So-net無料ブログ作成

ホームページをお引っ越し(その3) [パソコン]

 ホームページの引っ越し記事、その3です。


 自分のための備忘録の意味合いが強い記事ですが、面倒臭いのでもう引っ越しは願い下げにしたいもんです。


 前回までの記事で、ホームページの引っ越し、と言うか、新しく契約した”LOLIPOP”のレンタルサーバー上に今までジオシティーズにアップロードしたものと同じファイルをアップロードしました。


 これで、ジオシティーズと同じ内容のホームページをLOLIPOP上に立ち上げたことになります。


 今回、”その3”では、独自ドメインの”torikama.com” をジオシティーズからLOLIPOPに付け替える作業について記事にしていきたいと思います。


torikama-line.jpg


 この作業は2019年の2月10日(日)に行いました。


 作業手順のおさらいとして


20190204-10.jpg


 前回までで、GMOペパボのLOLIPOP上にtorikama.comと同じホームページをアップロードしました。


 今回は、この移行作業の正念場になる独自ドメイン(torikama.com)の移管手続きになります。


 

 ホームページの移行内容として、ジオシティーズのガイダンスを見ると


20190210-10.jpg


 ホームページの移行は、当然”移行する”を選択。


 続いて、”独自ドメイン”については、


 ① Yahoo! ドメインで利用を続ける


 ② 他社のドメインサービスに移管して利用を続ける


 ③ ドメインを解約する


 の3択です。


 今回、LOLIPOP で ”www.torikama.main.jp” と言うドメインが取得できたので、今まで使ってきた ”www.torikama.com” と言う独自ドメインは ③ の解約する。と言う選択肢も考えたのですが。


 torikama.com の独自ドメインを止めてしまうと、ホームページとブログの両方法記事内で表示しているリンクをすべて書き換えなければならず、かなり手間がかかります。



 と言うことで、長くなったけど、③の”ドメインを解約する”って言う選択肢は却下。


 とすると、選択肢は①か②なんだけど、


 ①の”Yahoo!ドメインで利用を続ける”の 「手続きが簡単です。」のうたい文句が非常に魅力的。


 ではあったんですが、Yahoo! は今まで”商売にならないと判断したらすぐに止めてしまう。”っていう企業体質を今回も含めて何度か味わっていますので。

 これから先も、いつ「”Yahoo! ドメイン”のサービスを中止します。」とアナウンスされるかわかりません。


 今なら、どうにか頭も回るので、”ドメインサービスを他社に移管する”って言うのに対応出来そうです。

 これから先年齢を重ねると頭が回らなくて、自分の性格からすると面倒くさくなって、止めてしまう可能性が大きいです。


 と、言うことで、今回 ②の”他社のドメインサービスに移管して利用を続ける”を選択することにしました。

(文章が長くなりました) <(_ _)>



 独自ドメインの移行手続きは、Yahoo!のガイダンスだと下記の通り

 

20190210-20.jpg


 「1.ドメインの確認をする」は、”torikama.com”は現在使用中なので確認済です。


 「2.Yahoo!ドメインでメール転送設定を確認する」は、Yahoo!ドメインでメールを設定してない(使っていない)ので、これも問題なし。



 次の「3.コントロールパネルを書き換えてDNS の向き先を移行先に変更」作業になります。


 作業を続けます。


20190210-23.jpg


 Yahoo!ドメインの「ネームサーバー変更」より新しいネームサーバを設定します。



 ボタンをプチッと押すと、下記の画面。


20190210-24.jpg


 このページで ②の空欄に移転先の”LOLIPOP”のネームサーバ名を入力します。


 ここで、並行して LOLIPOP の設定のページに行ってネームサーバー名を確認。


20190210-30.jpg


 LOLIPOP のネームサーバーは上記の通りなので、これをYahoo!ドメインのページに戻って入力。


20190210-40.jpg


 入力が終わったら、”変更”ボタンを押して、変更完了。



 続いて、新しいサーバーのLOLIPOP側の設定をします。


20190210-50.jpg


 LOLIPOP側の独自ドメイン設定画面に”http://torikama.com"を入力して設定。



20190210-60.jpg


 ”独自ドメイン設定”の画面で、”www.torikama.com”が設定されているのを確認。



 実際に”www.torikama.com”の画面を確認。


20190210-70.jpg


 実際に LOLIPOP のサーバーからアップロードされた画面が開かれたので、torikama.com の独自ドメインの移行が完了したのが、確認できました。


torikama-line.jpg


 今回も長くなったので、この辺りで一旦記事を切ります。


 さて、独自ドメインの付け替え作業は終わりましたが、現在独自ドメインを管理しているのは”Yahoo!ドメイン”です。

 LOLIPOP は自身で独自ドメインの管理を行っておらず、LOLIPOPのお薦めは同じGMOペパボグループの”ムームードメインサービス”と言うのがおすすめだそう。



 次回は独自ドメイン管理会社の移管の記事を書きます。



(つづく)

コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ホームページをお引っ越し(その2) [パソコン]

 ホームページを引っ越しする記事の続き。その2です。


 ホームページのレンタルサーバーをYAHOOのジオシティーズから GMOペパボが運営している LOLIPOP に移転するために契約したまでが前回までの記事でした。


 では、続き。


torikama-line.jpg



 レンタルサーバーをお引っ越しする手順はYAHOO ジオシティーズのガイダンスを見ると下記の通り。


20190204-10.jpg


 まずは、 ”1.移転先でホームページを開設する。”と言うことなので、前回 LOLIPOP で契約しました。


で、LOLIPOP 上にサイトアドレスを取得。

 

20190204-20.jpg


 LOLIPOP 上のホームページのアドレスは、




 にしました。 


 (上記のアドレスを打ち込めば、「とりあえずカマタの」のホームページを閲覧することができます)


 ちなみに、YAHOO ジオシティーズ で契約している ホームページアドレスは、


20190204-30.jpg




 と言うアドレス。


 (このアドレスを打ち込んでも、「とりあえずカマタの」ホームページを閲覧することは出来ますが、2月10日以後は更新しませんし、3月末にはYAHOOの方でサービスが終了になり閲覧できなくなります)


 これに独自に取得したドメインの




 を被せる様にして、このアドレスで閲覧すると、http://www.geocities.jp/zaq00993/ の中身が閲覧出来る様な仕組みになっています。


 わかりやすくたとえるとしたら、(自分の頭の中の理解としては)


 ジオシティーズのホームページを”G”、LOLIPOP のホームページを”L”とすると、独自ドメインは”T”と言う仮面の様な感じ。 (なので、普段は”T”の仮面の”G”を見ている様になっています)


 現在の状態は、ジオシティーズの”G”と言う本体に、独自ドメインの”T”と言う仮面を付けている状態です。


 今回は、まずジオシティーズの”G”の中身を LOLIPOP の”L”に移行する作業をします。



torikama-line.jpg


 LOLIPOP 上でサイトアドレス(www.torikama.main.jp)を取得したので、今度はホームページのファイルをアップロードします。


 ページ上部のYAHOOの”ホームページ移行ガイド”には


 ① ”FTPで(ジオシティーズから自分のPCに)ファイルをダウンロードする”


 ② ”ホームページ内のURLを変更する”


 ③ ”FTPで移転先(LOLIPOP)にファイルをアップロードする”


 とあります。 LOLIPOP のガイダンスを見ても同じように


20190204-40.jpg


 こんな感じ。


 ただし自分の場合、「とりあえずカマタの」のホームページは、ネット上のジオシティーズ内で”作成してなく”て、自分のPC上でjust systemの”ホームページビルダー”でホームページのデータを作成してから、ジオシティーズにアップロードしていました。


 このため、① のファイルをジオシティーズからダウンロードする必要はなく。


 ② のホームページ内の URL も変更する必要はないはず。


 なので、自分のPC内にある「とりあえずカマタの」のファイルを LOLIPOP にアップロードすれば、良いはずです。


torikama-line.jpg


 さっそく、ホームページビルダーの転送設定方法をネットで調べたりして、必要な項目を入力。


20190204-50.jpg


 で、データのアップロードを開始。


 まずは、「とりあえずカマタの」のトップページ(index.html)をアップロード。


 実際に表示されるか確認。


20190204-60.jpg


 ちゃんと、表示されました。 (^_^)v


 後は、サイト全体のファイルをホームページビルダーに普通に搭載されているアプリの”ファイル転送ツール”を使ってアップロードします。


20190204-70.jpg


 ファイルのアップロードすれば良いのはわかったのですが、アップロードがうまくいきません。 (+_+;)


 ファイルを100個くらいアップロードするとサーバーとの接続が切断されてしまうエラーが発生しました。


 エラーが出る前までの分は問題なくアップロードはされているんですが・・・。


 サーバーと”ファイル転送ツール”との相性が悪いんでしょうか?

