走っていました。


 今度のハイエースになる前、仕事先でトラックを準備したので、ハイエースを仕事で使う機会がめっきり減りました。


 おかげで、今までの様に走行距離は伸びなくなったので、約4ヶ月で走行距離が 5,000km と標準的(?)になりました。(笑)



line.jpg


 ハイエースのユーザーズ マニュアルを見てみると、 オイル交換の交換頻度は 20,000km毎と書いてあります。



IMG_7736.jpg



 自分の場合、ちょっと頻繁に交換しすぎる感はありますが 5,000 km毎に交換しています。




 11:19 作業開始

IMG_7718.jpg


 前置きはこれくらいにして、オイル交換しちゃいます。

 今回は、オイルフィルターの交換はしないので、自分で交換します。
 朝一番、スーパーに週末の買い出しに行ってきました。
 エンジンもちょうど暖まっているので、まずはオイルを抜いちゃいます。
 11:23 簡易ジャッキアップ

IMG_7720.jpg


 オイルの抜くのに、まずは下に潜らなきゃならないので、前輪をコンクリートブロックに乗り上げて簡易じゃない、安易なジャッキアップ。



 11:27 エンジン下部は

IMG_7722.jpg


 エンジン下部は、まだ5,000kmしか走ってないので、きれいですね。



 11:29 ドレンボルト

IMG_7724.jpg


 まずは、ドレンボルトを外してエンジンオイルを抜きます。



 11:31 抜く

IMG_7723.jpg


 トヨタで標準で入っているオイルの粘度は”0W-30”なので、低温でも柔らかいオイル。


 そんなこともあって、サラッと抜けちゃいます。



 11:34 ワッシャーは新品に

IMG_7725.jpg


 オイルを抜いている間に、ドレンボルトを掃除して、新しいワッシャーを準備。


 ワッシャーは消耗品だし、安いので交換の度に新品に交換。 した方が。



 11:34 入れるオイルは

IMG_7726.jpg


 次に入れるオイルは、ちょっと硬めの”5w-30”。


 なんとなく、粘度が硬い方が油膜が強い様な気がする。 のは自分だけ?



 11:36 残量 

IMG_7727.jpg


 買い置きのオイルが空になったので、ペール缶の蓋を外して、使えるだけ使います。(笑)
 11:40 ドレンをしめる

IMG_7729.jpg


 オイルが大体抜けた頃にトルクレンチを使ってドレンボルトを締め付け。




 11:51 おニューの

IMG_7734.jpg


 足らなくなるのを見越して、買っておいたおニューのオイル。



 11:52 捨て場所が・・・。

IMG_7733.jpg


 おニューのオイルは買ったけど、溜めておいた廃油を捨てておくの忘れてました。


 捨てようと思ったら、廃油用に使ってるペール缶が満タンでした。 (汗)


 とりあえず、空の4リッター缶が2つあったので、そこに入れておく。


 今度、捨てに行かないと。



 11:54 オイルの量は

IMG_7735.jpg


 今まで乗っていたハイエースのオイル量(オイルのみ交換時)は 6.6リットルでした。


 まあ、今までと同じでしょうけど、念のためユーザーズマニュアルを確認すると・・・・。


 5.5リットルになっていました。  (゚o゚;)


 「危ない。危ない。 確認しないで、6.6リットル入れちゃうところでした。(汗)」


 エンジンは前の型が排気量3リットルで形式は”1KD”でしたが、今回排気量が2.8リットルになって形式は”1DG”となりました。

 これはランドクルーザプラドと同じエンジンで、今までとは全然違うエンジンなんですね。


 (ちなみに、耐久性の問題から馬力はプラドより少ないらしいです。)


 まあ、そんなことはどうでもよくて、お昼も近くなったのでちゃっちゃとオイル入れちゃいます。



 11:56 おニューのエンジンは

IMG_7739.jpg


 このハイエースになって初めてエンジンを見ましたが、前のモデルと全然違いますね。


 このモデルから窒素酸化物を除去するための”尿素SCRシステム”を搭載したためか、ミッションが4速ATから6速ATに変更されたからか、色々な部品がゴチャゴチャと付いた感じです。 



 前のエンジン

IMG_5159.jpg


 上の写真の前のモデルのエンジンルームと比べてみると、一目瞭然。 シンプル。(笑)



 12:02 オイルを入れる

IMG_7746.jpg


 規定量が5.5リットルと言うことなので、とりあえず 5.2~5.3リットル位入れて。


 オイルの量は後でチェック。



 12:03 キチッとね。

IMG_7747.jpg


 オイルを入れたら、フィラーキャップをキチッと締める。


 以前、閉め忘れの経験者なので、自分のことは信じない方が無難。(笑)


 キチッと締めたことを写真に撮っておけば、後から心配することもないからね。


 写真撮っておかないと、後から高速走っている時に、しかも新東名の110キロ区間とか走っている時に、ふと

「ちゃんと締めたっけ?」なんて疑問が出た日には、安心して走ってられなくなっちゃうからね。

 (2019年の3月1日から、110km区間は120kmにスピードアップしたみたいです。)



 16:22 オイルレベルをチェック

IMG_7750.jpg


 オイルを入れた時点で、お昼になっちゃったので、そのまま作業は中断。


 夕方まで放置して、オイルがしっかり下がったところで、オイルレベルをチェック。


 レベルゲージがピンボケで見えないね。 と言うより、このオイルゲージ、とっても見難い。 先代からの悪いDNAを引き継いでるね。


 でも、まあちょっと5.3リットルじゃ多かったみたいだ。( ̄。 ̄;)


 冬場でもあるし、10分くらい置いたぐらいじゃオイルは全部抜けないんだね。たぶん。


 次回はもっと少なくして、5.0リットルぐらいからスタートして方がイイかもしれない。


 でも、これを読んだからって、信じちゃダメですよ。 オイルの量は自己責任で管理してくださいね、



(おわり)

コメント(0) 
共通テーマ:バイク

CRFのオイル交換【2018年2月3日(日)】 [バイク]

 常々記事にするのが遅れがちな自分のブログですが、かなりオンタイムに近づいてきました。 (^_^)v


 と言っても、先週の話ですが・・・。 


 逆に言えば、ネタが切れる寸前です。(汗)

line.jpg


 さて、先週は久しぶりに泊まりで温泉ツーリングに行ってきました。


 その前の週から気にはなっていたんですが、CRFのミッションのフィーリングがイマイチ。


 先週、ツーリング出発前の距離計は 2,282kmで、 調べてみると前回オイル交換をしたのが走行1,695 kmだったので、587kmしか走ってないんですけど・・・・。


 けれども交換したのは、去年の1月でした。(汗)


 走行距離は兎も角として、やっぱり1年間も放っておくと、オイルも劣化するようで。


 先週、MAOH さんのGROMと交換して乗りっこしたときも、MAOHさんに『シフトのタッチ、悪いっすね。』


 なんて、ご指摘されてしまいました。


 と言うことで、今週末のイベントはCRFのオイル交換。


15:32 夕方になって

IMG_7697.jpg


 相変わらず、緊急の用事がなければ週末は、午前中にまず家の用事を片付けて。


 年度末が近づくと仕事が忙しくなり、半分くらいの土曜日は仕事していて、この週末も仕事でした。


 なので、日曜日の夕方になってガレージからバイクを引っ張り出して。


 早く作業しないと、日が暮れて寒くなりますよ。



15:32 軽く暖機

IMG_7696.jpg


 まずは、エンジンをかけて軽く暖機。


 ここまでの走行距離は 2,699 km。 前回のオイル交換から 2,699 - 1,695 = 1,004 kmですが、走行距離より1年間無交換だったほうが影響が大きかった様です。

 特にCRFの場合、単気筒の250ccなのでオイルに負担がかかりますよね?



15:32 期限切れ

IMG_7695.jpg


 新車購入時に契約した自賠責保険が、今日期限切れになりました。


 早いもので、買ってからもう24ヶ月経っちゃったんですね。



15:40 オイルを抜く

IMG_7701.jpg


 自賠責は、昨日の夕方に契約してきてあります。


 エンジンも暖機が済んだので、部屋にステッカーを取りに行く前に、オイルを抜いておきます。


 1,000 kmしか走ってないから、オイルもそれほど汚れてませんね。



15:45 新しいステッカー

IMG_7702.jpg


 オイルを抜いている間に、古い期限切れのステッカーを剥がして、新しいステッカーに張り替え。


 結局、また24ヶ月で申し込みました。


 次は平成33年まで。 でも、平成は今年の4月で終わり33年と言う年号はないけど。



15:50 オイルを入れる

IMG_7703.jpg


 まあ、オイルが抜けたところでドレンボルトを締めて、オイル入れます。

 

 前回フィルター交換はしたので、今回はフィルター交換はなしで、オイルのみ交換。



15:50 オイルは 

IMG_7694.jpg


 オイルのみ交換のときは、約1.4リットル。


 前回交換したのが半分ほど残っているので、新品を1缶足して。


 オイルはHONDA純正の ULTRA G1 (10W-30)。



16:02 レベルを確認

IMG_7706.jpg


 オイルを注入したら軽く暖機をし、オイルが落ちるまでしばらく放置。


 ちょっと足らなかったので、ちょっと足して。


 大体、こんなもんでOKかな。



16:10 フィラーキャップは忘れずに

IMG_7707.jpg


 オイル交換のとき、オイルを入れてレベルを確認して、足りなかったらちょっと足して、レベルを確認して、ちょっと足して。

 って、やっていると、ついつい面倒くさくてフィラーキャップをきっちり締めないで、作業しちゃいがち。


 で、最後きっちり締めるの忘れると、走っているといつの間にか緩んで外れちゃう。


 で、オイルをぶちまきながら走る!

 なんてことになるので、作業が終わったら締めたのでちゃんと確認しようね。


 じゃないと、自分みたいなことになるから。(爆)



16:10 オイル交換終了

IMG_7708.jpg


 オイル交換の作業終了しました。


 前回のツーリングで燃料ランプが付いたままなので、確認がてらガソリンを入れに行ってきます。



(おわり)


コメント(6) 
共通テーマ:バイク

雲見温泉ツーリング(2日目)【2019年1月27日(日)】 [バイク]

 雲見温泉ツーリング2日目です。

line.jpg


9:12 2日目の朝は

IMG_7663.jpg


 2日目の朝は、昨晩泊まった温泉民宿 高見家さんから出発します。

 今日は、MAOH さんと一緒に走ります。
 MAOH さんのバイクは HONDA GROM、ピンクナンバーの125ccです。

 自分も今は250ccCRFを持っていますが、本当は125ccの購入を検討しているときに衝動買いしちゃった産物なんですよね。(汗)

 でも、本当はアドレスV100の代替え機を考えなきゃいけないんで、125ccGROMと一緒に走るのは良い機会だと思ってます。

 「んじゃ、出発!」



9:17 雲見大橋から

IMG_7664.jpg


 高見家を出発して国道136号線でまずは松崎の市街地方面を目指します。

 雲見を去る前に、まずは雲見大橋の上から雲見海岸の象徴とも言える奇岩の牛着岩(うしつきいわ)と富士山をバックに写真を1枚。

 海の青色が深いです。
 今日は天気が良くて写真日和ですね。



9:17 牛着岩は

IMG_7667.jpg


 雲見大橋の下は、雲見海岸。

 夏場は海水浴場として、にぎわう様です。
  夏の伊豆は、人が多くて渋滞するので、自分はほとんど寄りつきません。

 今日も、左の方でダイビングの準備をしている人たちを見かけます。
 冬場は水の透明度も上がるので、ダイビングをしていても遠くまで見えるようです。
 沖の牛着岩はダイビングのスポットらしいです。



 9:38 国道136号線を

IMG_7668.jpg


 雲見から松崎町の市街地を経由し、さらに国道136号線を北上して土肥(とい)の市街地を目指し北上を続けます。
 松崎から土肥までの国道136号線は意外にクルマ(四輪車)が多いです。

 混雑するほどではありませんが、バイクでツーリングするにはちょっと流れが遅いんです。
 大型のバイクで走っているときは、抜けるタイミングで前に出ますが、125ccだとスピード差があまりないので前に出るのはちょっと難しいです。
 流れのペースが微妙に遅いので、ストレスが溜まります。
 信号も少ないので、なかなか前に出るチャンスがありません。

 もう少し暖かければ、空いている県道で中伊豆方面にエスケープするんですが、今日辺りだと標高の高いところはまだ凍結してそう。
 迂回路がありません。



10:07 土肥でチェンジ

IMG_7670.jpg


 国道136号線を北上し、土肥の市街地に入る手前でコンビニで駐まります。

 ここから先は県道17号沼津土肥線(ぬまづ とい せん)で西伊豆の海岸線に沿って北上するルートを走ります。

 ここで、MAOH さんとバイクをチェンジ!

 GROM に試乗させてもらいます。

 さっきも書きましたが、アドレスV100が加齢でボチボチお買い換えのタイミングなんです。
 125ccのオフ車が希望なんですけど、今はもう125のオフ車を出している国内メーカーが無くて・・・。
 なので、このGROM も次期候補の1台になっています。
 
 と言うことで、試乗!



10:41 戸田(へだ)まで

IMG_7673.jpg


 戸田漁港に到着しました。
 漁港からは、対岸に冠雪した南アルプス山々を見ることができます。

 GROMを借りて、県道17号線を戸田まで試乗しました。
 県道17号線はちょっと狭いけど交通量は少なめでツーリングを楽しめます。

 GROMは跨がると、やっぱりCRFなんかより小さいんで、視線の中にハンドルとかメーターとかバイクのパーツが目に入ってきません。 
 なので、何かオフィスチェアーとかに座って自分だけが移動する感じで、最初は違和感があります。(笑)
 で、グロムは思っていたよりも走りますね。
 4スト125ccと言うことで、もっと非力かと思っていましたが、走り出せば意外にトルクがあってスピードが乗ってきます。
 ただし、他の人のブログとかにも書いてありましたが、フロントのサスペンションがよろしくないです。
 柔らかくて、減衰力不足の感が否めません。
 それに反してフロントに履いているタイヤは硬くて、凸凹があるとサスで吸収しきれず、フロントがズズーッって流れ気味です。
 そんな具合なので、フロントのブレーキもきっちりとかけられませんでした。
 その辺はフォークオイルを交換したりすれば、対応できるのかな?

 でも、125ccって、思いっきりアクセルを開けて走れるので、結構楽しめますね。 (^_^)v



12:01 52

IMG_7674.jpg


 戸田からは自分のバイクに戻ってツーリングを続けました。

 戸田から三島方面に戻るのに、昨日は真城峠経由の山側のルートを走ったので、今日は大瀬崎経由の海側のルートを走ります。

 戸田を出発するときに、お昼の相談をして。
 昨日、伊豆縦貫道を走っていると、函南のインター近くで”さわやか”の看板を見掛けました。
 ”さわやか”はハンバーグを売りにしている静岡県限定の地域密着型ファミリーレストランです。
 昨晩は魚介を食べたので、「今日の昼は肉だべ!」

 と言うことで、お昼ちょうどに到着!

 すっごい人だ! 人だらけ。
 ウエイティング・ボードを見たら、”ただいま52分待ち”だって。
 止めます。 待てません。 (ーー;)

 このさわやか、調べてみたら昨年の11月にオープンしたばかりの様です。

 駐車場に駐まっているクルマをみると、なんと県外ナンバーの多いことか!

 恐るべし”さわやか”。(爆)



12:40 三島で

IMG_7675.jpg


 ”歳を取ると気が長になる。” なんてことはありません。
 かえって、待てなくなります。 自分の場合。

 ”さわやか”に早々に見切りを付け、別の店を探します。

 函南のお隣は三島。 三島と言えば”うなぎ”が有名ですが、食べません。
 自分が食べると、絶滅しちゃうから・・・。 ?