 専門的な知識が無いのでわかりません。


 なので、1度にアップロードするファイルを80個くらいにして、アップロードすることにしました。(汗)

 (とりあえず力技で、なんとかします)


 ちなみに、2月の4日現在の「とりあえずカマタの」のホームページのファイル数を数えてみると、


 ・HTML は 1,224ファイル (と言うことは、「とりあえずカマタの」のホームページは、1,224ページあるということですね)

 ・JPEG は 27,463ファイル(写真は 27,463枚です)

 ・GIF は 254ファイル

 の合計 28,941 ファイルありました。 

 28,941 ÷ 80 = 362 回 アップロード作業をする必要がありました。(ーー;)


 2月4日(月)の夜、仕事から帰ってからひたすらアップロード作業を開始。

 (単身赴任で比較的時間の自由があって良かったです)

 毎日、仕事から帰ってからアップロード作業。

 で、結局2月8日の金曜日まで5日間かかってアップロードが完了しました。(汗)


 まあ、全部のページを確認した訳じゃありません、ざっと見た感じアップロードは完了している様です。

 (写真等の抜けを見つけたら、連絡いただけると恐縮です)


 と言うことで、ファイルのアップロードは完了しました。



 でも、この記事の内容ってデータ量は多いけど、記事を書いていてふと思えば、普通にホームページを開設する手順となんら変わりないでは? ( ̄。 ̄;)


torikama-line.jpg



 次は、前記した独自ドメインの付け替え作業になります。



(つづく)

コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ホームページをお引っ越し(その1)【2019年2月3日(日)】 [パソコン]

 ご存じかもしれませんが、このソネットのブログと並行して ”www.torikama.com”  のドメインでホームページも開設しています。(書いている内容はほぼ同じです)


 このホームページはYAHOO のジオシティーズをレンタルサーバーとして公開しています。


 昨年の11月にも書きましたが、YAHOOからこのジオシティーズを今年の3月一杯でサービスを終了するとお知らせが来ました。


20190203-01.jpg




 このため、他のレンタルサーバーに引越をしないとホームページが消滅してしまいますので、引っ越さなければならないんですが、夏休みの宿題は最後の最後にやる方の性格なので中々重い腰があがりません。

 

 ついでに言い訳もさせてもらうと、本当は正月休みに引っ越そうと考えていたんですが、12月に左目が網膜剥離になってしまい、正月休み中は長時間パソコンに向かって作業するのは無理でした。( ̄。 ̄;)


 でも、3月末のジオシティーズのサービス終了は確実に迫ってきています。



20190203-05.jpg




 と言うことで、ようやく重い腰を上げて、ホームページの引越しをすることにしました。


 自分のための備忘録の意味合いが強いので、長いです。 <(_ _)>


torikama-line.jpg


 引越しするに、やることはジオシティーズのガイダンスを見ると下記の手順らしい。


20190203-07.jpg


 まずは、引っ越し先のレンタル・サーバーを決めなければなりません。

 (そりゃそうだ。)


 YAHOOのジオシティーズに移行先の紹介があって、お薦めするレンタル・サーバーは下記の通り。


20190203-06.jpg


 ざっくり当たってみると、比較的加入者数も多く容量も十分で金額も妥当だと思った”LOLIPOP”にすることに決めました。


 (加入者が多いってことは、”評価されてる。”って判断したわけで)


 で、早速 LOLIPOP にアクセス。


20190203-02.jpg


 LOLIPOP では 現在 YAHOOのジオシティーズ からの移転者 は初期費用無料のキャンペーン中でした。



 そして、LOLIPOP には基本契約プランがいくつかあって、


20190203-03.jpg

 とりあえずお薦めの”スタンダード プラン”(月額利用料500円)を選択。


 契約手続きをしました。




 今回の記事はここまでにしておきます。


 次回はデータ移転の記事を書こうと思います。



(つづく。)

コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

CRFのオイル交換【2018年2月3日(日)】 [バイク]

 常々記事にするのが遅れがちな自分のブログですが、かなりオンタイムに近づいてきました。 (^_^)v


 と言っても、先週の話ですが・・・。 


 逆に言えば、ネタが切れる寸前です。(汗)

line.jpg


 さて、先週は久しぶりに泊まりで温泉ツーリングに行ってきました。


 その前の週から気にはなっていたんですが、CRFのミッションのフィーリングがイマイチ。


 先週、ツーリング出発前の距離計は 2,282kmで、 調べてみると前回オイル交換をしたのが走行1,695 kmだったので、587kmしか走ってないんですけど・・・・。


 けれども交換したのは、去年の1月でした。(汗)


 走行距離は兎も角として、やっぱり1年間も放っておくと、オイルも劣化するようで。


 先週、MAOH さんのGROMと交換して乗りっこしたときも、MAOHさんに『シフトのタッチ、悪いっすね。』


 なんて、ご指摘されてしまいました。


 と言うことで、今週末のイベントはCRFのオイル交換。


15:32 夕方になって

IMG_7697.jpg


 相変わらず、緊急の用事がなければ週末は、午前中にまず家の用事を片付けて。


 年度末が近づくと仕事が忙しくなり、半分くらいの土曜日は仕事していて、この週末も仕事でした。


 なので、日曜日の夕方になってガレージからバイクを引っ張り出して。


 早く作業しないと、日が暮れて寒くなりますよ。



15:32 軽く暖機

IMG_7696.jpg


 まずは、エンジンをかけて軽く暖機。


 ここまでの走行距離は 2,699 km。 前回のオイル交換から 2,699 - 1,695 = 1,004 kmですが、走行距離より1年間無交換だったほうが影響が大きかった様です。

 特にCRFの場合、単気筒の250ccなのでオイルに負担がかかりますよね?



15:32 期限切れ

IMG_7695.jpg


 新車購入時に契約した自賠責保険が、今日期限切れになりました。


 早いもので、買ってからもう24ヶ月経っちゃったんですね。



15:40 オイルを抜く

IMG_7701.jpg


 自賠責は、昨日の夕方に契約してきてあります。


 エンジンも暖機が済んだので、部屋にステッカーを取りに行く前に、オイルを抜いておきます。


 1,000 kmしか走ってないから、オイルもそれほど汚れてませんね。



15:45 新しいステッカー

IMG_7702.jpg


 オイルを抜いている間に、古い期限切れのステッカーを剥がして、新しいステッカーに張り替え。


 結局、また24ヶ月で申し込みました。


 次は平成33年まで。 でも、平成は今年の4月で終わり33年と言う年号はないけど。



15:50 オイルを入れる

IMG_7703.jpg


 まあ、オイルが抜けたところでドレンボルトを締めて、オイル入れます。

 

 前回フィルター交換はしたので、今回はフィルター交換はなしで、オイルのみ交換。



15:50 オイルは 

IMG_7694.jpg


 オイルのみ交換のときは、約1.4リットル。


 前回交換したのが半分ほど残っているので、新品を1缶足して。


 オイルはHONDA純正の ULTRA G1 (10W-30)。



16:02 レベルを確認

IMG_7706.jpg


 オイルを注入したら軽く暖機をし、オイルが落ちるまでしばらく放置。


 ちょっと足らなかったので、ちょっと足して。


 大体、こんなもんでOKかな。



16:10 フィラーキャップは忘れずに

IMG_7707.jpg


 オイル交換のとき、オイルを入れてレベルを確認して、足りなかったらちょっと足して、レベルを確認して、ちょっと足して。

 って、やっていると、ついつい面倒くさくてフィラーキャップをきっちり締めないで、作業しちゃいがち。


 で、最後きっちり締めるの忘れると、走っているといつの間にか緩んで外れちゃう。


 で、オイルをぶちまきながら走る!

 なんてことになるので、作業が終わったら締めたのでちゃんと確認しようね。


 じゃないと、自分みたいなことになるから。(爆)



16:10 オイル交換終了

IMG_7708.jpg


 オイル交換の作業終了しました。


 前回のツーリングで燃料ランプが付いたままなので、確認がてらガソリンを入れに行ってきます。



(おわり)


コメント(6) 
共通テーマ:バイク

雲見温泉ツーリング(2日目)【2019年1月27日(日)】 [バイク]

 雲見温泉ツーリング2日目です。

line.jpg


9:12 2日目の朝は

IMG_7663.jpg


 2日目の朝は、昨晩泊まった温泉民宿 高見家さんから出発します。

 今日は、MAOH さんと一緒に走ります。
 MAOH さんのバイクは HONDA GROM、ピンクナンバーの125ccです。

 自分も今は250ccCRFを持っていますが、本当は125ccの購入を検討しているときに衝動買いしちゃった産物なんですよね。(汗)

 でも、本当はアドレスV100の代替え機を考えなきゃいけないんで、125ccGROMと一緒に走るのは良い機会だと思ってます。

 「んじゃ、出発!」



9:17 雲見大橋から

IMG_7664.jpg


 高見家を出発して国道136号線でまずは松崎の市街地方面を目指します。

 雲見を去る前に、まずは雲見大橋の上から雲見海岸の象徴とも言える奇岩の牛着岩(うしつきいわ)と富士山をバックに写真を1枚。

 海の青色が深いです。
 今日は天気が良くて写真日和ですね。



9:17 牛着岩は

IMG_7667.jpg


 雲見大橋の下は、雲見海岸。

 夏場は海水浴場として、にぎわう様です。
  夏の伊豆は、人が多くて渋滞するので、自分はほとんど寄りつきません。

 今日も、左の方でダイビングの準備をしている人たちを見かけます。
 冬場は水の透明度も上がるので、ダイビングをしていても遠くまで見えるようです。
 沖の牛着岩はダイビングのスポットらしいです。



 9:38 国道136号線を

IMG_7668.jpg


 雲見から松崎町の市街地を経由し、さらに国道136号線を北上して土肥(とい)の市街地を目指し北上を続けます。
 松崎から土肥までの国道136号線は意外にクルマ(四輪車)が多いです。

 混雑するほどではありませんが、バイクでツーリングするにはちょっと流れが遅いんです。
 大型のバイクで走っているときは、抜けるタイミングで前に出ますが、125ccだとスピード差があまりないので前に出るのはちょっと難しいです。
 流れのペースが微妙に遅いので、ストレスが溜まります。
 信号も少ないので、なかなか前に出るチャンスがありません。

 もう少し暖かければ、空いている県道で中伊豆方面にエスケープするんですが、今日辺りだと標高の高いところはまだ凍結してそう。
 迂回路がありません。



10:07 土肥でチェンジ

IMG_7670.jpg


 国道136号線を北上し、土肥の市街地に入る手前でコンビニで駐まります。

 ここから先は県道17号沼津土肥線(ぬまづ とい せん)で西伊豆の海岸線に沿って北上するルートを走ります。

 ここで、MAOH さんとバイクをチェンジ!

 GROM に試乗させてもらいます。

 さっきも書きましたが、アドレスV100が加齢でボチボチお買い換えのタイミングなんです。
 125ccのオフ車が希望なんですけど、今はもう125のオフ車を出している国内メーカーが無くて・・・。
 なので、このGROM も次期候補の1台になっています。
 
 と言うことで、試乗!



10:41 戸田(へだ)まで

IMG_7673.jpg


 戸田漁港に到着しました。
 漁港からは、対岸に冠雪した南アルプス山々を見ることができます。

 GROMを借りて、県道17号線を戸田まで試乗しました。
 県道17号線はちょっと狭いけど交通量は少なめでツーリングを楽しめます。

 GROMは跨がると、やっぱりCRFなんかより小さいんで、視線の中にハンドルとかメーターとかバイクのパーツが目に入ってきません。 
 なので、何かオフィスチェアーとかに座って自分だけが移動する感じで、最初は違和感があります。(笑)
 で、グロムは思っていたよりも走りますね。
 4スト125ccと言うことで、もっと非力かと思っていましたが、走り出せば意外にトルクがあってスピードが乗ってきます。
 ただし、他の人のブログとかにも書いてありましたが、フロントのサスペンションがよろしくないです。
 柔らかくて、減衰力不足の感が否めません。
 それに反してフロントに履いているタイヤは硬くて、凸凹があるとサスで吸収しきれず、フロントがズズーッって流れ気味です。
 そんな具合なので、フロントのブレーキもきっちりとかけられませんでした。
 その辺はフォークオイルを交換したりすれば、対応できるのかな?

 でも、125ccって、思いっきりアクセルを開けて走れるので、結構楽しめますね。 (^_^)v



12:01 52

IMG_7674.jpg


 戸田からは自分のバイクに戻ってツーリングを続けました。

 戸田から三島方面に戻るのに、昨日は真城峠経由の山側のルートを走ったので、今日は大瀬崎経由の海側のルートを走ります。

 戸田を出発するときに、お昼の相談をして。
 昨日、伊豆縦貫道を走っていると、函南のインター近くで”さわやか”の看板を見掛けました。
 ”さわやか”はハンバーグを売りにしている静岡県限定の地域密着型ファミリーレストランです。
 昨晩は魚介を食べたので、「今日の昼は肉だべ!」

 と言うことで、お昼ちょうどに到着!

 すっごい人だ! 人だらけ。
 ウエイティング・ボードを見たら、”ただいま52分待ち”だって。
 止めます。 待てません。 (ーー;)

 このさわやか、調べてみたら昨年の11月にオープンしたばかりの様です。

 駐車場に駐まっているクルマをみると、なんと県外ナンバーの多いことか!

 恐るべし”さわやか”。(爆)



12:40 三島で

IMG_7675.jpg


 ”歳を取ると気が長になる。” なんてことはありません。
 かえって、待てなくなります。 自分の場合。

 ”さわやか”に早々に見切りを付け、別の店を探します。

 函南のお隣は三島。 三島と言えば”うなぎ”が有名ですが、食べません。
 自分が食べると、絶滅しちゃうから・・・。 ?

 国道沿いにはファミレスとかはあるんですが、せっかくのツーリング、全国展開しているお店は避けたい。 
 できれば地域限定とか地域に密着しているお店が良いです。
 しかも海鮮じゃないのが希望! (結構、わがまま)
 ”さわやか”で肉食べるつもりだったので、すっかり胃袋に”肉スイッチ”入っちゃってます。(笑)

 で、色々店を探してさまよい。

 見つけました。 三島の駅前で、その名も”みしまや”。 (そのままじゃん)

 さっそく、入店。



1253 お薦めは

IMG_7677.jpg


 で、頼んだのは”あなご天丼”。 じゃない!
 これは MAOH さんの注文。

 これはデカい!
 写真だと小さく写っちゃったけど、下の器は茶碗じゃないから、ちゃんとした丼だから。 そびえ立つあなご天の高さは、どんぶりの2倍はあるかな。

 注文のとき、お店のおばちゃんに、「お薦めは?」と聞いたら、
「あなご天丼だね。」

 確かに・・・・。 ちょっと後悔。 (-_-;)

 店の看板にも大きく”あなご天丼”って書いてあるでしょ。(笑)

 次回訪問時の第一候補だね。



12:55 やっぱ肉

IMG_7679.jpg


 で、自分が頼んだのは”とんかつ定食”。

 もう”肉スイッチ”が入っちゃったから、肉食べないと収まりそうもなかったからね。
 
 使っている豚肉は神奈川のブランド豚、”やまゆりポーク”です。
 静岡まできて、地元神奈川のブタを食べるなんて・・・・。
 なんて、地元愛が強いんでしょうね。 (笑))

 ご飯は、大盛り。
 大盛りが無料だったので、仕方なく? ( ̄。 ̄;)



1255 自家製ソースと細かいパン粉

IMG_7680.jpg


 トンカツには自家製のソースをかけて、いただきます。
 このソースがちょっと甘口だけど美味しい。

 トンカツの衣は細かいパン粉を使っていてしっかりと揚げてあります。

 「うん、うん、美味しい。」



13:10 ご馳走様

IMG_7681.jpg


 完食ですよ。
 まあ、みかんの皮とレモンは勘弁してもらうとして。

 『美味しかったです。』

 三島に来ると、ついつい”うなぎ”に走りがちですが、良いお店を見つけました。

 伊豆方面のツーリングだと、どうしても魚介系がメインになっちゃいます。
 日帰りだったら、昼に海鮮料理で良いと思うんですが、泊まりだと朝昼晩と魚介だと飽きちゃいます。
 そんなときの選択肢として良いですね。
 
 『ご馳走様でした。』 <(_ _)>



1313 肉ピリラーメンは

IMG_7683.jpg


 店を出て周りのお店をながめると、両側を中華料理屋さんに挟まれています。
 右側のお店を見ると昨日食べた”肉ピリらーめん”があります。

 「肉ピリらーめんって、静岡のご当地ラーメンなのかな?」 と思ったら、昨日食べた店と同じ名前の”一番亭”でした。

 ネットで調べてみると、一番亭は静岡県の東部を中心に10店舗ほどチェーン店展開をしている中華料理屋でした。 知らなんだ。

 それでは、午後もツーリングを続けることにしましょう。



1442 御殿場で

IMG_7684.jpg


 三島で昼食の後、裏道を使って御殿場までやってきました。

 途中、路面が凍結しているかと予想していたんですが、大丈夫でした。

 の代わり、路面は塩カルだらけ。

 轍から外れると、塩カルで滑って走りずらかったです。



1611 西湘パーキング

IMG_7686.jpg


 帰路のレポはかなり手抜き。(汗)

 御殿場からまずは小山町目指して北東に移動。
 小山町の足柄駅からは静岡県道・神奈川県道78号御殿場大井線で足柄峠を抜け神奈川県内へ。
 久しぶりに足柄駅から県道78号線を走りましたが、ここも塩カルだらけで走りにくかったですね。
 そのまま足柄峠を下り、南足柄市からは南足柄広域農道で小田原市内へ。