 国道沿いにはファミレスとかはあるんですが、せっかくのツーリング、全国展開しているお店は避けたい。 
 できれば地域限定とか地域に密着しているお店が良いです。
 しかも海鮮じゃないのが希望! (結構、わがまま)
 ”さわやか”で肉食べるつもりだったので、すっかり胃袋に”肉スイッチ”入っちゃってます。(笑)

 で、色々店を探してさまよい。

 見つけました。 三島の駅前で、その名も”みしまや”。 (そのままじゃん)

 さっそく、入店。



1253 お薦めは

IMG_7677.jpg


 で、頼んだのは”あなご天丼”。 じゃない!
 これは MAOH さんの注文。

 これはデカい!
 写真だと小さく写っちゃったけど、下の器は茶碗じゃないから、ちゃんとした丼だから。 そびえ立つあなご天の高さは、どんぶりの2倍はあるかな。

 注文のとき、お店のおばちゃんに、「お薦めは?」と聞いたら、
「あなご天丼だね。」

 確かに・・・・。 ちょっと後悔。 (-_-;)

 店の看板にも大きく”あなご天丼”って書いてあるでしょ。(笑)

 次回訪問時の第一候補だね。



12:55 やっぱ肉

IMG_7679.jpg


 で、自分が頼んだのは”とんかつ定食”。

 もう”肉スイッチ”が入っちゃったから、肉食べないと収まりそうもなかったからね。
 
 使っている豚肉は神奈川のブランド豚、”やまゆりポーク”です。
 静岡まできて、地元神奈川のブタを食べるなんて・・・・。
 なんて、地元愛が強いんでしょうね。 (笑))

 ご飯は、大盛り。
 大盛りが無料だったので、仕方なく? ( ̄。 ̄;)



1255 自家製ソースと細かいパン粉

IMG_7680.jpg


 トンカツには自家製のソースをかけて、いただきます。
 このソースがちょっと甘口だけど美味しい。

 トンカツの衣は細かいパン粉を使っていてしっかりと揚げてあります。

 「うん、うん、美味しい。」



13:10 ご馳走様

IMG_7681.jpg


 完食ですよ。
 まあ、みかんの皮とレモンは勘弁してもらうとして。

 『美味しかったです。』

 三島に来ると、ついつい”うなぎ”に走りがちですが、良いお店を見つけました。

 伊豆方面のツーリングだと、どうしても魚介系がメインになっちゃいます。
 日帰りだったら、昼に海鮮料理で良いと思うんですが、泊まりだと朝昼晩と魚介だと飽きちゃいます。
 そんなときの選択肢として良いですね。
 
 『ご馳走様でした。』 <(_ _)>



1313 肉ピリラーメンは

IMG_7683.jpg


 店を出て周りのお店をながめると、両側を中華料理屋さんに挟まれています。
 右側のお店を見ると昨日食べた”肉ピリらーめん”があります。

 「肉ピリらーめんって、静岡のご当地ラーメンなのかな?」 と思ったら、昨日食べた店と同じ名前の”一番亭”でした。

 ネットで調べてみると、一番亭は静岡県の東部を中心に10店舗ほどチェーン店展開をしている中華料理屋でした。 知らなんだ。

 それでは、午後もツーリングを続けることにしましょう。



1442 御殿場で

IMG_7684.jpg


 三島で昼食の後、裏道を使って御殿場までやってきました。

 途中、路面が凍結しているかと予想していたんですが、大丈夫でした。

 の代わり、路面は塩カルだらけ。

 轍から外れると、塩カルで滑って走りずらかったです。



1611 西湘パーキング

IMG_7686.jpg


 帰路のレポはかなり手抜き。(汗)

 御殿場からまずは小山町目指して北東に移動。
 小山町の足柄駅からは静岡県道・神奈川県道78号御殿場大井線で足柄峠を抜け神奈川県内へ。
 久しぶりに足柄駅から県道78号線を走りましたが、ここも塩カルだらけで走りにくかったですね。
 そのまま足柄峠を下り、南足柄市からは南足柄広域農道で小田原市内へ。

 MAOHさんのGROM125cc で西湘バイパスを使えないので、小田原市内の国道1号の交差点で流れ解散。

 自分だけ、西湘バイパスに上がり、西湘パーキングまで戻ってきました。



1701 逗子で夕暮れ

IMG_7687.jpg


 西湘パーキングで休憩した後、西湘バイパスを東進、そのまま国道134号線を東進を続け逗子海岸まで戻ってきました。

 逗子海岸でちょうど夕暮れ時。

 冬の夕暮れは、空気の透明度が高くてきれいですね。



1703 夕景の富士山

IMG_7691.jpg


 カメラを右にパーンして、富士山も。

 海岸には、人が出ていてみんねスマホで夕景の富士山を撮ってましたね。



17:31 自宅に帰着

IMG_7692.jpg


 逗子海岸からは三浦半島の内陸に入り、横須賀にある自宅に戻ってきました。

 日は暮れましたが、今日の寒さは比較的緩めでした。



1731 今回の走行距離

IMG_7693.jpg


 今回のツーリングでの走行距離

 2,699 2,282 417 km

 でした。

 レポには書きませんでしたが、三島で昼食を食べたときにガソリンを給油。
 自宅に着く直前に燃料計が残り1.5リットルを示す点滅を始めました。

 今回のツーリングは寒いには寒かったですが、切れるような真冬の寒さではなかったです。
 これくらいの寒さなら、問題ないですね。

 冬の内に、もう1回くらい伊豆ツーリングをしたいですね。


2日目の道程:雲見温泉~土肥~戸田~函南~三島~御殿場~小山町~小田原~横須賀(自宅):234.4 km

20190127_map-1.jpg



(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

雲見温泉ツーリング(1日目)【2019年1月26日(土)】 [バイク]

 2月になりましたね。


 ただそれだけ、ですが。


line.jpg


11:20 ツーリングの朝は

IMG_7595.jpg


 否、一般的に 1120分は”朝”とは言わない。 ( ̄。 ̄;)

 朝寝坊ではない。
 午前中スーパーに買い物に行って週末の家の用事を済ませ、最低限家からクレームがでないようにしてから、ツーリングに出発します。(爆)

 今日はタイトルにもあるように、西伊豆の雲見温泉にツーリングに行きます。

 冬場のツーリングと言うことで、普段使いのGSX-Rではなく、CRF250Lの登場です。 



11:20 出発

IMG_7596.jpg


 トップケースに一泊分の着替えと念のためにカッパを詰め込みます。

 走り初めの距離計は

 2,282 km

 それでは、「出発!」



2019年1月20日(日) 近所を散歩

IMG_7592.jpg


 バイクツーリングは昨年の11月末に行ってから約2ヶ月ぶりです。

 本当は12月に1回くらい行きたかったんですが、ブログにも書きましたが12月中旬に”網膜剥離”になってしまい、しばらく安静を余儀なくされました。
 手術後、約12ヶ月は激しく動いたり、重いものを持ってはいけないとのことで静かにしていて、バイクに乗らない日々が続いていました。

 手術から1ヶ月を過ぎた先週20日の日曜日、自宅の周辺の三浦半島を散歩がてら 80kmほどプラッと走ってみました。
 
 翌21日(月)、予約をしてあった総合病院の眼科に外来受診。
 医師から、軽い運動はして良いとのこと。
 総合病院は今日までで、次回から地元の眼科に行くようにとのことでした。

 と言うことで、26日は泊まりでツーリングに出かけることにしました。



11:48 材木座海岸(ざいもくざ かいがん)

IMG_7597_T .jpg


 話を戻します。

 自宅のある横須賀を出発して相模湾の海沿いを走る国道134号線を西走し、鎌倉市にある材木座海岸までやってきました。

 今日は雲が多いものの日差しがあって1月末としては暖かいです。
 風がけっこうあって、ウィンドサーフィンが面白いように海面を滑っていきます。

 向こうに小っちゃく江ノ島、さらにその向こうに富士山が顔をのぞかせています。



12:25 橘 本線料金所

IMG_7599.jpg


 材木座海岸から国道134号線を西走、そのまま大磯から国道1号線の西湘バイパスに上がり、途中にある橘 本線料金所までやってきました。

 CRFにはETC車載器を付けてないので、有人ゲートを通ります。
 ゲートを通過する前に一旦停まって、サイフからETCカードを取り出します。
 「面倒くさい!」

 ムムッ! 雲が増えてきたぞ。(汗)



12:30 西湘パーキング

IMG_7600.jpg


 橘料金所から西湘パーキングに移動。

 流石に真冬で寒いので、駐まっているバイクも少なめです。

 ちょっと駐まってお昼を食べようかと思ったけど、食堂は結構混んでました。

 ので、もう少し走ってからお昼ご飯にすることにしましょう。
 でも、あんまり遅くなると宿の夕食は食べられなくなるので、なる早でね。(笑)



13:01 箱根峠は

IMG_7603.jpg


 西湘パーキングから西走を続け、そのまま国道1号線の箱根新道に接続。

 箱根新道で箱根の山を登り、箱根峠までやってきました。

 箱根新道は、箱根の山の北側になるので、日が当たらず寒いです。

 そして、箱根峠にある道路情報盤に表示されている外気温は”2℃”。
 
 『寒い!』 {{ (>_<) }}

 ですけど、耐えられます。
 去年からウィンターグローブを使い始めて、寒さはそれほど気になりません。
 50(歳)過ぎまで、ウィンターグローブを使わなかったのがアホみたいでした。(笑)



13:16 お昼

IMG_7604.jpg


 箱根峠から引き続き国道1号線を南下して、三島方面へ。

 国道1号線をほぼ下りきったところにある”らーめん一番亭”でちょっと遅くなりましたがお昼を食べることにします。
 らーめん一番亭とありますが、ラーメンだけではなく定食などの中華料理もあります。

 それでは入店じゃ!



13:23 肉ピリらーめん

IMG_7608.jpg


 頼んだのは、看板にもある一番亭イチオシの”肉ピリらーめん”。(800円税別)

 辛さが4段階選べて、自分は”ふつう”の次の”ちょい辛”をチョイス。

 それでは、さっそく「いただきます!」

 ちょい辛だけど、自分はもう少し辛い方がよかったかも。
 テーブルの上のラー油を足して、辛さをup


 辛さで体が温まります。

 そう言えば、去年の2月のツーリングのときも同じのを食べてました。(汗)
 こうしてみると、何だかんだで食べ物の好みの指向性は狭いと思います。



13:37 雲見温泉に向け

IMG_7610.jpg


 先を急いでいる訳でもないけど、ササッと食べて、完食。

 「ご馳走様でした。」

 「美味しかったです。」

 それでは、雲見温泉に向け出発します。



13:40 三島塚原インターから

IMG_7612.jpg


 昼食を食べた後、国道1号線で三島方面にちょこっと下ると、すぐに伊豆縦貫道と交差します。

 三島塚原インターで左折して、伊豆縦貫道に入り南下します。



13:49 道の駅 伊豆ゲートウエイ函南IMG_7613.jpg


 伊豆縦貫道に上がり、南西にバイクを走らせます。
 伊豆縦貫道は、一般国道の自動車専用道に該当してこの区間は無料。

 伊豆縦貫道は函南塚本(かんなみ つかもと)インターで一旦伊豆中央道に切り替わります。
 伊豆中央道は、一般国道ですが静岡県道路公社が管轄していて(一部)有料です。

 伊豆中央道を南下し走り出して間もないですが、途中にある”道の駅 伊豆ゲートウェイ函南”に寄ってみました。
 
 道の駅 伊豆ゲートウェイ函南 は昨年の20175月にオープン。
 周辺に休憩する施設が多いこともあり、今まで寄ったことがありませんでした。
 今回、ちょっと偵察。(笑)

 新しくて、きれい。



13:49 めんたいぱーく

IMG_7615.jpg


 道の駅 伊豆ゲートウエイ函南の隣には、”めんたいぱーく”もあるよ。

 めんたいぱーくは明太子の製造販売をしている”かねふく”が運営しているテーマパークで先月の201812月にオープンしたみたい。

 めんたいぱーくは20191月現在全国5箇所にあるようです。

 伊豆まできて、スケトウダラのタマゴから作った明太子というのは”なぜ?”とふと思ってしまいます。(笑)
 
 今日は寄らない。



13:55 料金所で

IMG_7616.jpg


 道の駅 伊豆ゲートウエイ函南に駐まった後、引き続き伊豆中央道を南下。

 本線料金所で料金をお支払い。

 バイクは160円で、静岡道路公社の有料道路はETCは使えないので、現金でお支払い。
 バイクだと、小銭を取り出すのが面倒い。

 ETCが使える様になったら、もっと使うようになる。かもしれない。



14:01 口野放水路で

IMG_7617.jpg


 伊豆中央道を南下しての江間(えま)インターで県道134号線に下ります。
 その後西走して国道414号線に接続し、西走を続け口野放水路の交差点までやってきました。 西伊豆を走ると毎度出てきますね。(汗)


 今日行く雲見温泉まではナビで検索すれば、伊豆中央道をそのまま中伊豆の修善寺まで南下し、その後国道136号線で西伊豆の海岸線に出るのが、一般的なルートの様です。
 けど、それじゃ面白くないからね。
 やっぱり早めに西伊豆側に出て走るのが、ツーリングとしては楽しい。
 距離は長くなるけど。



 14:05 淡島をバックに

IMG_7618.jpg


 口野放水路の交差点から静岡県道17号沼津土肥線(ぬまづ とい せん)に入り西走します。

 途中淡島をバックに富士山が見えたので、写真を1枚。

 この先、県道17号線でそのまま駿河湾沿いを走り大瀬崎経由の海沿いのルートを走るか、それとも途中から県道127号船原西浦高原線(ふなはら にしうら こうげん せん)を走って真城峠(さなぎ とうげ)を経由する山側のルートで戸田に向かうか悩むところ。

 先を急ぐのであれば山側のルートが速いんですが・・・。
 山側のルートは県道127号線は名称にもある通り”高原線”で、凍結しているかも・・・。

 でも、箱根峠で大丈夫(2℃)だったんので、たぶん大丈夫でしょう。

 だめなら、引き返します。



14:28 県道18号修善寺戸田線(しゅざんじ へだ せん)

IMG_7623.jpg


 大丈夫でした。 (^_^)v


 県道127号線で真城峠を抜け、県道18号修善寺戸田線に突き当たったら右折して戸田方面を目指し西走、急勾配を下ります。
 この路線は最急勾配が11%とかなりのもの、バスがエンジンを唸らせながら登ってきます。

 眼下に戸田の市街地が見えてきたので、バイクを停めて写真を1枚。
 たまには、違う景色を撮ろう!(笑)



15:07 雪が少ない

IMG_7629.jpg


 戸田の市街地まで下りたら県道18号線は県道17号線にT字路で突き当たります。
 そのT字路を左折して、県道17号線に入り西伊豆の海岸線に沿って土肥に向けバイクを南下させます。
 その後、県道17号線の南下を続けると、土肥の市街地で国道136号線に突き当たります。
 136号線に入り松崎方面に向け、バイクを南下させ途中の富士見駐車場近くまでやってきました。
 その名の通り富士山が良く見えます。

 写真の都合上、バイクは逆向きに駐車。

 今日の富士山は雪が少ないですね。
 見えているのは南斜面ですが、冠雪してはいるものの頂上付近まで地肌が見えています。
 1月末としては、とっても雪が少ないと思います。



15:25 堂ヶ島

IMG_7630.jpg


 伊豆市より国道136号線の南下を続け、西伊豆町の堂ヶ島までやってきました。


 堂ヶ島は、沖合い200mほどのところにいくつかの小島(岩礁)があり、西伊豆の景勝地として知られています。



15:34 脇道に

IMG_7632.jpg


 普段、GSX-Rでツーリングするときには入らないような脇道に入ってみた。

 堂ヶ島を横から見る形で、手前は乗浜海岸。

 ちっちゃな海岸ですが、小島に囲まれた入り江にあり波が穏やかです。
 対して、外海は今日は風が強く白波が立っていました。



15:39 ガソリンを給油

IMG_7634.jpg


 堂ヶ島から国道を南下させ、松崎の市街地にあるshellで今日1回目のガソリンを給油。

 先週満タンにしておいたので、今朝はほぼ満タン出発でしたが、ここ(松崎)まで来られるかちょっと不安でした。(笑)



15:41 燃費は

IMG_7636.jpg


 ガソリンを給油すると、約6.6リットル入りました。

 CRFの燃料タンクは 7.7リットルなので、約1リットル残り。
 取説で調べたら、残り1.5リットルで燃料計が点滅に変わるらしい。

 ここまでの走行距離が 172.3 kmだったので、燃費は

 172.3 ÷ 6.59 26.1 km/リットル

 満タンで 7.7 × 25 190 kmくらいは走れる計算だけど、排気量が大きくないからアクセルの開け方次第で燃費は結構変わるよね。
 計算を信じて走ると痛い目合いそうです。(笑)

 ちなみに、ここまで走ってガソリン代が942円と言うのは、やっぱ安い。
 さすがレギュラー。 GSX-Rのハイオクとは違いますね。



15:46 コンビニで仕入れ

IMG_7637.jpg


 ガソリンを入れた後は、コンビニに買い出しへ。

 今晩泊まる雲見温泉までもうちょっとです。
 確か近くにコンビニは無かったはず。
 なので、おやつつまみと飲物(アルコール)を仕入れておきます。 

 こんなとき荷物が入るトップケースは便利ですね。
 GSX-Rにも装着するか? ( ̄。 ̄;)



16:09 到着

IMG_7638.jpg


 コンビニで食料を調達した後、松崎の市街地から国道136号線を南下。

 途中の路線は国道にもかかわらず、かなり狭いです。
 今日は土曜日と言うこともあって、仕事終わりのダンプが数台対向でやってきました。
 断崖絶壁のカーブを立ち上がると、目の前にまるで壁の様にダンプ。
 バイクだとすれ違えますが、クルマだと無理。(笑)
 どちらかが、所々にある離合場所で待機する必要があります。

 なんて、ちょっとスリルを味わいながら、今夜の宿に到着しました。

 宿の前にある駐車場の片隅、屋根があるスペースにバイクを停めます。

 「むむっ! (o; この黄色いグロムは・・・・・。」

 そう、ツーリング仲間の MAOH さんのグロムです。
 今回は現地集合にしました。 (^_^)v



宿に到着

IMG_7660.jpg


 今夜泊まる宿は、民宿高見屋さん。

 それでは、さっそく中に入ることにしましょう。

 MAOH さんはすでに到着済で、すでにひとっ風呂浴びてました。


 (到着時に写真を撮り忘れたので、翌朝撮った写真を使い回し。 バレてないよね。(^_^;)



1日目の道程:横須賀(自宅)~箱根峠~戸田~土肥~松崎~雲見温泉:175.6 km

20190126_MAP.jpg





(つづく)

コメント(6) 
共通テーマ:バイク

国道152号線を走る。(午後の部)【2018年11月11日(日)】 [バイク]

 国道152号線ツーリング、後半です。


 これで、2018年のバイクネタは終わりです。

 どうにか1月中に書き終えました。(汗)


line.jpg


13:06 道の駅 遠山郷(とおやまごう)を出発

IMG_7249.jpg


 国道152号線を走りにきたツーリング。

 お昼は、長野県飯田市の山間にある道の駅 遠山郷で食べました。

 お腹も一杯になったところで、午後も国道152号線を北上します。

 それでは、出発。



13:08 ベンチレーションを

IMG_7250.jpg


 と、その前に、この写真は?