 MAOHさんのGROM125cc で西湘バイパスを使えないので、小田原市内の国道1号の交差点で流れ解散。

 自分だけ、西湘バイパスに上がり、西湘パーキングまで戻ってきました。



1701 逗子で夕暮れ

IMG_7687.jpg


 西湘パーキングで休憩した後、西湘バイパスを東進、そのまま国道134号線を東進を続け逗子海岸まで戻ってきました。

 逗子海岸でちょうど夕暮れ時。

 冬の夕暮れは、空気の透明度が高くてきれいですね。



1703 夕景の富士山

IMG_7691.jpg


 カメラを右にパーンして、富士山も。

 海岸には、人が出ていてみんねスマホで夕景の富士山を撮ってましたね。



17:31 自宅に帰着

IMG_7692.jpg


 逗子海岸からは三浦半島の内陸に入り、横須賀にある自宅に戻ってきました。

 日は暮れましたが、今日の寒さは比較的緩めでした。



1731 今回の走行距離

IMG_7693.jpg


 今回のツーリングでの走行距離

 2,699 2,282 417 km

 でした。

 レポには書きませんでしたが、三島で昼食を食べたときにガソリンを給油。
 自宅に着く直前に燃料計が残り1.5リットルを示す点滅を始めました。

 今回のツーリングは寒いには寒かったですが、切れるような真冬の寒さではなかったです。
 これくらいの寒さなら、問題ないですね。

 冬の内に、もう1回くらい伊豆ツーリングをしたいですね。


2日目の道程:雲見温泉~土肥~戸田~函南~三島~御殿場~小山町~小田原~横須賀(自宅):234.4 km

20190127_map-1.jpg



(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

雲見温泉に泊まる。【民宿高見家】【2016年1月26日(土)】 [食べる]

 今日、網膜剥離の経過確認で地元横須賀の眼科にいってきました。


 手術後、視力が安定しないので、メガネを作ってないのでガチャ目なんですが、まだメガネを作る許可は下りませんでした。



line.jpg


16:10 宿泊先に到着

IMG_7660.jpg


 昨年の12月に網膜剥離に罹患してしまい、医者から手術をしてしばらく安静と言い渡されました。


 手術から1ヶ月半ほど経過し、医者から「軽い運動は良いよ!」と言われるやいなや、バイクに乗りたいので温泉ツーリングに出かけました。
 (でも、宿を予約したのは1月の初旬と言うのは、ナイショの話。 完全な見切り発進でした。)(笑)

 訪れたのは、西伊豆の南端にある雲見温泉。

 夕方、日が暮れる前に予約しておいた宿温泉民宿 高見家に到着しました。

 今回は自宅を出発する時間が流動的だったこともあり、MAOH さんとは現地集合。
 MAOH さんは先に到着していて、すでにひとっ風呂浴びていました。



16:12 部屋は

IMG_7639.jpg


 先にMAOH さんが到着していたので、後から到着した自分は受付で面倒な手続きとか無しで部屋に直行です。

 部屋は2階で、8畳+α

 お二人様ですので、十分な広さです。

 温泉は100%源泉掛け流しの男女別々の内湯と貸し切りの露天風呂が1箇所あります。

 トイレは共同です。

 民宿だからと言うわけはありませんが、壁は薄め。(笑)
 夜中に騒いだら隣の部屋から怒られること間違いない。 たぶん。



1612 雲見温泉は

IMG_7640.jpg


 雲見温泉は、静岡県の松崎町の南部”雲見”にあります。

 ここ高見家さんは雲見温泉の中でも比較的海から離れた場所にあります。
 (とは言っても海からは大体700mほどですが)
 窓からは自分らのバイクが駐めてある宿の駐車場が見えます。
 雲見温泉の集落は、海沿いを走っている国道136号線より1段低い場所にあるため、直接海が見える宿は少ないとおもいます。
 
 雲見温泉は、ホテルや大きな旅館などはなく、30軒ほどの比較的こぢんまりした民宿が主体で、人と人の距離が近い温泉地です。

 そして、温泉もですが、何より西伊豆の海に面して居ることから、新鮮な魚介類を売りにしている宿がほとんどです。



1747 夕食

IMG_7641.jpg


 夕食前に、ツーリングで冷えた体を温泉で温め。
 軽く汗がにじむほど体が温まったところで、ビールで喉を湿らせていると夕食の時間になりました。

 夕食は6時から、部屋食です。 

 ちょっと早めに料理が運ばれてきました。

 まずは、舟盛り。

 ホウボウの活き作りにマグロ、エビ、イカなどの盛り合わせ。
 ホウボウ美味しいです。 (*^o^*)



17:47 伊勢エビ

IMG_7642.jpg


 続いて伊勢エビの活き作り。

 可哀想だけど、まだ触覚が動いてるんだよねぇ~。
 (でも、痛点はないらしい)

 「おいしい!」  (*^▽^*)

 小っちゃめのアワビも付いてます。
 アワビの刺身はコリッコリ。
 肝が旨いですね。

 「う~ん、贅沢。」



17:48 サザエ壺焼き

IMG_7644.jpg


 そして、小ぶりですがサザエの壺焼きも。

 下に敷いた塩にアルコールを浸して、火を付けてあります。

 熱々でいただけます。



17:50 全景

IMG_7645.jpg


 料理の全景。(笑)

 十分過ぎるほどの量があります。

 カニなんかもあって、贅沢。


 若い頃だったら、次に食べる食事のことなんて気にしないで食べられたのに、夕食の腹具合を気にかけながら昼ごはんを食べなければならない歳になっちゃいましたね。 ( ̄。 ̄;)

 でも、原則残しません。 残りません。(笑)



1752 骨酒

IMG_7647.jpg


 骨酒です。 

 宿の予約をするときに料理が選べるんですが、ホームページを良く見てなかった。
 骨酒が付いてきて、ちょっと嬉しかったりして。(笑)

 カサゴだと思いますが。

 焼きがあまかったのか、ちょっと生臭さをかんじました。
 それとも、こんなもんなのかな。
 自分の口にはちょっと合わず。(残念)



1753 そば

IMG_7649.jpg


 お椀の中身は、そばでした。

 最初にちょっと食べて、お腹を落ち着かせておきます。



1756 本わさび

IMG_7650.jpg


 わさびの産地 伊豆らしくわさびが丸々1本付いていました。

 やっぱり生のわさびは新鮮で香りが良いです。

 刺身の味が引き立ちますね。



1805 揚げたてで

IMG_7651.jpg


 後から運ばれてきました。

 天ぷら、揚げたてです。

 衣は薄めで、カラッと揚がっていて、美味しいです。



1805 お鍋も

IMG_7652.jpg


 最初にお刺身をやっつけて。
 お膳の上の料理を順番に片付けて・・・・。
 まだまだ、お鍋があります。

 この後、アルコールも結構な量を飲んで、イイ気分。

 
 後半は、お酒に呑まれて、この後まったく写真を撮り忘れてる。(爆)

 でも、ちゃんと食べましたよ。 完食です。

 自分もそうですが、MAOH さんも結構食べるタイプです。(笑)


 「ごちそうさまでした。」
 
 「美味しかったです。」 <(_ _)>


 料理、充実してますね。



 寝る。

s-IMG_6401.jpg


 夕食の後も結構ダラダラと。
 コンビニで買ってきた、アルコール類を呑飲み続けて。

 10時を過ぎる頃には結構眠くなってきたんですが、あんまり早く寝ると朝早く目が覚めちゃいますから”(加齢です)がんばって起きていて。

 結局、11時の時報を聞いてから、『お休みなさい。』


 (-_-)zzz…



704 翌朝

IMG_7653.jpg


 朝、明るくなる頃には目が覚め、布団の中でウトウトしていたんですが、7時のアラームで布団から起き出します。

 窓から外を眺めると、雨が降った様子もなく、晴れています。

 昨日は結構風が強かったんですが、今朝は風が止んでいました。

 
 朝食の前に、温泉に行きましょう。
 せっかく、温泉宿にきたんですから。



749 朝食

IMG_7655.jpg


 8時前に部屋の電話が鳴って、朝食のご案内。

 昨晩の夕食は部屋食でしたが、朝食は1階の大広間で。
 昨晩のお客さんは自分たちを含めて全部で5組だった様です。

 それでは、『いただきます。』

 朝食はごらんのとおり、和食。
 昨晩の伊勢エビで味噌汁。
 アジの開きは伊豆の定番ですね。


8:07 ごちそうさま

IMG_7658.jpg


 さすがに伊勢エビの味噌汁は旨かったです。

 おひつのご飯も残さずに完食。

 『ご馳走様でした。』


 それでは、部屋に戻って、出発の準備をしましょう。



9:10 チェックアウト

IMG_7661.jpg


 朝食を食べた後、部屋に戻ってなんとなく荷造りを開始。

 別に急いで帰る必要もないし、暖かくなってから出発すれば良いんですが。
 朝ご飯を食べて、部屋に戻ったら布団が片付けられていたのが敗因。
 朝風呂はすでに入ったし、特にやることもなく、出発の準備をしていたら、この時間に出発することになりました。