 今日は春秋用のツーリングパンツを履いてきました。

 お昼を過ぎて、天気も良くて暑いので、走り出す前にベンチレーションのファスナーを開けておきます。
 この季節でも、天気さえ良ければ、中は蒸れます。



13:17 遠山川に沿って 

IMG_7251.jpg


 道の駅 遠山郷を後にし、国道152号線を北上します。

 遠山郷からこっち、国道152号線はセンターラインのある片側1車線の対面通行路が続きます。
 この区間の国道152号線は天竜川の支流である遠山川に沿って走り、比較的曲がりの浅い、ゆったりとした中速コーナが連続します。
 昼食後にゆったりとバイクを走らせるに、気持ちの良い路線です。
 交通量は少なく、ついついペースオーバーになりがちです。(笑)



13:22 国道474号方面へ

IMG_7254.jpg


 152号線を北上すると、国道474号線と分岐する交差点までやってきました。

 「全面通行止め とな。」 
 特殊車両等のを見落としてるし。 ( ̄。 ̄;)

 ツーリングマップルが古くて、イマイチ自分が走っているルートが分からない自分はちょっと道に迷った気味。
 
 「じゃ、そのまま直進しましょ」と言うことで、あまり深く考えず、国道474号の三猿南信自動車道方面に進みます。 (このいい加減さが、ソロツーリングの楽さ、楽しみでもあります)



13:26 飯田方面へ

IMG_7256.jpg


 国道474号線に入るとすぐに矢筈(やはず)トンネルに突入し西走します。
 矢筈トンネルは全長4,176mと長大。

 トンネルを出ると、あっさりと国道474号線は終了し、T字路に突き当たります。

 道路看板が日陰になっていて良く見えなかったんだけど、251って書いてあったんだね。
 国道152号と勘違いしてましたよ。(笑)

 道路看板には左折すると飯田方面とありましたので、何も考えずにそのまま左折して、飯田方面を目指します。



13:29 県道251号上飯田線(かみいいだ せん)

IMG_7259.jpg


 山深い。(笑)
 矢筈トンネルに入る前と全然景色が違います。

 この区間の県道251号線は、センターラインのある片側1車線の対面通行の県道です。
 曲がりの浅い中低速コーナーが短い直線で結ばれており、標高900m程度から標高500m程度の飯田盆地に向け一気に下っていきます。
 交通量は少なく、快適なライディングを楽しむことができます。



13:40 飯田盆地へ

IMG_7260.jpg


 県道251号線を下ると、目の前に飯田盆地(伊那谷)が見えてきました。

 飯田盆地の向こうには木曽駒ヶ岳を最高峰とする木曽山脈(中央アルプス)を臨みます。

 少し傾いた太陽がバックミラーに反射しています。



13:51 県道18号伊那生田飯田線(いな いくた いいだ せん)

IMG_7262.jpg


 県道251号線を下ると、喬木村(たかぎむら)役場を越えたところで県道18号伊那生田飯田線と交差します。

 この交差点で右折し県道251号線から県道18号線に入り、今度は北東にバイクを走らせます。

 県道18号線は写真にもある様に、大部分が道路の両側に住宅が並ぶ生活道路です。
 このため、バイクで走るに、リエゾンよろしく単純な移動を余儀なくされ、退屈な路線です。
 可能であれば、他のルートを選ばれることをお勧めします。



14:01 県道59号松川インター大鹿線(まつかわ いんたーおおしか せん)

IMG_7263.jpg


 県道18号線を北東に走ること10km強、国道251号線に戻るべく、今度は県道59号松川インター大鹿線に入り東進します。

 県道59号線に入ると、あたりの景色は一気に変わって、県道はワインディングロードになります。
 県道59号線は、センターラインのある区間もありますが、概ねセンターラインの無い1.5車線の県道です。
 天竜川の支流となる小渋川に沿って走る県道59号線は、中速コーナを短い直線で結んだ様なルートで交通量も少なくバイクで走るに楽しいルートです。



14:08 四徳大橋(しとく おおはし)

IMG_7265.jpg


 県道59号線を東進すると、小渋(こしぶ)ダムによってせき止められて作られた小渋湖が右手に現れます。
 小渋湖に架かる四徳大橋を渡ります。
 
 この辺りはちょうど紅葉の真っ盛り。 赤系は少ないですが、黄色に色づいた木々がきれいです。
 今の時期、関東周辺で紅葉している場所に行くと、クルマが渋滞していて辟易(へきえき)とします。
 そのため、今回はあえて紅葉の名所を避けたルートで走ったのですが、この辺りはガラガラでしかも紅葉も楽しめてラッキーでした。 (^_^)v



14:09 小渋湖(こしぶ こ)

IMG_7267.jpg


 四徳大橋を渡ります。

 湖の水がイマイチきれいじゃないけど、紅葉の黄色と空の青のコントラストが良いですね。

 ルートを間違えちゃったけど、ちょっと得した気分。

 紅葉もまだ前半~中盤くらいで、路面に葉っぱが落ちていることもほとんどなく、バイクでツーリングするのにいい時期に当たりました。



14:17 国道152号線に復帰

IMG_7268.jpg



 小渋湖を過ぎて県道59号線をさらに北上すると、国道152号線に突き当たります。
 ここで国道152号線に復帰。

 先ほどの道を間違えた国道474号の三猿南信自動車道接続部からこの交差点まで間、国道152号線は地蔵峠付近で未開通区間となっていました。
 実際に走らなかったからわかりませんでしたが、レポを書きながら地図を追っかけると、つながってない!(笑)
 その代わりと言ってはなんですが、迂回する形で林道でつながっている様です。
 林道の名前は、Google map でみると蛇洞沢併用林道と言うらしい。
 全面舗装の林道で整備されているらしいので、次回来ることがあれば、走ってみたいですね。
 
 ここから国道152号線を真っ直ぐ進んで茅野を目指します。



14:18 谷間を

IMG_7269.jpg


 国道152号線に入り、北上します。

 この区間の国道152号線は、天竜川の支流の小渋川のさらに支流の鹿塩川(かしおがわ)に沿って、谷間(たにあい)を縫うように走ります。
 センターラインのある片側1車線の対面通行で、中~中高速コーナーを直線で結んだ様な路線は、クルマも少なく、民家もそれほどないことから、気持ち良くバイクを走らせることができます。



14:35 分杭峠(ぶんぐいとうげ)

IMG_7273.jpg


 さらに国道152号線を北上し、大鹿村と伊那市との市町村境にある標高1,424mの分杭峠までやってきました。

 センターラインがあった区間は、分杭峠に向け標高を上げるにしたがい、センターラインの無い区間へ。
 センターラインの無い区間に入ると、カーブも中速コーナーから低速コーナが主体へと変わっていきます。

 この辺りまでくると、木々もすでに落葉しているようです。



14:36 景色がいい

IMG_7274.jpg


 分杭峠を通過し、伊那市側に入ると目の前が開けます。

 ここは景色がいいです。


 こうして路肩に停めて写真を撮れるのがバイクの良いところ。

 道路が狭いのでクルマ(四輪)だとこうはいきませんね。


 中央のやや右側に見えるのは、八ヶ岳連峰かな。

 先に進みます。



14:44 三峰川(みぶがわ)に沿って

IMG_7275.jpg



 分杭峠を越えると、しばらくタイトなコーナーが続き標高を一気に下げます。

 さらに走るとセンターラインが復帰。

 分杭峠からこっちは、やっぱり天竜川の支流にはなりますが三峰川に沿って国道は走ります。
 この区間の152号線はゆったりとしたカーブで構成され、気持ちがいいです。

 この先に進むと、美和ダムによってせき止められた延長が5kmほどと長細い人造湖、美和湖が左手に見えてきます。



14:56 伊那市から茅野市へ

IMG_7278.jpg


 美和ダムを過ぎてさらに北上すると、152号線は伊那市高遠町の市街地で岐阜県高山市を起点とする国道361号線と交差します。

 高遠町の市街地を過ぎると、国道361号線からのクルマも合流してちょっとだけ交通量は増えますが、写真を撮ると道路はガラガラ。
 気のせいかもしれない。(笑)

 影法師が長くなってきました。

 この区間はセンターラインのある片側1車線の対面通行路で快適です。

 ここから先、そのまま北上を続けると、茅野市に入り国道152号線は一気に標高を下げて諏訪盆地へと下りて行きます。



 15:32 給油3回目

IMG_7279.jpg


 国道152号線を北上し茅野市の市街地に入ると、国道152号線上のツーリングも終わりです。

 国道152号線から国道20号線に乗り換え、高速に上がる前に出光で今日3回目の給油をします。
 近くにshellのスタンドが見つかりませんでした。(笑)



15:34 諏訪インター

IMG_7280.jpg


 ガソリンを給油した後、諏訪インターから中央自動車道に上がり、東京方面へ帰路に就きます。

 今日の午前中、新東名の浜松浜北インターで下りてから、ここ中央道の諏訪インターまでの間、199.4kmの距離がありました。
 ここはバイクツーリングのルートとして距離もそこそこあって楽しめますね。

 ただし、難点としてはコンビニや食事のポイントが少ないこと。
 まあ、道が空いている人が少ないと言うことで、致し方ないのかな。と思います。



16:04 八ヶ岳連峰

IMG_7283.jpg


 諏訪インターから中央道に上がり東進、関東方面に向けバイクを走らせます。

 小淵沢インターを過ぎると、左手に八ヶ岳連峰が見えてきました。
 八ヶ岳連峰もまだ冠雪はありませんね。



 17:55 相模原インター

IMG_7285.jpg


 その後も中央自動車道を東京方面に向け東進。

 大月を過ぎた辺りから渋滞が始まりました。

 途中渋滞を避けるため、御坂インターで中央道を下りて山中湖経由の下道で帰るか、それとも大月インターで下りて秋川渓谷経由の下道で帰るか迷いました。

 けどね、今日はもう十分に下道を走ったのでお腹一杯、結局八王子JCTまで大渋滞の中を進み圏央道に入り、相模原インターまで高速で戻ってきました。

 渋滞の中を走って、「やっぱ下道に下りた方がよかったかな?」なんて、後から後悔。(笑)
 こうやってレポを書きながら、追っかけてみると、八ヶ岳パーキング~相模原インター間は116kmあまり。
 所要時間が2時間弱だから、平均時速で60kmくらい。
 なので、一般道を走るよりかマシではあるんですけどね。



18:29 相模原で給油

IMG_7287.jpg


 圏央道の相模原インターを下りて、神奈川県道510号とか509号線を走り橋本五叉路から国道16号線へ。
 16号線を南下し、保土ケ谷バイパスに上がる前に今日4回目のガソリンを給油します。
 ここでガソリンを給油しなくても、自宅まで戻れますが、横須賀って比較的ガソリン高いんですよね。
 相模原はまあまあ安いと記憶しています。



19:45 自宅に帰着

IMG_7290.jpg


 相模原の国道16号線で給油した後、保土ヶ谷バイパスを経由し、横浜横須賀道路に上がり横須賀インターまで。

 帰宅時間がわからないので、自宅には夕食の準備はなしでお願い。
 路駐のラーメン店で簡単に夕食を済ませて、自宅に戻ってきました。



19:45 本日の走行距離

IMG_7292.jpg


 本日の走行距離は

 13,787 13,168 619 km

 でした。

 11月に入って、本格的に寒い季節が始まる前に遠出ができてよかったです。

 国道152号線は、今回地蔵峠の区間をロストしちゃったので、次回はその区間を走ってみたいですね。
 とは言っても、今シーズンはすでに終了。
 走るとしても来シーズン以降になっちゃいますね。



復路(黄色)の道程:道の駅遠山郷~喬木村~諏訪インター(中央道)~相模原インター~自宅: 327.2 km

20181111_map-2.jpg



(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

国道152号線を走る。(午前の部)【2018年11月11日(日)】 [バイク]

 去年の11月に行ったツーリング記事です。


 11月に入ると雪が降ったり路面が凍結したりして遠出ができるツーリングのシーズンが終わります。


 今日はシーズンが終わる前にちょっとロングツーリングに出かけました。。



line.jpg


7:33 ツーリングの朝は

IMG_7185.jpg


 いつも大体これくらいの時間。 (朝弱いんです。(笑))

 11月に入り、遠出をするツーリングが終わりになりつつあります。
 もう関越トンネルを越えての北側とか、長野の山の上の方とか危険な季節がやってきます。
 以前、群馬県と栃木県をつないでいる金精道路は11月の中旬になると冬期通行止めになっていたと記憶していますが、最近は12月の下旬からの様で。
 地球温暖化の影響なんでしょうかね?
 
 さて、通行止めでは無いにしろ、路面温度が下がってタイヤのグリップが低くなると1000ccSS(スーパースポーツ)での走行は気を使うので楽しさも半減です。

 なので11月に入ると、北の方角への遠出は、敬遠しちゃうところです。
 
 かと言って、温暖な伊豆は冬場のツーリングルートとしてキープしておきたい。

 しかも、先月に仲間内で西伊豆に行っちゃったしね。(汗)



7:33 出発

IMG_7186.jpg


 そんな具合で、昨晩どこに行こうか考えていて、そう言えば南アルプスの西側、国道152号線の長野県の茅野市から静岡県の浜松市を結ぶ区間は、以前クルマ(四輪)では走ったことがありましたが、バイクで走ってことが無かったな?

 と思い、国道152号線をツーリングすることにしました。

 走り始めの距離計は

 13,168 km

 「それでは、出発!」



7:44 ルートは

IMG_7187.jpg


 自宅を出発して、まずは横須賀市内でガソリンを給油。

 国道152号線を走るのは決めましたが、時計回りに走るか、反時計回りに走るか思案。
 国道152号線の南側、浜松までは東名高速。 反対側の長野県の茅野市までは中央道。 どっちがイイかな?

 反時計回りで、帰路に東名を使うと、バイクだと退屈かな。

 時計回りで行って、帰りの中央道が渋滞したら、途中で降りるパターンもありかな。
 と言うことで、時計回りで、行きは新東名を使って浜松まで行って、そこから下道の国道152号線を北上。
 茅野市まで北上したら、中央高速に上がって、西走して戻ってくるルートにします。



8:41 西走して西湘パーキング

IMG_7188.jpg


 ルートが決まったら、まずは浜松に向かいます。

 東名には乗らず横須賀を出発したら国道134号線を西走。
 そのまま、国道1号線の西湘バイパスに上がり、西湘パーキングまでやっていました。

 週末の今日はパーキングはバイクで一杯。

 いつもの駐輪スペースじゃなくて、駐車場の奥の空いたスペースにバイクを駐めます。



8:46 天玉そば

IMG_7189.jpg



 ここでちょっと遅めの朝食。

 和のファスト フード、立ち食いそば。」
 (ここは立ち食いじゃないけどね)

 注文は、定番の天玉そば。(510円)

 立ち食いそばの、天玉そばはジャンク感があって全般的に好きです。

 小エビが結構入っていて、いい香り。 (香りだけは、エビの大小に関係ないね)(笑)



9:29 三島塚原インターから

IMG_7190.jpg


 西湘パーキングで天玉そばを食べた後、引き続き西走バイパスを西走。

 そのまま国道1号線の箱根新道を登り箱根峠まで。

 その後、三島の下りで伊豆縦貫道と接続する三島塚原インターまでやってきました。
 この交差点を右折して、伊豆縦貫道に上がり、新東名方面を目指します。



9:36 長泉沼津インター

IMG_7191.jpg



 伊豆縦貫道を走り、長泉沼津インターまでやってきました。
 長泉沼津の読み方は「ちょうせん ぬまづ」じゃなくて、「ながいずみ ぬまづ」ね。


 今日は、ここから新東名高速に上がります。

 普段、名古屋方面に行くときは、大体(旧)東名高速を使うんですけど。
 今日のルートだとなるべく北側のインターで下りたい。
 東名で行くと、どちらかと言うと浜松南側に下りて市街地を突っ切らなきゃならないので、面倒なんです。



9:44 富士山はどこ?

IMG_7193.jpg


 長泉沼津インターから新東名に上がり、西走します。

 右手前方、雲の合間から富士山が顔を出しています。

 写真に収めましたが、肉眼だとはっきりわかるんですが、2次元だとわかりにくいですね。
 まあ、とりあえず載せておきましょう。(笑)



9:57 清水パーキングエリア

IMG_7196.jpg


 新東名を西走し、トイレに行きたくなったので、途中の清水パーキングエリアに寄ります。
 
 清水パーキングには、入店はしませんでしたが、主にバイク用のウェアーなど製造・販売しているクシタニが CAFE を出店しています。
 用品は売っていないみたいだけど、カッパぐらい置いておいたら、急に雨が降ってきたら買う人がいるかもね。(笑)

 まあ、静岡に本社があるクシタニがcafeを出店しているのは、まだ理解できるとしても、後ろにちょこっとだけ写っている(人が被って写ってない)バイクレンタルショップのレンタル819”がパーキングエリアにお店を構えているのは驚きだ。
 しかも、ちゃんとバイクレンタルをしてる。 cafeをやっている訳ではない。
 ここでバイクをレンタルするってぇことは、ここまでクルマなりバイクで来るわけで。
 バイクを借りると、ここまで乗ってきたであろうクルマは置いていっちゃう訳だ。
 それは、許されるのか?
 昨今、首都高の大黒パーキングでは、房総半島にゴルフに行くのに、朝パーキングに集合して、交通費を浮かせるために、ここで1台に集約してアクアラインを渡っていくため、日中放置されるクルマが問題になっている様だが・・・・。
 ここでレンタルバイクを借りてクルマを置いていくのは、たぶん許されるんだろう。 ちゃんと商売してるんだから、きっと。



10:52 浜松浜北インター

IMG_7197.jpg


 ところでこのレンタル819”ってお店、例外はあるにせよ大抵のお店の営業時間が10時~19時くらいみたいですが。
 バイクをレンタルするのに、開店時間が朝の10時って言うのは、遅いよね。
 せめて朝の8時オープン。 できれば日の出時刻にオープンとかにしてくれたら、借りることがあるかもしれない。

 なんて、考えながら新東名を西走している内に、浜松浜北インターまでやってきました。
 ここで新東名高速を下ります。



11:08 ガソリンを給油

IMG_7199.jpg


 料金所を通過して一般道に出ると国道152号線です。
 右のランプウェイに入り北上する天竜方面を目指します。

 後は、しばらくは国道152号線上にある水窪(みさくぼ)の道路標示にしたがって北上するだけです。

 この先の国道152号線は山間部に入るとガソリンスタンドがあるかわからないので、ガソリンを入れます。
 ちょうどshell のスタンドがあったので、ガソリンを給油します。
 
 ここで、ガソリンを入れて正解でした。
 この後、しばらくはちゃんとした(?)スタンドなし。



11:14 浜松市を北上 

IMG_7200.jpg


 浜松市の市街地の切れ目ぐらいでガソリンを入れた後、国道152号線を北上します。
 この辺りの国道152号線は片側1車線の対面通行の国道です。
 
 この国道152号線が走っている浜松市は、2005年の平成の大合併により周辺の約10あまりの市町村を編入し、岐阜県高山市についで日本で2番目の面積の市になりました。
 このやたらとデカい市のため、国道152号線は長野県の県境までが浜松市となっています。

 152号線は天竜川の右岸と左岸を縫うように走り、適度なカーブがあり楽しそうなルートですが、この辺りはまだ交通量が多く、なかなかペースが上がりません。
 途中に信号機でもあれば、赤信号でクルマが止まったタイミングで前に出るのですが、信号もほとんどありません。
 それでも、この先に大きな集落は水窪ぐらいしかありませんので、しだいに交通量も減ってくるでしょう。



11:28 天竜川に沿って

IMG_7208.jpg


 天竜川の右岸に沿って国道152号線を北上します。

 交通量も減って、バイクを快走させます。

 天気もボチボチ良くて気持ちいいです。

 この辺りの山は紅葉しないのか、それとも時期的にまだ早いのか、山は緑です。



11:43 支流へ

IMG_7213.jpg


 引き続き国道152号線を北上します。

 国道152号線は途中佐久間ダムに接続している国道473号線と分岐します。
 この分岐から先、天竜川は佐久間ダム方面へ、国道152号線は天竜川の支流、水窪川に沿って北上を続けます。
 路線が支流の水窪川になったのに伴い、国道もグレードダウン(?)、センターラインの無い1.5車線の区間が所々に現れてきます。
 
 交通量は少ないですが、対向車でダンプとかの大型車もやっていることがあるので、ある程度余裕を持って走る必要があります。
 でも、まあ、前にクルマがいなければ、必然的にペースは上がります。(笑)



11:53 水窪の集落

IMG_7217.jpg


 国道152号線を北上し水窪の集落までやってきました。
 水窪の集落では、お祭りみたいのを開催している様で、にぎわっていました。

 水窪は、浜松市に合併する前は水窪町として独立した町村でした。
 20年・・・・、否、四半世紀ほど前に仕事の関係で2~3回訪れたことがありました。
 そのときはクルマだったわけですが、その内1回は次の日に長野県の飯田市で仕事があり、この国道152号線を北上して飯田まで行った記憶が残っています。
 そのときの記憶では、国道はかなりの酷道でしたね。(笑)



12:04 青崩峠(あおくずれ とうげ)はIMG_7218.jpg


 水窪の集落からさらに国道152号線を北上します。

 国道152号線の静岡県と長野県に位置する青崩峠は車両の通行はできない未開通区間のようです。 徒歩では行ける様です。 
 (実際に行って確認していませんが)
 ここで、国道152号線は一旦途切れます。

 昔は、信濃と東海地方を結ぶ塩の道として物資交流があった街道だったようですが、それは徒歩で行き来していた時代の話。
 現代では、青崩峠は中央構造線上の破砕帯に位置し地盤が脆弱でクルマが通過できる様な道路やトンネルの建設が困難な地帯だそうです。

 このため、代替え(?)として三猿南信道路を建設中。 直進します。



12:07 長野県道369号・静岡県道412号南信濃水窪線

IMG_7220.jpg


 青崩峠手前で、三猿南信道路方面に進み途中にある草木(くさぎ)トンネルを抜けたところで、道路は静岡県道412号南信濃水窪線になります。

 標高も上がってきたようで、ちょうどきれいな紅葉があったので、バイクを停めて写真を1枚。
 
 草木トンネルから先も三猿南信道路として兵越峠(ひょうごしとうげ)トンネルを建設する予定だった様ですが、ここも地盤が脆弱でトンネル建設が困難であることが判明したため、三猿南信道路のルートから外された様です。

 そのため、現在もこの区間を通過するにはこの県道を通る必要があります。
 ここをしばらく先に進むと、県境の兵越峠に到着し、長野県の飯田市に入ります。



12:24 長野県に

IMG_7226.jpg


 兵越峠を越え、長野県道369号南信濃水窪線を下ると、ふたたび国道152号線に戻ります。

 長野県道369号・静岡県道412号南信濃水窪線は、上の写真にもあるとおりセンターラインのない1.5車線の対面通行の県道です。
 タイトな低速コーナーが兵越峠を頂点としてアップダウンの路線になります。
 この区間は幅員が狭くタイトコーナーのため大型車は通行止めとなっています。
 このため、対向で突然大型車が現れることは、たぶんありません。
 この県道区間は、交通量は少ないですが、1000ccSSバイクで走るには、ちょっとタイト過ぎます。

 県道区間を終え、長野県側の国道152号線となっても写真の通り、センターラインの無い1.5車線の区間がしばらく続きます。



12:27 ひらける

IMG_7228.jpg


 狭隘な区間をしばらく走ると、周囲がひらけると同時に国道152号線もセンターラインのある整備された区間へと変化します。

 今走ってきた県道を使って静岡県と長野県を行き来している人はほとんど居ない様で、この辺りは交通量が少なく快適です。



1232 道の駅 遠山郷(とおやまごう)

IMG_7232.jpg


 道路幅が広くなってから、しばらく走っていると道の駅遠山郷が現れました。

 浜松の市街地でガソリンスを入れてからコンビニらしきものも無かった(?)ので、1時間半ほど走りっぱなしでした。

 ここでちょっと休憩して、先のルートを確認することにします。



 往路の道程:自宅~箱根峠~長泉沼津~浜松浜北~水窪~道の駅遠山郷: 292.5 km

20181111_map-1.jpg



(つづく)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

NGKスパークプラグ杯鈴鹿サンデーロードレースの最終戦(午後の部)【2018年12月9日(日)】 [バイク]


 NGKスパークプラグ杯鈴鹿サンデーロードレース、午後の部です。


 決勝当日は天候が不順で小雨ですが降ったり止んだり、難しいコンディションでのレースになりました。


 日差しがなく、とても寒いレース観戦になりました。


line.jpg

 

 飯ネタから始めます。(笑)


12:14 お昼を食べに

IMG_7473.jpg



 次のカテゴリーのレースはありますが、ナショナルST600クラスのレースが終わったところで、お昼を食べに一旦サーキットを離れます。

 やってきたのは、駐車場の近くにある鈴鹿サーキットホテルのレストラン、”そら・たべよ”。
 入口のところの看板の上にあった”駐車料金 払戻し”の張り紙を見落とさなかった。(笑)

 そら・たべよのランチビュッフェは大人1,950円。
 これが、駐車券を持っていくと1,000円引きで食べられるので、実質950円ととってもお得。 \(^_^)
 
 と言うことで、行ってみました。

 満席でした。 (o;)

 しばらく待っていたけど、全然空きそうになかったので、残念、諦めます。
  (ーー;) 
 そんなに、甘くないね。(笑)

 食べたかったら、11時半のオープン前から並ばないとダメみたいです。



1256 あえて記事に書く?

IMG_7476.jpg


 と言うことで、サーキットに戻ってきて、パドックにあるレストラン suzuka-ze へ。

 なんか、いつも食べている気がするけど、カツカレー。

 あえて記事に書くほどのことでも、無かったね。(笑)



1325 wet 宣言で

IMG_7478.jpg


 昼食を終える頃には、ST600Rのスタート進行が始まるタイミングでした。
 ST600Rは鈴鹿サンデーロードレースだけにあるカテゴリーで、通常のST600クラスの旧型モデルのみ参加できるクラスです。

 午前中に訪ねたチーム赤い3輪車のピットでは、ちょうど出走の準備中。

 天気がイマイチで、小雨が降ったり止んだりしています。

 ST600Rのレースは既に”wetレース”の宣言が出ていて、途中雨が降り出しても原則(危険と判断されなければ)レースの中断はありません。
 ノーマルタイヤ(ドライタイヤ)で出走するライダーもいますが、赤3はレインタイヤで出走する準備をしている様です。



1347 ST600R レーススタート

IMG_0192.jpg


 ST600Rのレースは、ピット上のスタンドから観戦することにしました。

 ST600Rのレース、3列目予選9番手からスタートです。

 ところにより雨が降っていることもありコンディションが悪いので、ウォーミングアップは通常の1周から2周増やされ、決勝レースは10周で行われる予定でしたが、2周減算されて8周で争われます。



1348 ドライタイヤ優位

IMG_0197.jpg


 東コースのコンディションはドライ。 西コースでは雨が降っていて路面がウェットの様です。
 
 ドライタイヤを装着してバイクとウェットタイヤを装着したバイクが入り乱れていますが、今のコンディションだとドライタイヤの方がわずかに優位の様です。



1408 レース終了

IMG_0205.jpg



 途中雨が本降りになることなく、8周のレースが終了しました。

 レインタイヤを履いた赤3チームの小池選手は、ペースを上げることができず、予選より順位を下げ17位でチェッカー。

 レース後半は、写真でもわかるように日差しが出てきました。

 結果として、レインタイヤの選択はハズレた様ですが、 アマチュアのレースですので、転倒などせずに無事にチェッカーを受けるのが、第一優先。

 完走で無事にシーズンを終えることができました。



1425 インターJSB1000クラス

IMG_0209.jpg



 ST600Rの決勝の次は、午前中にご挨拶した中山真太郎選手が走るインターJSB1000クラスのレースです。

 スタート進行が始まり、ピットロードを走りコースインしていきます。

 自分は再び、メインスタンドへ移動。
 メインスタンドだと、大型映像装置のアストロビジョンでレースの実況を中継しているのを見ることが出来るんでね。

 

1431 グリッド紹介

IMG_0216.jpg


 コースインして、1周のサイティングラップの後、グリッドへ。

 予選順に選手紹介が行われていきます。

 今日のレース、中山選手は昨日の予選5番手、 2列目の真ん中からスタートになります。



1442 決勝スタート

IMG_0223.jpg



 インターJSB1000クラスの決勝は今スタートが切られました。

 インターJSB1000クラスもウォーミングアップが2周に変更され、決勝は2周減算の8周で争われます。

 インターJSB1000クラスの決勝も、時折雨がパラつく中、ウェットレース宣言が出されてスタートしました。
 最初の頃、西コースでパラついていた雨も移動し東コースでも雨がパラつきました。
 スタンドから見ている分には、路面の色が変わるほどは降っていませんでしたが、実際に走っているライダーからすると、シールドに雨粒が着くので、走っていて精神上良くありません。
 スタンドで見ていても、とっても寒い。



1505 完走、チェッカー

IMG_0229.jpg


 復帰戦となった中山選手、予選は5位でしたが、ズルズルと順位を落として10位でチェッカー。

 病み上がりで、まだまだ体力不足もあるようですし、まだ体にプレートが埋め込まれているので、絶対に転倒するわけにいきませんので、相当安全マージンを取っての走行だった様です。

 にしても、復帰戦まずは10位完走、よかったでした。



1529 帰る

IMG_7480.jpg


 インターJSB1000の決勝の後も、JP250の決勝が残っていますが、帰ります。 寒いので・・・・・。 (ーー;)

 それでは、鈴鹿サーキットを後にします。



1533 駐車場から

IMG_7481.jpg



 駐車場に置いてあるハイエースのところまで戻ってきました。

 それでは、ボチボチ帰ることにしましょう。

 外気温8℃。 やっぱり寒いね。

 距離計は 2,853 kmだから、昨日のホテルの行き来を含めて、

 2,853 2,434 419 kmでした。

 それでは、出発。



1625 みえ川越インター

IMG_7482.jpg


 鈴鹿サーキットを出発して、国道23号線を北上して、みえ川越インターまで戻ってきました。
 みえ川越までの23号線は、鈴鹿サーキットから30km弱ですが所要時間は小一時間、ちょっと混みましたね。
 まあ、日曜日なんでこんなもんでしょう。
 40km近く走る東名阪に迂回するほどではありませんね。
 
 ここからは伊勢湾岸自動車道に上がり、西走して自宅を目指します。



1625 視野狭窄

IMG_7482_b.jpg


 みえ川越インターまで来る間、国道23号線を走っていると左目が変?

 写真の様に、右上の部分の視野がなんか見づらい。

 「メガネにゴミでも付いているのかな?」 と思いメガネを外してフレームを見てもゴミらしき物は付いてません。
 「前髪が邪魔してるのかな?」 って、そんなに(視野が遮られるほど)前髪長くありません。

 で、右目つぶって、左目だけで前を見ながら、目の前に指を出して動かすと
 「(写真の様に)黒くスクリーンが降りたみたいで、右上の部分見えてないじゃん!」  (o;)
 視野狭窄じゃん。

 そのまま帰って、翌月曜日起きても、状況は変わらず。
 街の眼科に電話したら、「すぐ来て下さい!」とのこと。
 どうしても外せない仕事があったので、結局木曜日に通院。
 
 結局、網膜剥離で手術・入院することになったのは、ブログに記載済みのとおりです。

 後日、同じように網膜剥離になった知人に状況を聞いたところ、その友人は、1日で視野が半分くらいになるまで網膜剥離が進んだそうです。
 自分は運良く、日曜日からほとんど状況はくなりませんでしたが、ラッキーでした。
 3日も4日も放っておいたら、失明の可能性が十分ありました。
 視野が狭くなったらとか感じたら、一刻も早く病院に行かなければなりません。
 失明する可能性があります。



1816 小笠パーキング

IMG_7484.jpg


 さて、話を戻して、みえ川越ICから伊勢湾岸道に上がり西走。
 豊田JCTから東名自動車道に入り西走を続け、小笠パーキングエリアに到着しました。

 小笠パーキングエリアは自分に取ってマイルストーン。
 そのため、あえて新東名は使わず、東名を走ると言う。(笑)



1823 ど定番

IMG_7486.jpg



 食べたのは、書くまでもない、と言うより写真を載せる必要ない。
 だけど、載せる”肉味噌ラーメンセット”。

 2012年のホームページに掲載して以来約6年間、小笠パーキングを通るたびに、寄って食べてます。(汗)
 たぶん、一番掲載頻度が多いかもしれない。

 だって、このB級感が好きなんだもん。(笑)

 最初は950円だった、けど、ちょっと値上がりして今は980円。

 でも、最初はライスのおかわりが自由だったけど・・・・。



1832 カレーおかわり

IMG_7488.jpg


 今は、カレーライスがおかわり自由!

 でも、ここまで到達できる人は少ないんじゃないかな?
 と言うより、そこまで無理して食べる必要があるのか。と疑念を抱きつつも、ついつい貧乏根性が働いて。

 今日もおかわり。(爆)



1838 普通に

IMG_7489.jpg



 今日も普通に完食。

 カレーも食べたし、30円値上がり分も元を取ったな!
 (なんの元を取ったんでしょうね?)
 