 「まあ、それほど寒くはない。」 かな、否。寒い。(笑)

 それでは、2日目のツーリング出発しましょう。

 今回の宿泊は、料理で値段が決まるんですが下から2番目で12,000円/人(税別)でした。
 冬場のツーリングにちょうどいい距離、いい場所なので、また訪れたいと思います。



(つづく。)

コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

雲見温泉ツーリング(1日目)【2019年1月26日(土)】 [バイク]

 2月になりましたね。


 ただそれだけ、ですが。


line.jpg


11:20 ツーリングの朝は

IMG_7595.jpg


 否、一般的に 1120分は”朝”とは言わない。 ( ̄。 ̄;)

 朝寝坊ではない。
 午前中スーパーに買い物に行って週末の家の用事を済ませ、最低限家からクレームがでないようにしてから、ツーリングに出発します。(爆)

 今日はタイトルにもあるように、西伊豆の雲見温泉にツーリングに行きます。

 冬場のツーリングと言うことで、普段使いのGSX-Rではなく、CRF250Lの登場です。 



11:20 出発

IMG_7596.jpg


 トップケースに一泊分の着替えと念のためにカッパを詰め込みます。

 走り初めの距離計は

 2,282 km

 それでは、「出発!」



2019年1月20日(日) 近所を散歩

IMG_7592.jpg


 バイクツーリングは昨年の11月末に行ってから約2ヶ月ぶりです。

 本当は12月に1回くらい行きたかったんですが、ブログにも書きましたが12月中旬に”網膜剥離”になってしまい、しばらく安静を余儀なくされました。
 手術後、約12ヶ月は激しく動いたり、重いものを持ってはいけないとのことで静かにしていて、バイクに乗らない日々が続いていました。

 手術から1ヶ月を過ぎた先週20日の日曜日、自宅の周辺の三浦半島を散歩がてら 80kmほどプラッと走ってみました。
 
 翌21日(月)、予約をしてあった総合病院の眼科に外来受診。
 医師から、軽い運動はして良いとのこと。
 総合病院は今日までで、次回から地元の眼科に行くようにとのことでした。

 と言うことで、26日は泊まりでツーリングに出かけることにしました。



11:48 材木座海岸(ざいもくざ かいがん)

IMG_7597_T .jpg


 話を戻します。

 自宅のある横須賀を出発して相模湾の海沿いを走る国道134号線を西走し、鎌倉市にある材木座海岸までやってきました。

 今日は雲が多いものの日差しがあって1月末としては暖かいです。
 風がけっこうあって、ウィンドサーフィンが面白いように海面を滑っていきます。

 向こうに小っちゃく江ノ島、さらにその向こうに富士山が顔をのぞかせています。



12:25 橘 本線料金所

IMG_7599.jpg


 材木座海岸から国道134号線を西走、そのまま大磯から国道1号線の西湘バイパスに上がり、途中にある橘 本線料金所までやってきました。

 CRFにはETC車載器を付けてないので、有人ゲートを通ります。
 ゲートを通過する前に一旦停まって、サイフからETCカードを取り出します。
 「面倒くさい!」

 ムムッ! 雲が増えてきたぞ。(汗)



12:30 西湘パーキング

IMG_7600.jpg


 橘料金所から西湘パーキングに移動。

 流石に真冬で寒いので、駐まっているバイクも少なめです。

 ちょっと駐まってお昼を食べようかと思ったけど、食堂は結構混んでました。

 ので、もう少し走ってからお昼ご飯にすることにしましょう。
 でも、あんまり遅くなると宿の夕食は食べられなくなるので、なる早でね。(笑)



13:01 箱根峠は

IMG_7603.jpg


 西湘パーキングから西走を続け、そのまま国道1号線の箱根新道に接続。

 箱根新道で箱根の山を登り、箱根峠までやってきました。

 箱根新道は、箱根の山の北側になるので、日が当たらず寒いです。

 そして、箱根峠にある道路情報盤に表示されている外気温は”2℃”。
 
 『寒い!』 {{ (>_<) }}

 ですけど、耐えられます。
 去年からウィンターグローブを使い始めて、寒さはそれほど気になりません。
 50(歳)過ぎまで、ウィンターグローブを使わなかったのがアホみたいでした。(笑)



13:16 お昼

IMG_7604.jpg


 箱根峠から引き続き国道1号線を南下して、三島方面へ。

 国道1号線をほぼ下りきったところにある”らーめん一番亭”でちょっと遅くなりましたがお昼を食べることにします。
 らーめん一番亭とありますが、ラーメンだけではなく定食などの中華料理もあります。

 それでは入店じゃ!



13:23 肉ピリらーめん

IMG_7608.jpg


 頼んだのは、看板にもある一番亭イチオシの”肉ピリらーめん”。(800円税別)

 辛さが4段階選べて、自分は”ふつう”の次の”ちょい辛”をチョイス。

 それでは、さっそく「いただきます!」

 ちょい辛だけど、自分はもう少し辛い方がよかったかも。
 テーブルの上のラー油を足して、辛さをup


 辛さで体が温まります。

 そう言えば、去年の2月のツーリングのときも同じのを食べてました。(汗)
 こうしてみると、何だかんだで食べ物の好みの指向性は狭いと思います。



13:37 雲見温泉に向け

IMG_7610.jpg


 先を急いでいる訳でもないけど、ササッと食べて、完食。

 「ご馳走様でした。」

 「美味しかったです。」

 それでは、雲見温泉に向け出発します。



13:40 三島塚原インターから

IMG_7612.jpg


 昼食を食べた後、国道1号線で三島方面にちょこっと下ると、すぐに伊豆縦貫道と交差します。

 三島塚原インターで左折して、伊豆縦貫道に入り南下します。



13:49 道の駅 伊豆ゲートウエイ函南IMG_7613.jpg


 伊豆縦貫道に上がり、南西にバイクを走らせます。
 伊豆縦貫道は、一般国道の自動車専用道に該当してこの区間は無料。

 伊豆縦貫道は函南塚本(かんなみ つかもと)インターで一旦伊豆中央道に切り替わります。
 伊豆中央道は、一般国道ですが静岡県道路公社が管轄していて(一部)有料です。

 伊豆中央道を南下し走り出して間もないですが、途中にある”道の駅 伊豆ゲートウェイ函南”に寄ってみました。
 
 道の駅 伊豆ゲートウェイ函南 は昨年の20175月にオープン。
 周辺に休憩する施設が多いこともあり、今まで寄ったことがありませんでした。
 今回、ちょっと偵察。(笑)

 新しくて、きれい。



13:49 めんたいぱーく

IMG_7615.jpg


 道の駅 伊豆ゲートウエイ函南の隣には、”めんたいぱーく”もあるよ。

 めんたいぱーくは明太子の製造販売をしている”かねふく”が運営しているテーマパークで先月の201812月にオープンしたみたい。

 めんたいぱーくは20191月現在全国5箇所にあるようです。

 伊豆まできて、スケトウダラのタマゴから作った明太子というのは”なぜ?”とふと思ってしまいます。(笑)
 
 今日は寄らない。



13:55 料金所で

IMG_7616.jpg


 道の駅 伊豆ゲートウエイ函南に駐まった後、引き続き伊豆中央道を南下。

 本線料金所で料金をお支払い。

 バイクは160円で、静岡道路公社の有料道路はETCは使えないので、現金でお支払い。
 バイクだと、小銭を取り出すのが面倒い。

 ETCが使える様になったら、もっと使うようになる。かもしれない。



14:01 口野放水路で

IMG_7617.jpg


 伊豆中央道を南下しての江間(えま)インターで県道134号線に下ります。
 その後西走して国道414号線に接続し、西走を続け口野放水路の交差点までやってきました。 西伊豆を走ると毎度出てきますね。(汗)


 今日行く雲見温泉まではナビで検索すれば、伊豆中央道をそのまま中伊豆の修善寺まで南下し、その後国道136号線で西伊豆の海岸線に出るのが、一般的なルートの様です。
 けど、それじゃ面白くないからね。
 やっぱり早めに西伊豆側に出て走るのが、ツーリングとしては楽しい。
 距離は長くなるけど。



 14:05 淡島をバックに

IMG_7618.jpg


 口野放水路の交差点から静岡県道17号沼津土肥線(ぬまづ とい せん)に入り西走します。

 途中淡島をバックに富士山が見えたので、写真を1枚。

 この先、県道17号線でそのまま駿河湾沿いを走り大瀬崎経由の海沿いのルートを走るか、それとも途中から県道127号船原西浦高原線(ふなはら にしうら こうげん せん)を走って真城峠(さなぎ とうげ)を経由する山側のルートで戸田に向かうか悩むところ。

 先を急ぐのであれば山側のルートが速いんですが・・・。
 山側のルートは県道127号線は名称にもある通り”高原線”で、凍結しているかも・・・。

 でも、箱根峠で大丈夫(2℃)だったんので、たぶん大丈夫でしょう。

 だめなら、引き返します。



14:28 県道18号修善寺戸田線(しゅざんじ へだ せん)

IMG_7623.jpg


 大丈夫でした。 (^_^)v


 県道127号線で真城峠を抜け、県道18号修善寺戸田線に突き当たったら右折して戸田方面を目指し西走、急勾配を下ります。
 この路線は最急勾配が11%とかなりのもの、バスがエンジンを唸らせながら登ってきます。

 眼下に戸田の市街地が見えてきたので、バイクを停めて写真を1枚。
 たまには、違う景色を撮ろう!(笑)



15:07 雪が少ない

IMG_7629.jpg


 戸田の市街地まで下りたら県道18号線は県道17号線にT字路で突き当たります。
 そのT字路を左折して、県道17号線に入り西伊豆の海岸線に沿って土肥に向けバイクを南下させます。
 その後、県道17号線の南下を続けると、土肥の市街地で国道136号線に突き当たります。
 136号線に入り松崎方面に向け、バイクを南下させ途中の富士見駐車場近くまでやってきました。
 その名の通り富士山が良く見えます。

 写真の都合上、バイクは逆向きに駐車。

 今日の富士山は雪が少ないですね。
 見えているのは南斜面ですが、冠雪してはいるものの頂上付近まで地肌が見えています。
 1月末としては、とっても雪が少ないと思います。



15:25 堂ヶ島

IMG_7630.jpg


 伊豆市より国道136号線の南下を続け、西伊豆町の堂ヶ島までやってきました。


 堂ヶ島は、沖合い200mほどのところにいくつかの小島(岩礁)があり、西伊豆の景勝地として知られています。



15:34 脇道に

IMG_7632.jpg


 普段、GSX-Rでツーリングするときには入らないような脇道に入ってみた。

 堂ヶ島を横から見る形で、手前は乗浜海岸。

 ちっちゃな海岸ですが、小島に囲まれた入り江にあり波が穏やかです。
 対して、外海は今日は風が強く白波が立っていました。



15:39 ガソリンを給油

IMG_7634.jpg


 堂ヶ島から国道を南下させ、松崎の市街地にあるshellで今日1回目のガソリンを給油。

 先週満タンにしておいたので、今朝はほぼ満タン出発でしたが、ここ(松崎)まで来られるかちょっと不安でした。(笑)



15:41 燃費は

IMG_7636.jpg


 ガソリンを給油すると、約6.6リットル入りました。

 CRFの燃料タンクは 7.7リットルなので、約1リットル残り。
 取説で調べたら、残り1.5リットルで燃料計が点滅に変わるらしい。

 ここまでの走行距離が 172.3 kmだったので、燃費は

 172.3 ÷ 6.59 26.1 km/リットル

 満タンで 7.7 × 25 190 kmくらいは走れる計算だけど、排気量が大きくないからアクセルの開け方次第で燃費は結構変わるよね。
 計算を信じて走ると痛い目合いそうです。(笑)

 ちなみに、ここまで走ってガソリン代が942円と言うのは、やっぱ安い。
 さすがレギュラー。 GSX-Rのハイオクとは違いますね。



15:46 コンビニで仕入れ

IMG_7637.jpg


 ガソリンを入れた後は、コンビニに買い出しへ。

 今晩泊まる雲見温泉までもうちょっとです。
 確か近くにコンビニは無かったはず。
 なので、おやつつまみと飲物(アルコール)を仕入れておきます。 

 こんなとき荷物が入るトップケースは便利ですね。
 GSX-Rにも装着するか? ( ̄。 ̄;)



16:09 到着

IMG_7638.jpg


 コンビニで食料を調達した後、松崎の市街地から国道136号線を南下。

 途中の路線は国道にもかかわらず、かなり狭いです。
 今日は土曜日と言うこともあって、仕事終わりのダンプが数台対向でやってきました。
 断崖絶壁のカーブを立ち上がると、目の前にまるで壁の様にダンプ。
 バイクだとすれ違えますが、クルマだと無理。(笑)
 どちらかが、所々にある離合場所で待機する必要があります。

 なんて、ちょっとスリルを味わいながら、今夜の宿に到着しました。

 宿の前にある駐車場の片隅、屋根があるスペースにバイクを停めます。

 「むむっ! (o; この黄色いグロムは・・・・・。」

 そう、ツーリング仲間の MAOH さんのグロムです。
 今回は現地集合にしました。 (^_^)v



宿に到着

IMG_7660.jpg


 今夜泊まる宿は、民宿高見屋さん。

 それでは、さっそく中に入ることにしましょう。

 MAOH さんはすでに到着済で、すでにひとっ風呂浴びてました。


 (到着時に写真を撮り忘れたので、翌朝撮った写真を使い回し。 バレてないよね。(^_^;)



1日目の道程:横須賀(自宅)~箱根峠~戸田~土肥~松崎~雲見温泉:175.6 km

20190126_MAP.jpg





(つづく)

コメント(6) 
共通テーマ:バイク

竹岡式ラーメンを食べる。【竹岡屋】【2018年11月29日(木)】 [食べる]

 引っ張りに引っ張ってきた2018年の記事もこれが最後になります。(笑)


 2018年分の最後の記事はめずらしくラーメンネタです。(O_O;)


line.jpg



 12:20 竹岡式ラーメン

IMG_7375.jpg


 11月の下旬に千葉県の君津市で仕事がありました。


 お昼を過ぎて、館山自動車道の木更津南インターを下りて昼食を食べる場所を探しながらクルマを走らせていたら、”ラーメン竹岡屋”の巨大な看板が。


 竹岡と言えば竹岡式ラーメン。 千葉県は内房(富津市竹岡(ふっつし たけおか))のご当地ラーメン。ぐらいの知識しかありませんが。 あと、醤油ベースのラーメンで、色が真っ黒い。くらいか。


 話のネタに、と言うよか、辺りに食事をするところが無さそう。と言うことで、駐車場にクルマを滑り込ませました。(仕事で移動中なので時間があまりないのだよ)

 

 お店の外観は、コンビニを居抜きで借りたような建物の造りです。


 それでは、さっそく入店。



 12:26 味玉ラーメン半チャーハンセット 

IMG_7378.jpg


 早いね。(笑)  すぐに出てきた。


 注文したのは、マル得セットの”味玉ラーメンの半チャーハンセット”(750円)。


 順番がひっくり返っちゃったけど、座ったのは店内の右手にあるカウンター席。 その奥が調理場になっています。

 店内入って左手はテーブル席。

 入店してすぐにテーブル席に背を向ける形でカウンター席に座っちゃったから、テーブルの数とかはわからないけど、たぶん3×3の9テーブルくらいはあったと思う。

 ラーメン店としては、そこそこのキャパがある感じだけど、昼食時と言うこともあって、席は結構一杯の様でした。

 

 それでも、ラーメンがすぐに提供されたのは、ちょうどお昼の一陣が入って、一段落したタイミングだった様ですね。


 それでは、さっそく「いただきます。」



 12:26 黒く染まる 

IMG_7379.jpg


 麺はストレートで中細麺くらい?


 竹岡式ラーメンの特徴である醤油ダレの濃いスープと言うことで、麺も黒く染まり気味。(笑)



 12:27 スープは

IMG_7380.jpg


 スープは確かに色は濃いけど、それほど「しょっぱい!」と言うほどではありません。

 汁に甘みもあって、旨味もあります。


 竹岡式ラーメンを食べたことがある人には、「塩っぱいだけ!」という人もいましたが、そんなことも無いかな。


 ラーメンについて言えば、個人個人で好みやこだわりがあって、美味さの基準が違いますよね。

 なので、ラーメン店については、自分が美味しいと思っても、他の人にお勧めすることはあまりありません。


 そして、トッピングにタマネギの刻んだものが入っています。

 これも竹岡式ラーメンの特徴の様です。

 これは、十分にさらしてあるようで”辛み”や”匂い”は抜けている食べやすい感じでした。



 12:35 完食

IMG_7381.jpg


 「このスープは体に悪いのかなぁ?」なんて考えつつ、ほとんど飲みきってしまい。


 いつもの様に完食。


 自分的には、近所にあったら、週に一回は無い にしても、月に一回くらいは食べても良いかな。と思うぐらいの感じでした。 (セットで750円と比較的リーズナブルだしね)


 「ご馳走様でした!」


 「美味しかったです。」 <(_ _)>



(おわり)





コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

国道152号線を走る。(午後の部)【2018年11月11日(日)】 [バイク]

 国道152号線ツーリング、後半です。


 これで、2018年のバイクネタは終わりです。

 どうにか1月中に書き終えました。(汗)


line.jpg


13:06 道の駅 遠山郷(とおやまごう)を出発

IMG_7249.jpg


 国道152号線を走りにきたツーリング。

 お昼は、長野県飯田市の山間にある道の駅 遠山郷で食べました。

 お腹も一杯になったところで、午後も国道152号線を北上します。

 それでは、出発。



13:08 ベンチレーションを

IMG_7250.jpg


 と、その前に、この写真は?