 「ご馳走様でした。」

 「”普通に”美味しかったです。」


 それでは、眠くなる前に出発することにしましょう。



1948 下道で

IMG_7491.jpg


 眠くなったら、途中のパーキングで駐まろうと思いつつ、勢いで沼津インターまでやってきました。

 交通情報を見ると、いつもの週末と同じように東名は横浜町田IC付近を頭に渋滞中。
 ざっと暗算すると、下道を使っても高速より1015分くらい時間がかかるくらいかな。
 
 と言うことで、沼津インターで東名を下りて、ここからは下道を使って自宅に戻ることにします。



2133 自宅に帰着

IMG_7493.jpg


 沼津ICで東名を下りた後、伊豆縦貫道で国道1号線に接続。

 国道1号線で三島から箱根を登り箱根峠へ。

 箱根峠からは引き続き箱根新道(国道1号線)を下り小田原へ。

 小田原からは西湘バイパスを経由して、相模湾の沿岸を走る国道134号線を西走して、横須賀にある自宅に戻ってきました。

 お疲れさんでした。

 本日の走行距離 3,218 2,853 365 km

 今回の走行距離 3,218 2,434 784 km でした。



(おわり)

コメント(0) 
共通テーマ:バイク

鈴鹿にレースを観に行く(NGKスパークプラグ杯鈴鹿サンデーロードレース最終戦)【2018年12月9日(日)】 [バイク]

 網膜剥離で手術をしてから、1ヶ月が経過しました。


 手術した左目の視力はたぶん 0.1 くらいかな。

 視力が安定するのはもう少し先らしく、今メガネを作っても合わなくなるらしく、ムダになるのでガチャ目生活が続きます。

 脳が左目もピントを合わせようとするらしく、それに合わせて右目も緊張状態になるみたいで、細かいことを観ていると右目もとても疲れます。 



 さて、去年の記事、再開します。


line.jpg


7:30 サーキットに行く日の朝は

IMG_7452.jpg


 昨日の内に鈴鹿までやってきました。 


 昨晩は鈴鹿市内のホテルに泊まり、目が覚めました。

 太陽が出ているものの、雲が多いです。

 今日は鈴鹿サーキットでNGKスパークプラグ杯鈴鹿サンデーロードレースの最終戦が開催されます。
 (上位クラスの全日本の選手権ではなく、各サーキット毎に行われている地方戦になります)

 今年は、1回も鈴鹿サーキットに来なかったので、時間が取れたこともあり最後に1回くらいと訪れてみることにしました。

 今日はレース観戦だけなので、ホテルでゆっくりと朝食を食べてからサーキットに向かうことにします。



8:29 サーキットに到着

IMG_7455.jpg


 朝食後、ホテルを出発し鈴鹿サーキットの駐車場に到着。



8:31 駐車場へ

IMG_7456.jpg


 駐車料金1,000円(1日)を支払い駐車場へ。

 まだ遊園地の方は開演していないので、駐車場はガラガラです。
 (8耐とかだと、この時間には大騒ぎですが)



8:40 入園する

IMG_7459.jpg


 メインゲートで入園料を払って入場。

 入園料は、通常1,700円のところJAF会員割引で、ちょっとだけ安くなって1,600円。

 入園券と言うことで、鈴鹿の遊園地モートピアの入場券も兼ねてます。
 と言うより、今日はモートピアの入園がメインで、サーキットへの入場はおまけみたいなもんです。

 昨日の予選日の様に、予選だけ見たい人のためにサーキットオンリーの廉価な入場券を作って欲しいものです。
 まあ、鈴鹿サンデーロードレースの様な地方選のしかも予選だけなんて需要が無いんでしょうね。

(汗)



8:40 実況放送は

IMG_7460.jpg


 レース観戦のお供で、FM放送が聴ける様、ウォークマンを持ってきました。

 レースの時は、場内で実況放送をしているんですが、近くをバイクが通過すると排気音で放送が聞こえなくなります。
 
 で、FMで場内放送していると思って持参したんですが・・・・。

 「やってない。」 (+_+)

 8耐とか全日本のレースのときは、FMで実況放送しているんですけどね。

 まあ、地方選だから仕様がないか。 (-_-;) 



8:49 メインスタンドへ

IMG_7463.jpg


 メインスタンドに到着。

 コース上では、今日1本目のレース CBR250RR/Rによるレースが行われています。

 誰も居ない ほとんど居ない。

 まあ、地方戦のレース何でね。 こんなもんでしょう。



 8:54 パドックへ

IMG_7465.jpg


 今日はパドックへの出入りも自由(無料)に出来るので、メインストレート下のトンネルを通ってパドックに向かうことにします。



9:05 SMSC

IMG_7466.jpg


 パドックにやってきたら、まずは”SMSC”へ。
 SMSCは”鈴鹿モータースポーツクラブ”の略称です。

 鈴鹿サーキットでスポーツ走行を走りたい人は、このクラブに入会する必要があって、自分も3年前まで会員でした。
 けど、2015年に筑波で転倒した後、更新してませんでした。

 SMSCに入会していると、鈴鹿の駐車場が無料だったり、入園料が無料だったりと、色々と特典があるんですよね。
 なので、会員だったら、昨日・今日と出入り自由だったわけで。

 ただし、年会費が保険を入れて25,000円とちとお高い。
 スポーツ走行もする予定が無いのに、更新するのは勿体ない話ではあるんですが。

 会員が切れてから3年以内の更新であれば、年会費を払えば無条件に更新できるんですが、3年を過ぎて更新しようとすると、新たに講習会を受けないとダメなんです。
 で、講習会を受けるのが面倒なので、もしかしたら更新しちゃおうかなぁ。なんて思って訪れました。
 けど、結果、ダメでした。(+_+)
 12月の1日から、もう来年の申し込みが始まっていて、すでに講習を受けないと更新できないとのこと。 くじけました。 (笑)



9:43 MOTO BUM ピットに清水さんを

IMG_7467.jpg


 SMSC で更新するのをくじけた後、レーシングチーム MOTO BUM さんのピットをご訪問。

 MOTO BUM さんのピットには、メカニックをしている清水さんがいます。

 で、#54の荒川晃大選手のST600のバイクをバックに写真を一枚。

 荒川選手は今年、鈴鹿の地方戦となるサンデーロードレースと筑波選手権でST600クラスを走っています。
 ここまでの鈴鹿のレース、全戦全勝。 しかも昨日の予選を含めて全戦ポールポジションを獲得しています。 まだ16歳になったばかりで、将来が期待される選手です。
 
 清水さんには、自分のバイクを(修理のため)預けてあるのですが、年式が2005年とちと古いこともあり部品がそろわず難航しています。
 来春ぐらいには、新ネタでお届け出来るかな。



9:43 JSB1000

IMG_7468.jpg



 そして、#54 ST600のバイクの隣には、#8のバイク。

 こっちは、CBR1000RRをベースにしたJSB1000 のバイク。

 今シーズン、JSB1000にフルエントリーしている選手は居ないので、今回がスポット参戦の様ですが。

 このバイクに乗るのは・・・・・。



9:44 中山真太郎 選手

IMG_7469.jpg


 中山真太郎 選手です。

 中山真太郎選手は、ロードレースに興味がある人で知らない人は居ないと言ってもいいほど、ネットを中心に情報を発信しています。
 2016年まで全日本ロードレースのST600クラスに参戦していましたが、2017年初戦の筑波で練習中に転倒して大ケガを負いました。
 そして、今回ほぼ1年半降りにレースに復帰しました。

 今回のレースは2019年に向けての”お試し”的な意味合いの様です。

 復帰に向けて無理のないレースをして下さい。
 「応援しています!」


 あまりピットに長居しても作業の邪魔になるので、ぼちぼち退散します。



10:02 他のピットには

IMG_7470.jpg


 MOTO BUMのピットを出た後もパドックをうろうろ。

 他のピットにはレーシングチーム”赤い3輪車”の小池選手がいました。

 赤い3輪車は、清水選手が面倒をみていることもあって、過去4耐のレースでも何度かピットにお邪魔させてもらっています。
 バイクは自分と同じ、2005年型のCBR600RR



10:03 寒い

IMG_7471.jpg


 
 一通りパドックをうろうろしたので、レースを観にメインスタンドに移動することにします。
 
 しかし、今日は雲が多くて太陽が出てないこともあって、「寒い!」



11:09 ST600スタート進行

IMG_0158.jpg


 メインスタンドに戻ってきました。

 11時を過ぎて、先ほどの#54 荒川選手が参戦しているナショナル クラスのST600のスタート進行が始まりました。

 各ライダーは、ピットを出てコースイン、1周のサイティングラップを行いスターティング グリッドにつきます。



11:19 グリッドに

IMG_0167.jpg


 #54の荒川晃大選手も、1周のサイティング らっぷを終えグリッドへ。


 スタート直前、ピットクルーは、コース上からピットに戻ります。


 ポールスタートだと、メインスタンド側から近いけど、写真撮るには手前の金網が邪魔ですね。

 


11:26 中断

IMG_0169.jpg



 スタート進行が進み、ウォーミングアップ走行が始まりました。

 途中、西コースで雨が降り出し、中断です。

 ホームストレートがある東コースは、雨降ってないですけどね。



11:27 ピットに

IMG_0170.jpg



 ウォーミングアップ中に進行が中断になり、各バイクはピットに戻って、審議員の判断待ちです。

 結局、レースは”ウェット宣言”が出されました。

 10分ほどの中断のあとレースは再開されます。
 
 ウェット宣言が出されたので、レインタイヤに交換することが出来ますが、天候がとっても微妙~。
 鈴鹿サーキットは東西に長いので、西コースの方で雨が降っていても、東コースの方はドライなんて状況になっていますので。
 どっちのタイヤで走るか、判断が難しいところですね。



11:46 レース スタート

IMG_0177.jpg


 中断の後、再度ウォーミングアップ走行が行われ、レーススタートです。

 最初の予定より2周減算の8周で決勝が争われることになりました。



12:05 最終ラップ

IMG_0181.jpg


 8周で争われたナショナルST600クラスのレース、#54の荒川選手は序盤の12周は他のライダーに先行を許しました。

 3周目からはトップに立ち、そのまま最終ラップまで首位をキープ。

 最終ラップ、背後に迫られながら、最終コーナーを立ち上がってきます。



12:05 全戦優勝!

IMG_0184.jpg


 荒川選手、そのまま逃げ切っって優勝しました。

 今シーズンの鈴鹿サンデーロードレースのナショナルST600クラス、全戦全勝、全戦ポールの完全優勝! ビックリですね。 (o;

 これで来シーズンは、国際A級に昇格して全日本選手権に参戦です。

 荒川選手はまだ16歳と言うことで、これからの活躍も期待大ですね。


 と、それではお昼になったので、ご飯食べにいきます。



 (つづく)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

鈴鹿に行く。【2018年12月8日(土)】 [バイク]

 この記事を書いているのは1月4日(金)。


 今日は網膜剥離で入院・手術の退院御初めての眼科外来に行ってきました。


 予後は良好でしたが、視力が100%安定するには1~2ヶ月必要とのことで、PCはまだまだ片目生活。

 再剥離の可能性があるので、1月一杯くらいは静かにしてないとダメ、バイクもしばしおあずけです。



 昨日は2019年の新年の挨拶を書かせてもらいましたが、また2018年のネタに戻ります。(汗)


line.jpg


5:39 鈴鹿に

IMG_7384.jpg


 12月に入り冬本番の気配がしてくるとバイクから足が遠のきます。

 師走になり、クルマはせわしなく走り、路面温度が下がってタイヤのグリップが悪くなるので、何となくバイクに乗る気が薄くなってきます。
 それでも、寒くなったのでCRFを引っ張り出して伊豆辺りに一泊で温泉ツーリングに行きたいなぁ~。 と思っていますが12月は忘年会シーズンで温泉旅館は週末混んでるんですよね。


 なので、「他のアクティビティは何か無いかなぁ~。」 と考えていたところ。
 今週末は今シーズンのレースの最後になる鈴鹿サンデーロードレースのNGK杯が開催されるんですね。
 今シーズンは、鈴鹿サーキットに1回も足を運んでいませんでした。
 (と言うか、昨シーズンも訪れてなかったです)

 それでは、今週末は土日休みなので、「のんびりと鈴鹿でも行ってみんべ。」ということにしました。



5:40 渋滞が始まる前に

IMG_7387.jpg


 今週末のNGK杯は、土曜日に予選、日曜日が決勝のスケジュール。

 タイムテーブルを見ると、見たいクラスの予選は土曜日の午後にあるようなので土曜日の5時半、渋滞が始まる前に社宅のある葛飾金町を出発することにしました。
 出発が10分ほど遅れました。


 走り初めの距離計は

 2,434 km

 それでは、鈴鹿に向けて出発!



5:59 四つ木インターから

IMG_7389.jpg


 社宅を出発して、まずは国道6号線を西走。
 四つ木インターから首都高に上がります。

 金町の社宅から四つ木インターまでは4kmほどしかありませんが所要時間は20分弱。
 平日であればこの時間でも通勤渋滞が始まっていて、小一時間かかることもある渋滞のメッカ(?)。
 これでも今年の6月に外環が湾岸線までつながったことにより、交通量は少しは減った感じではあるんですけどね。

 さて、四つ木インターから首都高に上がったら、6号向島線を西走してC1都心環状線へ向かいます。



6:31 東京本線料金所

IMG_7391.jpg


 C1首都高環状線から谷町JCTで3号渋谷線へ。
 3号渋谷線で西走をし用賀で東名高速に接続、そのまま西走を続け、東京本線料金所に到着しました。

 ここから先、しばらくは東名高速を西走します。



811 110km

IMG_7392.jpg


 東京料金所を通過した後、渋滞の名所”海老名JCT、大和バス停付近”は若干の混雑がありましたが、比較的順調に通過。

 いつも東名を使うことが多いですが、今日は移動を優先して新東名を使うことにしました。

 東名を御殿場JCTまで進み、そこからは新東名へ。

 スペードメータは110km

 違反じゃありませんよ。(笑)

 新東名は新静岡IC~森掛川ICの約50km区間において、最高速度を110kmに引き上げる試験を実施中。
 なので、堂々と110km (^_^)v

 (わざわざ、スピードメータを110kmに合わせる芸の細かさ)(笑)


 &高速だと燃費が良いですね。



814 速度差

IMG_7395.jpg


 実際に走ってみると他の高速道路同様、乗用車は制限速度+20km130kmぐらいで走っていたりする。
 でもね、トラックの制限速度は80km。 まあトラックもそこそこの速度(100km?)で走っているんだけど、荷物を満載して制限速度の80kmで走っているトラックも混在してます


 そのため、100kmくらいで走っているトラックが追い越し車線に出てくるんですよね。
 これが130kmで走っているクルマからすると結構な速度差。
 片側3車線ならまだいいですけど、ここみたいに片側2車線だと、結構きっちりとブレーキを踏むシチューエーションも出てきたりするわけで。

 これが先々制限速度120kmまで引き上げられて乗用車が140kmで流れるようになると、ちょっと怖いかな。

 ちなみに、ハイエースで140kmで流すと、燃費ガタ落ちです。(汗)



10:51 みえ川越インターに到着

IMG_7396.jpg


 な~んて、新東名の制限速度について考えつつ運転を続けて、豊田東JCTから伊勢湾岸自動車道に入り引き続き西走しみえ川越インターまでやってきました。

 この先の東名阪自動車道はいつもの様に四日市IC付近で渋滞している情報なので、下りて国道23号線で鈴鹿に向かいます。

 鈴鹿に着くのはちょうど昼の時間。
 サーキットに入る前にお昼を食べた方がイイでしょう。
 さて、昼食はどこに行こうかな。



11:44 破天荒に到着

IMG_7397.jpg


 結局、破天荒にきちゃいました。(笑)

 破天荒は本田技研工業の鈴鹿製作所近くにあるファミレスタイプの中華レストラン。 街の中華屋さんを大きくしたようなお店ですね。
 夜遅くまで営業してますし、そこそこのキャパがあるので、サーキット通いしていたときも使い勝手が良いので、このブログでも何回か登場しています。
 
 お昼前、混雑が始まる前に到着。

 駐車場にハイエースを駐めて、早速入店することにします。



11:56 餃子定食

IMG_7400.jpg


 店内に入り、大テーブルに着席。
 
 頼んだのは、定番の”餃子定食”(\1,080)。
 
 微妙に値上がりしているような・・・。 (^_^;)

 やっぱり普段使いの定食は千円超えちゃぁ、いけませんぜ。

 それでは、「いただきます。」



11:56 一口タイプ

IMG_7401.jpg


 ここ破天荒の餃子は一口タイプ

 一皿8個で、餃子定食は二皿分の16個。

 自分的にはちょっと小さすぎて、2個一辺に口に放り込むことも。(笑)



11:57 すはない

IMG_7402.jpg


 テーブルに置かれた調味料のセットに・・・。

 「すっ・・・・、酢がありません!」

 奥の醤油みたいなのは、餃子のタレなんですが、自分としては餃子のタレにも酢を足したいんですね。

 酢豚頼んでも、酢を足したい。 酸辣湯頼んでも、酢を足したい。 中華に”す”好きなんです。

 でも、テーブルに酢が無くて、ちょっと残念。



12:09 ご馳走様です。

IMG_7403.jpg


 す、が無くても、ちゃんと食べる。 いつもの様にしっかり完食。

 「ごちそうさまでした。」

 「普通においしかったです。」

 街の中華屋さんなんて、こんなもんだ。
 涙が出たり、絶句するほどの美味しさなんて、求めちゃいけない。
 ポッと入って、パッと食べて、千円くらいでそこそこお腹一杯になる。ってえのが街の中華屋さんの立ち位置だ。と、自分は思ってる。


 年がら年中、美味し過ぎるもんを食べちゃいけない。
 美味しすぎるものを食べ過ぎると、食べ物に対する”ありがたみ”を忘れがちになる。
 なので、普段の昼はこれくらい。 普通ってえのが有り難いんです。



12:11 店を出て

IMG_7404.jpg


 さて、一丁前のことを書いたところで、店を出ます。

 それでは、予選を観戦しに鈴鹿サーキットに向かうことにします。



12:19 西ゲートに来たものの

IMG_7405.jpg


 鈴鹿サーキットの西コースのゲートまでやってきました。


 メインゲートと比べて地味です。 とっても地味です。

 案内表示が無いと、通り過ぎてしまいます。

 普段は鈴鹿サーキットに練習にくる人くらいしか利用しません。

 鈴鹿サーキットのホームページに「NGK杯の観戦は西コースから・・・。」って書いてあったんですけどね。
 でも、違ったみたいで。
 西コースから入場できるのは、明日の決勝日のことで、今日の予選はやってないみたいです。

 この後、メインゲートに行ったんですが、駐車場が11,000円、鈴鹿サーキットのメインコースに入場するのに遊園地(モートピア)を通るのでその入場料が1,700円の計2,700円必要です。って。
 「えーーーっ! 地方選の予選見るだけで2,700円」

 「払いたくないなぁ。」(爆)



14:11 西コースに

IMG_7406.jpg


 結局、西コースの駐車場まで戻ってきました。

 ここに駐まっている分には、駐車料金は取られません。

 西コースに入るパドックのゲートは閉まっているので、中には入れませんが。 (>_<)

 バックストレッチを通過していくバイクのエグゾーストと場内放送は聞こえるので、ここでハイエースの中に居て場内放送で実況を聞くだけで、今日はガマン。
 せっかく、鈴鹿まできたのにね。(笑)



14:56 今夜のお宿は

IMG_7409.jpg


 お目当てのクラスの予選が終わったので、早めですが宿に移動。

 今晩はゆっくりしようと思っていたので、大浴場のある”ルートインホテル 鈴鹿”。
 事前に予約をしておきました。

 3時を待って、チェックインします。



14:56 本日の走行距離

IMG_7408.jpg


 本日の走行距離は、葛飾金町の社宅から出発して、

 2,848 2,434 414 km

 でした。
 鈴鹿市内は経由が高いので給油したくないんで、満タンで出発してきたんですが、無給油で往復はちょっときついですね。

 ちなみに高速料金は
 首都高速(四つ木→東名接続) 1,120
 東名東京→みえ川越(ETC休日割引) 5,960
 の合計 7,080円 でした。



(つづく)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

いわきツーリング【2日目】【2018年11月24日(土)】 [バイク]

 新年明けましておめでとうございます。


 今年もよろしくお願いします。


 2019年になりましたが、2018年の記事が続きます。

 まだまだ続きます。 ( ̄。 ̄;)


line.jpg


9:27 出発

IMG_7354.jpg


 勤労感謝の日のいわきツーリング、2日目です。

 昨晩は、いわき市内にある”塩屋崎温泉”に宿泊。

 暖かくなる時間になって、出発します。



9:41 塩屋崎へ

IMG_7355.jpg


 宿を出発して、まずは灯台のある塩屋崎へ。

 行く方向とは逆さまですが、塩屋崎まで目と鼻の先まできているので、ちょっと北上してやってきました。



9:46 塩屋崎灯台

IMG_7357.jpg


 駐車場にバイクを停めて、10分ほどちょっと山登り。

 塩屋埼灯台までやってきました。



9:47 高台から

IMG_7358.jpg


 塩屋崎灯台はちょっと高台にあります。

 右手の方角を見ると昨晩泊まった”ホテル塩屋崎”が見えます。

 今朝は雲が多くて、海の色もイマイチでどんより。

 晴れていれば、きっと爽快でしょうね。



9:47 塩屋崎灯台は参観灯台

IMG_7359.jpg


 塩屋崎灯台は、一般公開され灯台の上部まで昇ることができる参観灯台です。

 参観灯台は2018年現在、日本国内で16箇所あります。
 (16箇所しか無いと言った方が、ありがたみがあるかな)(笑)

 参観料は日本国中一律200円。

 ので、ここから先は参観料が必要と言うことで、入りませんでした。

 参観灯台は北は青森県の尻屋崎灯台から始まり南は宮崎県の都井岬灯台、そして沖縄県に2つ残波岬灯台と宮古島に平安名崎灯台などでで全国に点在しています。
 自分の地元横須賀にある観音埼灯台も参観灯台だったので、普通灯台って気軽に入場できるものだと思っていました。 (小学校の遠足で行きました)
 参観灯台が全国に16しかないと知ったのは最近のことで、以前から知っていれば、16制覇する一つの目標としていたかもしれません。
 しかし、この歳になっては、なかなか制覇するのは無理だなぁ~。と諦めています。

 ちなみに、自分が訪れたことがある参観灯台は北から
 ① 尻屋崎灯台(青森県)

 ② 入道崎灯台(秋田県)

 ③ 塩屋崎灯台(福島県)

 ④ 犬吠埼灯台(千葉県)

 ⑤ 野島崎灯台(千葉県)

 ⑥ 観音埼灯台(神奈川県)

 ⑦ 潮岬灯台(和歌山県)

 ⑧ 都井岬灯台(宮崎県)
 の8灯台。 
 そのうち、内部を参観したので野島崎灯台、観音埼灯台、都井岬灯台の3つだけです。 (^_^;)



9:57 バイク少なめ?

IMG_7361.jpg


 塩屋崎灯台も見て満足したので、戻ります。

 駐車場にはバイク5台。

 やっぱりちょっと寒くなったので、バイクツーリングは少なめの様です。

 それでは、一応観光もしたので、帰路に付きます。



10:28 再訪! (o;)

IMG_7362.jpg


 塩屋崎灯台からいわき市内を南下。

 「えーーーーっ!」

 ここは、昨日昼食に訪れたカフェレストラン ジョイ。

 「また来ちゃった。 (^_^)v

 よっぽど気に入ったんだね。(爆)



 と言っても、まだ開店してませんけど・・・・。 (ーー;)



1052 くつろぐ

IMG_7363.jpg


 入り口を見ると、オープンは10時半から。

 駐車場でだべりながら開店を待って、ご入店。

 いい歳こいてやっていることがストーカー的か。(笑)

 まあ、この先帰路に付くには少し時間が余るので、ちょっと時間潰し的な意味合いもありますけどね。

 流石に、お昼を食べるには、さっき朝食を食べたばかり。

 なので、コーヒーなど飲みながら・・・・。

 まだ、出発してから1時間も走ってませんが。(爆)




12:18 ちょっと休憩

IMG_7364.jpg


 ジョイでお茶した後、いわき市内からはageさんの先導で茨城県道・福島県道10号日立いわき線に入りちょっと西向きに南下。
 その後、県道153号水沼磯原線(みずぬま いそはら せん)を経由で広域農道の萩ロードを南下。
 萩ロードのどん詰まりまで南下し、今度は国道461号線に入り西走して国道349号線との交差点までやってきました。

 ここで角にあるファミマでちょっと休憩。

 途中の広域農道の萩ロード、初めて走ったこともあって面白かったですね。
 農道は県道とか国道とかと違って、カーブや勾配が急なのでバイクで走っていて走りごたえがあります。
 基本、農道なので交通量も少なめなので、気持ち良く走ることができます。



13:53 お昼は笠間市街で

IMG_7366.jpg


 国道461号線と国道349号線との交差点にあるファミマで休憩した後は、国道349号線をちょっとの間南下、その後茨城県道36号日立山方線(ひたち やまかた せん)に入り西走して、いつもの広域農道ビーフラインに復帰。
 ビーフラインを南下して笠間の市街地までやってきました。

 今日もちょっと遅くなりましたが、ここでお昼を食べることにします。

 訪れたのは”昭光亭”。

 駐車場にバイクを駐めて、さっそく入店。



14:30 注文は

IMG_7368.jpg


 店内は、と言うより店の外観もそうですが、喫茶店っぽい造り。

 注文は、お店の看板が”とんかつ”になっているので揚げ物押しと言うのを鑑みて、トンカツにするかちょっと迷って、旬の季節となってきたカキフライにしました。
 (下手なお店で頼むと、冷凍もんの危険性があるんですけどね)

 供されたカキフライは形が不揃いですが、大きめのが3個とボリューミー。
 ちゃんと、自家製。
 「おっと、当りでしたね。 」 (^_^)v

 それでは、熱々の内に「いただきましょう!」

 アイスエイジさんが頼んだタンメンがちょっと美味しそう。 ( ̄。 ̄)



14:45 ご馳走様でした。

IMG_7370.jpg


 カキフライは、火の通り加減もイイ具合で、旨いです。
 火を通しすぎると、身が固くなっちゃいますからね。

 街のとんかつやさん、侮れません。(笑)

 まあ、残す理由はどこにもなくて、いつもの様に完食。

 「ご馳走様でした。」

 「美味しかったです。」


 かんばんには”とんかつ”とありますが、メニューはとんかつ以外にも麺類もあったりして色々。
 仕事場の近くにあったりしたら、ランチ使いに便利なお店になるでしょうね。



14:55 ここで流れ解散

IMG_7371.jpg


 食事を終えて、帰路の準備。

 ここから先は友部インターから北関東道に上がり、常磐自動車道を使って帰ります。

 この先は、みんな下りるインターがバラバラなので、今回のツーリングはここで流れ解散になりました。

 『それでは、みなさんお疲れ様でした。』

 『久しぶりの泊まりのツーリングで楽しかったです。』

 『気を付けて帰って下さいね~。』



16:01 帰着

IMG_7372.jpg


 友部ICから北関東道に上がり、友部JCTから常磐道へ。

 常磐道を南下して、三郷ICで一般道へ。

 外環の側道を走り、ハイエースが置いてある葛飾金町にある会社の駐車場まで戻ってきました。

 今回のツーリングはここまでです。



16:01 走行距離

IMG_7373.jpg


 今回のツーリングでの走行距離は

 14,382 13,787 595 km
 
 でした。

 今回は今まで走ったことのないルートが多かったこともあり、新鮮で楽しかったですね。
 北関東+福島県でもまだまだ走ってないルートがありますね。
 そして、ホテルの夕食も大満足でした。

 やっぱり泊まりのツーリングは楽しい。

 「おつかれちゃんでした。」



16:17 仕舞って仕舞い

IMG_7374.jpg


 ツーリングが終わったGSX-Rはハイエースの後部荷室へ。

 今晩は社宅に泊まって、明朝横須賀の自宅に戻ります。
 3連休だと、一泊二日のツーリングに行っても、余裕がありますね。

 週明けの月曜日は、横須賀の自宅からアクアラインを使って、千葉の仕事場に直行の予定です。

 



帰路の道程:塩屋崎~塩屋崎灯台~笠間~~社宅: 238.7 km

20181124_map-1.jpg



(おわり)
※ 広域農道に”萩ロード”を加筆。

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

いわきツーリング【1日目】【2018年11月23日(金)】 [バイク]

 12月の9日(日)の夜、左目の右上部分が見えにくくなったのに気付き、13日(木)に町の眼科に。


 ”網膜剥離”と診断されて、照会状もらい翌日14日(金)に総合病院にいき緊急施術、入院。


 2週間ほど入院して、退院しました。


 と言うことで、ブログの記事の更新が滞りました。


 退院したので、さっそく通常のブログを再開します。



line.jpg
 今日の記事は、11月23日に行ったK2Y恒例の”勤労感謝の日ツーリング”です。
       
 今回は、久しぶりに泊まりです。
 行き先は、福島県のいわき市です。
 6:44 ツーリングの朝は
IMG_7295.jpg
 「寒い!」 (>_<)

 今年の秋は比較的暖かな日が続いていましたが、11月も下旬になり、流石に晩秋の雰囲気になってきました。

 今日はK2Y恒例の”勤労感謝の日ツーリング”です。

 勤労感謝の日のツーリングは以前は泊まりで行っていたんですが、ここ数年は日帰りが多かったですね。
 履歴を調べたら、自分が参加した泊まりの勤労感謝の日ツーリングは10年ぶりでした。

 今回のツーリングは福島方面に向かうと言うことなので、社宅のある金町から出発することにしました。
 6:44 出発
IMG_7294.jpg
 先週の日曜日に横須賀の自宅に戻ったタイミングでGSX-Rをハイエースに積んでおきました。
 会社の駐車場で、朝早くからバイクをハイエースから下ろして出発の準備。

 上の写真で後ろに写っているトラックは今年の9月から使っているもの。
 このトラックがきたことで、ハイエースを仕事で使う場面がめっきり少なくなり、異常に距離が伸びることが無くなったので助かっています。

 さて、準備ができたところで出発します。

 走り初めの距離計は

 13,787 km
 6:48 まずはガソリンを給油
IMG_7296.jpg
 出発してすぐ、金町のshell でガソリンを給油。

 ほとんど入りませんが、中途半端に途中で給油するのもイヤなもんでね。
 7:01 三郷インターから
IMG_7298.jpg
 葛飾金町からお隣の埼玉県三郷に抜けて、外環の下を走り三郷ジャンクションの手前にある三郷インターから上がり、すぐに右のランプウェイに入り、常磐道に上がります。

 うっかり手前の三郷南インターで上がっちゃうと、4kmしか距離がないのに外環道の料金270円取られちゃうからね。
 金町に住むようになったここ1年半くらいで知恵がつきました。(笑)
 7:17 利根川を
IMG_7299.jpg
 三郷インターから本線料金所を通過し、常磐道を北上して利根川に架かる利根川橋(なんともストレートな名前です)を渡ります。

 左前方にピョコッと小さく突き出た筑波山が見えます。

 今日は天気が良いですが、寒い! 
 7:17 グローブを
IMG_7300.jpg
 利根川を渡ると、途端に気温がグッと下がります。
 筑波サーキットに練習に行くときも、同じように利根川を渡ると気温が下がるのを感じます。

 で、手が冷たい。 (>_<)
 
 今日もいつものレーシンググローブですが、去年ウィンターグローブを初めて買ってから、冷たさが気になる様になりました。

 ウィンターグローブを持ってくればよかったです。
 けど、先週の日曜日、自宅で荷造りをしたときは、こんなに寒くなるとは予想だにしませんでした。

 以前は、一年中皮が薄いレーシンググローブで通してたんですけどね。(笑)
 7:51 友部サービスエリア
IMG_7303.jpg
 常磐自動車道を北上し、待ち合わせの友部のサービスエリアに到着しました。
 8時集合ですが、すでに33名様が到着済です。

 が、主催者のアイスエイジさんがまだ来てませんぜ。(笑)
 8:22 遅れてコーヒー
IMG_7304.jpg
 20分ほど遅れてアイスエイジさんが到着。
 缶コーヒーをおごってもらい帳消しです。(笑)

 友部のサービスエリアからは、いつもであれば北関東道の友部インターまで進み広域農道のビーフラインを使いますが、今朝は寒すぎで路面が凍結しているかもしれないので、そのまま北上して那珂インターで常磐道を下りるルートにしました。
 9:47 大子(だいご)でガソリン
IMG_7305.jpg
 那珂インターを下りてからは、久しぶりにバードラインを走り、その後いつものビーフラインに接続。
 その後、茨城県道33号常陸太田大子線(ひたちおおた だいご せん)に接続し、龍神大吊橋の脇を走り北上。 そのまま国道461号線に変わり北上を続けます。
 その後、国道461号線は進路を西に取り袋田の滝の脇を抜けて国道118号線へ。
 ちょっと北上して、太子町の国道沿いにあるENEOS に到着しました。

 ここで、みんなそろってガソリンを給油をします。

 久しぶりに走ったバードラインは、以前はよく逆方向から使うことが多かったので、ほとんど覚えていませんでしたね。(笑)
9:56 常陸大子駅(ひたちだいご えき)
IMG_7307.jpg
 国道118号線沿いでガソリンを給油した後、ちょっと移動。

 ツーリングだけど駅前に駐輪。

 駐まった駅は常陸大子。
9:56 朝そば
IMG_7308.jpg
 駅前に駐まった理由はこれ。

 駅前の立ち食いそば屋さん。

 中途半端な時間と言えば中途半端な時間ですが、朝ご飯、否、朝そば食べます。 (^_^)v
 9:59 定番の
IMG_7309.jpg
 頼んだのは、立ちそばの定番”天玉そば”。(450円)

 かき揚げの容姿がワイルドです。(笑)
 10:00 手打ち?
IMG_7310.jpg
 それでは、「いただきます!」

 立ち食いそばですが、太さがまちまちなので、手打ちみたいです。

 この周辺は蕎麦の産地なので、いい加減なものを出したら地元のお客さんはこなくなっちゃいますもんね。

 立ち食いそばとは思えない高いクオリティー。
 11:02 何もないところで
IMG_7311.jpg
 常陸大子の駅前でそばを食べたあと、いつものルートで北上。

 お昼に目指すは、福島県の猪苗代湖の南、(郡山市)湖南町にある大阪屋食堂

 もう10年くらい訪れてませんけど、久しぶりにたんめん食べに行きます。

 大子からは、引き続き国道461号線とか栃木県道27号那須黒羽茂木線(なす くろばね もてぎ せん)とかを北上して、何も無いところでバイクを停めて休憩。
 「せっ、せめて自販機のある場所で止まってくだせぇ。 ジュースじゃんけんが出来ませんぜ。 (>_<)

 ※ ちなみに場所は那須郡の那須町。(笑)
12:47 何もないところで(その2)
IMG_7313.jpg
 さっき休憩した場所から、白河の関を抜け白河市に入りました。

 白河の市街地から、これから向かう羽鳥湖の方角を見ると、空が真っ黒。

 「絶対、雪降ってます。」 (+_+)

 と言うことで、大阪屋はあえなく断念。

 白河からUターンして、国道294号線を南下、その後栃木・福島県道60号黒磯棚倉線(くろいそ たなぐら せん)を東進して棚倉方面へ。
 その後、棚倉の市街地に入る手前で右に折れて国道118号線に入り南下、しばらく南下したら今度は国道289号線に入りひたすら東進。
 またまた自販機も何も無いところで休憩。(ツーレポ泣かせです)(笑)