 今日は春秋用のツーリングパンツを履いてきました。

 お昼を過ぎて、天気も良くて暑いので、走り出す前にベンチレーションのファスナーを開けておきます。
 この季節でも、天気さえ良ければ、中は蒸れます。



13:17 遠山川に沿って 

IMG_7251.jpg


 道の駅 遠山郷を後にし、国道152号線を北上します。

 遠山郷からこっち、国道152号線はセンターラインのある片側1車線の対面通行路が続きます。
 この区間の国道152号線は天竜川の支流である遠山川に沿って走り、比較的曲がりの浅い、ゆったりとした中速コーナが連続します。
 昼食後にゆったりとバイクを走らせるに、気持ちの良い路線です。
 交通量は少なく、ついついペースオーバーになりがちです。(笑)



13:22 国道474号方面へ

IMG_7254.jpg


 152号線を北上すると、国道474号線と分岐する交差点までやってきました。

 「全面通行止め とな。」 
 特殊車両等のを見落としてるし。 ( ̄。 ̄;)

 ツーリングマップルが古くて、イマイチ自分が走っているルートが分からない自分はちょっと道に迷った気味。
 
 「じゃ、そのまま直進しましょ」と言うことで、あまり深く考えず、国道474号の三猿南信自動車道方面に進みます。 (このいい加減さが、ソロツーリングの楽さ、楽しみでもあります)



13:26 飯田方面へ

IMG_7256.jpg


 国道474号線に入るとすぐに矢筈(やはず)トンネルに突入し西走します。
 矢筈トンネルは全長4,176mと長大。

 トンネルを出ると、あっさりと国道474号線は終了し、T字路に突き当たります。

 道路看板が日陰になっていて良く見えなかったんだけど、251って書いてあったんだね。
 国道152号と勘違いしてましたよ。(笑)

 道路看板には左折すると飯田方面とありましたので、何も考えずにそのまま左折して、飯田方面を目指します。



13:29 県道251号上飯田線(かみいいだ せん)

IMG_7259.jpg


 山深い。(笑)
 矢筈トンネルに入る前と全然景色が違います。

 この区間の県道251号線は、センターラインのある片側1車線の対面通行の県道です。
 曲がりの浅い中低速コーナーが短い直線で結ばれており、標高900m程度から標高500m程度の飯田盆地に向け一気に下っていきます。
 交通量は少なく、快適なライディングを楽しむことができます。



13:40 飯田盆地へ

IMG_7260.jpg


 県道251号線を下ると、目の前に飯田盆地(伊那谷)が見えてきました。

 飯田盆地の向こうには木曽駒ヶ岳を最高峰とする木曽山脈(中央アルプス)を臨みます。

 少し傾いた太陽がバックミラーに反射しています。



13:51 県道18号伊那生田飯田線(いな いくた いいだ せん)

IMG_7262.jpg


 県道251号線を下ると、喬木村(たかぎむら)役場を越えたところで県道18号伊那生田飯田線と交差します。

 この交差点で右折し県道251号線から県道18号線に入り、今度は北東にバイクを走らせます。

 県道18号線は写真にもある様に、大部分が道路の両側に住宅が並ぶ生活道路です。
 このため、バイクで走るに、リエゾンよろしく単純な移動を余儀なくされ、退屈な路線です。
 可能であれば、他のルートを選ばれることをお勧めします。



14:01 県道59号松川インター大鹿線(まつかわ いんたーおおしか せん)

IMG_7263.jpg


 県道18号線を北東に走ること10km強、国道251号線に戻るべく、今度は県道59号松川インター大鹿線に入り東進します。

 県道59号線に入ると、あたりの景色は一気に変わって、県道はワインディングロードになります。
 県道59号線は、センターラインのある区間もありますが、概ねセンターラインの無い1.5車線の県道です。
 天竜川の支流となる小渋川に沿って走る県道59号線は、中速コーナを短い直線で結んだ様なルートで交通量も少なくバイクで走るに楽しいルートです。



14:08 四徳大橋(しとく おおはし)

IMG_7265.jpg


 県道59号線を東進すると、小渋(こしぶ)ダムによってせき止められて作られた小渋湖が右手に現れます。
 小渋湖に架かる四徳大橋を渡ります。
 
 この辺りはちょうど紅葉の真っ盛り。 赤系は少ないですが、黄色に色づいた木々がきれいです。
 今の時期、関東周辺で紅葉している場所に行くと、クルマが渋滞していて辟易(へきえき)とします。
 そのため、今回はあえて紅葉の名所を避けたルートで走ったのですが、この辺りはガラガラでしかも紅葉も楽しめてラッキーでした。 (^_^)v



14:09 小渋湖(こしぶ こ)

IMG_7267.jpg


 四徳大橋を渡ります。

 湖の水がイマイチきれいじゃないけど、紅葉の黄色と空の青のコントラストが良いですね。

 ルートを間違えちゃったけど、ちょっと得した気分。

 紅葉もまだ前半~中盤くらいで、路面に葉っぱが落ちていることもほとんどなく、バイクでツーリングするのにいい時期に当たりました。



14:17 国道152号線に復帰

IMG_7268.jpg



 小渋湖を過ぎて県道59号線をさらに北上すると、国道152号線に突き当たります。
 ここで国道152号線に復帰。

 先ほどの道を間違えた国道474号の三猿南信自動車道接続部からこの交差点まで間、国道152号線は地蔵峠付近で未開通区間となっていました。
 実際に走らなかったからわかりませんでしたが、レポを書きながら地図を追っかけると、つながってない!(笑)
 その代わりと言ってはなんですが、迂回する形で林道でつながっている様です。
 林道の名前は、Google map でみると蛇洞沢併用林道と言うらしい。
 全面舗装の林道で整備されているらしいので、次回来ることがあれば、走ってみたいですね。
 
 ここから国道152号線を真っ直ぐ進んで茅野を目指します。



14:18 谷間を

IMG_7269.jpg


 国道152号線に入り、北上します。

 この区間の国道152号線は、天竜川の支流の小渋川のさらに支流の鹿塩川(かしおがわ)に沿って、谷間(たにあい)を縫うように走ります。
 センターラインのある片側1車線の対面通行で、中~中高速コーナーを直線で結んだ様な路線は、クルマも少なく、民家もそれほどないことから、気持ち良くバイクを走らせることができます。



14:35 分杭峠(ぶんぐいとうげ)

IMG_7273.jpg


 さらに国道152号線を北上し、大鹿村と伊那市との市町村境にある標高1,424mの分杭峠までやってきました。

 センターラインがあった区間は、分杭峠に向け標高を上げるにしたがい、センターラインの無い区間へ。
 センターラインの無い区間に入ると、カーブも中速コーナーから低速コーナが主体へと変わっていきます。

 この辺りまでくると、木々もすでに落葉しているようです。



14:36 景色がいい

IMG_7274.jpg


 分杭峠を通過し、伊那市側に入ると目の前が開けます。

 ここは景色がいいです。


 こうして路肩に停めて写真を撮れるのがバイクの良いところ。

 道路が狭いのでクルマ(四輪)だとこうはいきませんね。


 中央のやや右側に見えるのは、八ヶ岳連峰かな。

 先に進みます。



14:44 三峰川(みぶがわ)に沿って

IMG_7275.jpg



 分杭峠を越えると、しばらくタイトなコーナーが続き標高を一気に下げます。

 さらに走るとセンターラインが復帰。

 分杭峠からこっちは、やっぱり天竜川の支流にはなりますが三峰川に沿って国道は走ります。
 この区間の152号線はゆったりとしたカーブで構成され、気持ちがいいです。

 この先に進むと、美和ダムによってせき止められた延長が5kmほどと長細い人造湖、美和湖が左手に見えてきます。



14:56 伊那市から茅野市へ

IMG_7278.jpg


 美和ダムを過ぎてさらに北上すると、152号線は伊那市高遠町の市街地で岐阜県高山市を起点とする国道361号線と交差します。

 高遠町の市街地を過ぎると、国道361号線からのクルマも合流してちょっとだけ交通量は増えますが、写真を撮ると道路はガラガラ。
 気のせいかもしれない。(笑)