 途中にあった温度計は4℃を表示していました。 寒いぜよ。(=_=)

 もうすぐ1時になろうかとしています。(^_^;)

 「ぼちぼち、お昼にしませんか?」って、辺りに何もありません。(爆)
 13:32 いわき市まできて給油
IMG_7316.jpg
 先ほど休憩した国道289号線を引き引き続き東進。

 常磐自動車道のいわき勿来(なこそ)インターの脇を通過して、いわき市の市街地までやってきました。
 ここで今日3回目の給油をします。

 ここから、今夜のお宿は目と鼻の先。 途中でUターンしてきた分、早く着いちゃいました。(汗)
 しかも、お昼食べて無いし。

 途中で停まったところも、インスタ映えしないし・・・。
 (って、自分、インスタやってませんが。(笑))

 でも、まあ、ツーレポを書くには、書きにくい。(ーー;)

 けど、バイクを走らせている分には、道は空いているし、今まで走ったことない道なので新鮮で面白い!
 「自分、観光地じゃなくても良いんです。 道が楽しければ。」
 13:48 お昼はかへ
IMG_7317.jpg
 ガソリンを入れた後、このまま夕食まで何も食べないと言うわけにもいかないので、スタンドの人にかへ(カフェ)を教えてもらい、そこでお昼を食べることに。

 訪れたのはカフェレストラン”ジョイ 植田店”。

 爽やかな造りの外装が、おじさん5人組にはちと似合わないけど、

 とりあえず入店!
 15:24 やっちまった
IMG_7320.jpg
 「やっちまった! 食っちまった。」 完璧に写真撮り忘れ。(汗)
 (普段入らないような不慣れなお店に入ったもんでね)

 食べたのは、これ”カルボナーラ”。

 クリーム系のパスタ、好きなんですよね。
 美味しかったです。

 で、お店を出る段になって、「あっ!写真撮ってない。」って
 (メニューの写真を拝借。)(笑)
 15:27 長居する
IMG_7321.jpg
 いやぁ~。 今日泊まる宿がもう近くにあるもんでね。
 時間もがたっぷりあるもんでね長居しちゃいました。 ( ̄。 ̄;)

 もともと、お昼は猪苗代湖の南にある大阪屋まで行く予定だったので、時間が余っちゃいましてね。
 で、店員さんもなかなか可愛い子が多くて、自分たちが若い頃のファミレスを思い出しちゃいましたよ。
 (最近のファミレスのスタッフは高年齢化が進んでいますからね)
 一部のメンバーが、コーヒーをお代わりしてまで席を去りたくない。って、すっかり長居しちゃいました。

 宿のチェックインの時間3時を過ぎたので、ボチボチ宿に向かうことにします。
 16:01 塩屋崎へ
IMG_7322.jpg
 いわき市の植田にあるカフェレストラン ジョイを出発して、海岸線に沿って北上。

 前方に塩屋崎の灯台が見えてきました。

 しかし、今夜の宿が同じいわき市内と言うことで、もう近くかと思ったら意外に遠い。
 いわき市はデカいね。
 1966年に市町村合併をした時には、日本で一番大きな市だった様で。
 その約40年後、2003年の平成の大合併で静岡市が日本一に、その2年後の2005年に岐阜県の高山市が一番になり現在(2018年)に至っています。
 現在、いわき市は市町村としては、15番目の面積らしい。(と言う豆知識)
 そして、人口は仙台市に続き東北地方で2番目と言うことで、海岸線を走ると工場が林立する工業団地でビックリしました。
 16:12 宿に到着
IMG_7326.jpg
 今夜の宿に到着しました。

 今夜の宿は、塩屋崎灯台近くにある”ホテル塩屋崎”。

 駐車場に梅雨を駐めて、早速チェックインしましょう。
1日目の道程:葛飾金町~友部SA~那珂IC~常陸大子~白河~棚倉~いわき市:359.4 km
20181123_map-1.jpg
(つづく)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

GSX-Rのブレーキパッドを交換(メタリカ製)【2018年10月28日(日)】 [バイク]

 週末、鈴鹿サーキットに行ってました。


 記事はあとで書く予定ですが、その前に10月末の話題から。(汗)


line.jpg



1622 夕方から

IMG_7154.jpg


 おととい26日の金曜日、仕事終わりにK2Yに寄ったら・・・。

 『ブレーキ・パッド きてるよ!』 (o;

 10日程前の走行会の時に新品に交換してますが・・・。 (?_?)

 メタリカ製のパッドが入荷しました。(゚o゚;)

 走行会の時にパッドを交換しようとメタリカ製の注文しておいたのですが、納期が間に合いませんでした。
 仕様がないので、急遽 SUZUKIの純正を注文して、交換しました。

 で、後からメタリカのパッドが入荷した次第で。
 よくある話です。

 せっかく入荷したので、メタリカ製に交換することにします。



1623 メタリカの

IMG_7155.jpg


 で、こちらがメタリカ製。

 以前乗っていたYZF-R1の時に使ってみて良かったので、今回のGSX-Rでも使ってみることにしたんですが・・・・・。

 なんと、お値段がSUZUKI純正のほぼ倍! (O_O)

 YZF-R1の時は純正とあまり値段が変わらなくて、よく効くし、ライフも長そうでコスパが良かったんです。
 
 GSX-R用は純正の倍の値段とは。 (-_-;)

 いつのまにか”SPEC03”って言う高価格のラインナップが出来て、GSX-R用のパッドはその高いのしか無いみたいです。
 値段が倍だからって、2倍効くわけじゃありませんから、2倍の耐久性があれば良いんですけどね。(笑)



1627 並べて比べてみる

IMG_7156.jpg


 早速、開梱。

 間違いないか純正と比べてみる。

 純正は、バックプレートにメーカー名とか型番とか刻印してありますが、メタリカ製はのっぺらぼう。
 
 同じ形なので、大丈夫でしょう。



16:27 パッド面は

IMG_7157.jpg


 パッド面も比べてみる。

 左が純正でつかったやつ、右が新品のメタリカ。

 純正とは溝の数が違いますね。

 後は、わからない。 ( ̄。 ̄;)



16:29 新品は

IMG_7161.jpg


 厚さを測っておくと、新品で 7.427.45㎜ でした。

 『ん?』 (?_?)

 純正の方が厚い?



16:37 新しいパッドを

IMG_7163.jpg


 キャリパーから古いブレーキパッドを外して、新しいパッドを取付け。

 パッドの中央にある突起がキャリパーの溝にはまり込むようになってます。
 これで、ブレーキディスクに装着されると、ブレーキパッドが外れない構造になってるんですね。
 なので、キャリパーを止めておくピンはありません。



1642 新しいパッドを

IMG_7165.jpg


 左右の新しいパッドを装着。

 ピストンは前回(10日ほど前)に洗ったので、今回は簡単にパーツクリーナで掃除して、エアーを吹いて終わり。



1644 規定トルクで

IMG_7166.jpg


 パッドを交換したら、キャリパーを元の位置に戻して、ボルトを規定トルクで締め付け。

 左側のパッドの交換は終わり。

 続いて、右側を交換します。



1646 左側

IMG_7167.jpg


 続いて、左側のキャリパを外します。


 今、着いているブレーキパッドもエビスの走行会と先週の西伊豆ツーリングしか走ってないので、それほど汚れてないですね。



1647 使ったパッド

IMG_7168.jpg


 取り外したブレーキパッド。

 距離はあまり走ってませんが、走行会でサーキット走ったので、しっかりとディスクの跡が付いてますね。



1648 確認

IMG_7170.jpg


 念のために使ったパッドの厚さを測ってみると 7.47 mm!?

 メタリカの新品パッドより微妙に厚い。(笑)

 走行会と西伊豆ツーリングで

 13,168 12,674 = 494km

 走行したのにね。

 新品の時の厚さが、7.6mmぐらいでした。



1649 外したパッドは

IMG_7174.jpg


 外したパッドは、装着しておいたペアーで束ねて取って(保管して)おきます。
 メタリカ製のパッドがなくなったら使うことにしようかな。

 これだけパッドがあれば、もう買わなくてもイイかも。(笑)



1650 箱に仕舞っておく

IMG_7175.jpg


 古いパッドは、バックステップが入っていた Baby Face の箱に入れてしまっておきます。

 この写真はどこに仕舞ったか忘れてしまうので、備忘録として。(笑)



1655 右側も完了

IMG_7176.jpg


 右側のパッドの交換が終わったら、キャリパーを規定トルクで締め付けて。

 キャリパーの取付けが終わったら、ブレーキレバーを何度か握って、ブレーキフルードを送っておくことを忘れずにね。
 これを忘れると、走り出していざブレーキかけると、レバーが”スカッ”って握り切れちゃって、口から心臓が出ます。(笑)



1658 走行距離は

IMG_7177.jpg


 メタリカ製のブレーキパッドに交換した距離は、13,168 km でした。

 さて、何キロ保つでしょうね。



1701 ステッカーを

IMG_7180.jpg


 最後におまけに付いてきたステッカを貼り付けて、終了。

 ブレーキパッドの交換作業より、記事を書いている時間の方がかかりましたよ。(笑)


※ 追記
  後日、ツーリングで使ってみました。
  とても良く効きます。 高いだけのことはあります。
  時期的に耐フェード性とかはわかりません。
  耐久性も先にならないとわかりません。
  けど、このタッチは一度使っちゃうと、なかなか手放せなくなりそうです。



(おわり)

コメント(1) 
共通テーマ:バイク

西伊豆ツーリング(後編)【2018年10月21日(日)】 [バイク]

 10月の西伊豆ツーリング、後半です。

line.jpg


12:33 帰路に着く

IMG_7138.jpg


 西伊豆ツーリングのお昼は、堂ヶ島にある魚季亭(ときてい)で昼食を食べました。

 お腹も膨れたところで、帰路に着きます。



1258 国道136号線を北上

IMG_7140.jpg


 堂ヶ島からは、まずは駿河湾沿いを走る国道136号線で土肥を目指し北上します。
 視界が開けているところは、今日は終日富士山が見えますね。

 国道136号線を土肥の市街地まで北上したら、そのまま内陸に進路を取って修善寺に向かいます。

 修善寺までの国道136号線は、そこそこの交通量があり、すぐにクルマにつかえてしまいます。
 抜けるところで抜いていけば前に出られますが、積極的に抜いていかないバイクとの差が開いてしましいます。
 ので、グループの台数が増えてしまうと、走りにくい路線になりますね。



1350 冷川料金所(ひえかわ りょうきんじょ)

IMG_7141.jpg


 修善寺からは、県道12号伊東修善寺線(いとう しゅぜんじ せん)に入り、西走を続け、冷川の料金所までやってきました。

 県道12号線も休日の午後は、冷川に向かってそこそこの交通量があり、ペースはあまり上がりません。

 ここで、終点熱海峠までの料金を支払い、伊豆スカイラインに入ります。



1405 亀石パーキング

IMG_7143.jpg


 冷川料金所から伊豆スカイラインに入り、北上して途中にある亀石パーキングまでやってきました。

 ここで、ちょっと休憩。

 亀石のパーキングは今日の様に天気が良い日の午前中に寄るとツーリングのバイクで一杯ですが、午後になると意外に少ないですね。


 冷川から亀石パーキングまでの伊豆スカイラインは、冷川から亀石まで登り区間となり、中速コーナが連続する区間です。
 個人的には、この区間は好きな区間です。
 この先の、亀石から熱海峠の区間は、山の尾根の区間を走ることもあって、視線の持って行き方が難しく、かつ高速コーナーが多くてスピードが速すぎることもあって、ちょっと難しいです。



1405 ジュージャンじゃ

IMG_7144.jpg



 パーキングで駐まったら、「さあ、ジュージャンだ!」(笑)

 パーキングに駐まるからジュージャンをするのか、ジュージャンをするためパーキングに駐まるのか。
 それは、たぶん後者が正解だ。(笑)



1405 期待を裏切らないお方

IMG_7145.jpg


 「期待を裏切らないねぇ~。 山口さんは。」

 「まあ、しかし、じゃんけん弱い。」

 じゃんけんなんて、確率の話だと思うのだが、確実に山口さんは持っているものがあるね。
 まあ、人に施し(ほどこし)を与えると徳が得られる。と言われているので、是非これからも施しを続けてもらいたいものだ。(笑)



1542 流れ解散

IMG_7146.jpg


 伊豆スカイラインの亀石パーキングでジュージャンをした後、終点の熱海峠まで進み、一般道の県道20号熱海箱根峠線(あたみ はこねとうげ せん)に入り、北上して、箱根峠にある”箱根エコ・パーキング”までやってきました。

 普段であれば、手前のターンパイクで箱根の山を下りるのですが、今日はマラソンか何かのイベントがありターンパイクは車両通行止めでした。
 そのため、県道20号線をそのまま北上して、箱根峠まで来た次第です。

 県道20号線は、基本センターラインのある片側1車線で対面通行の県道です。
 低速カーブが連続し、周囲に生えている草木によって、コーナーの視界が妨げられます。
 週末は交通量も多く、観光バスなどが前にいると、延々と数珠つなぎになっていることがあり、快適とは言えません。
 平日のソロで走ると、空いていることもあり、タイトなコーナーの連続を楽しむことができます。

 さて、ここから先は箱根新道を下って帰路に着きますが、週末夕方の箱根新道も渋滞します。
 特に今日はターンパイクが通行止めと言うこともあり、渋滞必至です。
 
 渋滞をずらずら並んで走っても、苦痛なので、ちょっと早めですが今日はここで流れ解散にします。

 『お疲れさまでした。 気を付けて帰ってね~。』



1715 帰りも逗子海岸から

IMG_7147.jpg


 箱根峠で流れ解散した後は、箱根新道で箱根の山を下り、西湘バイパスを経由して、国道134号線を東進して朝も写真を撮った逗子海岸まで戻ってきました。

 やっぱり箱根新道は後半は渋滞。
 西湘バイパスも出口が渋滞。
 江ノ島までの国道134号線は新湘南大橋が2車線化されて、まあそれほどでもなし。
 でも鎌倉先、ここ逗子海岸までの国道134号線は片側1車線と言うこともあって渋滞でした。


 今日のツーリングはほんと一日快晴でしたね。

 夕焼けの中に浮かぶ富士山を見ることができました。



1734 自宅に帰着

IMG_7150.jpg



 「秋の日はつるべ落とし。」 とはよく言ったもので、逗子海岸から20分ほど、自宅に到着した時には辺りはすっかり暗くなっていました。

 今日のツーリングも無事帰着。



1734 本日の走行距離

IMG_7149.jpg



 本日の走行距離

 13,168 12,843 325 km でした。

 『お疲れ様でした。』



帰路の道程:堂ヶ島~土肥~修善寺~伊豆スカイライン~自宅:167.8 km

20181021_MAP-2.jpg




(終わり)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

堂ヶ島でお昼。【魚季亭(ときてい)】【2018年10月21日(日)】 [バイク]

 12月になっちゃいましたね。

 今ごろ10月のツーレポなんて、かなり季節感がズレちゃいますので、早めに書き上げなければ。 (^_^;)


 
 では、さっそく。

 西伊豆ツーリング、お昼は西伊豆の堂ヶ島までやってきました。  


line.jpg


 今日のお昼は、堂ヶ島にある海鮮ぶっかけ飯を売りにしている”魚季亭(ときてい)”にやってきました。



11:37 再訪

IMG_7128.jpg


 このお店は、2014年のツーリングで訪れていました。 再訪です。

 
 それでは、さっそく入店! (^_^)/



11:38 店内は

IMG_7130.jpg


 時間が11時半を少し回ったところで、まだ混み合う前に入店することができました。

 でも、各テーブルには”予約の札”が置いてあったので、昼を過ぎると混み合う可能性大ですね。

 海を見ながら食べることが出来る席は、ほとんど予約で埋まっていて、自分たちは端っこの窓の無い日の当たらない席にご案内。(笑)



11:52 鯵のぶっかけ飯

IMG_7131.jpg


 注文したのは、”鯵のぶっかけ飯”。

 前回のレポを見たら同じものを注文していましたね。 
 芸がありません。 
 この先の松崎に行っても、ほとんど”鯵のまご茶定食”しか頼んでないし。
 そんなに”アジ”が好きか。と問われれば、「それほどでも。」(爆)

 前回訪れた時は、1日限定20食で”富士山盛り”っと言う大盛りがありましたが、無くなっちゃったみたいです。(残念)
 (真偽の程は不明ですので、まだあるかも知れません。)

 それでは、さっそく いただきましょう!



11:53 インストラクションズ

IMG_7132.jpg


 テーブルには”ぶっかけ飯の食べ方”の説明書が置いてあります。

 ここのお店は、ぶっかけ飯がメインですからね。

 ぶっかけ飯はこの鯵以外に、マグロとかタイのぶっかけ飯があります。



11:53 かけ過ぎ注意!