 影法師が長くなってきました。

 この区間はセンターラインのある片側1車線の対面通行路で快適です。

 ここから先、そのまま北上を続けると、茅野市に入り国道152号線は一気に標高を下げて諏訪盆地へと下りて行きます。



 15:32 給油3回目

IMG_7279.jpg


 国道152号線を北上し茅野市の市街地に入ると、国道152号線上のツーリングも終わりです。

 国道152号線から国道20号線に乗り換え、高速に上がる前に出光で今日3回目の給油をします。
 近くにshellのスタンドが見つかりませんでした。(笑)



15:34 諏訪インター

IMG_7280.jpg


 ガソリンを給油した後、諏訪インターから中央自動車道に上がり、東京方面へ帰路に就きます。

 今日の午前中、新東名の浜松浜北インターで下りてから、ここ中央道の諏訪インターまでの間、199.4kmの距離がありました。
 ここはバイクツーリングのルートとして距離もそこそこあって楽しめますね。

 ただし、難点としてはコンビニや食事のポイントが少ないこと。
 まあ、道が空いている人が少ないと言うことで、致し方ないのかな。と思います。



16:04 八ヶ岳連峰

IMG_7283.jpg


 諏訪インターから中央道に上がり東進、関東方面に向けバイクを走らせます。

 小淵沢インターを過ぎると、左手に八ヶ岳連峰が見えてきました。
 八ヶ岳連峰もまだ冠雪はありませんね。



 17:55 相模原インター

IMG_7285.jpg


 その後も中央自動車道を東京方面に向け東進。

 大月を過ぎた辺りから渋滞が始まりました。

 途中渋滞を避けるため、御坂インターで中央道を下りて山中湖経由の下道で帰るか、それとも大月インターで下りて秋川渓谷経由の下道で帰るか迷いました。

 けどね、今日はもう十分に下道を走ったのでお腹一杯、結局八王子JCTまで大渋滞の中を進み圏央道に入り、相模原インターまで高速で戻ってきました。

 渋滞の中を走って、「やっぱ下道に下りた方がよかったかな?」なんて、後から後悔。(笑)
 こうやってレポを書きながら、追っかけてみると、八ヶ岳パーキング~相模原インター間は116kmあまり。
 所要時間が2時間弱だから、平均時速で60kmくらい。
 なので、一般道を走るよりかマシではあるんですけどね。



18:29 相模原で給油

IMG_7287.jpg


 圏央道の相模原インターを下りて、神奈川県道510号とか509号線を走り橋本五叉路から国道16号線へ。
 16号線を南下し、保土ケ谷バイパスに上がる前に今日4回目のガソリンを給油します。
 ここでガソリンを給油しなくても、自宅まで戻れますが、横須賀って比較的ガソリン高いんですよね。
 相模原はまあまあ安いと記憶しています。



19:45 自宅に帰着

IMG_7290.jpg


 相模原の国道16号線で給油した後、保土ヶ谷バイパスを経由し、横浜横須賀道路に上がり横須賀インターまで。

 帰宅時間がわからないので、自宅には夕食の準備はなしでお願い。
 路駐のラーメン店で簡単に夕食を済ませて、自宅に戻ってきました。



19:45 本日の走行距離

IMG_7292.jpg


 本日の走行距離は

 13,787 13,168 619 km

 でした。

 11月に入って、本格的に寒い季節が始まる前に遠出ができてよかったです。

 国道152号線は、今回地蔵峠の区間をロストしちゃったので、次回はその区間を走ってみたいですね。
 とは言っても、今シーズンはすでに終了。
 走るとしても来シーズン以降になっちゃいますね。



復路(黄色)の道程:道の駅遠山郷~喬木村~諏訪インター(中央道)~相模原インター~自宅: 327.2 km

20181111_map-2.jpg



(おわり)

コメント(4) 
共通テーマ:バイク

道の駅 遠山郷でお昼。【元家】【2018年11月11日(日)】 [食べる]


 国道152号線ツーリング記事の続きです。


 お昼に立ち寄ったお店の名前は元家、道の駅 遠山郷に隣接しています。


 道の駅 遠山郷は、現在は飯田市になりますが、以前は南信濃村。

 周囲を山々に囲まれた場所ありました。


line.jpg


12:32 道の駅 遠山郷(とおやまごう)

IMG_7232.jpg



 晩秋の声も聞こえてきそうな1111日、自宅の横須賀からはちょっと遠目の南アルプス西側、浜松から国道152号線を北上するツーリングに出ました。

 お昼を少し過ぎた時間に道の駅遠山郷(とおやまごう)に到着です。

 お昼を少し過ぎて、お腹が空いてきました。
 なんせ、朝食は西湘パーキングで食べた天玉そばだけですから。
 普通の人だったら、朝食はそれで十分だ。って声が聞こえてきそうですが。
 しかも食べたのは9時近かったのに。  ( ̄。 ̄;)

 昨晩ルートを考えていたときには、伊那辺りまで行って、B級グルメのローメンとか、駒ヶ根まで行ってソースカツ丼を食べようか。とか思いをはせていたんですが・・・。



12:34 ツーリング マップルに

IMG_7234.jpg


 伊那や駒ヶ根はちょっと遠そう。

 で、お昼を食べる場所を探そうかと思い、持ってきたツーリングマップルを開いてみたけど、近くに市街地がない。 お食事処の情報もない!  (ーー;)


 などと、近くに食事処の情報がないことをツーリングマップルのせいにしてみたりする。
 が、まず何だな、”2008年版のツーリングマップルを使っていること自体、正統なツーリング・ライダーとは言えんだろう。 (-_-;)
 文句を言いたいのなら、ツーリングマップルは最新でね。 せめて3年落ちぐらいが限度だろう。


 お腹が空いたからと言って、ツーリングマップルに当たるのはお門違いと言うもんです。 



12:36 食事処

IMG_7235.jpg


 とりあえず何かないかな。と道の駅をウロウロ。

 日帰り温泉の設備が併設されていますが、温泉じゃお腹は膨れない。

 おっと、食事処がありますね。 

 お店の名前は、元家(げんや)とな。



12:37 お品書きに惹かれて

IMG_7236.jpg


 店の入口にあるお品書きを見てみると。

 熊鍋とか猪鍋とか鹿カツレツとか、獣肉の料理が並んでいますねぇ。
 ローメンとかソースカツ丼では無いけれど・・・・。
 山間(やまあい)にあるお食事処としては、正しい立ち位置かと。

 でも、本音は右上に書いてある「定食のご飯 味噌汁お代わり自由です。」のコメントに惹かれました。 (笑)

 と言うことで、入店決定!



1239 何にしよう

IMG_7238.jpg


 店内に入り、カウンターの席へ。

 お品書きを見ると、遠山ジンギスカン定食や(駒ヶ根名物)のソースカツ定食もあったりして、迷います。 迷ってしまいます。 (@_@)



12:43 現在地を確認

IMG_7241.jpg

 

 注文した料理がくるまでの間、スマホで現在位置を確認。

 ここ(遠山郷)は浜松で新東名を下りてから、中央道までの道のりのちょうど中間地点くらいなんですね。
 
 ローメンの伊那はまだまだ全然先でした。

 ルートの読みが甘かったですね。
 今日走る予定の国道152号線のまだ半分くらいしか走ってないので、結構走りごたえがあります。



1248 猪鍋定食

IMG_7242.jpg


 なんて、ルートを確認していると注文した料理が運ばれてきました。

 注文したのは猪鍋定食。(税込み2,200円)

 ご飯と、味噌汁はセルフサービスで、看板にあるとおり、お代わり自由です。

 それでは、「いただきます!」



1249 猪の肉は

IMG_7244.jpg



 猪の肉はもっと硬いかと思っていましたが、すこし甘めに柔らかく煮込まれていました。
 肉自体、獣臭さとかなく、抵抗なく食べることができます。

 噛むと、肉の旨味が出てきて、美味しいですね。



1252 お代わりはセルフで

IMG_7245.jpg


 自分が座った丸形のカウンター席。
 右手には、テーブル席があったりして。

 ご飯とお味噌汁のお代わりはセルフサービスで、右手の奥にお釜と鍋が準備されています。

 自分も、ちょっとだけ(?)お代わり。



13:00 ご馳走様

IMG_7246.jpg



 「はい! 食べました。」 完食~。

 「美味しかったです。」
 
 この後もほぼ国道152号線を北上して茅野市まで行きましたが、途中にしっかりした食事ができるようなお店は無かった様な。
 ちょっと変わった獣肉の料理も食べられるし。

 このルートをルーリングするに、貴重なお店ですね。

 「ご馳走様でした。」 



  道の駅に併設されている日帰り温泉にも食事処があったようです。 



13:06 ツーリングを続ける

IMG_7249.jpg


 普段、仕事のときは昼食後にちょこっと昼寝をしています。

 お腹が膨れてお昼寝したいところですが、国道152号線もまだ半分。
 
 日帰り温泉も嫌いじゃありませんが、濡れた髪でヘルメットを被るのが嫌い。

 と言うことで、午後のツーリング、出発します。



(つづく)




コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理