IMG_7133.jpg


 それでは、説明書通りに、まずは特製タレをかけて食べることに。

 「塩っぱ! かけ過ぎましたぁ。 」  (゜o゜;

 器には適量が入れてあるのかと思って、全部かけたら、塩っぱくなっちゃいました。

 これを読んだ人は、かけながら適量を調整して食べてね。(笑)



11:57 温泉たまごを添加

IMG_7134.jpg


 タレを入れすぎて、塩っぱくなっちゃったので、早々にステップ2の”温泉タマゴ”を入れちゃいます。

 温泉タマゴで少し塩っぱさは少し緩和されましたが、まだ塩っぱい。です。

 「う~ん。仕舞った。」 (+_+)
 失敗しました。



11:17 だし汁を

IMG_7135.jpg


 と言うことで、ステップ3の”梅昆布だし”をかけて食べることに。

 ビジュアル的にアウトです。(笑)
 とても美味しそうには見えませんが・・・・。 (ーー;)
 このスリーステップで一番美味しかった。

 まあ、ちょうどいい塩梅になりました。 

 くれぐれも、かけ過ぎ注意ですぞ!



1205 ごちそうさま

IMG_7136.jpg


 完食。 

 『ご馳走様でした。』

 『美味しかったです。』 <(_ _)>
 
 まあ、塩分取り過ぎですけどね。
 塩分取り過ぎは自己責任ですから。 (^_^;)



1223 食事を終えて

IMG_7137.jpg


 食事を終えて、だべっているとボチボチお客さんが増えてきました。

 早々に店を出て外に。

 今日は天気も陽気もいいので、遊覧船も忙しく動き回っていますね。



12:33 出発です

IMG_7138.jpg


 他のメンバーは自宅向けにお土産を購入。(偉いね)

 自分は、ありません。 
 荷物を積むスペースが無いので。と言うことで通してます。 ( ̄。 ̄;)

 それでは、ぼちぼち午後のツーリング出発です。



(つづく)

コメント(3) 
共通テーマ:バイク

西伊豆ツーリング(前半)【2018年10月21日(日)】 [バイク]

 今日の記事はまだ寒さが始まる頃のことです。


line.jpg


 10月に入り少し涼しくなってきました。

 今日は以前務めていた会社のバイク仲間とのツーリングです。



7:16 ツーリングの朝は

IMG_7101.jpg


 目的地は、メールでは”箱根/富士”って書いてあったけど詳細は不明。
 まあ、行けばわかります。

 今日の天気予報では、降水確率は”0%”。
 雨具は持っていきません。 (^_^)v



7:16 走り始めの

IMG_7102.jpg


 走り始めの距離は

 12,843 km

 集合場所も、いつもの西湘パーキング。
 集合時間も、いつもと一緒の8時半です。

 それでは、出発するなり!



731 逗子海岸から

IMG_7103.jpg


 自宅のある横須賀から逗葉新道を経由し、長柄(ながえ)の交差点から国道134号線に入り、少し走ると逗子海岸沿いに出ます。

 今日は晴れていて空気の透明度が高く、江ノ島のバックに富士山を見ることができます。
 夏場は湿度が高くて、早朝じゃないとなかなか富士山を見ることができませんが、だんだんと季節は冬に向かっているのが感じ取ることができます。



745 朝ご飯は吉野家

IMG_7105.jpg


 逗子海岸からは鎌倉に入り、材木座~由比ヶ浜~稲村ヶ崎の海岸線を流し、吉野家134号江ノ島店に到着。
 
 集合前に朝ご飯を食べることにします。
 

 注文は、いつもの様に朝っぱらから、牛丼(並)+タマゴ+みそ汁の定番。



817 秋晴れ

IMG_7107.jpg


 江ノ島前の吉野家で朝食を食べた後、国道134号線を西走。

 そのまま国道1号線の西湘バイパスに接続して西走を続けます。

 今日は雲一つ無い秋晴れで、写真が映えますね。



8:25 西湘パーキング

IMG_7108.jpg


 西湘バイパスに上がり、橘の料金所を通過し、西湘パーキングに到着しました。

 流石に今日はバイクが多い!

 走っているとちょっと寒いですが、バイク日和です。

 目の前に停まっているのは山口さんの刀かな。



8:26 集合中

IMG_7109.jpg


 到着すると、すでに3名が集合済。

 春のツーリングの時は地べたに座って待っていたけど、歳を取ったんだね、地べたはお尻が冷えるらしい。(笑)


 自分の他にもう一人、お初のメンバーが来るらしい。

 もう少し待って、出発します。



905 箱根峠は

IMG_7112.jpg


 メンバーがそろったところで出発。

 西湘パーキングを出発して、西湘バイパスを箱根口まで西走。
 その後、箱根新道に入り箱根峠までやってきました。

 紅葉の季節にはちと早いですが、箱根新道は混んでましたね。

 箱根峠の気温はただいま 13℃。 それほど寒くはありません。
 今日のツーリングルートからすると、ここが一番気温が低い場所でしょう。



905 後続を待つ

IMG_7113.jpg


 箱根峠でちょっと後続の到着を待ちます。

 今日のルートは最初の予定では富士山の西麓にある田貫湖まで行って逆さ富士を眺める予定だったのですが、メンバーの都合+寒いと言うのでパス。

 西伊豆に行くことになりました。



9:25 伊豆フルーツパークで

IMG_7115.jpg


 箱根峠から国道1号線をそのまま三島方面に下り、”伊豆フルーツパーク”でちょっとトイレ休憩。

 この先、三島塚原インターから伊豆縦貫道に上がります。

 台数が23台であれば、無料区間の函南インターで下りて下道を走りますが、5台くらいになると、函南から伊豆の西海岸まで出るのにすり抜け区間があったりして、ちょっと走りにくいのので、ちょっと小銭がかかりますが江間インターまで一気に南下します。



9:54 口野(くちの)

IMG_7116.jpg


 江間インターで伊豆縦貫を下り、ちょこっと西走して狩野川放水路の河口にある口野までやってきました。

 この交差点まで来ると駿河湾を見ることができます。

 ここから先は、しばらく静岡県道17号沼津土肥線(ぬまづ とい せん)を駿河湾に沿って西走します。



1014 レッドなDUCA

IMG_7118.jpg


 県道17号線で駿河湾の海岸線を西走し、う西浦古宇の角に”レストラン井里絵”のある交差点で左折して、今度は県道127号船原西浦高原線(ふなはら にしうら こうげん せん)に入ります。
 県道127号線に入り、途中真城峠を通過し、ワインディングロードを快走し南下、県道18号修善寺戸田線(しゅぜんじ へだ せん)に突き当たるT字路までやってきました。
 ここで、後続を待ちます。

 ピッタリくっついてきたのは、DUCAST4sに乗る初参加さん。
 速い。
 煽られてます。 (^_^;)



1014 止まっちゃう刀

IMG_7119.jpg


 続いてやってきたのは山口さん。

 T字路の手前で止まって、後続を待ち・・・・。

 と思ったら、リヤブレーキがかじっちゃって、止まっちゃいました。

 真城峠からの下りで、リヤブレーキを使いすぎて、パッドが戻らなくなっちゃったみたい。(笑)
 最近のバイクはあまりないけど、以前(昔)はツーリングの途中でバイクが止まっちゃうのはお決まりでしたね。



1058 宇久須の

IMG_7121.jpg


 さっきの県道18号線の交差点からは、一気に走行。
 (写真を写してない言い訳。(ーー;)

 県道18号線に出たら、左折して一旦修善寺方面に向かい東進。
 しばらく山を登り、西伊豆スカイラインでふたたび県道127号線に入り南下。
 そのまま県道127号線は県道411号西天城高原線(にしあまぎ こうげん せん)に変わり、南下を続けて仁科峠(にしな とうげ)まで。
 その後、県道410号仁科峠宇久須線(にしなとうげ うぐす せん)に入り西走して山を下り、宇久須の交差点近くにあるセブンイレブンで停まります。

 ここまでの道中の県道127号は、以前は西伊豆スカイラインで有料道路でした。
 建設当時、自動車専用道路として造られたため、歩道はなし、今の時代となっては路側帯も狭く、タイトなコーナーは今となってはちょっと狭く感じます。

 続いての県道411号線は、1999年に天城牧場で全国植樹祭が開かれた際に建設された路線(wiki調べ)で、路肩も広くリッターバイクでも走りやすいアップダウンと中速コーナーが連続するダイナミックなワインディングロードです。
 その先の県道410号線が狭隘な路線なので、411号線もやってくるクルマは少なめで快適です。
 最後に、西伊豆の海側に位置する宇久須にアクセスする県道410号線は、1.5車線の低速コーナーが連続する県道で、仁科峠から一気に標高を下げます。
 リッターバイクで走るには、ちと狭すぎますが、交通量はほとんど無いので、そう言う意味ではリラックスできる路線です。



1100 やっぱジュージャンでしょ。

IMG_7122.jpg


 セブンイレブンで駐まったら、やっぱジュースじゃんけんでしょ。(笑)

 珍しく珍しく珍しく、山口さんが早い段階で勝ち抜けしてる。

 で、自分は負け残り。 ( ̄。 ̄;)



1100 負け残り

IMG_7123.jpg


 「げっ!負けた。」

 2人残り。

 スリルが味わえます。(強がり)



1101 勝ち

IMG_7125.jpg


 で、勝ったよ。

 負けたのは、初参加くん。(笑)

 百戦錬磨の連中だ。 相手が悪かったね。



1121 先に帰る

IMG_7126.jpg


 で、ジュースをご馳走してくれた初参加くん。

 今日は午後から用事があるので、ここで先に帰ります。

 まるで、我々にジュースをご馳走してくれるために、ここまで来たようなものだ。

 初参加くん、今日はDUCAで参加だけど、現行型のYZF-R1を所持しているらしい。
 R1で来られたら、勝負にならない。負けちゃうね。

 でも、また一緒に走りましょう!



1136 堂ヶ島で

IMG_7127.jpg


 宇久須のセブンイレブンでジュースじゃんけんをした後、海沿いを走る国道136号線を南下して、加山雄三ミュージアムのある堂ヶ島までやってきました。

 今日のお昼は、ここで食べることにします。


 それでは、駐車場にバイクを駐めて、食堂に行きましょう。



自宅~(西湘バイパス)~箱根峠~西伊豆スカイライン~堂ヶ島まで: 156.9 km



20181021_MAP-1.jpg




(つづく)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

エビスサーキット走行会(午後の部)【2018年10月16日(火)】 [バイク]

 エビスサーキット走行会、午後の部です。


 どうやらお昼を食べ過ぎて満足してしまった様です。 (^_^;)


 写真、記事とも少なめです。 <(_ _)>


line.jpg


13:57 午後からも走るけど

IMG_7092.jpg


 走行会の昼食は、二本松の市街地まで下りていって、蕎麦とソースカツ丼のセットを食べてきました。
 しかも大盛りで。 (o;)

 お昼を食べて、サーキットに戻ったらハイエースの中でお昼寝。

 目が覚めて、ボチボチ午後の走行をすることにします。

 が、食べ過ぎましたね。 (ーー;)

 やっぱり満腹だと、攻めた走りをするボルテージが低い。(笑)

 写真もありません。 (-_-;)



14:09 15:49 午後の走行

20181016_LAPTIME-2.jpg


 今、レポを書いていて思い出したけど、GSX-R乗っていて一番のネックはアクセルでした。
 街乗り用の市販バイクなので、アクセルの開度が大きくて、にぎり直さないと全開にできない。

 (一般道なら全開にすることもほぼないからね。)
 ストレートならまだしも、コーナーリング中とか、バイクの挙動が暴れるので、にぎり直すのは難しい。
 サーキット用のCBRはハイスロットルになっているので、にぎり直さなくても全開にできるんですよね。

 GSX-Rでサーキット走るなら、ハイスロットルに交換したほうがイイです。

 で、タイムは午前中とほぼ変わらず。 8秒台がベスト。
 模擬レース中のタイムは更新できず。(-_-;)
 模擬レースとは言え、レースだとやっぱりアドレナリンが出てアクセルが開くんだろうね。(笑)



16:16 走行終了

IMG_7093.jpg


 午後4時までの走行が終わりました。

 今日も、無事終了。

 完全に安全パイ握って走ってたからね。

 
 こうして久しぶりに街乗りバイクでサーキット走ったけど、やっぱりサーキット用のCBRの方が気持ちいい。

 GSX-Rでも、タイムが出ていれば、「これはこれで気持ちいい。」とか書いちゃうんでしょうけどね。



16:46 撤収

IMG_7094.jpg


 走行が終わったら、お片付け。

 ハイエースにバイクを積んで、片付け完了です。

 それでは、ボチボチ帰ることにします。

 『お疲れ様でした~。』




17:22 いつもの

IMG_7095.jpg


 山を下りて、二本松インターから東北自動車道に上がりました。

 ちょこっと南下して、いつもの安達太良サービスエリアに停まります。

 この先、他のメンバーとは帰路が分かれるので、流れ解散。

 その前に夕ご飯を食べます。



17:35 定番で (^_^;)

IMG_7096.jpg


 食べたのは、いつものカツカレー。

 今日は牛肉のミルフィーユカツじゃなくて、豚肉のカツカレー。
 
 すっかり定番になりました。

 ぼちぼち他の魅力あるメニューを開発していただきたくなりますね。(笑)



21:05 浦和本線料金所

IMG_7098.jpg


 夕食を食べた後、 郡山JCTからは別ルート。

 自分はそのまま東北道を南下。
 途中のパーキングで仮眠取ったりして、浦和の本線料金所までやってきました。

 社宅のある葛飾金町まではもう一息です。



21:43 社宅に帰着

IMG_7100.jpg


 浦和の本線料金所からは、外環自動車道に入り東進して三郷南インターまで。
 その後は下道をはしり、社宅のある葛飾金町まで戻ってきました。

 明日は普通に仕事なので、風呂に入ってさっさと寝ることにしましょう。

 エビスサーキットまで、往復の距離は、

 627 94 533 km でした。

 片道だと 533 ÷ 2 267 km ですね。

 「お疲れちゃんでした。」

 次回はCBRで走りたいですね。



(おわり)

コメント(2) 
共通テーマ:バイク

山を下りて蕎麦を食べる。【戒石茶屋】 [バイク]


 今日は福島県の二本松にあるエビスサーキットに走行会に来ています。


 午前中の走行と模擬レースが終わりお昼の時間になりました。


line.jpg


11:52 二本松の市街地に

IMG_7081.jpg


 いつもであれば、サーキット内のレストランで喜多方風ラーメンを食べるのですが、今日はアイスエイジさんがサーキットのある山を下りて、二本松の市街地まで蕎麦を食べに行こうと言うので、二つ返事でOKしました。
 
 それでは、アイスエイジさんのクルマで、さっそく蕎麦を食べに行きましょう。



12:17 鈴石屋

IMG_7082.jpg


 エビスサーキットのある山を下りて、二本松市街地までやってきました。

 訪れた(訪れようとした)お店は、鈴石屋(すずいし や)。
 食べログでも評価の高いお店みたい。

 で、定休日でした。

 せっかく、山を下りたのにね。 (-_-;)

 (また今度ね)



1223 戒石茶屋(かいせき じゃや)

IMG_7083.jpg


 仕様が無いので、困ったときのスマホ頼み。

 訪れたのは、二本松城跡の入り口近くにあるそば屋さん戒石茶屋

 暖簾の上の写真付きの看板が今ひとつ自分の感性と一致しませんが、致し方ありません。(笑)



1224 注文は

IMG_7084.jpg


 店の入り口にセットメニューが張り出してあります。

 「おっ、一番上にソースカツ丼のセットがある。」

 注文はこれで決まりですね。


 お昼過ぎと言うこともあり、店内はそこそこの混みよう。

 テーブル席は一杯だったので、座敷に上がることにします。



1239 ソースカツ丼・板そばセット

IMG_7086.jpg


 しばらく待って、ソースカツ丼・板そばセットのソースカツ丼が運ばれてきました。

 色々と小鉢がついて嬉しいですね。

 それでは、「いただきます。」

 玉コンニャクは自家製とのこと。 コンニャク特有のむにゅとした食感が口に楽しいです。

 とろろ と丼の裏に隠れているナメコおろしは、蕎麦と一緒に食べることにしましょう。

 ソースカツ丼も美味しいですね。 
 ご飯の上に載ったキャベツの千切りが少し蒸されて、クニャッとなったのも美味しいです。



1243 板そば

IMG_7087.jpg


 ワンテンポ遅れて蕎麦が運ばれてきました。

 自分は大盛りにしたので、板そばは2枚になります。
 普通盛りは板そば1枚。

 大盛りは300円増しですよ。



1243 最近の箸あげ

IMG_7088.jpg


 さっそくいただきましょう。

 いつもの箸あげですが、最近ピンボケが多いです。 ( ̄。 ̄;)

 これじゃ、そばの太さとかわからないじゃん。

 そばは前面に押し出してくるような濃い味ではなく、あっさりとしたタイプ。
 天ぷらそばとか、種物と一緒に食べたときに主食として邪魔をしない感じですね。
 それでも、しっかりと蕎麦の味がして美味しいです。
 のど越しもイイですね。



1253 完食

IMG_7089.jpg


 そば汁もそば湯と一緒に最後まで飲んで、完食です。

 自分が食べた後は、米粒一つ残りません。(笑)
 (でも、わさびが残っています。)

 「うん、美味しかった。」

 「うん、ちょっと食べ過ぎた。」(笑)



1255 別腹で

IMG_7090.jpg


 最後に、淹れ立てのコーヒーと一口大福。

 ちょっと嬉しいサービスです。

 大福は別腹で、パクッといただきました。

 『ご馳走様でした。』 <(_ _)>

 美味しかったです。



1306 サーキットに戻る

IMG_7091.jpg


 ちょっと、否、かなり食べ過ぎた感がありますが、サーキットに戻ります。

 続きは、午後の走行です。

 その前に、お昼寝します。(笑)



(つづく。)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク